DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. DELL法人デスクトップ
  4. Vostro 3653(Vosteo 3600シリーズミニタワー)

第6世代Core i5が搭載可能のミニタワー。結構コンパクトだが、拡張スロットを4基実装!

DELL Vostro 3653 レビュー

Vostro 3600シリーズ ミニタワーのうち、Vosteo 3653をレビューする。Skylake設計で、第6世代Core i5が搭載できるモデル。
Vosteo 3653では、スリム型光学ドライブを採用することで、従来のミニタワーよりもやや小型化している。(幅15.4cm、高さ35cm)。光学ドライブがノートPC同様にスリム型なので、読み込み速度が遅いデメリットがあるが、通常サイズの拡張カード(グラフィックカード)が搭載できるなど、ミニタワーの拡張性は維持している。拡張スロットでは、「PCI Express x16が1基、PCI Express x1が2基、PCIスロットが1基」でスロット数が多め。

Vostro 3653 レビュー-Skylake設計レビュー時点では、Vostro 3600シリーズ ミニタワーに、Vosteo 3653とVosteo 3650が見られる。どちらもSkylake設計であり、違いが分かりにくいが、DELLサイトを見て分かる範囲では次の通り。

Vosteo 3600シリーズ 大まかの違い
Vosteo 3653 SDカードスロットなし、フロントの防塵フィルタが白、PCIスロットあり
Vosteo 3650 SDカードスロット対応あり、フロントの防塵フィルタが赤、PCIスロットなし

あとは選べる構成の違いのようだが、付属のマニュアルではVosteo 3653 / 3650で兼用のものになっているため、設計上の大きな違いはないと思われる。ただし、内部構造に関して、当サイトではVosteo 3653のみしか分からない。

レビューしたVostro 3250の構成は以下の通りで、Core i5-6400を搭載している。Skylake設計ではDDR4メモリの移行が主だが、Vostro 3653ではDDR3L メモリである。グラフィックカードにはローエンドGPUのNVIDIA GeForce 705を搭載。
※風景にある周辺機器などはDELLとは関係のない市販品である。

Vostro 3653アイコン
2016年1月レビュー
Skylake設計

今回パソ兄さんがレビューした実機の構成
DELL Vostro 3653 ミニタワー ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • NVIDIA GeForce 705 (2GB GDDR3)
  • 1TB HDD (SATA / 7,200 rpm)
DELL製品概要 従来のミニタワーよりも小型化した筐体で、拡張スロットを4基実装する。(PCI Express x16が1基、PCI Express x1が2基、PCIスロットが1基)。光学ドライブも内蔵している。Skylake設計で第6世代Core i5搭載可能モデル。前面パネルは多面的なモダンデザイン。そして防塵フィルタ付きの吸気口を配置している。

2016年1月31日時点のレビュー。パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのベンダーは供給状況により変更があるため、購入された場合の一致性は保証していない。あくまで、手元にあるVosteo 3653実機における現状レポートである。

Vosteo 3653のモダンなデザイン

Vosteo 3653の前面および背面などの側面デザインを紹介する(右側面は特になにもなし)。ミニタワー型としてはスリム化したので、ATX電源ではなく小型電源を採用している(Vosteo 3200シリーズ・スモールと同じ)。Vosteo 3653実機の電源容量は240Wだったが、DELLサイトでは255Wと記載されている。仕様変更なのか、誤植なのか不明だがいずれにしても、微々たるものなので実用で影響はないだろう。

DELL法人-ミニタワー型としてはスリム化背面の上部にリフトポイントの窪みがあり、少しばかり持ち運びやすくなっている。

Vosteo 3653のフロントパネルVosteo 3653のフロントパネルは多面的なモダンデザインで、光沢と非光沢を織り交ぜた構成になっている。(非光沢の面積のほうが広い)。Vosteo 3653の前面にはUSB3.0端子×2基、ヘッドセット端子を配置する。SDカードスロットは非搭載となっており、スロットが塞がっている。一方、DELLサイトをみると、同デザインのVosteo 3650ではSDカードスロットを装備しているようだ。

ノートパソコンで使われるスリム型光学ドライブを搭載しており、縦位置に配置している。従来のようにデスクトップ用(5.25インチドライブ)を採用しないことで、さらにコンパクトなミニタワーデザインとなっている。ただし、スリム型なのでディスク読み込み速度はノート同様に遅めになる。また、トレイをみるとディスクの落下防止ツメがあり、トレイ自体はデスクトップ用に作られているようだ。

防塵フィルタ前面の下部では、ピラミッド形にへこんだデザイン。三角形の通気口が3つ縦並びしており、防塵フィルタが取り付けられている。このVosteo 3653では防塵フィルタが白色だが、DELLサイトをみると、同デザインモデルのVosteo 3650では赤色のようだ。

