DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. DELL個人デスクトップ
  4. ALIENWARE AURORA-R9

CoffeeLake Refresh設計、DELLのハイエンド・ゲーミングPC!

ALIENWARE AURORAゲーミング デスクトップ(R9)

2019年9月発売!CoffeeLake Refresh設計のALIENWARE AURORAゲーミング デスクトップ(R9)をレビューする。AURORAシリーズのリリース9番目であり、当方ではALIENWARE AURORA-R9と呼称する。オーバークロックに対応し、eスポーツのプロ・ユーザーにも通用する設計のハイスペック・ハイエンドマシン。イルミネーションLEDのカラー配色が可能で遊び心も満載。水冷式CPUクーラー搭載可能。

ALIENWARE AURORAゲーミング デスクトップ(R9)寸法は幅: 223 mm × 奥行き: 432 mm × 高さ: 482 mm 。 体積では33.8リットル。DELL公称の最大重量は17.8kgとなっている。筐体はまずまず存在感があるサイズ。しかし電源ユニットのスイングアーム式構造により、一昔のALIENWARE AURORAシリーズと比べるとコンパクト化している。光学ドライブは搭載していない。

前モデルR8からデザインを一新!DELLサイトによれば、新しいデザイン・コンセプトである「レジェンド」を採用したというが、そのレジェンドとは一体何のことか分からない。カラーリングは「ダーク サイド オブ ザ ムーン」と「ルナ ライト」がラインナップ。今回のALIENWARE AURORA-R9レビュー実機では、白と黒のツートンカラーである「ルナ ライト」であるが、DELLではシルバーホワイトと表現している。

従来モデルからエアフローをさらに改良したという。吸気ファンによる前面吸気、そして背面と天井面の排気ファンにより排熱されるエアーフローになっている。電源ユニットの配置が特殊で、熱がPCケース内に対流しない工夫がされている。

チップセットにはオーバークロックに対応するZ370を採用。これはCoffeeLakeから続く往来のチップセットであるが、互換性によりCoffeeLake Refreshに対応。レビュー実機では第9世代 Core i9-9900Kを搭載。単体GPUにはGeForce RTX 2080 Ti を搭載しており、構成の一例として紹介する。また複数パターンの構成販売およびカスタマイズ販売のため、同一製品でも差異がある。オーバークロック・メモリであるXMP規格メモリを搭載している。

ALIENWARE AURORA-R9
2020年3月論評
CoffeeLake-
Refresh互換

構成:今回レビューした、DELL ALIENWARE AURORA-R9

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第9世代 Core i9-9900K
    (8コア/16T、16MBキャッシュ、3.6GHz / 最大 5.0GHz) TDP 95W
  • 16GB(16GBx1) HyperX FURY DDR4 2933MHz XMP
  • NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti 11GB GDDR6 (オーバークロック対応)
  • 512GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express)

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : ALIENWARE AURORA(R9)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2020年3月1日時点のレビュー。本製品の発売日は2019年9月12日である。

CoffeeLake Refresh(互換)~レビュー時点のカスタマイズ例

第9世代 Core i9-9900K2018年10月に登場した「CoffeeLake Refreshアーキテクチャ」を採用。CPUブランドは、第9世代Coreプロセッサ。CPUソケットはLGA1151。CPUの脆弱性に対しハードウェア的な対策が施されたというが、往来世代(CoffeeLake)と比べて何が大きく変わったのか、実ははっきりしていない。プロセスルールはCoffeeLakeと同じく14nm++。 8コア実装の量産CPUとしては初の5GHz駆動となる。(Core i9-9900および、Core i9-9900Kのターボブースト最大クロックが5GHz)。

※調査時点における情報である。一部情報は時期により異なる場合もある。
※複数の既存構成(パッケージ)から選び、そこからパーツ変更できるが、構成ごとに制限がある。

第9世代Coreプロセッサ

第9世代Core(Kシリーズ) ※倍率ロックフリー

アーキテクチャ解説 【 CoffeeLake Refresh設計 ※2019年~

単体GPU(グラフィック)

※拡張スロットは、PCI Express x16(伝送はX8)が2基、PCI Express x4が2基で、合計4基実装。

メインメモリ

※メモリスロットは4基実装。XMP規格のメモリを搭載している。
解説 【 オーバークロック・メモリであるXMP規格とは

ストレージ

※SATAドライブ用では、3.5インチHDDベイ×1基、2.5インチベイ×2基。SSD用のM.2スロットは、Type 2242/2260/2280に対応(インターフェースはPCI Express、SATA両対応)。

M.2スロットの基礎知識はこちら 【NVMe SSDとSATA SSDについて

Alienware Command Center

様々な設定に、ユーティリティソフトであるALIENWARE コマンドセンターを使う。そのうち、AlienFXは照明演出であり、LEDカラーを組み合わせて、好みのイルミネーションが楽しめる。ALIEN FUSIONから電源プランを設定。雰囲気は概ねALIENWARE 15(R4)のAlienware Command Centerと同じ。

