DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. G5-15(5587)

CoffeeLake設計の15.6インチゲームノート!G3よりもワンランク上のモデル

DELL G5 15 (5587)レビュー

2018年5月に発売した、CoffeeLake設計(Hシリーズ)の15.6インチ・ゲームノート、G5 15 (5587)をレビューする。コンピュータモデル名ではG5-5587と呼ばれている。G3シリーズのワンランク上のブランドであり、さらに高性能構成が可能。アルミ製のパームレストなど筐体のプレミアム性若干上がっている。広視野角IPSパネルを搭載、非光沢なので長時間使用でも目の負担が軽い。ゲームノートらしくデュアルファン / ヒートパイプの空冷システムを持ち、通信に安定感のあるKiller E2400ネットワークを採用。テンキー付きキーボード搭載。光学ドライブはない。

レビュー時点のG5 15 (5587)では、最大構成でCore i7-8750H + GeForce GTX 1060となっており、FINAL FANTASY XVが「標準品質1920 × 1080」でもほぼストレスなくプレイできる。また高速のNVMe SSD + HDDのデュアルストレージ構成も可能。カラーバリエーションでは、レッドとブラックの2色あるが、このページで掲載しているのはブラックモデルである。

G5 15 (5587)
2018年10月レビュー
CoffeeLake
(Hシリーズ)

レビューした、DELL G5 15 (5587)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)
  • 第8世代 Core i7-8750H (6コア/12T、9MBキャッシュ、2.2GHz / 最大 4.1GHz)
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q Design)
  • 256GB SSD (M.2 / SATA接続) + 1TB HDD(2.5インチ / 7mm厚)
※仕様の変化による注意事項:
2018年10月3日時点では、DELLサイトをみると、すべてNVMe SSD(M.2 / PCI Express接続)になっているが、当方のG5 15 (5587)導入時にはSSD(M.2 / SATA接続)となっている。時期による違いや異なるスペックの混在には注意されたし。いうまでもなくNVMe SSDのほうが高速。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  G5 15(5587)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2018年10月3日時点のレビュー。手元の実機レポートであり、仕様は各々の選択により異なる。

Coffee Lake設計、G5 15 (5587)の構成例と実機紹介

DELL G5 15 (5587)レビューまずはG5 15 (5587)の特長をまとめてみた。

構成例

レビュー時点における構成例および、特長を以下にまとめてみた。G5 15 (5587)のプラットフォームはCoffee Lake(Hシリーズ)であり、Core i5-8300H かCore i7-8750Hの2択。単体GPUでは、GeForce GTX 1050 TiかGeForce GTX 1060の2択である。ストレージではPCI Express接続で高速のNVMe SSD搭載であり、データ用に2.5インチHDDを追加してデュアルストレージ構成も可能。

ディスプレイ
  • 15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)
CPU

Coffee Lake(Hシリーズ)

  • 第8世代 Core i5-8300H
    (4コア/8T、8MBキャッシュ、2.3GHz / 最大 4.0GHz) インテル UHD グラフィックス630
  • 第8世代 Core i7-8750H
    (6コア/12T、9MBキャッシュ、2.2GHz / 最大 4.1GHz) インテル UHD グラフィックス630
グラフィック
  • NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q Design)
※「Max-Q Design」とは、効率化により「性能とPC筐体サイズのバランスを追求したNVIDIA社の技術。単純に処理性能を高めただけではないのがポイント。同社GeForceシリーズを搭載するゲーミングノートPCのリファレンス・デザインであり、性能を向上したり駆動時間を延ばすチューニング、放熱設計の最良化、対応ゲームの最適化などが実現化されている。具体的には、Max-Q Design採用PCだと、従来品よりも薄型軽量化しやすく、パフォーマンスも高くなるとのこと。
ストレージ
  • 256GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express接続)
  • 128GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express接続) + 1TB HDD(2.5インチ / 7mm厚)
  • 256GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express接続) + 1TB HDD(2.5インチ / 7mm厚)
※当方のG5 15 (5587)導入時にはSSD(M.2 / SATA接続)となっている。
そのため、レビュー実機はSATA接続であることに要注意。
むろん、PCI Express接続のNVMe SSDのほうがいいに決まっている。
カラー
  • ブラック
  • レッド
ワイヤレス Wi-Fi 802.11ac + Bluetooth 5.0 (Win10環境では4.1として動作)
光学ドライブ なし
バッテリ
  • 4セル(56WHr) 内蔵
電源 180WのACアダプタ付属(レビュー実機のGeForce GTX 1060構成の場合)
※このレビュー機よりも下のスペックでは130Wとのこと。
(実機の測量では695g ※電源ケーブル含む)
サイズ 幅: 389 mm × 奥行き: 275 mm × 厚み: 25 mm /
最小重量(公称) 約2.65 kg (レビュー実機では2.799 kg)

