DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. Inspiron 3275

低価格!なのに広視野角 IPS&フルHDパネル採用の、狭額 21.5インチ一体型
Inspiron 22 3000 フレームレスデスクトップ(AMD仕様)

DELL Inspiron 22(3275)のレビュー

AMD E2-9000e プロセッサーを搭載した、Inspiron 22 3000 フレームレスデスクトップ(販売名)こと、Inspiron 3275(コンピューターモデル名)をレビューする。発売したのは、2018年3月19日。
ややこしいことにDELLサイトでは、同じページ、同じ販売名で、Kaby Lake(Uシリーズ)のInspiron 3277がごちゃ混ぜになっている。つまり同デザインで、AMD仕様 Inspiron 3275とインテル仕様 Inspiron 3277があることを理解しよう。(設計の違う別モデルを一緒くたにすんな!怒)。

ここで紹介するのは、インテル仕様よりも低価格なAMD仕様のモデルである。便宜上、Inspiron 22 (3275)と呼ぶ。21.5インチの一体型パソコンで、広視野角IPSパネルを搭載。しかもフルHD解像度なので、作業領域もわりと広い。非光沢なので長時間使用でも目に優しい。時代の流れなのか、光学ドライブは搭載していない。なお、インテル仕様(Inspiron 3277)のほうが処理性能は高く、タッチパネルの選択もある。ただ予算はひとまわり高額となる。カラーバリエーションでは、今回紹介するホワイトのほかに、ブラックのモデルがラインナップされている。

Inspiron 22 3000 フレームレスデスクトップ(AMD仕様)
Inspiron 22 (3275)
2018年9月レビュー
AMD仕様

レビューした、DELL Inspiron 22 (3275)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 21.5インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)
  • AMD E2-9000e
  • 4GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • Radeon R2 グラフィックス
  • 1TB HDD

DELL公式サイト詳細

メーカー直販  Inspiron 22 (3275 / 3277)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2018年9月18日時点のレビュー。手元の実機レポートであり、仕様は各々の選択により異なる。

DELLの製品名について

DELLサイトにある「販売名」は統一性がなく、さらに新旧モデルの区別も困難。そのため唯一無二のコンピューターモデル名で確認する必要がある。詳しくは「DELL製品の把握は、コンピューターモデル名を知ること」を参照。

当方レビューに関する注意事項

※レビュー時点、レビュー実機の情報であるため、購入された場合の一致性は保証していない。
※標準搭載や仕様変更などの最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※感想は個人的見解である。※風景に写っている周辺機器等は、DELLと関係ない物もある。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能(注文は個人名の記入でOK)。

Inspiron 22 (3275)の装備端子とデザイン

装備端子とデザイン全体把握のため、付属のクイックスタートガイドからInspiron 22 (3275)の装備端子などをチェックする。メインとなる端子にはマーキングした。

LAN端子はギガビットイーサーSDカードスロット以外はすべて背面に集まっている。据え置き用PCとしては「最低限」といった印象。HDMI出力があるので、外部モニタへの出力が可能。LAN端子はギガビットイーサーなので、サーバー構築の環境でも速度に安心。ちなみにインテル仕様 Inspiron 3277の場合は、装備端子が若干異なる。

インターフェースの補足説明

※USB3.1-Gen1の転送速度はUSB3.0と同じ5Gbps(理論値)だが、電源供給力は高い。
※初心者向けに、周辺機器とつなぐ端子の知識を、パソコンの接続端子(シリアルバス規格)で解説。
※ディスプレイと接続する端子の知識を、パソコンのディスプレイ端子で解説。

気軽に設置場所を変えられる幅: 498mm × 奥行き(スタンド除く): 42 mm × 高さ 330 mm / 最小重量(公称) 約4.27 kg。ワイヤレス環境であれば、あとはACアダプタだけあればいいので、気軽に設置場所を変えられる。このサイズの一体型は、屋内のノートユーザーであれば移行しやすいタイプ。

Inspiron 22 (3275)のac45WのACアダプタが付属。PC側へのケーブルは細いが、ジョイントする電源ケーブルは太めなので取り回しはよくない。

左右側面

SDカードスロットを配置Inspiron 22 (3275)の左側面では、最下部にSDカードスロットを配置。この位置にはUSB端子がないので、頻繁に抜き差しするようなユーザーだと、本体裏側に手を伸ばすのが億劫かもしれない。対策としては、USB延長ケーブルを使うのもあり。

写真立てのような設置右側面には何もなし。(光学ドライブなし)。イーゼルスタンドなので、写真立てのような設置になる。角度調整の最大はこの写真を参考に。クイックスタートガイドにはペデスタルスタンド(台座付きのアームスタンド)の記載があるが、レビュー時点でサポートされているのは、このイーゼルスタンドのみ。

