DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL法人向けノート
  4. Vostro 3590

5万円台から検討できる、光学ドライブ搭載の低価格15.6インチノート

Vostro 15 3000 (3590)の光学ドライブ搭載モデル

2019年9月発売!Comet Lake設計・第10世代Coreプロセッサ-Uシリーズを搭載するVostro 15 3000をレビュー。(コンピューターモデル名ではVostro 3590といい、規制モデル名はP75F)。低価格帯で下位グレードの3000シリーズである。Vostro 3590は15.6インチノートで「光学ドライブ搭載」と「搭載無し」で分かれており、サイズや装備端子で違いが生じている。オンライン・マニュアルも分かれており、単なる搭載/非搭載ではなく別物扱いしたほうがよさそう。レビュー実機では光学ドライブ搭載モデルで、Core i7-10510Uと単体GPUにAMD Radeon 610を搭載している。あくまで構成の一例として紹介する。

Vostro 15 3000 (3590)の光学ドライブ搭載モデル非光沢の15.6インチノートで、1366 × 768および1920 × 1080の解像度が選べる。パームレストでは、パターンの凹凸のあるテクスチャ・デザイン。光学ドライブ搭載モデルでは、「USB2.0端子、USB3.1-Gen1 端子×2基、VGA端子、HDMI端子、ギガビットイーサーLAN端子など」を装備。そしてMicroSDカードスロットなのはちょっと扱いにくい。

Vostro 15(3590)
2020年1月論評
Comet Lake
(Uシリーズ)

構成:今回レビューした、DELL Vostro 15(3590)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢 ディスプレイ (解像度1920 × 1080)
  • 第10世代 Core i7-10510U
    (4コア / 8T、8MBキャッシュ、1.8GHz / 最大 4.9GHz) TDP 15W
  • 8GB DDR4メモリ (2666MHz)
  • AMD Radeon 610 2GB GDDR5
  • 256GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express)

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Vostro 15 3000(3590)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2020年1月13日時点のレビュー。本製品の発売日は2019年9月6日である。

外装はポリカーボネート、アイス グレー天板、底面、パームレストに至る外装はポリカーボネート(工業プラスチック)なので、まさに低価格モデルらしい。上位モデルにあるようなプレミアム感はない。この実機のカラーバリエーションは「アイス グレー」といい、わずかに青みを帯びたシルバーカラー。これをなぜグレーというのか腑に落ちない。他にはブラック・カラーもラインナップされている。

Vostro 3590(光学ドライブ搭載モデル)の寸法公称によると、Vostro 3590(光学ドライブ搭載モデル)の寸法は幅: 380 mm × 奥行き: 258 mm × 厚み: 20.66 mm 。 最小重量は 約2.17 kg。一方、光学ドライブ無しモデルは、厚み: 19.89 mm、約1.99 kgとしている。ちなみに手元の実機では2.124kgであった。

Core i7-10510Uを搭載させたプラットフォームではComet Lake(Uシリーズ)を採用。実機における、スペックおよびベンダーはこの通り。第10世代Core i7-10510Uを搭載させたが、レビュー時点では他にもCore i3-10110UやCore i5-10210Uの選択も可能。

単体GPUにAMD Radeon 610を搭載した。GPU-ZではRadeon 610という表記だが、別のアプリではRADEON 520または「Radeon R5 M435」とある。これがベースか。ちなみにRadeon 600シリーズはOEM向けなので、メーカーPCのみで採用されるシリーズ。そのなかでもRadeon 610は一番しょぼいグレード。頑張って搭載するほどのものではない。

この実機では8GB DDR4メモリ (2666MHz)搭載。パソ兄さん自身の経験上、4GBメモリではアプリによって「もっさり」することがあり、将来性も考慮し8GBメモリ以上をお勧めする。

レビュー実機では、液晶パネルにBOEテクノロジー製の【BOE0802】を採用。BOEは過去にハイニックスの液晶ディスプレイ部門を買収しており、世界大手の液晶パネルメーカーである。近年はLGディスプレイの出荷を上回る勢いを見せている。このパネルを検索してみると、1920x1080のTNパネルであることが分かった。色域はsRGB 50% 。視野角は狭いので見る角度によって色度変移が起こる。

