DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL個人ノート
  4. DELL G5-15 (5590)

互換性で、CoffeeLake Refresh (Hシリーズ)のCPU搭載!

Core i7-9750H搭載の、G5-15スペシャルエディション (5590)

前回、2019年3月にCoffeeLake(Hシリーズ)設計モデルである、G5-15 スペシャルエディションこと、G5-5590をレビューした。その後、CoffeeLake Refresh (Hシリーズ)の第9世代Coreプロセッサが登場し、互換性により搭載可能となった。そこで、新たに第9世代Core i7-9750Hを搭載して、再レビューする。筐体に関しては前回と共通なので細かいところは省略する。

Core i7-9750H搭載の、G5-15スペシャルエディション


2019年8月論評
CoffeeLake
(Hシリーズ)

互換対応:
CoffeeLake-
Refresh
(Hシリーズ)

構成:今回レビューした、DELL G5-15スペシャルエディション (5590)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080) 
    高速駆動 リフレッシュレート 144Hz
  • 第9世代 Core i7-9750H
    (6コア / 12T、12MBキャッシュ、2.6GHz / 最大 4.5GHz) TDP 45W 
  • 16GB(8GB×2) DDR4メモリ (2666MHz)
  • NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB GDDR6
  • 256GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express) + 1TB HDD(2.5インチ SATA)

※2019年8月10日時点のレビュー。本製品の発売日は2019年2月1日である。

レビューに関する、注意事項

※レビュー時点および手元の実機に限った内容であり、選択や時期により仕様は異なる。
※販売は既存構成(パッケージ)が基本で、そこから選択できるパーツは制限される。
※搭載可能パーツやベンダーは、レビュー機と異なる場合がある。
※標準搭載の範囲は不明。最終確認、最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※製品の「コンピューターモデル名」を必ず理解しておくこと。購入アドバイスは個人的意見。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能。(注文は個人名の記入でOK)

構成の比較と、カスタマイズ

HM370再レビューするG5-15 スペシャルエディション(5590)の構成をチェックしてみる。(以下スペシャル省略)

チップセットは前回と変わらずHM370であり、基本プラットフォームはCoffeeLake(Hシリーズ)設計のまま。これに互換性で第9世代 Core i7-9750Hを搭載。単体グラフィックは前回と同じく、NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB GDDR6を搭載。液晶パネルもAU Optronics(BenQグループ)製の【AUO80ED】で前回と同じパーツ。

レビュー時点で搭載できるCPUをチェックしたところ、以下のとおり。従来の第8世代Coreと互換性で搭載できる第9世代 Coreとの混在になっている。

CoffeeLake Refresh (Hシリーズ)

第9世代Coreプロセッサ

CoffeeLake(Hシリーズ)の改良版である、第9世代Coreプロセッサ。ゲームノートなど高性能ノートPC向けのプラットフォーム。Dynamic Tuning(消費電力配分)に改良がされている。(登場:2019年4月ごろ~)

CoffeeLake (Hシリーズ)

第8世代Coreプロセッサ(ノート向け第2弾)

第8世代Coreプロセッサでは第2弾目の登場。ハイパフォーマンスのHシリーズで、Core i7 / i9のHシリーズでは、6コア実装12スレッド動作であり、Core i5では4コア / 8スレッド。従来よりもマルチスレッドに強力なパフォーマンス。プロセスルールのサイズは、KabyLake Refreshから変わっていないが改良されており、14nm++となっている。(登場:2017年10月~)

単体グラフィック

レビュー時点で搭載できる単体GPUは以上の通り。

Core i7-9750Hのパフォーマンス

Core i7-9750H今回搭載している第9世代 Core i7-9750H のスペック。(6コア / 12T、12MBキャッシュ、2.6GHz / 最大 4.5GHz) TDP 45W 【統合型(内蔵)するのは、UHD グラフィックス630 】

マルチスレッドCINEBENCH R15のマルチスレッドでは、スコアが1248。過去のレビューでチェックしたCore i7-8750Hより僅差で上であった。コア数とスレッド数の違いもあって、Core i5-9300Hより明らかにパフォーマンスが高い。

最近のCPUシングルスレッドではスコアが172。これは最近のCPUとどっこいどっこい。

NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB GDDR6

GeForce RTX 2060のスペックG5-15 (5590)で搭載したGeForce RTX 2060のスペック。今回のG5-15 (5590)のベンチマークテスト結果は以下の通り。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター紅蓮のリベレーター フルHD ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター (1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン) では、13134。非常に快適の7000を遥かに超えている。