ッキ加工のDELLロゴ電源ボタンとHDDライトは白く点灯する。そして、中央の光沢面にメッキ加工のDELLロゴを配置している。

Vosteo 3653背面のインターフェース

Vosteo 3653の背面オンボード端子では、5.1サラウンド対応のオーディオ端子(アナログ)、USB2.0端子×4基、LAN端子を配置。オンボードのモニタ出力にはVGA、HDMI端子があるが、今回はグラフィックカードを搭載しているので不使用となる。今回、グラフィックカードにNVIDIA GeForce 705 (2GB GDDR3)を搭載しているため、モニタ出力に、「DVI、HDMI、VGA端子」を装備している。これのいずれかの端子とモニタを接続する。

天井、底面、左側面

Vosteo 3653の天井面と底面。ゴム足スタンドが4つ付いている。天井につなぎ目のラインが見えており、少々気になるが微々たるものだ。

開閉できる左側面パネルでは、拡張スロットの位置に吸気口を配置している。吸気口は三角系のデザインチックな形状で開けられている。

姉妹機のスモールタイプ、Vostro 3250とのサイズ対比

Vostro 3653と並べてサイズを対比Vostro 3653ミニタワーの姉妹機、Vosteo 3250スモールと並べてサイズを対比してみる。Vostro 3653は一回り大きくなるが、標準サイズの拡張カードが搭載できる違いがある。また、Vosteo 3653では拡張スロットが4基あり、Vosteo 3250よりも拡張カードによる機能追加がやりやすい。

電源ではVosteo 3250よりも+60W大きい240Wの電源ユニットを搭載している。ただ、電源容量に関してはいずれにしてもエントリー容量であり、補助電源のいるグラフィックカードは搭載できない。さほど判断基準になるような差ではないだろう。

Vostro 3653ミニタワーそのほかの面からサイズ対比。奥行だけはさほど変わらないようだ。

Vosteo 3653の内部をチェック

フロントパネルの裏側左側面パネルとフロントパネルを外したところ。フロントパネルの裏側には白色の防塵フィルタが3箇所に配置されているのが見える。同型モデルのVosteo 3650では防塵フィルタが赤色のようだ。

3.5インチHDDベイ片側のドライブベイ・エリアが観音開きで開く。右側に「3.5インチHDDベイ1基、スリム光学ドライブベイ1基」がある。この3.5インチHDDベイではレール状のドライブマウンタを取り付けてあり、スライドしながら着脱する機構だ。そして右側に2.5インチベイが2基あるのだが、マウンタが付属していないため、ユーザーが活用することができない。(レビュー時点では、DELLでの搭載サポートもない)。

この空いている2.5インチベイだが、振動のない2.5インチSSDならウレタンやシリコン材で隙間を埋めてしまえば、搭載しても問題なさそうな気がする。ただし確実な固定が必須のHDDでは、無理やり使うことはお勧めできない。

Vosteo 3653の搭載HDD詳細今回のVosteo 3653実機では東芝製の3.5インチHDDを搭載していたが、シーケンシャルで172GB/sとHDDとしてはまずまずのパフォーマンス。

マザーボードやスロット、電源など

マザーボードと電源ユニットVosteo 3653のマザーボードと電源ユニット。メモリスロットが2基実装する。
一番下に240Wの電源ユニットを搭載している。+12Vが2系統あり各最大は16.5A、16Aとなっている。

無線LANカードを搭載メモリスロットの近くに無線LANカードを搭載している。ネットアダプターは掲載の通り。

CPUとグラフィックカード

Core i5-6400 プロセッサー このVosteo 3653実機では、インテル Core i5-6400 プロセッサー を搭載している。レビュー時点では他の選択肢はないようだ。

NVIDIA GeForce 705ミニタワーの利点として、拡張スロットの多さ。Vosteo 3653では、「PCI Express x16が1基、PCI Express x1が2基、PCIスロットが1基」のスロットを実装。今回のVosteo 3653ではグラフィックカードのNVIDIA GeForce 705を、PCI Express x16に装着している。レガシー化したPCIスロットを実装しているところは、ビジネスモデルっぽい仕様である。

また、DELLサイトを見ると、姉妹機のVosteo 3650では、PCIスロットがないようだ。PCI ExpressスロットはVosteo 3653と同じ実装らしい。古いPCIカードを使いたいユーザーなら、必然的にVosteo 3653の選択となる。

詳しくはDELLサイトにて!