レビューに関する、注意事項

この手元にある実機を基にした限定的な情報であり、購入者の選択により様々な違いがある(標準搭載の範囲を不明とする)。また、カスタマイズ更新や仕様変更によりレビューと異なる場合があり、採用ベンダー(パーツ・メーカー)も時期により異なる。 それに購入アドバイスはただの個人的意見である。

コンピューターモデル名または、規制モデル名を必ず理解しておくこと。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能。(注文は個人名の記入でOK)

ALIENWARE AURORA-R9のデザインと装備端子

エイリアンヘッド(電源ボタン)にLEDカラーの配色前面では、USB3.1-Gen1 端子×3基(1つはPowerShare対応)、USB Type-C端子(USB3.1-Gen1、Power Delivery-15W対応)、ヘッドフォン端子、マイク端子を配置。端子の外周ラインとエイリアンヘッド(電源ボタン)にLEDカラーの配色が可能。

バックサイドのデザイン背面。

オンボード端子背面のオンボード端子では、次の装備となっている。

S/P DIF デジタル音声出力が同軸とオプティカルの2種類、ギガビットイーサーLAN端子(Killer E2500)、USB2.0端子×5基、Display Port 端子(グラフィックカード側を使うので不要)、USB3.1-Gen1 端子×3基を配置。そして枠で囲っているUSB Type-C端子とAコネクタがUSB3.1-Gen2 対応となっている。6つあるアナログのオーディオ端子により7.1chスピーカーと接続が可能。

ディスプレイ出力-GeForce RTX 2080 Ti NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti のグラフィックカードを搭載したときのディスプレイ出力。USB Type-C端子、Display Port 端子×3基、HDMI端子端子を装備。

インターフェースの補足説明

※USB Type-Cは単なるコネクタ形状の規格であるため、どの転送規格に対応するかは各々異なる。
※PowerShare対応とは、PC起動なしでUSB充電用に使える機能。
※USB3.1-Gen1の転送速度はUSB3.0と同じ「5Gbps」だが、電源供給力は高い。
※USB3.1-Gen2は、USB3.0およびUSB3.1-Gen1の2倍の速度で、「10Gbps」
※Power Delivery(USB PD)とは、USB電力拡張規格のこと。ホスト側から電力を得て、数珠つなぎ式で対応周辺機器へ電源供給ができる。順に電力消費をしていって、電力不足になるまで繋いでいける。

※初心者向けに、周辺機器とつなぐ端子の知識を、パソコンの接続端子(シリアルバス規格)で解説。
※ディスプレイと接続する端子の知識を、パソコンのディスプレイ端子で解説。
※アナログ音声端子の色分けなどの基礎知識は、サウンドデバイス知識ガイドで解説

左右側面・天井面のデザイン

ALIENWAREロゴにLED配色が可能このルナライト(シルバーホワイト)モデルでは、右側面のALIENWAREロゴにLED配色が可能。一方、ダークサイド オブ ザ ムーン(ダークグレー)ではここのLED配色はできないそうだ。

電源ユニットとグラフィックカードの位置開閉パネルとなっている左側面では、電源ユニットとグラフィックカードの位置に吸気口のスリットを配置。

天井排気のスリット天井面はアーチ状のになっており、後方には天井排気のスリットが配置されている。アーチ状はデザインチックだが、小型デバイスなどちょっとしたモノが置けないのは不便か。

AlienFX(LED照明演出)

フルカラーRGBLED照明演出では展示会で撮影したものを掲載する。前面の電源ボタンおよび端子群外周の、イルミネーションLEDの様子。フルカラーRGBで色がカスタマイズできる。

ロゴのLEDALIENWAREロゴのLED配色例。

alienfxのサンプルパープルカラーで統一してみた例。

サイドパネルを開ける

ALIENWARE AURORA-R9の内部構造チェック内部アクセスのためにサイドパネルを外すときは、背面上部にあるレバーを引く。ビス止めしていなければ工具レスとなるが、アクシデントが気になるならネジで止めてロックしておくとよい。

左側面のサイドパネルロック解除され左側面のサイドパネルを外す。

AURORA-R9のベース筐体サイドパネルの内側。ALIENWARE AURORA-R9のベース筐体はスチール製だが外装はプラスチック製となっている。

ALIENWARE AURORA-R9の内部構造(一例)

内部構造内部構造をチェックする。搭載しているパーツにおいてはユーザーの選択により異なるのでご理解を。

スイングアームに設置されたATX電源は縦位置であり、吸気はPCケース内からではなく、ダイレクトに外気から取り込んでいる。つまり電源のエアーフローは独立しており、PC内の熱を抑え込む構造になっている。

