DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 15 (3573)

Gemini Lake(第6世代Atom)の、低価格15.6インチノート。光学ドライブも搭載!

DELL Inspiron 15(3573) レビュー

2018年6月29日に発売した、Goldmont Plus (Gemini Lake)設計のInspiron 15 3000こと、Inspiron 15-3573をレビューする。Pentium Silver N5000またはCeleron N4000が搭載可能となっており、いわゆる「第6世代Atom系プロセッサ」を搭載する15.6インチ・エントリーノート。とにかく低消費電力で4万円台あたりから検討できる低価格帯というのがメリット。

テンキー付きキーボードや光学ドライブを搭載。「有線LAN端子が無い」こと以外は、基本的な端子を搭載している。筐体はポリカーボネート(工業プラスチック)の質感ベースでむろん高級感はない。天板とパームレストには立体のテクスチャ・デザインが施されている。 Vostro 15(3572)とプラットフォームも筐体デザインも同じだが、Inspiron 15 (3573)のほうが装備端子が若干物足りない仕様になっている。

もともと初代Atomは2008~2009年ごろのネットブック・ブームの火付け役となったが、それ以降はタブレットやサブ的なミニパソコンで採用されてきた。2018年には6世代となり、ついに定番エントリーノートにも採用されるようになってきた。ただ、Atom系が高性能化してきたとは言え、本格な動画編集やゲームような負荷にはまだ厳しい。

geminilake-DELL Inspiron 15(3573) レビュー低価格15.6インチノート
Inspiron 15 (3573)
2018年9月レビュー
Goldmont Plus
(Gemini Lake)

レビューした、DELL Inspiron 15 (3573)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢 ディスプレイ(解像度1366 × 768)
  • Celeron N4000 (2コア/2T、4MBキャッシュ、1.1GHz / 最大2.6GHz) 
  • 4GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • インテル UHD グラフィックス 600
  • 500GB HDD(2.5インチ / 7mm厚・SATA接続)

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  Inspiron 15 (3573)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2018年9月30日時点のレビュー。手元の実機レポートであり、仕様は各々の選択により異なる。

DELLの製品名について

DELLサイトにある「販売名」は統一性がなく、さらに新旧モデルの区別も困難。そのため唯一無二のコンピューターモデル名で確認する必要がある。詳しくは「DELL製品の把握は、コンピューターモデル名を知ること」を参照。

当方レビューに関する注意事項

※レビュー時点、レビュー実機の情報であるため、購入された場合の一致性は保証していない。
※標準搭載や仕様変更などの最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※感想は個人的見解である。※風景に写っている周辺機器等は、DELLと関係ない物もある。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能(注文は個人名の記入でOK)。

装備端子など、Inspiron 15 (3573)のインターフェース・チェック

インターフェース全体把握のため、付属のクイックスタートガイドからInspiron 15 (3573)の装備端子などをチェックする。メインとなる端子にはマーキングした。右側面に光学ドライブを搭載している。有線LAN端子がないので無線環境が必要になる。(無線LANは内蔵している)。

右側面にHDMI端子、USB3.1-Gen1×2基、右側面にUSB2.0端子×1基、SDカードスロットを配置。据え置き用としては必要最低限の装備であり、この辺は低価格のエントリーらしい仕様。・・にしても、極薄ノートじゃあるまいし有線LAN端子くらいは残してもらいたい。

インターフェースの補足説明

※USB3.1-Gen1の転送速度はUSB3.0と同じ5Gbps(理論値)だが、電源供給力は高い。
※初心者向けに、周辺機器とつなぐ端子の知識を、パソコンの接続端子(シリアルバス規格)で解説。
※ディスプレイと接続する端子の知識を、パソコンのディスプレイ端子で解説。

光学ドライブ右側面では。SDカードスロット、ヘッドセット端子、USB2.0端子×1基、光学ドライブを搭載。

左側面HDMI端子、USB3.1-Gen1×2左側面では、電源コネクタ、HDMI端子、USB3.1-Gen1×2基を配置。

傾斜部にステレオスピーカ前面には端子はないが、中央にステータスライトを配置。傾斜部にステレオスピーカを配置。

2箇所にヒンジ背面には端子はなく、2箇所にヒンジがある。

ACアダプタ

Inspiron 15 (3573)ACアダプタ45WのACアダプタが付属する。PC側へのケーブルは細めだが、ジョイントする電源ケーブルだけはアース付きで太めなので取り回しはよくない。実機の測量では279g / 電源ケーブル込み。

Waves MaxxAudio Pro搭載

ユーティリティソフト-Waves MaxxAudio Pro画像サウンドチューニングにWaves MaxxAudio Proを搭載。内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでも、デジタル処理で効果的なサウンドを展開するサウンド補正技術。 ゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。ユーティリティソフトを使ってイコライザー調整ができる。

実機におけるベンチマークテスト(Celeron N4000搭載時)