※レビュー時点の構成例。採用パーツやベンダーは供給状況により異なる。
※構成ベースの販売であり、パーツの組み合わせは制限される。

レビューする実機の構成と、採用ベンダー

Core i7-8750H + GeForce GTX 1060搭載今回レビューするG5 15 (5587)実機の構成とベンダーはこの通り。(CPU・GPU・メインメモリ・ストレージ・マザーボード・OS詳細)。Core i7-8750H + GeForce GTX 1060搭載。チップセットはHM370を採用している。

液晶パネルにはLG Philipsとあるので、LGエレクトロニクス製パネルだった 2014年には液晶パネル世界シェア1位となったメーカーである。LGとは、前身であった金星社(Lucky-Goldstar)の略。なお、採用されているベンダーは時期により異なると思われるので、あくまで一例と理解してほしい。

DELLの製品名について

DELLサイトにある「販売名」は統一性がなく、さらに新旧モデルの区別も困難。そのため唯一無二のコンピューターモデル名で確認する必要がある。詳しくは「DELL製品の把握は、コンピューターモデル名を知ること」を参照。

当方レビューに関する注意事項

※レビュー時点、レビュー実機の情報であるため、購入された場合の一致性は保証していない。
※標準搭載や仕様変更などの最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※感想は個人的見解である。※風景に写っている周辺機器等は、DELLと関係ない物もある。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能(注文は個人名の記入でOK)。

装備インターフェースとデザイン

インターフェースまず付属のクイックスタートガイドからG5 15 (5587)のインターフェースをチェックする。メインとなる端子にはマーキングした。光学ドライブは搭載していない。

USB3.1-Gen1のA端子が3基(1基のみPowerShare対応)、そして「USB3.1-Gen2、Thunderbolt 3、Display Port 」に対応したUSB Type-C端子が1基ある。他にはHDMI端子やギガビットイーサーLAN端子、SDカードスロットなどがある。インターフェースはまずまず豊富なほうである。なお、一応オプション扱いになっているが、電源ボタンが指紋認証リーダーを兼ねている。

インターフェースの補足説明

※USB Type-Cは単なるコネクタ形状の規格であるため、どの転送規格に対応するかは各々異なる。
※PowerShare対応とは、PC起動なしでUSB充電用に使える機能。
※装備するUSB3.1端子(Aコネクタ)は、すべてGen1のため転送速度はUSB3.0と同じ「5Gbps」
※USB3.1-Gen1の転送速度はUSB3.0と同じ5Gbps(理論値)だが、電源供給力は高い。
※USB3.1-Gen2は、USB3.0およびUSB3.1-Gen1の2倍の速度で、10Gbps(理論値)。

※初心者向けに、周辺機器とつなぐ端子の知識を、パソコンの接続端子(シリアルバス規格)で解説。
※ディスプレイと接続する端子の知識を、パソコンのディスプレイ端子で解説。

安定した通信!Killerネットワークを搭載

Killer E2400を搭載ギガビットイーサーの有線LANでは、コントローラーにクアルコム・アセロス社のKiller E2400を搭載している。

Killer専用のユーティリティソフトで設定することにより、ネットワーク接続をモニタリングし、オンラインゲームのパフォーマンスを最大化することができる。KillerはWindowsが抱えるネットワーク処理の一部を肩代わりする機能を持つ。優先度の設定に基づいてネットワーク帯域幅を最適化、管理する。CPU負荷を低減させ、ネットワークの遅延を抑えるため、とくにオンラインゲームでは安定した通信が確保できる。。※クアルコム・アセロス社(Qualcomm Atheros, Inc.)は、アメリカの半導体メーカーでLAN関連製品のトップシェアを誇っている。

Waves MaxxAudio Pro搭載

ユーティリティソフト-Waves MaxxAudio Pro画像サウンドチューニングにWaves MaxxAudio Proを搭載。内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでも、デジタル処理で効果的なサウンドを展開するサウンド補正技術。 ゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。ユーティリティソフトを使ってイコライザー調整ができる。