吸気ファン前方下部にある吸気ファン。

3.5インチHDDベイ前方上部にある3.5インチHDDベイ。今回は非搭載だが専用マウンタはそのまま付いていた。

2.5インチベイが2基実装下部には2.5インチベイが2基実装しており、今回は非搭載だが専用マウンタはそのまま付いていた。ネジフリー・工具レスで搭載できる機構になっている。

850W マルチGPU認定電源装置Alienware 850W マルチGPU認定電源装置。出力は「5 V/25 A、12 VA/18 A、12 VB/16 A、12 VC/8 A、3.3 V/17 A、5 Vaux/3 A 」である。ケーブルはプラグイン式になっていた。製品マニュアルを見ると460Wの仕様もあり構成により電源容量は異なるようだ。

電源ユニットの知識

電源ユニットは取り外すことなく動かすスイングアーム式により、電源ユニットは取り外すことなく動かすことができる。そしてマザーボードへのアクセスが可能となる。また、この構造により従来のハイエンド機よりもコンパクト化した。

簡易水冷式CPUクーラーCPU冷却オプションである「Alienware ロープロファイル スマート冷却ヒートシンク ソリューション Alienwareハイパフォーマンス水冷システム」。随分長い名前だが、要は簡易水冷式CPUクーラー。水冷ヘッドにはエイリアンヘッドがプリントされている。MOSFETの上にヒートシンクが取り付けられており、オーバークロック対応モデルで見られる構造だ。

簡易水冷式CPUクーラーの解説~構造について

16GB(16GBx1) HyperX® FURY DDR4 2933MHz XMPメモリスロットは4基。この実機では16GB(16GBx1) HyperX FURY DDR4 2933MHz XMP 搭載。インテル独自のメモリ用オーバークロック規格であるXMP対応メモリ。

GeForce RTX 2080 Ti 11GB GDDR6グラフィックカードのNVIDIA GeForce RTX 2080 Ti 11GB GDDR6 (オーバークロック対応)を搭載。

PCI Express x16(伝送はX8)が2基拡張スロットは、PCI Express x16(伝送はX8)が2基、PCI Express x4が2基で、合計4基実装。この実機ではグラフィックカードで2スロット分の面積を占めており、使えるのは残りのPCI Express x4、PCI Express x16(伝送はX8)。

M.2スロットがありNVMe SSDを搭載グラフィックカードの下にM.2スロットがありNVMe SSDを搭載。ちなみにM.2スロットは、Type 2242/2260/2280に対応。インターフェースはPCI Express、SATA両対応。

Killer AX1650 2x2 Wi-Fi 6 ワイヤレス + Bluetooth 5.0CPUの左隣のM.2スロットに搭載する無線LANカード。「Killer AX1650 2x2 Wi-Fi 6 ワイヤレス + Bluetooth 5.0 」となっている。無線LANカードの種類はオプション選択のようだ。

ALIENWARE AURORA-R9のレビューは以上。ここで紹介した実機は一例の構成であり、ユーザーの選択や販売時期により異なる。紹介した内容がすべて標準搭載というものではなく、購入の際はオプション搭載があることを留意していただきたい。

最新情報など、詳しくはDELLサイトへ

ALIENWARE AURORA-R9
2020年3月論評
CoffeeLake-
Refresh

eスポーツのプロ・ユーザーにも通用する、ハイスペック・ハイエンド
DELL ALIENWARE AURORA-R9

オーバークロックに対応し、eスポーツのプロ・ユーザーにも通用する設計のハイスペック・ハイエンドマシン。イルミネーションLEDのカラー配色が可能で遊び心も満載。水冷式CPUクーラー搭載可能。第9世代 Core i9-9900K、GeForce RTX 2080 Tiなどハイパフォーマンス構成が可能。チップセットにZ370採用。

従来モデルからエアフローをさらに改良。吸気ファンによる前面吸気、そして背面と天井面の排気ファンにより排熱されるエアーフロー。電源ユニットの配置ではスイングアーム式を採用し、熱がPCケース内に対流しない工夫がされている。オーバークロック・メモリであるXMP規格メモリを搭載している。SATAドライブ用では、3.5インチHDDベイ×1基、2.5インチベイ×2基。SSD用のM.2スロットは、Type 2242/2260/2280に対応(インターフェースはPCI Express、SATA両対応)の拡張性。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : ALIENWARE AURORA(R9)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報!

DELLクーポン情報

【2020年8月17日(月)まで】
★XPS 、Gシリーズ、Inspironシリーズが6万円以上の購入で17%オフクーポン
★7年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大35000円オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

※パソ兄さんサイトの経由特典となっており、リンク先の優待専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26に内容改定~予告なく変更または終了する場合があります。

8万円以上購入なら ⇒ 【 3,000ポイント付与の優待専用ページへ招待

15万円以上購入なら ⇒ 【 7,500ポイント付与の優待専用ページへ招待

DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」  ※出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

パソ兄さん HOME

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん All Rights Reserved.