Celeron N4000搭載時-Inspiron 15 (3573)実機の構成スペック(CPU・GPU・メインメモリ・ストレージ・マザーボード・OS)。採用されているベンダーは時期により異なると思われるので、あくまで一例と理解してほしい。Inspiron 15 (3573)は開発コードネーム:Gemini Lakeのノートであり、いわゆる第6世代Atom系のエントリーノート。現在のトレンドでは最下層のポジションにあたる。今回レビューしているInspiron 15 (3573)ではCeleron N4000を搭載している。グラフィックにはCeleron N4000に統合しているインテル UHD グラフィックス600が使われる。

液晶パネルにはBOEテクノロジー製を採用していた。BOEは過去にハイニックスの液晶ディスプレイ部門を買収しており、世界大手の液晶パネルメーカー。近年はLGディスプレイの出荷を上回る勢いを見せている。

Celeron N4000のスペック

Celeron N4000を搭載したノートパソコンCeleron N4000のスペック詳細。さすがAtom系というか、TDP(熱設計電力)はたったの6Wの低消費電力。2コア/2スレッドというトレンドとしては最下層。クロック数が1.1GHz と低いが、最大2.6GHzまでアップするのでまずまずといった印象。インテル UHD グラフィックス600を統合している。

CINEBENCH R15ベンチマークテスト(Celeron N4000)

Celeron N4000の性能CINEBENCH R15のベンチマークテストでは、マルチスレッドでスコア136。シングルではスコア70。

Pentium Silver N5000のほうがかなりパフォーマンスが上マルチスレッドにて、当方が調査したPCでの各CPUスコア。旧世代のAtom系であるCeleron N3050やJ1800よりも明らかに速くなっている。ここで、Celeron N4000とPentium Silver N5000を比較すると、底辺の競い合いになるが、Pentium Silver N5000のほうがかなりパフォーマンスが上である。やはり2コア/2スレッドと4コア/4スレッドでは明らかな差がある。

【 過去PCと比較 : CINEBENCH R15のレンダリングで、パフォーマンスチェック

ストリートファイター4ベンチマークテスト

ゲームのベンチマークテストを実施するのがバカらしいパフォーマンスなので、古いゲームであるストリートファイター4 (1280 × 720 品質:デフォルト)のみ実施した。結果、29.36 FPSだったのでプレイできるパフォーマンスではない。比較として、30 FPS前後の過去レビューPCを掲載しておく。

スト4-ベンチマークHD ストリートファイター4~2009年
(1280 × 720 品質:デフォルト 垂直同期OFF ウィンドウ)
FPS
Inspiron 15 (3573)
2018年9月レビュー

DELL Inspiron 15 (3573)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Celeron N4000 (2コア/2T、4MBキャッシュ、最大2.6GHz) 
  • 4GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • インテル UHD グラフィックス 600
29.36
売れ筋XPS 8300は人気の機種
2011年レビュー

DELL XPS 8300 (グラフィックカード外し)

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-2600 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 8GB (2GBx4) DDR3メモリ
  • インテル HD グラフィックス 2000
32.53
13.3インチのInspiron13でモバイル
2011年レビュー

DELL Inspiron 13z(N311z)

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i3-2330M (2.2GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB (4GBx1) DDR3メモリ
  • インテル HDグラフィックス 3000
30.20
inspiron11-2in1-3147
2014年レビュー

DELL Inspiron 11 2 in 1(3147)

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Pentium N3530 (2.16 GHz~2.58 GHz )
  • 4GB (4GBx1) DDR3L メモリ(1333MHz)
  • インテル HD グラフィックス
28.60
Inspiron N301z(NEW Inspiron 13z)
2010年レビュー

DELL Inspiron 13z(N301Z)

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-330UM (1.2GHz, 3MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • ATI Mobility Radeon HD 5430 1GB
27.18
低価格DELLミニタワーinspiron620レビュー
2011年レビュー

DELL Inspiron 620

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Pentiumデュアルコア G620 (2.6GHz, 3MB L3)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • インテルHDグラフィックス
26.79

※ゲームタイトルのリンクをクリックすると、 当方過去のレビューPCと比較できる。

ゲームのベンチマークテストについての備考

※3Dゲームでは美麗な描写処理を担うグラフィック(GPU)の性能が重視されるが、CPUも軽視できない。炎、煙、風、速度などの自然現象をシミュレーションする物理演算(エフェクト)や、プレイヤーが操作しないキャラクター(NPC-non player character)を動かすのは人工知能(AI)であり、それはCPUが担う。ゆえにCPUの依存度はゲームの内容による。CPU内蔵グラフィック仕様の場合は、ビデオメモリを持たないため、メインメモリが代用される。そのため、搭載メモリの環境によってパフォーマンスが左右されやすい。

消費電力(条件:バッテリー外し、ディスプレイ輝度最大時、ACアダプタ接続)

今回のInspiron 15 (3573)における消費電力を測定した。アイドル時は7W、バックグラウンド動作次第では10Wほどの状態が多々ある。CINEBENCH R15のマルチでは12~13W、シングルでは10Wほど。ストリートファイター4では15~18Wあたりだった。処理性能はともかく、消費電力が非常に少ないのは好印象。