G5 15 (5587)の側面デザインと、装備インターフェース

側面左右側面に装備している端子。

端子端子面を拡大。上段写真にある左側面では、セキュリティロック・スロット、電源コネクタ、ギガビットイーサーLAN端子、USB3.1-Gen1端子(PowerShare対応)、SDカードスロットを配置。

下段写真にある右側面では、ヘッドセット端子、USB3.1-Gen1端子×2基、USB Type-C端子(USB3.1-Gen2、Thunderbolt 3、Display Port 対応)、HDMI端子を配置。

ディスプレイは最大でここまで中央にヒンジ(蝶番)があり、ディスプレイは最大でここまで開く。それにしてもゲームノートも技術の進歩でかなり薄型化している。

前面と背面

前面と背面スリット状のデザインになっている前面と背面。両面とも装備端子はなし。前面にはスピーカーとステータスライトを配置している。

電源&バッテリーライト前面中央にあるステータスライトでは、電源&バッテリーライト / HDDアクセスライト兼用となっている。そのため「Fn + Hキー」を押すごとに表示内容を切り替えられる。

ヒンジを配置背面では中央に長めのヒンジを配置。

天板

ポリカーボネート(工業プラスチック)の質感天板および底面ではポリカーボネート(工業プラスチック)の質感なので、筐体に特別なプレミアム感はない。しかしパームレストはアルミ素材のため、G3シリーズよりも外観上位がある。このモデルのカラーバリエーションはブラックだが、若干半光沢ぽくもある非光沢。中央には朱色のDELLロゴを配置している。

底面と内部構造

面積が裏カバー底面ではデュアルファンの吸気口、2本のスタンドゴムが配置されている。ほとんどの面積が裏カバーとなっており、ネジ止め箇所を緩め、周囲をパテ用プラスチックヘラでホジホジとめくっていくと、内部にアクセスできる。裏カバーは鉤爪が多いので折らないためにもヘラを使うことを推奨する。

内部構造G5 15 (5587)の内部構造。分解しなくても内部にアクセスできるので、ユーザー自身によるパーツ換装は比較的しやすい。ただし、メーカー保証のなくなる自己責任となるのでご注意を。

デュアルファンとヒートパイプ

ヒートパイプについてちょっと基礎知識デュアルファンと、その間のヒートパイプ。

ヒートパイプについてちょっと基礎知識を説明する。CPUから出た熱は、ヒートスプレッダからヒートパイプへ伝わる。ヒートパイプは温度差が高いほど熱伝導が速いので、その性質を活用している。(高温部から低温部へ熱が伝わる ” 移動現象 ” のスピードが速い)。材質は熱伝導率の高い銅が利用される。

なお、ヒートパイプは熱移送の役割であり、それ自体の放熱効果はない。ゆえに放熱フィンへと熱移送するだけ。特に大型の放熱フィンになると、熱が一定箇所にたまってしまうので、ヒートパイプが満遍なく熱を移送する。一般的にヒートパイプには少量の動作液が封入されており、液化と気化を繰り返しながら熱移送を行う。つまり銅による熱伝導だけではない。

メモリスロット

G5 15 (5587)実機では8GBメモリを2枚搭載メモリスロットは2基あり、別々のお部屋。このG5 15 (5587)実機では8GBメモリを2枚搭載している様子。

2.5インチHDD(データ用)

2.5インチHDD(7mm厚)オプションと言うか、デュアルストレージ構成の選択で2.5インチHDD(7mm厚)を搭載できる。

M.2 SSDと無線LANカード

M.2スロット(M.2 2280)2.5インチHDDベイの上には、M.2スロット(M.2 2280)と無線LANカードのスロット。

ストレージのパフォーマンス

M.2 SSD(SK hynix製SC311)レビュー実機で搭載していたM.2 SSD(SK hynix製SC311)と2.5インチHDD(シーゲート製ST1000LM035-1RK172)のパフォーマンス。

なお、この手元のG5 15 (5587)実機ではSATA接続のM.2 SSDとなっているが、2018年9月3日時点では、すべてさらに高速のNVMe SSD (PCI Express接続)のみとなっている。これが一時的ななものなのか、仕様変更なのかよくわからないので、購入の際は注意深くみたほうがいいだろう。いずれにしてもG5 15 (5587)自体はSATAにもPCI Express接続対応している。

