DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELL&他社 液晶モニタレビュー
  3. S2240T

最大60度の角度調整!DELL S2240Tレビュー

最大60度の角度調整ができる21.5インチ・マルチタッチモニタ!DELL S2240Tをレビュー。10点認識なので両手でもタッチ操作ができる。広々操作できるフルHD解像度(1920×1080)搭載。2013年5月発売。

立ったままでも操作できる、21.5インチのマルチタッチモニタ!DELL S2240T

しっかり机を構えてパソコンをするのにタッチ操作なんかしない。むしろ「リビングやダイニングに置いて、立ったままタッチ操作ができるモニタがほしい」というなら、DELL S2240Tがお勧めです。
通常のマルチタッチモニタと違うのは、最大60度もの角度調整ができるスタンドを装備しているところです。立ったままでも操作できる角度になるので、イベント会場などでも活用できる仕様です。Windows 8搭載PCとの接続であれば、最大10点のタッチを同時に認識でき、両手でのタッチ操作にも対応しています。

DELL S2240T~ユーザーレポート
21.5インチ画面に、フルHD解像度(1920×1080)搭載。領域は十分広い。タッチ仕様でありながら通常動作時の消費電力がたったの20 W。 タッチ機能のついた一体型パソコンを買う予算がなくても、すでに手持ちのパソコンがあればDELL S2240Tを購入するだけでタッチ環境がゲット出来ます。もちろん、デスクトップPCでなくてもノートパソコンでも接続出来ます。映像入力端子が「DVI-D、 HDMI、 VGA」と揃っているので安心。

10点マルチタッチ対応製品としては、他社が追従できないくらいコストパフォーマンスに優れているので、その価格は要チェックです!DELL S2240Tレビューは2013年6月時点です。最新情報をDELL公式サイトでご確認ください。

DELLサイトの、S2240T 詳細リンク

トップシェアを誇る!DELL液晶モニタのセール情報一覧
※この画像リンクから、DELL S2240Tのキャンペーン価格適用ページへアクセス!

細かいところの解説に入る前に、まず、S2240Tの基本スペックを確認しておきましょう。

サイズ 21.5インチ光沢液晶モニタ(アスペクト比: 16:9 )
10点認識・投影型容量方式マルチタッチ(Windows 8認定) 
※Windows7は2点認識。
パネルタイプ VA方式、バックライト:LED
重量 重量5.8 kg /スタンド無し: 3.4 kg
最大解像度 1920 x 1080(60 Hzの場合)
最大輝度 250 cd/m2 (標準)
コントラスト比 3,000:1(標準)、ダイナミックコントラスト比: 800万:1((最大)
応答速度 12ms(GtoG)(オーバードライブ搭載)
マルチタッチの応答速度: 25 ms
カラー 色域(標準): 84 % 、色深度: 1,670万色
最大視野角度 178 °(垂直)/178 °(水平)
装備端子 DVI-D、 HDMI、 VGA、 USB 2.0アップストリームポート(タッチ機能用)
音声ライン出力
スタンド 角度調整: 最大60 °  ※VESAマウント対応

最大60度まで傾けられる広い可動域!DELL S2240Tのスタンド

購入する-DELL S2240T
S2240Tは写真立て調のスタンド形状。スタンドの大半は金属製なので強固な造り。

角度調整の様子
最大60度まで傾けられる、角度調整の様子を見てみよう。スタンド後方は滑り止めで固定されており、前方のスタンドが手前に引かれることで画面が傾いていきます。バネが仕込んであるのがスムーズに傾けることができる。

DELL S2240T:背面デザイン

S2240T~DELLロゴ背面にはDELLロゴ。その上には通気口が配置されています。

支点のリーチが長いDELL S2240T
最大の60度まで傾けたときの背面の様子。支点のリーチが長いので安定感があり、タッチ操作をしてもぐらつかない。

スタンドの隙間
接続ケーブルはスタンドの隙間から通せる。

DELL S2240TはVESAマウンタ対応モニタ
VESAマウンタに対応しているので、スタンドを取り外してモニタアームを取り付けたり、壁掛けができます。固定は下方にあるネジ留め2箇所だけなので簡単にセッティングできます。※上方は引っ掛けて固定している機構。

マルチタッチモニタとそのサイズ

角度調節が売りのマルチタッチモニタなので、家族みんなで使うスタイルになりそうです。リビングにおいてちょっと調べ事とか。レシピを調べるとか。タッチ操作はWindows 8搭載なら最大10点のタッチを同時に認識でき、タップ、スライド、スワイプ、ターン、ピンチ、ストレッチの各操作が可能。Windows 7では2点タッチまでとなるので要注意。