ストレージとネットワーク・コントローラ

WD5000LPCX搭載レビュー時点では、低価格設定のためか2.5インチHDDのみの搭載となっている。この実機ではウエスタンデジタル製WD5000LPCX搭載なので、7mm厚の2.5インチHDDだと分かる。そしてパフォーマンスはこの通りで、SSDと比べてしまうとかなり低速である。猛者であれば、分解マニュアルをダウンロードしてSSDの換装もありだが、むろん保証がなくなる。

デバイスマネージャーをみると、有線LANがないのでカニさんチップはみられない。無線LANカード(Wi-Fi 802.11ac)ではクアルコム・アセロス社(Qualcomm Atheros, Inc.)を採用。この企業は、アメリカの半導体メーカーでLAN関連製品のトップシェアを誇っている。

【 過去PCと比較 : SSD / HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス

15.6インチ 非光沢 ディスプレイ(解像度1366 × 768)

解像度1366 × 768レビュー時点では、15.6インチ画面に解像度1366 × 768のみとなっている。ドットバイドット表示(100%)でこの通り。エントリーでは定番である組み合わせだ。この実機の場合はBOEテクノロジー製の液晶パネルを搭載しているが、若干、青みがある印象で、典型的なエントリーパネルと思われる。

TNパネル調べるまでもなく、TNパネルでしょうな。上下からの視野角は色度変移が著しい。水平位置の左右からならば視野角はまずまずといった印象。

DELLロゴのプリントディスプレイベゼルにWebカメラ、そしてDELLロゴのプリント。

立体テクスチャ・デザインの、Inspiron 15 (3573)筐体

Inspiron 15 (3573)の筐体では、天板およびパームレストに立体テクスチャのパターンデザインが施されている。手触りは凹凸のザラザラ感。天板の中央にDELLロゴを配置している。全般的にポリカーボネート(工業プラスチック)の質感なので、上位ノートにあるような高級感はない。非光沢ベースだが、端子のある左右側面は光沢処理になっている。

立体テクスチャのパターン幅 380mm × 奥行き260mm × 厚み24mm。 公称の最小重量は2.21kg (この実機の測量では2.175kg)

通気口底面。通気口のスリットがある。筐体からしてファンレスかと思ったが、分解マニュアルをみると小さなファンらしきものが描かれていた。分解はリスキーなので、今回は実機での確認をしていない。

気軽にバッテリーの着脱バッテリー・リリース・ラッチがあるので、気軽にバッテリーの着脱ができる。

SDカードはやや突っ張る右側面デザイン。SDカードはやや突っ張る。有線マウスを使うとケーブルが手前にくるので、そこは煩わしくなる。

USBメモリなどアクセス左側面。端子は手前側にあるのでUSBメモリなどはアクセスしやすい。ただしケーブルの常時接続では煩わしいポジションとなる。

Inspiron 15 (3573)のキーボードパームレストも天板と同じ、立体テクスチャの表面加工。そしてキーボードタッチのホームポジションの様子。テンキーがあるため、やや左寄りになる。

キーボードInspiron 15 (3573)のキーボードパーツ。

これはInspiron 15(3576)などで採用されているキーボード・パーツである。(詳細はリンク先にて)。
地盤がキーボードとセットの一体化タイプ。テンキー付き。2014~2018年にかけて15.6インチ・Inspironノート3000/5000シリーズでたびたび採用されている。15.6インチノートの筐体にテンキーを載せているため、Enterキー、BackSpace、¥、右Shiftあたりが窮屈になっている。 ファンクションキー(F1 ~ F12)とマルチメディアキーが兼用になっているが、Fn + Esc キーを押すと、優先順を切り替えることができる。

いかにもエントリーInspiron 15 (3573)電源ボタンと一体型のタッチパッド。電源ボタンにLEDライトがないところなどは、いかにもエントリーという印象。Inspiron 15 (3573)のレビューは以上。

さて、今回のInspiron 15 (3573)の構成である「Celeron N4000(インテル UHD グラフィックス 600)、4GB DDR4メモリ、500GB HDD」についてだが、バックグラウンドの動作状況では時々もっさりした動作がみられた。4GBメモリではたびたび50~60%ほど使われており心もとない容量でもある。それにCeleron N4000が2コア/2スレッドというのもかなり懸念要素でもある。ストレージがHDDというのもパフォーマンスダウンに拍車をかけている。

Pentium Silver N5000、8GBメモリの構成であれば、これよりもだいぶ快適になると思われる。SSDが搭載できれば文句なしだが、DELLのサポートはないので、自己責任の分解作業になりハードルはやや高い。(分解マニュアルはダウンロードできる)。

ただ、ネット用ノートであれば、「そこまで拘る必要があるのか」というのもある、個人差もあるだろうし、低予算で考えているユーザーに予算上乗せというのも酷である。当サイトの過去PCレビューと比較してみて、処理性能はどこまで妥協できるか折り合いをみつけていただければと思う。

詳しくはDELLサイトへ

DELLでの購入はこちらでInspiron 15 (3573)はね

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  Inspiron 15 (3573)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.