【基礎知識 : M.2スロットおよびM.2 SSD
【 過去PCと比較 : SSD / HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス

GeForce GTX 1060構成の場合、 180WのACアダプタ付属

180WのACアダプタ今回のG5 15 (5587)レビュー実機では、GeForce GTX 1060搭載のため、180WのACアダプタが付属する。PC側へのケーブルも、ジョイントする電源ケーブルも太めなので取り回しはよくない。アダプタ本体に滑り止めゴムが4本付けられている。測量すると電源ケーブル込みで695gあった。なお、「GeForce GTX 1050 Ti搭載だと130Wアダプタの付属」と、DELLサイトに記載されている。

アルミ製のパームレストに、テンキー付きキーボード

パームレストG5 15 (5587)のパームレストはアルミ素材であり、アルマイト加工※でさらっとした手触り。カラーはガンブラックといった感じだ。タイピングしたところ、剛性はそこそこ高く、たわみもほぼなく安定した印象がある。性能もさることながら、ここはG3シリーズのポリカーボネート(工業プラスチック)とは違う上位性がある。※アルマイト加工(陽極酸化処理)とは酸化皮膜を生成させる表面処理で、これにより耐食性と耐摩耗性が向上する。

G5 15 (5587)の妥協点ホームポジションの様子。テンキーがあるのでやや左寄りのスタイルになる。汎用的なパーツを使っており、ゲーム用に特化したキーボードではないところはG5 15 (5587)の妥協点となる。

このG5 15 (5587)ではG7-15(7588)などで採用されているキーボード・パーツを搭載している。(詳細はリンク先にて)。一枚板くり抜きタイプ。テンキー付き。主に15.6インチノートで搭載されているが、一部17.3インチノートで採用される例もある。15.6インチノートの筐体にテンキーを載せているため、やはりEnterキー、BackSpace、¥、右Shiftあたりが犠牲になり、やや幅が狭くなっている。また、英字キーボードのくり抜きをそのまま流用したようなコストダウン化が見られる。当方では2016年末ごろからこのキーボードを確認している。

キーボード面だけがスポッと低地パームレストは両脇が折り目になっており、キーボード面をやや低地に置くデザインとなっている。キーボード面だけがスポッと低地になっているものよりかはデザイン性が高い。

電源ボタンが指紋認識リーダー電源ボタン。クイックスタートガイドでは一応オプション扱いになっているが、電源ボタンが指紋認識リーダーにもなっている。

赤いラインで縁取り一体型のタッチパッドは、赤いラインで縁取りがされている。

15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)

解像度1920 × 108015.6インチ非光沢ディスプレイに1920 × 1080解像度の搭載。レビュー時点ではディスプレイの仕様がこれのみとなっている。広視野角のIPSパネルを採用している。この実機ではLGエレクトロニクス製パネルだが、供給時期によりベンダーは異なる。

LGパネル(LGD053F)の特徴G5 15 (5587)では広視野角のIPSパネル採用なので、極端な角度から見ても色度変移で画面が確認できないということはない。当然エントリーノートのTNパネルよりも見やすい。しかし個体差かLGパネル(LGD053F)の特徴なのか、ある一定の角度からは青っぽく色かぶりする傾向にある。妥協点は人によるが、通常のユーザーポジションであれば、さほど気にすることでもないと思われる。

基礎知識:広視野角のIPSパネル

液晶モニタではTFT液晶(アクティブ マトリックス方式)が使われるが、IPS方式(In Plane Switching)は、TFT液晶の中で視野角が最も広く、色度変移(見る角度によって色合いが変化する現象)が少ない。DTP分野や医療用などシビアな色表現を求める業界で好まれる。従来のデメリットでは、バックライトの透過率が低い、応答速度が遅いなどがあるが、技術補正されているようで現在ではほぼ気にしなくてもよい。IPSパネルは比較的コスト高なので、上位モデルで採用されることが多い。【解説:液晶パネル(TFT液晶)の駆動方式

DELLロゴはクロム調ディスプレイベゼルにあるWebカメラとデュアルマイクの内蔵。そしてDELLロゴはクロム調になっており、G3シリーズのようなただのプリントロゴよりは見栄えがいい。

パフォーマンス(Core i7-8750HとNVIDIA GeForce GTX 1060)