東芝製のKBG40ZNS256Gストレージでは256GB NVMe SSDを搭載したが、実機の場合、東芝製のKBG40ZNS256Gでありパフォーマンスはこの通り。NVMe SSD(PCI Express接続 / M.2スロット)はSATA接続のSSDよりも圧倒的に速い。また、2.5インチHDDベイがあるのでHDDの搭載も可能で、構造ではSSD+HDDのデュアル・ストレージ構成も可能。

ネットワーク アダプターを見ると、この実機では無線LANにQualcomm QCA9377(IEEE802.11ac対応)を搭載。Bluetoothも搭載している。Qualcomm Atheros, Inc(クアルコム・アセロス社)は、アメリカの半導体メーカーでLAN関連製品のトップシェアを誇っている。有線LANはRealtek(カニさん)のギガビットイーサーなので、サーバー構築している環境でも速度に問題なし。

レビューに関する、注意事項

まず、この手元にある実機を基にした一例情報であり、標準搭載の範囲は不明。それに購入者の選択により様々な違いがある。カスタマイズ更新や仕様変更により、レビューと異なる場合もあり、採用ベンダー(パーツ・メーカー)も時期により異なる。 なお、購入アドバイスはただの個人的意見である。

コンピューターモデル名または、規制モデル名を必ず理解しておくこと。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能。(注文は個人名の記入でOK)

Vostro 15-3590の構成例と、特長のまとめ

15.6インチ 非光沢 ディスプレイ (解像度1920 × 1080)

選択できるディスプレイ

※解像度1920 × 1080の実機ではTNパネル。広視野角ではない。1366 × 768は未確認だが、普通に考えれば同様だろう。

第10世代Coreプロセッサ(Uシリーズ)

【アーキテクチャ解説 : Comet Lake(Uシリーズ)採用 ※2019年末~

単体GPU(グラフィック)

【解説 : グラフィック専用のチップ、単体GPUとは

ストレージ、メインメモリ

筐体やデザインの特長

インターフェース(光学ドライブ搭載モデル)

電源

※調査時点における情報である。一部情報は時期により異なる場合もある。
※複数の既存構成(パッケージ)から選び、そこからパーツ変更できるが、構成ごとに制限がある。

工業プラスチックのボディ(光学ドライブモデル&アイス グレーの場合)

光学ドライブモデル&アイス グレーこのカラーバリエーションは「アイス グレー」。かすかに青みを帯びたシルバーカラー。材質はポリカーボネート(工業プラスチック)なので、質感は低価格モデルそのもの。中央にDELLロゴを配置。

前面。

底面にかけてカーブした面にスピーカーを配置。

背面に端子は装備横長のヒンジ。背面に端子は装備していない。

排気口少し段差の空間があり、排気口が確認できる。

中央にVostroロゴのくぼみ。材質はポリカーボネート底面では丸いスタンドゴムを4つ配置。基本、低発熱仕様なので吸気口は小さめ。前方のカーブ面の左右にスピーカー孔を配置。中央にVostroロゴのくぼみ。材質はポリカーボネート(工業プラスチック)。

ユニボディ底面カバーは端子の面に至るまで、1プレートのユニボディ。

外観左側の外観。

端子が手前側に配置される光学ドライブ搭載モデルでは、端子が手前側に配置される。ちなみにディスプレイはここまで開く。

トレイを引き出した光学ドライブのトレイを引き出した様子。

装備インターフェース(Vostro 3590 光学ドライブ搭載モデルの場合)

ギガビットイーサーLAN端子左側面では、電源コネクタ、電源ライト、HDMI端子、ギガビットイーサーLAN端子、USB3.1-Gen1 端子×2基、ヘッドセット端子。

Vostro 3590 光学ドライブ搭載MicroSDカードスロット、USB2.0端子、VGA端子、光学ドライブ、セキュリティロック・スロットを配置。

※USB Type-C端子無しや、高速10Gbps転送のUSB3.1-Gen2 に対応していないところは下位ブランドといえる。ユーザーによるだろうが、MicroSDカードスロットというのもやや扱いにくい。