天井と背面と底面

格納できるWebカメラ天井面には排気口、そして格納できるWebカメラを搭載している。ぐぐっと押し込むと、自動でゆるゆると立ち上がってくる。

光沢の背面。

装備すル・タン氏たちスタンドを外してみたが、VESA規格対応じゃなさそうだ。市販のモニタアームの取り付けは不可。

USBメモリなど差し込みづらいスタンドがあるので、USBメモリなど差し込みづらいのがデメリット。

通気口のスリット底面にはゴムスタンドが2箇所。通気口のスリットで占めている。

広視野角IPSの、21.5インチディスプレイ

21.5インチディスプレイ21.5インチ画面にフルHD(1920 × 1080)解像度。ドットバイドット表示(100%)でこの領域。この組み合わせだと、文字やアイコンのサイズも見やすい部類になる。

21.5インチ一体型PCとしてもコンパクトディスプレイベゼルが狭額なので、21.5インチ一体型PCとしてもコンパクト。ざっくり測るとその幅1cm。そして画面の広がりを感じる。ディスプレイベゼルが落ち着いた非光沢なのも、個人的には好み。

DELLロゴの左右下部はスピーカを配置したパンチング・デザイン。DELLロゴの左右に、パンチングのドットサイズでマイクの穴が2つある。一番右側には電源ボタンを配置。

ユーティリティソフト-Waves MaxxAudio Pro画像サウンドチューニングにWaves MaxxAudio Proを搭載。内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでも、デジタル処理で効果的なサウンドを展開するサウンド補正技術。 ゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。ユーティリティソフトを使ってイコライザー調整ができる。

Webカメラの出しっぱなし格納できるWebカメラを立ち上げた状態。Webカメラの出しっぱなしは、ひょっこり感が出てちょっとダサいかも。

広視野角のIPSパネルとはIPSパネルということで、視野角をチェック。色調の反転はないからTNパネルよりは断然見やすい。やや気になるのはわりと陰になりやすく、斜めからの視聴だと隅の方は見づらい場合も。

広視野角のIPSパネルとは

液晶モニタではTFT液晶(アクティブ マトリックス方式)が使われるが、IPS方式(In Plane Switching)は、TFT液晶の中で視野角が最も広く、色度変移(見る角度によって色合いが変化する現象)が少ない。DTP分野や医療用などシビアな色表現を求める業界で好まれる。従来のデメリットでは、バックライトの透過率が低い、応答速度が遅いなどがあるが、技術補正されているようで現在ではほぼ気にしなくてもよい。IPSパネルは比較的コスト高なので、上位モデルで採用される。【解説:液晶パネル(TFT液晶)の駆動方式

ワイヤレスキーボードとマウス

デル ワイヤレス キーボード とマウス (日本語) KM636, WK636pホワイト標準付属なのか不明だが、レビュー時点ではワイヤレスのキーボードとマウスがパッケージに含まれている。DELLサイトでは「Dell KM636 ワイヤレス キーボードとマウス(日本語),ホワイト」という記載がされている。

ワイヤレスキーボードはWK636pのホワイト版が付属。(リンク先に詳細レビュー)。ブラックのInspiron 22 (3275)の場合は、キーボードもブラックになるようだ。

WM116pのホワイト版ワイヤレスマウスはWM116pのホワイト版が付属する(リンク先に詳細レビュー)。ブラックのInspiron 22 (3275)の場合は、ブラックのマウスになるようだ。ペアリングの規格はDELLユニバーサルで、USBレシーバ1つで最大6台までの対応機器が無線接続できる。

AMD E2-9000e(Radeon R2 グラフィックス内蔵)のベンチマークテスト

AMD E2-9000e今回の実機の構成とスペック詳細。レビュー時点では、Inspiron 22 (3275)はこの構成のみとなっている。メインメモリが4GBなので事実上、最低限という印象。ディスプレイパネルのメーカーを調べると、DELLの「DEL93FC」と出るので、既存パネルではなくおそらくDELLの特注品なのだろう。採用されているベンダーは時期により異なると思われるので、あくまで一例と理解してほしい。

Radeon R2 グラフィックスであるさらにInspiron 22 (3275)に搭載しているプロセッサーのAMD E2-9000eの詳細。統合しているGPUはRadeon R2 グラフィックスである。2コア実装の2スレッド動作。バックグラウンドの動作状況では、もっさりした挙動がチラホラ見られた。

AMD E2-9000eの実力派CINEBENCH R15のマルチスレッドではスコアが69。Celeron N3050、Celeron J1800などの少し前のAtom系といい勝負。ドラゴンクエストX (旧バージョン・Ver1.10)では処理がカクカク。現在のトレンドからすると、かなりしょぼいパフォーマンスと言わざるをえない。用途は2D動画などの娯楽に限られるだろう。

【 過去PCと比較 : CINEBENCH R15のレンダリングで、パフォーマンスチェック

ドラゴンクエストX (旧バージョン・Ver1.10)で比較

ドラゴンクエストX で比較すると、Pentium N3700搭載マシンにパフォーマンスは近い。だたしCPUパフォーマンス(CINEBENCH R15)では Pentium N3700ほうが上。ということは、このクラスのCPUに統合するGPUとしてはやや優秀ということか。