Core i7-8750H今回のG5 15 (5587)レビュー実機では第8世代 Core i7-8750Hを搭載している。6コア実装、12スレッド動作するプロセッサで、マルチスレッドにめっぽう強い。TDP(熱設計電力)は45W。ベースクロックは2.2GHzだが最大4.1GHzまでアップする。内蔵するグラフィックは、インテル UHD グラフィックス630。

Core i7-8750HのスコアCINEBENCH R15によるレンダリングでCPUパフォーマンスをチェック。比較するのは、当サイトが過去にレビューしたPCにおける搭載CPUのスコアである。(重複するCPUでは最高値だったものを残している)

G5 15 (5587)に搭載していたCore i7-8750Hのスコアは、マルチスレッドで1185。過去に同じCPUをレビューしているが、少々記録を更新。12スレッド動作がかなり影響しており、過去のモバイル向けCPUとは比較にならないくらい高速化している。2016年ごろのハイエンドデスクトップに搭載していたCore i7-6700Kよりも大差をつけている。マルチスレッド対応ソフトでは非常に有利なパフォーマンスである。シングルスレッドでは、スコアが176。1コアのパフォーマンスもなかなか良い。

CINEBENCH R15について

CINEBENCH R15のベンチマークテストとは

3DCG作成ソフト「CINEMA 4D」がベースで、約30万ポリゴンある静止画のレンダリングにかかった時間などでスコアが算出される。CPUを100%稼働させるのでCPU性能指数の目安になる。最大256スレッドまで対応しているため、コア数が多く高クロックのCPUほど有利だが、アーキテクチャの新旧にもよる。なお、搭載グラフィックの性能にはあまり左右されない。

【 過去PCと比較 : CINEBENCH R15のレンダリングで、パフォーマンスチェック

単体GPUに、NVIDIA GeForce GTX 1060

NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5そして今回のレビュー実機に搭載している単体グラフィック、NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q Design)のスペック詳細。ゲームノートとしてのパフォーマンスが期待できる。ただしデスクトップ向けのGeForce GTX 1060と比べると、クロック数が少し引き下げられていることには留意。これはMax-Q Designを始めとする節電対策の仕様だろう。

※「Max-Q Design」とは、効率化により「性能とPC筐体サイズのバランスを追求したNVIDIA社の技術。GeForceシリーズを搭載するゲーミングノートPCのリファレンス・デザインであり、性能を向上したり駆動時間を延ばすチューニング、放熱設計の最良化、対応ゲームの最適化などが実現化されている。

なお、Core i7-8750Hの内蔵グラフィック(UHD グラフィックス630)と切り替えて動作させることが可能。(NVIDIAコントロールパネルから切り替えることができる。)

切替可能グラフィックの解説~NVIDIA Optimus と、AMD Enduro 電力管理テクノロジー】

FINAL FANTASY XV ベンチマークテスト

GeForce GTX 1060でFINAL FANTASY XV 高負荷のPC版「FINAL FANTASY XV」では、標準品質であれば1920 × 1080設定でも及第点の動作が可能。スコアは5933で、「やや快適」との評価だった。ちなみに当サイト内の調査結果から、GeForce GTX 1050 Ti 搭載機での1920 × 1080プレイは及第点と言い難い。やはり合格ラインはGeForce GTX 1060以上である。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

1920 × 1080 最高品質紅蓮のリベレーター過去レビューPCとの比較参考として、【ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター (1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン)】でベンチマークテスト実施した。ゲームタイトルのリンク先に当サイトで調べた過去PCのスコアが確認できるが、とりあえず一部をピックアップしてみた。Core i7-8750H + GeForce GTX 1060だと、だいたい10700前後あたりだと思われる。(同じ構成のG7 15(7588)もそうであるため)。NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 搭載機よりも明らかに差をつけている。

【 設定 】 ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン)
SCORE
画像G5 15 (5587)
2018年10月レビュー

DELL G5 15 (5587)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-8750H (6コア/12T、9MBキャッシュ、最大 4.1GHz)
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q Design)
10681
ALIENWARE 15-CoffeeLake
2018年6月レビュー

DELL ALIENWARE 15(R4)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i9-8950HK (2.9GHz / 最大 4.8GHz)
    ※ファクトリー・オーバークロック済みで、最大5.0GHzまで
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB GDDR5X(Max-Q Design)
15706
ALIENWARE 15(R4)のエピックブラック
2018年6月レビュー