ちなみに、付属のクイックスタートガイドではUSB Type-C端子の存在が記載されているが、この通り装備されていない。おそらく「日本仕様には非搭載」とかいうパターンだろうが、ちゃんと情報整理してもらいたいものだ。

インターフェースの補足説明

※USB3.1-Gen1の転送速度はUSB3.0と同じ「5Gbps」だが、電源供給力は高い。
※初心者向けに、周辺機器とつなぐ端子の知識を、パソコンの接続端子(シリアルバス規格)で解説。
※ディスプレイと接続する端子の知識を、パソコンのディスプレイ端子で解説。

ACアダプタ付属 (Radeon 610搭載時は65W)

今回の構成ではAMD Radeon 610搭載のため65WのACアダプタが付属。測量したところアダプタ本体222g、ジョイントするケーブルは101gだった。なお、単体GPU非搭載時は45Wになるようだ。

Vostro 3590のacアダプタACアダプタからPC側へのケーブルは比較的細めだが、ジョイントするAC電源ケーブルは太めなので取り回しはよくない。AC電源ケーブルは一般的に市販されているメガネ型3P(通称ミッキー型 / IECコネクター・60320-C5)なので、市販品への変更は可能。当方では細めの市販ケーブルを予備にストックしている。

15.6インチ 非光沢 ディスプレイ(1920 × 1080)の場合

液晶パネルにBOEテクノロジー製の【BOE0802】を採用実機では15.6インチ 非光沢 ディスプレイ、解像度1920 × 1080の場合である。液晶パネルにBOEテクノロジー製の【BOE0802】を採用。このパネルを検索してみると、TNパネルであることが分かった。色域はsRGB 50% 。視野角は狭く、発色も上位モデルと比べると地味である。ベゼルも狭額ではない。まさにエントリーモデル。

15.6インチにフルHD(1920 × 1080)は高解像度だが、拡大が必要なほど細かくはないだろう。DELLの初期設定および推奨設定では125%拡大になっているが、ここでは(写真では)ドットバイドット表示-100%に設定し直している。

WebカメラWebカメラ内蔵。低価格モデルなので内蔵マイクはシングル。

ロゴDELLロゴはただのプリント。

視野角が狭いTNパネルなので視野角が狭い。変則的な姿勢で利用することが多いユーザーだと、この視野角は辛い。また普段、IPSパネルに慣れていると、改めて不便を感じてしまうことも。

まさにTNパネルパネルの反射光をカットした状況(つまり暗闇環境)での視野角。上からは青白く、下からは色反転。まさにTNパネルの特徴通り。

実用に問題ないレベル水平位置からの左右視野角は、実用に問題ないレベル。

テンキー付きキーボード

パームレストはポリカーボネートVostro 3590のパームレストはポリカーボネート(工業プラスチック)となっている。

凹凸のあるテクスチャパームレストでは、パターンの凹凸のあるテクスチャ・デザイン。

ホームポジションの様子。テンキーがあるため、やや左寄りになる。

DELLサイトで要確認指紋認証リーダー(オプション)なしの場合の電源ボタン。マニュアル上では指紋認証リーダー搭載可能となっているが、詳しくはDELLサイトで要確認。

タッチパッド一体型のタッチパッド。

Vostro 3590のテンキー付きキーボード当方の調査では2016年末ごろから確認されているキーボード・パーツを搭載している。一枚板くり抜きタイプ。テンキー付き。主に15.6インチノートで搭載されているが、一部17.3インチノートで採用される例もある。15.6インチノート向けでもテンキーを載せているため、やはりEnterキー、BackSpace、¥、右Shiftあたりが犠牲になり、やや幅が狭くなっている。また、英字キーのくり抜きをそのまま流用したコストダウン化が見られる。

G7-15(7588)などで採用されており、こちらで使用感レビューを公開している。参考にどうぞ!【パーツ詳細はリンク先にて→G7-15(7588)などで採用されているキーボード・パーツ

内部構造

内部へのアクセスではネジを外し底面カバー全体を外す工程になるが、肝となる作業は多数に引っ掛けてあるツメを丁寧に外していくことである。無理に力を加えるとツメの破損につながるため、パテ用のプラスチックヘラが必需品となる。いくつか幅の異なるヘラを取り揃えるとよい。

