DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. Inspiron 3252 (Airmont-2015年)

Airmont設計!Atom系のCeleron N3050搭載で、超・低消費電力のデスクトップ

DELL Inspironスモールデスクトップ(3252) レビュー

TDP 6 Wの超低消費電力CPUのCeleron N3050搭載デスクトップ、Inspironスモールデスクトップをレビューする。ネットブックで培ってきたAtom系のCeleron N3050搭載なので、デスクトップとしてはかなり低消費電力。また静音デスクトップである。
なお、このPCはシステム名でInspiron 3252という製品。当サイトでは、今後訳がわからなくなるので「Inspironスモールデスクトップ」と呼ばず、Inspiron 3252と呼ぶ。

DELL Inspironスモールデスクトップ
レビューしたInspiron 3252の構成は以下の通り。※Celeron N3050 搭載はレビュー時点であり、更新される場合もある。
風景にある周辺機器などはInspiron 3252とは関係のない市販品である。単に実機に基づいた情報であり、購入されるInspiron 3252との一致性は保証していないので、あしからず。


2015年12月レビュー
Airmont設計

DELL Inspiron 3252 (2015年 Airmont設計:Braswell)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Celeron N3050 (2M キャッシュ, 1.6GHz~ 2.16 GHz)
  • 4GB (4GBx1)シングル チャネル DDR3メモリ- 1600MHz
  • インテル HD グラフィックス
  • 500GB HDD(7200 rpm )
製品概要 ネットブックで培ってきたAtom系のCeleron (Airmont設計:Braswell)搭載なので、デスクトップとしてはかなり低消費電力。また低価格かつ、コンパクトな静音デスクトップ。ただし、デスクトップとしての拡張性はまったくなく、PCサイズもまだまだ改善の余地があることが否めない。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Inspironスモールデスクトップ(3252)の詳細!(2015/10/6発売)

2015年12月2日時点のレビュー。パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのサプライヤは供給状況により変更あり。

2016年4月追記

Inspironスモールデスクトップに、Inspiron 3250が追加された。そちらはCore i5-6400搭載で、Skylake設計(第6世代Coreシリーズ)のモデル。ここでレビューしているInspiron 3252とは違い、180W電源ユニットを内蔵、PCIeスロット(PCIex16 x1 PCIex1 x1)を実装している。PCケースが同じなだけで、設計上、全くの別物だが、「Inspironスモールデスクトップ」という括りで混在している。

PC・デジモノフェア 2015 にて展示の、Inspiron 3252

Inspiron 3650-PC・デジモノフェア 2015リンクシェア・ジャパン主催「PC・デジモノフェア 2015」のDELLブースで展示されていた、Inspiron 3252とInspiron 3650のツー・ショット。幅はInspiron 3650よりもかなりスリムだが、奥行は同じくらい。もちろん性能には大差がある。なおこのイベントでは、DELL社員から直接、製品の魅力を聞き出すことができる。その他の新モデルも展示されていた。

PC・デジモノフェア 2015のDELLブース

PC・デジモノフェア 2015 で展示されていた、DELL機種のレビュー!

以下、Inspiron 3252の詳細レビューとなる。

Celeron N3050のパフォーマンス

Celeron N3050Inspiron 3252で搭載されていた、Celeron N3050のパフォーマンスをチェックする。 Celeron N3050は、第4世代のAtomにあたるAirmont マイクロアーキテクチャのCPU。開発コードではBraswellと呼ばれていた。 このBraswellから、デスクトップ用とノート用で分かれていたAtom系CPUが一本化された。Celeron N3050には内蔵グラフィックとして、インテル HD グラフィックスが統合されている。

Celeron N3050は何と言っても「TDP 6 W」 の超低消費電力がポイント。最新デスクトプPCとしては最弱性能だが、低消費電力が最強クラスといえる。最弱性能といっても、むろんネットやビジネス用途では充分な性能である。

超低消費電力で、デスクトップの拡張性が加わると文句なしなんだが、Inspiron 3252には拡張スロットが備わっていないため、ほとんどデスクトップのメリットを活かしきれていない。ドライブの拡張性もない。次のページで詳しく解説するが、Inspiron 3252の内部は無駄なスペースが多く、Atom系のデスクトップPCとしては決してコンパクトなほうではない。

