DELL(デル)パソコン購入レビュー

DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパーツ知識

Inspiron One 2330のレビュー項目

DELLクーポン情報

【2019年9月30日(月)まで】
増税直前ファイナルセール!20%オフクーポン対象製品多数!
Core i5以上のCPU搭載DELL製品購入で、Amazonギフト券10,000円分が抽選で600名に当たる!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

レビューをご覧になる前に 当サイトのInspiron One 2330レビューは2012年9月時点となります。また手元にあるInspiron One 2330実機に限った現状レポートであるため、DELLの仕様変更があった場合の情報相違にはお気をつけ下さい。 DELLパソコンはカスタマイズPCですので、搭載できるPCパーツは時期により変化があります。(欠品時や最新パーツの採用などです。)そのことを充分ご理解の上、当レビューをご覧ください。

パソ兄さん一押しの23インチ液晶一体型!DELL Inspiron One 2330

今回はパソ兄さんが特に強くお勧めしたいモデルをレビューします。2012年8月に発売した23インチ非光沢液晶一体型パソコンのInspiron One 2330です。DELLパソコンは数多くレビュー紹介していますが、これまでにないのうずき具合で執筆しております。AVボード搭載なら「コンポジット・HDMI・VGA端子」からの入力可能で単体モニタにも成ります。そしてVESAマウント対応なので市販のモニターアーム取り付け可能で、使い勝手が幅広い秀逸モデル。

デルパソコン購入ならInspiron One 2330だと思う
Inspiron One 2330は、フルHD解像度(1920×1080)の大画面23インチ液晶の一体型パソコン。非光沢液晶なのでギラつきがなく、長時間使用するユーザーに最適です。フルHD解像度なので表示領域は広く、Web制作や膨大な情報量のエクセルを開くビジネスユーザーなら特に役立つパソコンです。プライベートの娯楽マシンとしても申し分ない存在となるでしょう。

Inspiron One 2330は第3世代Core i7搭載可能で、チップセットにはインテル B75 Expressを採用。今回のレビュー機ではCore i7-3770Sを搭載しています。グラフィックにはCPUに内蔵する「インテル HDグラフィックス4000」が採用されています。2012年9月レビュー時点では単体GPU搭載カスタマイズが見られませんが、仕様書をみるとPCIe×16 Gen2のグラフィックバスを持つようです。今後対応するのかは不明。

なお、インテル HDグラフィックス4000は本格3Dゲームに充分とは言えませんが、かなり高いパフォーマンスを発揮します。2D高精細コンテンツ(ブルーレイとか)は楽勝でこなせます。ゲームユーザーでない限り、性能に不満を持つ者はいないと思われます。

Inspiron One 2330の構成

今回レビューしているInspiron One 2330の構成

2012年8月発売の23インチ一体型PC。フルHD解像度(1920×1080)の23インチ光沢液晶一体型。Ivy Bridge設計でチップセットはB75 express。省エネ版の第3世代Core i7搭載可能。メモリは最大8GB搭載可能。HDMIとVGA・コンポジット入力があるので、単体モニタの役割も成す。USB3.0は4基装備。サウンドシステムにWavesMaxxAudio3搭載。(2012年9月時点)
VESAマウント対応なので、モニタアームの取付が可能。

コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 23インチ光沢液晶 / フルHD解像度(1920×1080)
プロセッサ インテル Core i7-3770s (3.1GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.9GHz
7.7
メモリ 8GB (4GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 1600MHz 7.7
グラフィックス インテル HDグラフィックス4000 6.5
ゲーム用グラフィックス 6.5
プライマリハードディスク 1TB SATA HDD(7200回転) 5.9

なお、今回試したストリートファイター4ベンチマークテストの「設定解像度 1600×900 フルスクリーン」においてAVERAGE 63.80 FPSを記録したため、これまでの内蔵グラフィックの常識を超えたパフォーマンスに驚きました。(ちなみに設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示でAVERAGE 83.35 FPSも記録した!)
ベンチマークテストの結果は後に詳細を公開します。

Inspiron One 2330はVESAマウント対応


Inspiron One 2330は一体型なのでワイヤレス環境を整えれば電源ケーブル1本の接続で済み、配線周りがスッキリしますし、設置場所の変更や引越し時に楽です。


本体は背面が少しドーム状になっており、最も厚みのある場所でも7センチほどしかない。幅は574mm。この中にPCパーツが詰まっていると思うと不思議な感じがする。背面上部に排気口が見えます。


ここおすすめポイント!Inspiron One 2330はVESAマウント対応なので、市販のモニターアームを取り付けることができます。設置面積が極僅かですし、アームが自由自在に動くので非常に便利です。モニタアームの取り付けレポートは後ほど紹介します。

Inspiron One 2330の、背面・左右側面・底面インターフェース


まずはInspiron One 2330背面の装備端子を紹介。


USB2.0端子×2つ、USB3.0端子×2つ、ギガビットイーサLAN端子を装備。そしてモニタ出力にVGA端子があるので、別のアナログモニタにPC出力することができます。ただ、これはあまり使い道がなさそうです。プロジェクターの接続でもしてみますかね?