DELL ALIENWARE 15(R4)~2台目・エピックブラック

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i9-8950HK(12MBキャッシュ、最大 4.8GHz)
    ※ファクトリー・オーバークロック済みで、最大 5.0GHz まで可能
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5
14372
DELL G7 15(7588)の画像
2018年6月レビュー

DELL G7 15(7588)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8750H (9MB キャッシュ,最大 4.1GHz)
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q)
10767
ALIENWARE 15(R3)
2017年10月レビュー

DELL ALIENWARE 15(R3)の構成 ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
10188
Core i5-8300HとGeForce GTX 1050 Ti 搭載のDELL G3 15(3579)
2018年10月レビュー

DELL G3 15(3579) ※追加レビュー

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i5-8300H (4コア/8T、8MBキャッシュ、最大 4.0GHz) 
  • 8GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5
7642
DELL G3 15(3579)の購入ガイド
2018年7月レビュー

DELL G3 15(3579)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8750H (9MBキャッシュ、 / 最大 4.1GHz)
  • 8GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5
7622
第2ラウンドInspiron 15ゲーミング(7567)
2017年9月レビュー

DELL Inspiron 15ゲーミング(7567) ※レビュー実機2台目

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
7492
DELL XPS 15(9570)
2018年8月レビュー

DELL XPS 15(9570)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8750H (9MBキャッシュ、最大 4.1GHz)
  • 16GB (8GB×2) DDR4メモリ - 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5
6875
ALIENWARE ALPHA(R2)をレビュー
2017年9月レビュー

DELL ALIENWARE ALPHA(R2)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7 6700T (8MB キャッシュ, 最大 3.6GHz)
  • 8GB DDR4メモリ- 2133MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 960 4GB GDDR5
6482
DELL Inspiron 24 (5477)
2018年8月レビュー

DELL Inspiron 24 (5477)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i5-8400T (9MBキャッシュ、最大 3.3GHz)
  • 8GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1050 4GB GDDR5
6386

ラストレムナント

ラストレムナント(1920 × 1080)2009年の古いゲームだが、ラストレムナント「1920 × 1080 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。 過去PCとの比較はこちら(ラストレムナント~2009年 1920 × 1080 フルスクリーン)へ。

画像G5 15 (5587)
2018年10月レビュー

DELL G5 15 (5587)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-8750H (6コア/12T、9MBキャッシュ、最大 4.1GHz)
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q Design)
258.95

基礎知識:ゲームのベンチマークテストについて

※3Dゲームでは美麗な描写処理を担うグラフィック(GPU)の性能が重視されるが、CPUも軽視できない。炎、煙、風、速度などの自然現象をシミュレーションする物理演算(エフェクト)や、プレイヤーが操作しないキャラクター(NPC-non player character)を動かすのは人工知能(AI)であり、それはCPUが担う。ゆえにCPUの依存度はゲームの内容による。CPU内蔵グラフィック仕様の場合は、ビデオメモリを持たないため、メインメモリが代用される。そのため、搭載メモリの環境によってパフォーマンスが左右されやすい。

G5 15 (5587)のレビューは以上。

パフォーマンスはALIENWAREの領域まで食い込んだモデルであるが、エントリー向けの汎用キーボードなど、コストダウン化も見られる。しかし装備端子やディスプレイ、アルミのパームレストなどわりと上位仕様も多く、ミドルユーザー以上に支持されると思われる。

詳しくはDELLサイトへ

DELLパソコン購入ガイド-g5編
G5 15 (5587)
2018年10月レビュー
CoffeeLake
(Hシリーズ)

CoffeeLake設計の15.6インチゲームノート!G3よりもワンランク上のモデル
DELL G5 15 (5587)

15.6インチ 非光沢 ディスプレイ(解像度1920 × 1080)のゲームノート。アルミ製のパームレストなど若干筐体のプレミアム性もある。広視野角IPSパネルを搭載、非光沢なので長時間使用でも目の負担が軽い。ゲームノートらしくデュアルファン / ヒートパイプの空冷システムを持つ。テンキー付きキーボード搭載、通信にKiller E2400ネットワーク採用。最大構成ではCore i7-8750H + GeForce GTX 1060となっており、高いパフォーマンスが期待できる。NVMe SSD + HDDのデュアルストレージ構成も可能。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  G5 15(5587)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.