PC製品全体の完成度で言えばイマイチだが、単純に「Atom系の低消費電力の恩恵を受けられるPC」と思えばいいだろう。デスクトップのメリットとして強いて挙げれば、3.5インチHDDを搭載していることか。また、キーボードやモニタが自由に組み合わせられること。セールスポイントはちょっと弱いな。

Atom系のCeleron N3050搭載設置風景。

最強の低消費電力

Inspironスモールデスクトップ低消費電力Celeron N3050搭載デスクトップとして、低消費電力のパフォーマンスは素晴らしい。今回のInspiron 3252では、アイドル時では12Wあたり。CPU最大稼働のレンダリングでは15W程度。ストリートファイター4ベンチマークでもたったの18W程度。
間違いなく、デスクトップでは最強の低消費電力だろう。

オンボードで、WQHD(2560 × 1440)のモニタ出力が可能

InspironスモールデスクトップでWQHD(2560 × 1440)Inspiron 3252では拡張スロットがないのでグラフィックカードが搭載できない。しかし、オンボード端子のHDMI接続で、WQHD(2560 × 1440)モニタ出力ができた。これなら将来性は高い。

CPU性能検証

Atom以外の過去CPUと比べCINEBENCH R15では、たったの67cbしかない。Atom以外の過去CPUと比べしまうと、かなり弱い。

CINEBENCH R10は、MAXON Computer社
CPUの性能が顕著に現れるCINEBENCH R10ベンチマークテストでチェック。 CINEBENCH R10は、MAXON Computer社のCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。 Cinema 4Dとは映画・テレビ業界・ゲーム制作・建築で採用されている3Dソフトである。このベンチマークテストのレンダリング処理時間で、主にCPU性能を測ることができる。

DELL Inspiron 3252 (2015年 Airmont設計:Braswell)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Celeron N3050 (2M キャッシュ, 1.6GHz~ 2.16 GHz)
  • 4GB (4GBx1)シングル チャネル DDR3メモリ- 1600MHz
  • インテル HD グラフィックス
⇒4分49秒

DELL Inspiron 3252では ⇒4分49秒だった。初代のAtom N270と比べれば非常に速いが、最新のデスクトップ機としてはかなり遅い。だいぶ昔のCPUだが、Pentium 4 (3.00GHz )やPentium D 915 よりは速いようだ。以下、比較参考に。

比較!従来のAtom系CPU搭載パソコン

Atom N270や Atom Z2760よりは、だいぶ速いとみてよさそうだ。
Venue 11 Pro

DELL Venue 11 Pro(5130)  ※2013年 Silvermont設計

  • Windows 8.1 Pro(32bit)
  • Atom Z3770 (1.46~2.39GHz 、2MB キャッシュ)
  • 2GB LPDDR3メモリ
  • インテル HD グラフィックス
⇒3分38秒
DELL Venue 8 Pro (64G)

DELL Venue 8 Pro(5830) ※2013年 Silvermont設計

  • Windows 8.1 (32bit)
  • Atom Z3740D (2MB キャッシュ, 最大 1.83GHz )
  • 2GB シングルチャネル DDR3L-RS メモリ
  • インテル HD グラフィックス
⇒4分24秒
タブレットpc選び、Latitude 10の画像

DELL Latitude 10 ※2013年 Saltwell設計

  • Windows 8 (32bit)
  • Atom プロセッサー Z2760 (1.80GHz, 1MB キャッシュ)
  • 2GB DDR2 SDRAM メモリ(800MHz)
  • インテル Graphics Media Accelerator(533MHz)
⇒12分09秒
Inspiron Mini 10v

DELL Inspiron Mini 10v ※2009年Atom搭載

  • Windows XP Home Edition SP3 32bit版
  • Atom N270 (512KB L2, 1.6GHz, 533MHz FSB)
  • 1GB DDR2 メモリ
  • オンボード・グラフィック GMA 950
⇒18分06秒

比較!Atom系以外と比較

2009~2011年ごろにネットブックの後釜としてCULVノートなんてものが流行ったが、 そのCULVノートに搭載されていたCore 2 Solo SU3500や Celeron 743 のノートよりはかなり速い。 2007年のミドルノートに搭載されていたCore 2 Duo T7100は、 4分18秒で、今思うと「こんなに遅かったっけ?」と唖然とする。
Inspiron N301z(NEW Inspiron 13z)

DELL Inspiron 13z(N301Z) ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-330UM (1.2GHz, 3MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • ATI Mobility Radeon HD 5430 1G
⇒3分46秒
初めて買ったInspiron 1520