【 設定 】 ドラゴンクエストX (1280×720 標準品質 ウィンドウ) スコア

2018年9月レビュー
AMD仕様

レビューした、DELL Inspiron 22 (3275)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • AMD E2-9000e
  • 4GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • Radeon R2 グラフィックス
2141
DELL Inspiron 20 3000シリーズ(3052)アイコン画像
2016年5月レビュー

DELL Inspiron 20 3000シリーズ(3052)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Pentium N3700 (2M キャッシュ, 最大2.40 GHz)
  • 4GB (4GBx1) 1600MHz DDR3L メモリ
  • インテル HD グラフィックス
2160
Pentium Silver N5000搭載DELL Vostro 15(3572)レビュー
2018年9月レビュー

DELL Vostro 15(3572)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Pentium Silver N5000 (4MBキャッシュ、最大2.7GHz)
  • 4GB DDR4メモリ 2400MHz (4GBx1)
  • インテル UHD グラフィックス 605
2103
Inspiron N301z(NEW Inspiron 13z)
2010年7月レビュー

DELL Inspiron 13z(N301Z)

  • Windows 7 Home Premium (64bit)
  • Core i3-330UM (1.2GHz, 3MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ
  • ATI Mobility Radeon HD 5430 1GB
1985
Inspiron 11(3168)
2016年9月レビュー

DELL Inspiron 11(3168)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Pentium N3710 ( 最大 2.56 GHz )
  • 4GBシングル チャネル DDR3L 1600MHz
  • インテル HD グラフィックス
1933
ホワイトのInspiron 3185
2018年4月レビュー

DELL Inspiron 11 2-in-1(3185)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • A9-9420e
  • 8GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • Radeon R5グラフィックス
1797
グレーのモデル-Inspiron 3185
2018年4月レビュー

DELL Inspiron 11 2-in-1(3185)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • A6-9220e
  • 4GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • Radeon R4グラフィックス
1561
初めて買ったInspiron 1520
2007年12月レビュー

DELL Inspiron 1520

  • Windows Vista Home Premium (32bit)
  • Core 2 Duo T7100(1.8GHz 、2MB L2 、800MHz FSB )
  • 2GB (1GBx2) DDR2-SDRAM メモリ
  • GeForce 8600M GT 256MB
1434
DELLのInspiron15
2010年4月レビュー

DELL Inspiron 15(1564)

  • Windows 10 Home (64bit)
    ※Windows 7からのアップグレード済
  • インテル Core i5-430M (2.26GHz, 3MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ
  • インテル HDグラフィックス
1281

当方のレビューPCにおける調査より

消費電力

アイドル時では。ディスプレイ輝度75%で17W。この輝度におけるCINEBENCH R15のマルチスレッドが22Wあたり。ドラゴンクエストX では20W。PC自体の消費電力はかなり低い。

ストレージとネットワーク・コントローラ

Inspiron 22 (3275)実機では、東芝製MQ04ABF100を搭載レビュー時点では、1TB HDDの搭載となっている。SSDのサポートはなし。このInspiron 22 (3275)実機では、東芝製MQ04ABF100を搭載していた。よって7mm厚の2.5インチHDDだと分かる。猛者であれば、分解マニュアルをダウンロードしてSSDの換装もありだが、むろん保証がなくなる。

【 過去PCと比較 : SSD / HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス

デバイスマネージャからネットワークコントローラーをみると、有線LANはRealtek(カニさん)のギガビットイーサーである。無線LANでは、クアルコム・アセロス社(Qualcomm Atheros, Inc.)を採用。この企業は、アメリカの半導体メーカーでLAN関連製品のトップシェアを誇っている。

Inspiron 22 (3275)のレビューは以上。AMDモデルの場合は、5万円台からと格安であり、シンプルで狭額ディスプレイのデザインも好印象。さらにIPSパネルとフルHD解像度の好スペック。懸念要素はAMD E2-9000eのパフォーマンスがさほど魅力的ではないこと。セキュリティソフトなどのバックグランド動作で、もっさりする場合がある。ネットやビジネス用途であれば概ね良好だが、先々高負荷作業を期待するなら、インテル仕様のInspiron 22 (3277)のほうが無難である。

詳しくはDELLサイトへ

懸念要素はAMD E2-9000eのパフォーマンスがさほど魅力的ではないこと。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販  Inspiron 22 (3275 / 3277)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2018年12月17日(月)まで】
DELL即納モデルが税抜き6万円以上の購入でお得!17%オフクーポン
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大20%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年1/31(木)まで】
DELL直販9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】へ

パソ兄さんサイト限定!Alienwareシリーズ購入応援サポート!

【2019年1/31(木)まで】
DELL直販でAlienwareモデル15万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 【Alienware対象・ポイント付与の優待専用ページ】へ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.