FANTASY XV・ベンチマークテスト高負荷なFINAL FANTASY XV・ベンチマークテスト(1920 × 1080 標準品質 フルスクリーン)で、7769の快適。まだ上があるとはいえ、プレイ可能なパフォーマンスである。

G5-15(G5-5590系)で比較

これまでレビューしたG5-15(G5-5590系)の、ベンチマークテスト結果を比較すると以下の通り。なかなか、わかりやすい比較になった。

第9世代 Core i7-9750H + GeForce RTX 2060

第2弾:DELL G5-15スペシャルエディション (5590)
2019年8月論評

構成:今回レビューした、
第2弾:DELL G5-15スペシャルエディション (5590)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第9世代 Core i7-9750H (6コア / 12T、12MB、最大 4.5GHz)
    ※互換性で搭載
  • 16GB(8GB×2) DDR4メモリ (2666MHz)
  • NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB GDDR6
スコア
またはFPS
紅蓮のリベレーター フルHD ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン)
13134
FINAL FANTASY XV FINAL FANTASY XV・ベンチマークテスト
(1920 × 1080 標準品質 フルスクリーン)
7769

第8世代 Core i7-8750H + GeForce RTX 2060

DELL G5-15 (5590)
2019年3月論評

第一弾:DELL G5-15 スペシャルエディション(5590)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8750H (6コア / 12T、9MB、最大 4.1GHz)
  • 16GB(16GB×1) DDR4メモリ (2666MHz)
  • NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB GDDR6
スコア
またはFPS
紅蓮のリベレーター フルHD ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン)
10927
FINAL FANTASY XV FINAL FANTASY XV・ベンチマークテスト
(1920 × 1080 標準品質 フルスクリーン)
6979

第9世代 Core i5-9300H + GeForce GTX 1650

DELL G5-15 (5590)
2019年8月論評

DELL G5-15 (5590)ノーマル

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080) 
  • 第9世代 Core i5-9300H(4コア / 8T、8MB、最大 4.1GHz) 
    ※互換性で搭載
  • 8GB(4GB×2) DDR4メモリ (2666MHz)
  • NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB GDDR5
スコア
またはFPS
紅蓮のリベレーター フルHD ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン)
8867
FINAL FANTASY XV FINAL FANTASY XV・ベンチマークテスト
(1920 × 1080 標準品質 フルスクリーン)
5030

※ゲームタイトルのリンクをクリックすると、 当方過去のレビューPCと比較できる。
※ベンチマークテスト中では、ACアダプタは常時接続している。

インターフェース ~ 搭載GPUによって違いがある

手元にあるG5-15 (5590)はNVIDIA GeForce GTX 1650 4GB GDDR5 搭載レビュー時点における、G5-5590系の装備端子条件。

DELLサイトで確認すると、NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti またはGeForce RTX 2060を搭載しているときは、背面にミニDisplay Port 端子、左側面のUSB Type-C端子がThunderbolt 3に対応するようだ。

今回はNVIDIA GeForce RTX 2060を搭載しているので、その実機でチェックしてみる。

背面では、電源コネクタ、HDMI端子、USB3.1-Gen1 端子、ミニDisplay Port 端子、ギガビットイーサーLAN端子、セキュリティロック・スロット。

左側面では、USB Type-C端子(USB3.1-Gen2 、Thunderbolt 3対応)、USB3.1-Gen1 端子(PowerShare対応)、ヘッドセット端子、バッテリライト。

右側面では、SDカードスロット、USB3.1-Gen1 端子。

前面にはスピーカの配置。

他の側面(おまけ)

一応撮影したので掲載しておく。底面ではスケルトン窓でデュアルファンがちこっと見える。(保護シートをまだ貼ってある状態)

アルミのパームレスト、テンキー付きのキーボード、タッチパッドエリアのエッジにダイヤモンドカット。

これはG7-15(7588)などで採用されているキーボード・パーツと同じもの。過去にレビューしており、このページでは細部の解説を省略する。パーツとしての詳細解説はリンク先にてどうぞ。

レビューは以上!

最新情報など、詳しくはDELLサイトへ

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年8月19日(月)まで】
DELL Inspiron 13、14シリーズがお得!最大17%オフクーポン!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大15,000円オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.