DELL Inspiron 1520 ※2007年 Coreマイクロ 設計

  • Windows Vista Home Premium 32bit
  • Core 2 Duo T7100(1.8GHz 、2MB L2 、800MHz FSB )
  • 2GB (1GBx2) DDR2 メモリ
  • GeForce 8600M GT 256MB
⇒4分18秒
Pentium D

自作パソコン(Pentium D) ※2006年 NetBurst 設計

  • Windows XP Home Edition SP3 32bit
  • Pentium D 915 (2.8GHz, 4MB L2 , 800MHz FSB)
  • 1GB (512MBx2) DDR2-SDRAM メモリ
  • RADEON HD 3650 512MB
⇒5分28秒
マウスコンピューター

マウスコンピューター・機種不明 ※2003年 NetBurst 設計

  • Windows XP Home Edition SP3 32bit
  • Pentium 4 (3.00GHz ,1MB L2 , 800MHz FSB)
  • 512MBx1 DDR-SDRAM メモリ
  • NVIDIA GeForce 6600
⇒7分36秒
Fusion APU搭載AMDノートInspironM102z

DELL Inspiron M102z(1122)  ※2011年 Fusion APU搭載

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • AMD デュアルコア E-350 (1.6GHz/1 MBキャッシュ)
  • 2GB (2GB×1) DDR3メモリ (1333MHz)
  • AMD Radeon HD 6310 (AMD E-350内蔵)
⇒6分49秒
デルInspiron 11zの構成

DELL Inspiron 11z(1110)  ※2009年 Coreマイクロ アーキテクチャ設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Celeron 743 (1.3GHz, 1MB L2 800MHz FSB)
  • 2GB DDR2 メモリ
  • GMA 4500MHD
⇒10分12秒
デルInspiron13z

DELL Inspiron 13z(1370) ※2009年 Coreマイクロ 設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core 2 Solo SU3500 (1.4GHz, 3MB L2 800MHz FSB)
  • 2GB (1GBx2) DDR3 メモリ
  • GMA 4500MHD
⇒12分28秒

ゲームパフォーマンス比較

ストリートファイター4

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
2009年にPC版が登場した対戦型格闘ゲーム。プレイそのものは2Dだが、グラフィック描写が3Dであり美麗な表現となっている。 登場当初、2009年当時のミドルスペック以上のデスクトップPCが必要だったが、パソコンの高性能化に伴い、ハードルがかなり下がった。

DELL Inspiron 3252 (2015年 Airmont設計:Braswell)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Celeron N3050 (2M キャッシュ, 1.6GHz~ 2.16 GHz)
  • 4GB (4GBx1)シングル チャネル DDR3メモリ- 1600MHz
  • インテル HD グラフィックス

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 34.00
RANK D ⇒ プレイできるが、処理が重くなることがある。

FPS 34.00だと、事実上プレイは不可能。過去PCと比較してみると、インテル HD グラフィックス 2000仕様のPCに近いゲームパフォーマンスだと思われる。いずれにしてもゲーム用途を意識するPCではない。

このAirmont設計の前世代にあたるSilvermont設計Pentium J2900よりは、やや性能の底上げがされた印象がある。第1世代Core i3-530の内蔵グラフィック仕様PCよりは、明らかに性能が高い。
以下、参照あれ。

売れ筋XPS 8300は人気の機種

DELL XPS 8300 (グラフィックカード外し) ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-2600 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 8GB (2GBx4) DDR3メモリ
  • インテル HD グラフィックス 2000
AVERAGE FPS 32.53
低価格DELLミニタワーinspiron620レビュー

DELL Inspiron 620 ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Pentiumデュアルコア G620 (2.6GHz, 3MB L3)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • インテルHDグラフィックス
AVERAGE FPS 26.79
Inspiron 3646の購入レビューサイト

Inspiron 3646 ※2014年12月レビュー Silvermont設計

  • Windows 8.1 (Bing)
  • インテル Pentium J2900 (2Mキャッシュ, 最大 2.67 GHz)
  • 4GB (4GB x 1 ) DDR3L 1600MHz メモリ
  • インテル HD グラフィックス
AVERAGE FPS 24.56
Inspiron580デル

DELL Inspiron 580 ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • インテル HDグラフィックス(733MHz)
AVERAGE FPS 17.44

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Inspironスモールデスクトップ(3252)の詳細!(2015/10/6発売)

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.