Vosteo 3653 ベンチマークテスト比較(Core i5-6400を搭載)

Core i5-6400は4コア実装今回のVosteo 3653で搭載している、Core i5-6400とNVIDIA GeForce 705のスペック。Core i5-6400は4コア実装しており、スレッドはコア数通りの4スレッド。TDP:65Wの通常版CPUだ。

NVIDIA GeForce 705はCUDAコア48基で非常にエントリースペック。現役の最下位モデルというところだろう。Core i5-6400の内蔵グラフィックよりも処理能力が高いのか疑問で、搭載する価値があるのかは賛否両論。ただビデオメモリを搭載しているので、メインメモリの負担は軽くなるし、CPUの負担軽減にはなるので、一応、グラフィックカードを搭載しているというメリットは否定しない。

CINEBENCH R15における、レンダリング・スコアの比較

Vosteo 3653のレンダリング速度Core i5-6400とNVIDIA GeForce 705構成のVosteo 3653では、CINEBENCH R15のスコアが517。
過去のレビュー情報を元にすると、Core i3-6100では377なので、これよりも処理能力が明らかに速い。Core i7-6700と比べてしまうと、だいぶ下のようだ。

以下、当サイトが過去にレビューした機種と、パフォーマンス比較をしてみる。ベンチマークテストは、CINEBENCH R10とストリートファイター4で行なっている。

CINEBENCH R10

マルチコアでレンダリング
Vostro 3653アイコン
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL Vostro 3653 ミニタワー ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • NVIDIA GeForce 705 (2GB GDDR3)
  • 1TB HDD (SATA / 7,200 rpm)
⇒37秒
OptiPlex 7040 Micro
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 Micro ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6500T プロセッサー
  • 8GB (8GB ×1) DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 128GB M.2 SSD(SATA接続)
⇒43秒
OptiPlex 7040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 スモール ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
  • 8GB(4GB ×2)DDR4 メモリ-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
⇒28秒
OptiPlex 5040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 スモール ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
⇒50秒

ストリートファイター4ベンチマークテスト

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
画像 構成 1280×720
ウィンドウ表示
(平均FPS)
1920 × 1080
フルスクリーン
(平均FPS)
Vostro 3653アイコン
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL Vostro 3653 ミニタワー

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • NVIDIA GeForce 705 (2GB GDDR3)
  • 1TB HDD (SATA / 7,200 rpm)
67.37 41.90
Vostro 3250ガイドレビュー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL Vostro 3250 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (SATA / 7,200 rpm)
72.70 44.58

今回のVostro 3653 はNVIDIA GeForce 705 を搭載しているが、同じくCore i5-6400 を搭載して内蔵グラフィック仕様のDELL Vostro 3250 スモールよりも低い結果となった。ただし、差が誤差レベルなので、ほぼ同じくらいのパフォーマンスといえる。つまり、NVIDIA GeForce 705 を搭載しなくても、体感できるパフォーマンスは変わらないということ。単純にメインメモリとCPUの負担が軽減できるメリットぐらいなものだ。

同じくSkylake設計のPCと比較する(内蔵グラフィックでの比較)

画像 構成 1280×720
ウィンドウ表示
(平均FPS)
1920 × 1080
フルスクリーン
(平均FPS)
OptiPlex 7040 Micro
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 Micro

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6500T プロセッサー
  • 8GB (8GB ×1) DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 128GB M.2 SSD(SATA接続)
103.20 61.53
OptiPlex 7040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
  • 8GB(4GB ×2)DDR4 メモリ-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
143.44 83.64
OptiPlex 5040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
64.36 42.21

Core i5-6500T やCore i7-6700 搭載PCではかなりスコアが伸びており、内蔵グラフィックの性能向上はすごいものがある。このようにSkylake設計のPCにおけるベンチマークテスト結果をみると、ローエンド・グラフィックを搭載するのはよく検討したほうがよさそうだ。(内蔵GPUが優秀!!)

もちろんグラフィックカードを搭載すれば、CPU負担の軽減にはなるし、ビデオメモリが追加されるので、メインメモリの容量を食うこともなくメリットはある。しかし、ローエンドグラフィックカードを搭載する旨みは、ほぼないだろう。しいて言えば、モニタ出力端子が追加されることくらいか。

過去レビューPCと比較 ※第4世代インテル Core以前

ストリートファイター4製品画像

1280 × 720 「ウィンドウ表示」における、ベンチマークテスト比較
過去のレビュー機のパフォーマンスをピック・アップ!