DELL S2240T~マルチタッチ
フルHD解像度の広領域でタッチ操作。

パソ兄さんがDELL S2240Tを持つ
S2240Tは、W522.5 × D205.7 × H370.8mm ※スタンド含む。重量5.8 kg なので、さほど重くもなく、家中いろんな場所に移動できる。スタンドも折り畳めるのでかさ張らなくていい。

映画を見るDELL S2240Tにて
画面サイズや解像度の低さに不満を持っていたノートパソコンユーザーであれば、サブモニタとしてDELL S2240Tを買い足すだけで一気にPC環境が変わりますね。すでに非タッチパネルのWinodws8搭載ノートを買ってしまっていても、タッチ機能を追加できるチャンスです。

応答速度は12 msであり、8~2msが普通となっている現在としては遅いほうです。しかしオーバードライブ搭載で補正されているためか、映画を観てもまったく問題なしでした。HDCP対応なので、地デジやブルーレイ映画など著作保護信号があるコンテンツでも出力に問題なしです。

Edge to Edgeというデザイン。ベゼルの段差
全面ガラス張りのEdge to Edgeというデザイン。ベゼルの段差がなくスッキリした見栄えです。ただ、実際に指で触れるので、指紋やら脂やらでベタベタになってしまうのは否めない。あまり数が多いとそれらを拭きとるのも一苦労。これはタッチパネルの宿命か・・。

S2240Tが装備するインターフェース(端子など)

DVI-D、 HDMI、 VGA装備のDELL S2240T
映像入力には「DVI-D、 HDMI、 VGA」の御三家が揃っています。 USB 2.0アップストリーム端子がありますが、これはタッチ機能用であり、ハブ用ではありません。つながないとタッチ操作が認識できません。音声ライン出力がありますが、HDMI端子で接続した時のみ、ここから外付けのスピーカーに出力できます。電源はACアダプタを使います。

DELL S2240T~20W
右側面には、電源ボタンならびに4つコントロールボタン。直感的に操作出来ます。タッチ仕様でありなが「標準設定、通常動作時の消費電力がたったの20 W」とのことですが、ワットチェッカーで調べたら公称通りでした。標準設定というのは「輝度75、コントラスト75」のことみたいです。省エネ設計ではENERGY STARのガイドラインに準拠しており、EPEAT Silverも取得しています。

S2240Tの視野角をチェックする

DELLの公称では視野角度が「178 °(垂直)/178 °(水平) 」とのことですが、実際はもっと狭いと感じます。パソ兄さんが視野角度として認められるのは、以下の写真の通りです。

視野角度
右角度からの見た場合。パソ兄さんが視野角度として納得できる角度。

DELL S2240T~左角度
左角度からの見た場合。これくらいでないと視野角度のうちには入らないと思います。

S2240TはVAパネル
この辺りの角度からグレーになってしまい、実用的な角度ではない。S2240TはVAパネルなのでIPSパネルほどの視野はないですが、この角度から見ることはないと思うので、視野角に関しては一応合格ライン。

若干白っぽくなるDELL S2240T
最大の60度まで傾けた時の視野角。若干白っぽくなるが、充分読める範囲。ただこの角度から見ることもあまりないと思う。

タッチ操作について一言

タッチ操作では、正直、マウスのような迅速操作はできません。(達人になればできるのかもしれませんが・・。)
多くの方は、「ちょっとネットで調べ事とか、デジカメ写真を閲覧するとか」、シンプルな操作にとどまると思います。お子様が使う分の操作ならタッチで充分というところでしょうかね。行程の多い作業ではやはりマウスは必須になるかと。個人的には、念のためワイヤレスマウスをそばに置いておくことをお勧めします。

何でもかんでもタッチ操作で済むと思ってしまうと、想定外な買い物になるので、タッチ機能はあくまで補助的な機能として構えておいたほうがいいです。また、アプリケーションによってはタッチ操作を受け付けていないものもあります。Windwos 8ではタッチに特化したインターフェースのアプリが揃っているので、そちらが使用の中心となると思います。

S2240Tの箱と梱包物

S2240Tはカラープリントされた梱包箱に収められています。付属品は、「電源ケーブル、ACアダプタ、HDMIケーブル、USBアップストリームケーブル、クリーニング用の布、マジックテープのストラップ、 ドライバ」など。

S2240T購入した
ACアダプタはLITEON製でした。S2240Tでは「3年間のハードウェア限定保証、良品先出しサービス」があるので、長期使用を考えている方に充実なサポートが付いています。このページの「DELL S2240Tレビュー」は2013年6月時点ですので、最新情報は以下のDELLサイトにてご確認を。

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.