Vostro 3590の内蔵ドライブDELLサイトにて分解マニュアルがダウンロードできるので、分解手順を知ることができる。まず光学ドライブを先に取り外す。

トレイみたいな形状に成形カバーは底面から端子がある側面まで一体型の、ユニボディ設計。トレイみたいな形状に成形されている。換装のための内部アクセスは、底面ボディをごっそり取り外す構造なのでややハードルが高い。

内部構造Vostro 3590の内部構造。

マザーボード部分。

ヒートパイプの下にCPUとGPUの配置場所シングルファンの内蔵。排気口の位置にある放熱フィン。ヒートパイプの下にCPUとGPUの配置場所が確認できる。

現状では8GBメモリメモリスロットが2基。現状では8GBメモリを1枚搭載。

ストレージ

現状ではType2230が搭載されNVMe SSDのM.2スロット。Type2280およびType2230に対応しており、現状ではType2230が搭載され固定具で装着。この固定具、オンラインマニュアルでは「サーマル プレート」と言っているので、ヒートシンクみたいなものか。Type2280であっても使われるもよう。

2.5インチHDD2.5インチベイ。今回はHDDを搭載していないが、専用SATAケーブルと専用マウンタがそのまま付属していた。

SATAコネクタ(SATA電源は光学ドライブ用)光学ドライブベイ(9.5mmウルトラスリム)と、SATAコネクタ(SATA電源は光学ドライブ用)。

Core i7-10510U + AMD Radeon 610のパフォーマンス

Core i7-10510U

TDP(熱設計電力)は15Wで低消費電力の仕様まずCore i7-10510Uのスペックと、パフォーマンス。4コア実装、HTテクノロジーによって8スレッド動作する。TDP(熱設計電力)は15Wで低消費電力の仕様。ベースクロックは1.8GHzだがターボ・ブースト・テクノロジーによって最大4.9GHzまでアップする。内蔵グラフィックのUHDグラフィックスを統合している。キャッシュやクロック数ではCore i5-10210Uより、ちょいスペックアップした程度のもの。

初心者向けCPU基礎知識

※基本的なCPUのスペック : 動作周波数(GHz)や、キャッシュメモリ、TDPなど
※定格内の自動クロックアップ(最大~GHz)の、ターボ・ブースト・テクノロジーとは
※PCの複数同時処理! ~コア/~Tという、マルチコアとマルチスレッドとは

CPUの内蔵グラフィックとは

UHDグラフィックスとは内蔵グラフィックで、CPUコアと統合している「統合型グラフィック」。低消費電力、低コストのメリットがある。本格ゲームなど高負荷な用途でない限り、これで十分というユーザーは多い。4Kコンテンツに対応するパフォーマンスがあり、2Dコンテンツでは十分。

さらに解説 【CPUに統合された、内蔵グラフィックとは

Core i7-10510Uのスペックと、パフォーマンスベンチマークテストはCINEBENCH R15によるレンダリングだが、比較するのはパソ兄さんが過去にレビューしたPCにおけるもの。(重複するCPUでは最高値だったものを残している) 。オレンジ色のバーが今回のCPUのスコアである。

今回のCore i7-10510Uではマルチスレッドのスコアが644。当方の調査内ではRyzen5-1400に近い。なお、CINEBENCH R15の結果がCPU性能の全てではないのでご留意を。

シングルスレッドでのパフォーマンス。1コアだけのパフォーマンスは最近のCPUで比較すると大きな差はなく、マルチスレッドでのパフォーマンスが肝となる。

CINEBENCH R15ベンチマークテストとは / および、過去PCと比較

AMD Radeon 610

GPU-ZではRadeon 610という表記Radeon 600シリーズは、OEM向け(メーカーPC仕様)のローエンドGPU。そしてRadeon 610はGPUコア320基、最大1030MHzのブーストクロック。AMDのサイトによれば「最大ビデオメモリーサイズ:4GB GDDR5」だが、これはその半分の2GB。GPU-ZではRadeon 610という表記だが、別のアプリでは「RadeonR5 M435」とある。これがベースか。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター では、1280×720 標準(ノートPC)「4656-快適」という結果。この様子だと1920 × 1080のプレイは現実的ではない。過去のレビューPCと比較してみたら、同世代や近い世代の内蔵グラフィック仕様と大して変わらないスコア。「ビデオメモリが2GB」が付いてくるくらいしかメリットを感じない。これならメインメモリに予算をかけたほうがメリットは大きいだろう。

