XPSやInspironといったDELLブランドのPCをレビュー公開中
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツ
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. CPU選びの知識
  4. CINEBENCH R15

DELLパソコン・レビュー比較資料~CPUパフォーマンスチェック

CINEBENCH R15のレンダリング

Vostro 14(5471)にてCore i7-8550U搭載しているCINEBENCH R15のベンチマークテストでは、CPUを100%稼働させるので「CPU性能指数」の目安になる。コア数が多く(スレッド数が多く)、高クロックのCPUほど短時間で処理できスコアが高くなるが、アーキテクチャの新旧にもよる。ちなみに、搭載グラフィックの性能にはあまり左右されない。ほぼCPUのパフォーマンスである。(ハイエンドのグラフィックを搭載していても微々たる影響しか無い。) ※OpenGL性能チェックは除く

CINEBENCH R15とは

CINEBENCH R15のレンダリングCINEBENCH R15は、ドイツMAXON社のプロ用3DCG作成ソフト「CINEMA 4D」をベースとしており、約30万ポリゴンある静止画のレンダリングにかかった時間などでスコアが算出される。

CINEBENCH R15ではマルチコア対応に特化しており、最大256スレッドまで対応している。そのためスレッド数が多いほど圧倒的な数値となり、主にマルチコアに対応しているアプリなら参考にできる。アプリのプログラムには様々あるので、これがすべてのパフォーマンスに比例しているわけではない。

掲載しているスコアは、すべて当方がレビューしたPCにて計測したものである。(環境による違いや、バックグラウンドの状態などで起きる個体差にはご容赦願う。)

マルチスレッド比較

過去最大は、Core i9-7980XEの「3317」 ※一旦除外する

ADM Ryzen 7 1700Xで「1454」これまで当方がレビューした中で、ずば抜けた最高スコアは、Core i9-7980XEの「3317」。※2018年1月レビューのALIENWARE AREA-51(R4)にて。18コア実装36スレッド動作で圧倒的な処理速度となっている。ただし、CINEBENCH R15ほどマルチコアに対応しているソフトは稀であるため、多くの環境下では恩恵の機会が少ない。

以下、バーの伸び率比較にビジュアル的影響が出るので、Core i9-7980XEを外したグラフで掲載する。

これまでのマルチスレッド計測結果

CINEBENCH R15ベンチで調べたCPUの性能2019年10月更新】 重複するCPUは最大スコアのみを残している。

以下、新旧同ポジションのCPUごとに比較。
環境に影響があったのか、必ずしも上位CPU順になっているわけではないが・・

歴代デスクトップ向けCPU比較

歴代デスクトップ向けCPU2018年6月分まで、歴代デスクトップ向けCPUをピックアップ。CINEBENCH R15のレンダリングはマルチスレッドの影響が大きいことが顕著に出ている。

歴代ノート向けCPU(ハイエンドおよび通常版)比較

歴代ノート向けCPU(通常版)。2018年6月分まで、歴代ノート向けCPU(通常版)。U/Yシリーズと違い、低消費電力よりも処理パフォーマンスに長けたノートパソコン向けで、一般的には「通常版」とかいう。ゲームノートではだいたい、このタイプが採用される。

歴代のU/YシリーズCPU比較

Core i7-i5-i3-U/Yシリーズ比較2018年6月分まで、歴代のU/YシリーズCPU比較。U/Yシリーズは低電圧版のCPUで、バッテリー駆動時間が重視されるモバイルノートやタブレット、2-in-1ノートで採用されている。Uシリーズではスタンダードな据え置きノートでも採用されることがしばしば。

歴代Atom系のCeleron / Pentium

Atom系(Celeron・Pentium)2018年6月分まで、歴代Atom系(Celeron・Pentium)のCPUをピックアップ。
もともと2008年ごろにブームとなった簡易パソコン(ネットブック)向けに開発されたAtomブランド。この設計はCeleron・Pentiumブランドに引き継がれた。なお、Atom系ではないCeleron・Pentiumもあるので、把握がややこしいところもある。実質、最下層パフォーマンスのCPUと捉えていい。低価格帯デスクトップでも採用されている。

1コアのパフォーマンス (シングルスレッド編)

CPUのシングルスレッド計算2019年6月更新】 1コアのみでレンダリング処理したときのスコア。コア数、スレッド数関係なく、1コアのみでの性能比較になる。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年12月9日(月)まで】
Inspiron13・14・15の5000シリーズがお得!最大17%オフクーポン!
12/3より値下げしたモデル多数!

6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

【 2019年12月16日(月)まで 】
Amazonギフト券10,000円分を抽選で600名様にプレゼント!(購入で自動エントリー)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

CPU選びの知識(Central Processing Unit)項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.