DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. 光学ドライブ知識の項目

光学ドライブの知識TOP

DVDスーパーマルチドライブ

BD(Blu-ray Disc)ドライブ

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

光学ドライブとは

記録媒体である「光ディスク」にレーザー光を用い、データの読み書きする機器を光学ドライブ(オプティカル・ドライブ)といいます。回転させた光ディスクにレーザー光を照射し、反射した光をピックアップレンズが受け取ります。反射されたレーザー光を解析してデータを読み出します。

DVDドライブを搭載する~光学ドライブはなくなるのか
代表的な光ディスクにはCD(Compact Disc)、DVD、BD(Blu-ray Disc)があります。なお、MOは記録に磁気を併用しているので「光磁気ディスク」と呼ばれます。データの読み書きはレーザー光のため、光学ドライブには摩擦による部品劣化はなく、また、光ディスクもくり返し使用しても物理的摩擦の劣化はありません。光ディスクの寿命は、紫外線や湿度、温度、腐食による経年劣化なので、繰り返し使うメディアとしては優秀です。

光ディスク離れは否めない

光ディスクの導入コストは安いので、データの配布には便利ですが、ライティングソフトを使った書き込み作業というのは面倒くさい。それに読み書きが簡単で大容量化しているHDDやSSDのストレージがあるし、USBメモリもあるため、バックアップ用のメディアとしては以前より存在価値が低くなっているようです。
近年は光学ドライブ離れが顕著にみられます。省エネや製造コスト削減という理由で、光学ドライブを搭載しないモバイルノートも結構ありますよね。ただ、ソフトウェアのインストーラや映像コンテンツ用としてのニーズはあるので、それらを読み込むためにも存在理由はありそうです。

光学ドライブの形体

パソコンで搭載される光学ドライブの形体は3タイプ。「5.25インチ内蔵型、トレイロード式、スロットイン式」です。

5.25インチ内蔵型ドライブ

5.25インチ内蔵型
デスクトップパソコンで搭載される光学ドライブは、5.25インチ内蔵型ドライブ。一般的には横置き配置です。

5インチベイ
搭載される箇所は「5.25インチベイ」という。5インチベイとか、単純に光学ドライブベイと略すこともある。人気のあるミニタワー型パソコンでは、大体、2台の光学ドライブまで搭載できる。

縦置きに搭載の光学ドライブ
スリム型デスクトップでは縦置きに搭載される。動作においても問題ないし、ツメがあるのでDVDディスクがトレイから落ちることもない。ただし、横置きで8cmディスクが使えるドライブでも縦置きになると使えません。ディスクアダプタを使ってもダメだというモデルが殆どです。

ドライブの奥行き
5.25インチ内蔵型ドライブでも奥行きに共通性はなく、特に古いドライブではかなり奥行きがあります。内部パーツが密集しているパソコンに取り付ける場合はサイズに要注意です。

内蔵型を裸のまま外付けにする

SATA-USB変換で内蔵ドライブを外付けドライブに使用
周辺機器の外付け光学ドライブでも中身は同じ内蔵型ドライブ。ちょっとレアな使い方では、SATA-USB変換イ変換アダプタを使って、内蔵型のまま外付けにできる。変換アダプタは、内蔵SATAコネクタをUSB端子に変換し、SATA電源はACアダプタとつながっている。周辺機器で購入するより低予算だし、ドライブメーカーを選択できるメリットが有る。ただし、内蔵ドライブのコネクタ部分は繰り返し接続の耐久性があまりないので、頻繁な抜き差しは控えたい。

ノートパソコンのトレイロード式

トレイロード式
ノートパソコンでは、トレイロード式がほとんど。ポータブル光学ドライブ(USBバスパワー駆動の外付け光学ドライブ)にも使われる内蔵型である。ノートパソコン以外では、ミニパソコンなど小型デスクトップ機に採用されている場合もある。

光学ドライブのイジェクトボタン
トレイ・イジェクトボタンを押すことで、トレイが引き出せる。イジェクトボタンの横には「アクセスライト、強制イジェクトの穴」がある。

USBバスパワー駆動の外付け光学ドライブ
ポータブル光学ドライブ(USBバスパワー駆動の外付け光学ドライブ)にも使われている例。

スロットイン式

高級タイプのノートパソコンでは、スロットイン式の光学ドライブを採用している場合がある。構造がトレイロード式より複雑なのでコスト高な光学ドライブ。ディスクの出し入れが非常に楽で、「ディスク挿入」の1アクションで済む。これがトレイ式なら、「イジェクトボタンを押す⇒トレイを端まで引きずり出す⇒ディスクをセットする⇒トレイを押し戻す」の4アクションになる。

スロットイン式光学ドライブ
経験上、挿入時の「ウィウィウィ、ウィ~ン」という動作音が大きく、トレイ式と比べると、起動時の動作音が大きい傾向にある。なお、スロットイン式ではキーボードかキーボード周辺にイジェクトボタンがある。

DELLのStudio Hybrideの光学ドライブ
デスクトップPCでは、ミニパソコンと呼ばれるタイプにもスロットイン式が採用されている。これは2008年に発売したDELLのStudio Hybrideという製品。デスクトップPCといっても、使われているパーツはノートパソコン用ばかり。

光学ドライブの構造

DVD+/-RWドライブを分解してみた
5.25型DVD+/-RWドライブの内部を解体して、基本的な構造を解説します。上記写真は、鉄板で覆われたボディを外して、むき出しになった状態です。これは家電DVDレコーダに内蔵されていた光学ドライブですが、パソコン用と同じです。

ドライブの、ピックアップ・レンズ
読み書きヘッドの中央には、ピックアップ・レンズが見える。読み書きヘッドはこのように上下にスライド移動でき、ディスクの記録されたエリアにアクセスする。ドライブの裏側には制御基板が取り付けられている。

ディスクの穴をロック
中央にはディスクの穴をロックする軸があります。これは上下に動き、トレイを収納している時は上昇し、トレイを引き出した時には下降します。

光学ドライブの縦置きが可能
トレイを収納している時は軸が上昇しディスクを固定、トレイを引き出すと軸が下降してディスクロックが解除される。この機構によって光学ドライブの縦置きが可能というわけです。

強制イジェクト機構
トレイが引き出せなくなったとき、細い穴にピンを挿して強制的に引き出す「強制イジェクト機構」。
親で押しているところが強制イジェクトのメカ部分。物理的にはギアが動かされることで強制排出される仕組みです。

パソ兄さんが1番にお勧めするPCメーカー!DELL

デル株式会社
光学ドライブの知識・項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.