※ゲームタイトルのリンクをクリックすると、当方過去のレビューPCと比較できる。
※ベンチマークテスト中では、ACアダプタは常時接続している。

Vostro 15(3590)
2020年1月論評
Comet Lake
(Uシリーズ)

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1280×720 標準(ノートPC) DirectX 11 フルスクリーン)

構成:今回レビューした、DELL Vostro 15(3590)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢 ディスプレイ (解像度1920 × 1080)
  • 第10世代 Core i7-10510U
    (4コア / 8T、8MBキャッシュ、1.8GHz / 最大 4.9GHz)
  • 8GB DDR4メモリ (2666MHz)
  • AMD Radeon 610 シリーズ 2GB GDDR5
  • 256GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express)
4656

基礎知識:ゲームのベンチマークテストについて

※3Dゲームでは美麗な描写処理を担うグラフィック(GPU)の性能が重視されるが、CPUも軽視できない。炎、煙、風、速度などの自然現象をシミュレーションする物理演算(エフェクト)や、プレイヤーが操作しないキャラクター(NPC-non player character)を動かすのは人工知能(AI)であり、それはCPUが担っている。ゆえにCPUの依存度はゲームの処理内容による。なお、CPUに統合されている内蔵グラフィックの場合(単体GPUの搭載なしの場合)は、ビデオメモリを持たないため、メインメモリが代用される。そのため、搭載メモリによってパフォーマンスが左右されやすい。

Vostro 15-Vostro 3590の低価格15.6インチノートレビューは以上。ここで紹介した実機は一例の構成であり、ユーザーの選択や販売時期により異なる。紹介した内容がすべて標準搭載というものではなく、購入の際はオプション搭載があることを留意していただきたい。

最新情報など、詳しくはDELLサイトへ

Vostro 15(3590)
2020年1月論評
Comet Lake
(Uシリーズ)

5万円台から検討できる、光学ドライブ搭載の低価格15.6インチノート
DELL Vostro 15(3590)

第10世代Coreプロセッサ-Uシリーズを搭載。単体GPUにAMD Radeon 610搭載可能。外装は工業プラスチック。「光学ドライブ搭載」と「搭載無し」で分かれており、サイズや装備端子で違いが生じている。パームレストでは、パターンの凹凸のあるテクスチャ・デザイン。光学ドライブ搭載モデルでは、「USB2.0端子、USB3.1-Gen1 端子×2基、VGA端子、HDMI端子、ギガビットイーサーLAN端子など」を装備。そしてMicroSDカードスロットなのはちょっと扱いにくい。実機を見る限り、TNパネルのため、視野角は狭い。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Vostro 15 3000(3590)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2020年3月2日(月)まで】
XPSシリーズ、Gゲーミングノート、Inspiron14/13などがお得、20%オフクーポン!
対象モデル以外でも6万円以上の購入で15%オフクーポン!

20%オフクーポン!対象製品

  • XPS ノート / デスクトップ ※New XPS 13対象外
  • Dell Gゲーミングノート
  • New Dell G5 ゲーミング デスクトップ
  • Inspiron 13 7000 、7000 2-in-1
  • Inspiron 14 5000/7000、 Inspiron 15 7000
  • New Inspiron 14 5000(AMD Ryzen)
  • New Inspiron 14 5000 2-in-1 ノートパソコン
  • Inspiron 17 3000 ノートパソコン

対象モデル以外でも6万円の購入以上で15%オフクーポン!(ALIENWAREは除く)

6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大35000円オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

【2020年4月20日(月)まで 】
合計100名様に当たる!Amazonギフト券10,000円分プレゼントキャンペーン
キャンペーン期間中にデルEメールマガジンを購読されている方、またはLINEのデル公式アカウントのお友だち登録されている方で、Core i5/ i7/ i9搭載製品を購入した場合、自動的にエントリー。

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.