DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. DELL法人デスクトップ
  4. OptiPlex 5040シリーズ

Skylake設計の、DELL法人向けデスクトップ

OptiPlex 5040シリーズ(スモールとミニタワー)のレビュー

OptiPlex 5040シリーズでは、スモールとミニタワーのモデルがある。どちらもPCI Expressスロットを持ち、グラフィックカードなどの拡張カードが搭載できる機構だが、レビュー時点ではDELLの搭載サポートはない。必要に応じて自前の搭載となる。OptiPlex 5040ミニタワーでは、スモールよりもドライブベイが多く、PCI Expressスロットも多い拡張タイプ。

なお、上位姉妹機種OptiPlex 7040シリーズのスモールとミニタワーとは、各筐体デザインが共通。しかし、OptiPlex 5040シリーズではDDR4メモリではなく、DDR3L メモリを搭載しているなどの違いがみられる。

OptiPlex 5040シリーズ左がOptiPlex 5040ミニタワーで、右がOptiPlex 5040スモール。どちらも光学ドライブを搭載しているが、スリムドライブなので読み込み速度は速くない。両機とも装備しているオンボード端子は共通。

USB3.0端子×6基、USB2.0端子×2基(1つはPowerShare対応)、ギガビットイーサーLAN端子を装備。。モニタ出力にはHDMI端子、Display Port 端子 × 2基、VGA端子はオプション対応。レガシーポート(PS/2コネクタとRS-232Cシリアルポート)を装備。

光学ドライブを搭載しているので、配布用のCDやDVDを作成するユーザーには必要となるだろう。ただし、ノートパソコンと同じくスリムドライブなので、読み込み速度は速くない。

DELL法人デスクトップ OptiPlex 5040シリーズ 購入側面にスタンドゴムがついており、両機種とも横置きが可能となっている。前面と背面に多くの通気口を持ったデザインであり、そのためか左右側面には通気口を持たない。今回レビューしたOptiPlex 5040シリーズ実機の構成は以下の通り。OS以外は同じである。

OptiPlex 5040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

今回レビューした構成: DELL OptiPlex 5040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
OptiPlex 5040 ミニタワー
2016年1月レビュー
Skylake設計

今回レビューした構成: DELL OptiPlex 5040 ミニタワー

  • Windows 10 Home(64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
両機/ CPU搭載例
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • インテル Core i5-6500 プロセッサー
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : OptiPlex 5040シリーズのキャンペーン価格!DELLサイトへ

2016年1月15日時点のレビュー。なお、パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのベンダーは供給状況により変更があるため、購入された場合の一致性は保証していない。あくまで、手元にある実機の現状レポートである。

両機種ともM.2スロットがあるが、SSDのサポートはなく500GB HDDのみとなっている。グラフィックカードの選択肢はない。
※レビュー時点における情報

OptiPlex 5040 シリーズのパフォーマンス

マルチコアでレンダリングCPUの性能が顕著に現れるCINEBENCH R10ベンチマークテストでチェックしたところ、 Core i3-6100 プロセッサー 搭載では処理時間が50秒だった。 OSの違い(Windows 8.1とWindows 10)での変化はないようだ。
OptiPlex 5040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
⇒50秒
OptiPlex 5040 ミニタワー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 ミニタワー

  • Windows 10 Home(64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
⇒50秒
OptiPlex 7040 Micro
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 Micro

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6500T プロセッサー
  • 8GB (8GB ×1) DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 128GB M.2 SSD(SATA接続)
⇒43秒
OptiPlex 7040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
  • 8GB(4GB ×2)DDR4 メモリ-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
⇒28秒

レビューしたOptiPlex 7040シリーズと比較する。Core i7-6700 プロセッサー搭載だと、その速さは圧倒的だ。OptiPlex 5040シリーズにも、Core i7-6700 プロセッサーの選択肢があるので、是非検討したいところ。

CINEBENCH R15で比較

OptiPlex 5040 ミニタワー CINEBENCH R15によるスコア比較。Core i7-6700 プロセッサーはCore i3-6100 に圧倒的な大差をつけている。

ストリートファイター4ベンチマーク

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
画像 構成 1280×720
ウィンドウ表示
(平均FPS)
1920 × 1080
フルスクリーン
(平均FPS)
OptiPlex 5040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
64.36 42.21
OptiPlex 5040 ミニタワー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 ミニタワー

  • Windows 10 Home(64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
64.47 40.13
OptiPlex 7040 Micro
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 Micro

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6500T プロセッサー
  • 8GB (8GB ×1) DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 128GB M.2 SSD(SATA接続)
103.20 61.53
OptiPlex 7040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
  • 8GB(4GB ×2)DDR4 メモリ-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
143.44 83.64

いずれもレビューした機種は、CPUに内蔵する「インテル HD グラフィックス 530」仕様だが、CPUの違いで差が出ている。Core i3-6100 プロセッサー だと、1280×720 ウィンドウ表示で快適プレイが可能だが、フルHDは厳しい。一方Core i7-6700 プロセッサーであれば、フルHD(1920 × 1080)でも快適プレイが可能のようだ。

消費電力

消費電力をチェックアイドル時とベンチマーク時における消費電力をチェックした。Core i7-6700 プロセッサーでは、Core i3-6100 よりも高負荷時の消費電力が高めになる。

ストレージ・パフォーマンス

拡張重視の、OptiPlex 5040ミニタワーをレビュー上記4機種のストレージ・パフォーマンス。採用パーツベンダーは下の枠に記載。どの機種もM.2スロットを持っているが、レビュー時点でM.2 SSDが選べるのはOptiPlex 7040マイクロのみ。さすがにこれは機種比較というより、M.2 SSDとHDDの違いとして参考にしてほしい。

OptiPlex 5040シリーズの、標準付属キーボードとマウス

レビュー時点で標準付属していた有線キーボードとマウスはこちら。元々やや勾配になっているキーボードだが、チルトスタンドでさらに少しだけ高さが増せる。キーストロークが深く押しごたえがるキーだが、安価な質感は否めない。実用にはまったく問題ない。

特記すべきことはないスタンダードな有線マウスだ。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : OptiPlex 5040シリーズのキャンペーン価格!DELLサイトへ

レビュー項目

比較なら、こちらのレビュー記事も参考に

OptiPlex 7040シリーズのレビュー!姉妹機(Skylake設計)

OptiPlex 3020シリーズのレビュー(Haswell設計)

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.