DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 17-5758

大画面17.3インチ&ちょいグラフィック高めの娯楽ノート!

DELL Inspiron 17 5000シリーズ(5758)レビュー

大画面17.3インチで、ローエンドGPUが搭載可能な娯楽ノート、Inspiron 17 5000シリーズ(5758)をレビューする。(発売は2015年5月。以下、呼称はInspiron 17-5758)。Broadwell設計で、第5世代Core i5 / i7を搭載したモデル。省エネで知られる超低電圧版CPUのUシリーズが採用されている。解像度では17.3インチで一般的な1600 × 900や、中・上級者向けにフルHD(1920 × 1080)が選べる。

また、ローエンドGPUであるNVIDIA GeForce 920M 4GB DDR3の搭載が可能なので、比較的ライトな本格ゲーム(ストリートファイター4など)や、比較的高度な動画編集が楽しめる。過度スペックはいらないけど、内蔵グラフィック(厳密には統合型)仕様では何だか心許ないというユーザーにはオススメ。また単体GPUなしの選択(内蔵グラフィック仕様)もあるので、単純に大画面ノートを安く探しているというユーザーにも選択肢がある。

Inspiron 17-5758レビュー画像今回調査するInspiron 17-5758実機では、Core i7-5500U プロセッサー を搭載。単体GPUにNVIDIA GeForce 920M 4GB DDR3を搭載している。NVIDIAのOptimusテクノロジーがあるので、普段のライト用途では、低消費電力の内蔵グラフィック(インテル HD グラフィックス 5500)が機能している。いわゆる自動省エネモード。ほか、レビュー実機の構成は以下の通り。

Inspiron 17-5758画像アイコン
2015年6月レビュー
Broadwell設計

DELL Inspiron 17 5000シリーズ(5758)レビュー

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 17.3 インチ ディスプレイ (1920 x 1080)
  • インテル Core i7-5500U プロセッサー (4M キャッシュ, 最大3.00 GHz)
  • 8GB デュアルチャネル DDR3L 1600MHz (4GBx2)
  • NVIDIA GeForce 920M 4GB DDR3
  • 1TB HDD(5400 rpm)
調査時点の
カスタマイズ例
  • インテル Core i5-5200U (3M キャッシュ, 最大2.70 GHz)
  • 17.3 インチ 光沢ディスプレイ (1600 × 900)
  • 単体GPUなしの選択(内蔵グラフィック仕様)
  • NVIDIA GeForce 920M 2GB DDR3
    ⇒ ※??一部、ビデオメモリ4GBではなく2GBの表記もみられた。誤植なのか詳細は不明。

2015年6月時点のレビューとなる。 時期や供給状況により相違があるため、構成の最新情報は上記リンク先へ!

2016年3月追記

2016年3月時点では、Skylake設計(第6世代Core-Uシリーズ)へリニューアルされている。(モデル名はInspiron 17-5759)。ここでは基本デザインを概ね参考にしてほしい。

薄型大画面ノート、Inspiron 17-5758のデザイン

フルHD(1920 × 1080)これぞ17.3インチの大画面。このInspiron 17-5758実機ではフルHD(1920 × 1080)の広領域。一画面でYahooページが2つ並べられる情報量。個人差はあるが、フルHDの場合、若干文字が細かめに感じるので、広領域よりも文字のデカさを優先するなら、1600 × 900がオススメ。※ドットバイドット表示前提)。ディスプレイベゼルにWEBカメラを内蔵している。

TNパネル視野角度をチェック。おそらくTNパネルだと思うが、左右のちょっとした角度くらいなら色度変移は気にならない。TNパネルでは共通して言えることだが、上下からの視野では色度変移は明らかで、変則的な場所から見るパネルではない。通常の向き合って使うポジションであれば問題ないと思われる。

DELLポリカーボネートシルバーカラーの天板。ポリカーボネート(工業プラスチック)の材質がむきだしだが、凹凸パターン加工がされており軽くざらざらした手触り。指紋が付きにくい印象を受ける。

Inspiron 17-5758 前面27mmほどでわりと薄型なスタイリッシュデザイン。Inspiron 17-5758 前面の左側に兼用スタイルのバッテリーランプが配置されている。これは、Fn+ Hを押して電源ライト、またはHDDライトに切り替えることができる。

なお前面の傾斜面にスピーカが配置されている。

Inspiron 17-5758の2箇所にヒンジ背面には実装する端子がない。2箇所にヒンジがあり、ディスプレイはそこそこ開く方だと思う。

Inspiron 17-5758の実装端子をチェック

実装端子右側面にUSB2.0端子×2基、ヘッドセット端子、セキュリティ穴、トレイ式光学ドライブを実装する。
USB2.0端子が手前に配置されているので、頻繁な着脱には便利だが、有線マウス接続では邪魔くさいポジションだ。Inspiron 17-5758を使うなら、レシーバの短いワイヤレスマウスの使用をオススメする。

Inspiron 17-5758排気口画像左側面では、100BASE-LAN端子、HDMI端子、USB3.0端子×1基、SDカードスロットを装備している。排気口がしっかり剥きだしているので、長時間の高負荷にも安心できる構造だ。

ACアダプタ付属の65W ACアダプタと接続の様子。

底面とモジュールカバー

1箇所のリリース・ラッチをスライドすると、バッテリが外せる。

Inspiron 17-5758のHDDやメモリモジュールカバーがドライバで外せるので、HDDやメモリに簡単にアクセスできる。一般的に大画面ノートは拡張性の高い傾向があるが、Inspiron 17-5758ではごく一般的なノートと同様。価格帯や製品特性もあるが、薄型デザインもその要因かと思われる。

HDDマウンタで取り付けられている2.5インチHDD。ノートPCもすでに1TBと大容量の時代になっている。

メモリスロット部屋が分かれているが、メモリスロットは2基実装。左隣に無線LANカードを搭載している。

Inspiron 17-5758のキーボードと、シリコンコーティングのパームレスト

Inspiron 17-5758のパームレストInspiron 17-5758のパームレストには、シリコン・コーティングがされており、ソフトな手触りとなっている。Inspiron 17-5758全般的にはプラスチック感の強いデザインだが、この加工でチープな印象を覆している。

アイソレーションキーボードにテンキー付き。コストダウンのためか、キーボードパーツとしては、15.6インチノートでも使われているものの流用と思われる。(両サイドのスペースが充分余っており、17インチ用ではないのは明らか)。そのため、大画面ノートならではの幅を利かせたキーボードではないのが残念だが、パームレストの面積が広いのでその点ではゆったりした構えができる。

BackSpaceや¥キーが小さく大画面ノートなのに15.6インチノートと大差のない操作性がやや残念。BackSpaceや¥キーが小さく、Enterキーも大きめとは言えず、Inspiron 17-5758の筐体サイズを無駄にしている。これは慣れで解決するしかないだろう。キートップはほぼフラットで、キーストロークは浅い。カタカタというよりはペチペチとした大人しい打鍵感だ。印字は白一色なので、コントロールキーくらいは色がほしいぞ。

コスト段しているInspiron 17-5758の構成好みが分かれる一体型タッチパッドと、電源ボタン。電源ボタンのLED点灯がないところにコストダウンを感じる。操作性には問題ない。

アドビ動画像編集ソフトが標準付属!Dell Digital Delivery

アドビ動画像編集ソフトInspiron 17-5758は、Inspiron Graphic Proシリーズであり、アドビ動画像編集ソフトが標準付属している。これはDell Digital Deliveryというダウンロード配布で対応している。

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.