※グラフィック設定・デフォルト / 60FPS以上も測れるようにディスプレイ垂直同期をOFF
GPU性能が主体となるが、このゲームはCPU性能の影響がそこそこある。
Vostro 3653アイコン

DELL Vostro 3653 ミニタワー ※2016年Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • NVIDIA GeForce 705 (2GB GDDR3)
AVERAGE FPS 67.37
比較 ローエンドGPUを搭載させた過去のPC
dell studio xps8000

DELL Studio XPS 8000 (独自にローエンドGPUへ換装) ※2009年 Nehalem設計

  • Windows 7 Professional 64bit
  • Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • RADEON HD 4650 512MB
AVERAGE FPS 58.43
Inspiron580デル

DELL Inspiron 580 (独自にローエンドGPU搭載) ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • RADEON HD 4650 512MB
AVERAGE FPS 56.25
Vostro 260sでビジネス

DELL Vostro 260s ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-2400s (2.5GHz , 6MB キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3
  • ATI Radeon HD 6450 1GB
AVERAGE FPS 53.04
Pentium D

自作パソコン(Pentium D) ※2006年 NetBurst 設計

  • Windows XP Home Edition SP3 32bit
  • Pentium D 915 (2.8GHz, 4MB L2 , 800MHz FSB)
  • 1GB (512MBx2) DDR2-SDRAM メモリ
  • RADEON HD 3650 512MB
AVERAGE FPS 42.41
Inspiron580s

DELL Inspiron 580s ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ
  • RADEON HD 5450 1GB
AVERAGE FPS 39.82
比較 第4世代インテル Core以前の内蔵グラフィックのパフォーマンス状況
Ivy BridgeのDELL新作

DELL XPS 8500 (既成品からグラフィックカード外す) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 12GB (2GBx2+4GBx2)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 4000
AVERAGE FPS 83.28
Vostro 3800

DELL Vostro 3800 ※2015年2月レビュー Haswell設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-4150 プロセッサー
  • 4GB (4GB x 1 ) DDR3 SDRAM 1600MHz メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400
AVERAGE FPS 49.40
デル初のショートスリムデスクトップ660s

DELL Inspiron 660s(グラフィックカード外し) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-3450s(2.8GHz , 6MB キャッシュ)
  • 6GB (4GB×1 +2GB×1)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • インテル HDグラフィックス 2500
AVERAGE FPS 46.84
売れ筋XPS 8300は人気の機種

DELL XPS 8300 (グラフィックカード外し) ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-2600 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 8GB (2GBx4) DDR3メモリ
  • インテル HD グラフィックス 2000
AVERAGE FPS 32.53
低価格DELLミニタワーinspiron620レビュー

DELL Inspiron 620 ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Pentiumデュアルコア G620 (2.6GHz, 3MB L3)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • インテルHDグラフィックス
AVERAGE FPS 26.79
Inspiron 3646の購入レビューサイト

Inspiron 3646 ※2014年12月レビュー Silvermont設計

  • Windows 8.1 (Bing)
  • インテル Pentium J2900 (2Mキャッシュ, 最大 2.67 GHz)
  • 4GB (4GB x 1 ) DDR3L 1600MHz メモリ
  • インテル HD グラフィックス
AVERAGE FPS 24.56
Inspiron580デル

DELL Inspiron 580 ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • インテル HDグラフィックス(733MHz)
AVERAGE FPS 17.44

Vostro 3653の消費電力(GeForce 705 搭載時)

Vostro 3653の消費電力
Vostro 3653アイコン

DELL Vostro 3653の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • NVIDIA GeForce 705 (2GB GDDR3)
  • 1TB HDD (SATA / 7,200 rpm)

Vostro 3653の消費電力をチェック。NVIDIA GeForce 705 を搭載しており、搭載CPUは上に同じ。
アイドル時は29W,レンダリングでは63Wあたり、ストリートファイター4のベンチマークテストでは54Wあたり。

以下は、姉妹機DELL Vostro 3250のレビューで測った消費電力だが、Vostro 3653でグラフィックカードを搭載しなかったら、消費電力はこんなところだろうと思われる。

比較参照:DELL Vostro 3250のレビュー時

Vostro 3250の消費電力
Vostro 3250ガイドレビュー

DELL Vostro 3250の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-6400 (6M キャッシュ, 最大3.30 GHz)
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (SATA / 7,200 rpm)

レビューしたVostro 3250の消費電力。グラフィックカード無しの内蔵GPU仕様である。アイドル時は18W,レンダリングでは53Wあたり、ストリートファイター4のベンチマークテストでは42Wあたり。

これをみると、NVIDIA GeForce 705 をやめると10Wくらいの節電にはなりそうだ。これを搭載するなら、グラフィックの処理速度ではなく、「CPUとメモリの負担軽減、モニタ出力端子の増設」を目的にしたら良いだろう。Vosteo 3653のレビューは以上。

Vosteo 3653について、詳しくはDELLサイトにて

Vosteo 3653購入ガイドとレビュー記事掲載

DELL法人デスクトップ比較なら、こちらも参考に

Vostro 3250スモール レビュー(Skylake設計)

OptiPlex 7040シリーズのレビュー!(Skylake設計)

OptiPlex 5040シリーズのレビュー!(Skylake設計)

OptiPlex 3020シリーズのレビュー(Haswell設計)

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.