デジタル音声出力のS/P DIF端子、アナログのオーディオ出力端子もあるので、「内蔵スピーカじゃ満足できない」というユーザーは外部オーディオと接続できます。

3波対応TVチューナー内蔵(リモコン付) がオプション対応しており、導入した場合にはコンポジット端子の左側にアンテナ端子が配置されます。今回のInspiron One 2330実機は内蔵していないので、アンテナ端子がありません。


そして一応オプション扱いのようですが、AVボード搭載仕様ですと「コンポジット・HDMI・VGA端子」の映像入力端子が装備されます。つまり、Inspiron One 2330が単なる液晶モニタとして使うことができます。セカンドPCをつなげたり、家庭用ゲーム機の接続、デジタル&アナログAV家電との接続が可能となります。
2012年9月レビュー時点、販売されている構成では強制的に搭載されていましたが、購入の際は要チェックしておいたほうがいいでしょう。これはおすすめポイントです。


Inspiron One 2330の左側面では、マイク / ヘッドフォン端子、USB3.0×2つ、8規格対応カードスロットを装備。


右側面では「光学ドライブ、音量ボリューム&ディスプレイ設定ボタン(3つのポッチ)、電源ボタン、HDDステータスライト」を装備。HDDステータスライトはちょっと確認しづらいボジションですね。


底面に内蔵スピーカ搭載。本格的に音楽鑑賞するなら別として、普通にコンテンツを楽しむ分には充分なクオリティ。気休めレベルかもしれませんが、サウンドシステムにWaves MaxxAudio3が搭載されています。

Waves MaxxAudio3搭載

Waves MaxxAudioでは、内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでもデジタル処理で効果的なサウンドを展開します。 Waves(Waves Audio社)はイスラエルの音響デジタル技術メーカーで、オーディオデジタル処理技術のMaxxAudioでは特に効果音のクオリティが定評。ゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。

Inspiron One 2330のインターフェース補足


今回レビューしているInspiron One 2330ではトレイ式のブルーレイドライブを搭載しています。そこでBDのグラディエーターを鑑賞してみました。映画作品の多くは「スコープ・サイズ」であり、2.35:1の比率です。上下には黒帯が入ってしまうので全般的に小さく見えてしまいますが、Inspiron One 2330は大画面の23インチですので、そのデメリットはかなり軽減されます。ゆえにプライベートルームの娯楽PC用としてもお勧め。


音量ボリューム&ディスプレイ設定ボタンを使ってみます。とりあえず3つのうちのどれかを押すと、「音量、輝度、映像入力」のメニューがでます。あとはボタンの位置によって各操作を行うだけです。
映像入力のメニューではHDMI、VGA、コンポジットの表示が出るので、セカンドPCやデジタル家電などと接続した映像端子を選ぶだけです。(AVボード搭載時)


高速インターフェースのUSB3.0端子が2つ、左側面にあるのでこれは使いやすい。もし、ここにUSB2.0が来ていたら発狂していたと思います。


Inspiron One 2330はUSB2.0とUSB3.0の両方を持つので、USB3.0対応のポータブルHDDをつなげて速度の違いを調べてみました。HDDのスペックが関わるので最高速度は別として、シーケンシャルアクセスではUSB3.0のほうが2倍近く速いです。(理論値では10倍とされていますが・・)無論、体感速度でも明らかに差を感じることができます。

ディスプレイデザイン

Inspiron One 2330はフルHD解像度なので、YahooのTOPページを横並びに2つ置いても閲覧できる広い表示領域です。ブルーレイ映画のような高画質も余すこと無く再生できます。


ディスプレイベゼルは光沢ブラック。


ディスプレイベゼル上部中央に200万画素Webカメラ内蔵。カメラの左右に1つずつマイクが内蔵されたデュアル・デジタル・マイク仕様。カメラの上部に(天井部分)にレンズ・シャッターがあり、右にスライドすることで瞬時にレンズを塞ぐことができます。これはセキュリティ用なんですかね?


ディスプレイベゼルの下部を見てみましょう。左側にinspironロゴがあり、その上に赤外線レシーバ内蔵。
赤外線レシーバはTVチューナ内蔵時に付属するリモコン用なので、TVチューナを導入していない場合は関係ありません。中央にはメッキ加工されたDELLロゴ、右側にはCPUとWindows7のロゴシールが貼付されています。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年9月30日(月)まで】
増税直前ファイナルセール!20%オフクーポン対象製品多数!
Core i5以上のCPU搭載DELL製品購入で、Amazonギフト券10,000円分が抽選で600名に当たる!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)開始~予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

Inspiron One 2330レビュー(2012年9月時点)

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP
Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.