DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL法人向けノート
  4. Vostro 15(3568)

基本を押さえたエントリーモデル!テンキー付き15.6インチ・ビジネスノート

DELL Vostro 15 3000シリーズ(3568) のレビュー

2016年9月に発売したVostro 15 3000 シリーズこと、Vostro 15-3568レビューする。Vostro 15-5568の下位ポジションにあたるエントリーモデルである。素材やインターフェースの充実ではVostro 15-5568に劣るが、とにかく基本を押さえたコストパフォーマンスモデル。ただ一点、光学ドライブを搭載しているところは、必要なユーザーによっては最大のメリット。
以降、ここでレビューするVostro 15 3000 シリーズにおいて、当サイトでは便宜上、Vostro 15(3568)と呼ぶ。※2016年12月12日時点のレビューであり、手元の実機における現状レポートである。

Vostro 15(3568)はDELLの法人向けモデルであるが、個人ユーザーでも購入できるので検討されたし。サポートが法人向けであったり、PCリサイクル料を含まないなど、個人向けとはサービスが異なることを留意しておけばいいだろう。
なお、DELLは「日経コンピュータ(2016年9月15日号)顧客満足度調査2016-2017 ノートPC部門 1位」を受賞!

Vostro 15(3568) 概要

Vostro 15 3000シリーズのレビュー非光沢液晶搭載の15.6インチノートで、テンキー付きのキーボードを搭載している。インターフェースには「USB2.0端子 × 1基、USB3.0端子 × 2基、VGA端子、HDMI端子、SDカードスロット」と基本を押さえてつつも低価格。また、淘汰されつつある光学ドライブを搭載しているのが特長的。材質はポリカーボネート(工業プラスチック)で、上位機種のようなアルミ素材などの高級感はないが、安さを感じさせないデザインである。第7世代インテルCore(低消費電力のUシリーズ)のCPUが搭載できる。

Vostro 15(3568)
2016年12月レビュー
KabyLake設計
(Uシリーズ)

今回レビューする、DELL Vostro 15(3568) の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢ディスプレイ (1366 x 768)
  • 第7世代 Core i3-7100U (3M キャッシュ、 最大 2.40 GHz)
  • 4GB シングル チャンネル DDR4 2400MHz
  • インテル HD グラフィックス 620
  • 128GB SSD(SATA ・2.5インチ型)

当方レビューに関する注意事項

※パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのベンダーは供給状況により変更がある。
※個人規模および、一個体の調査、一部の情報のため、購入された場合の一致性は保証していない。
※記事はレビュー時点の情報である。標準搭載の内容や変更状況など、最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※状況については極力丁寧に説明するが、感想やアドバイスは個人的見解であり、その賛否は各々異なる。
※風景にある周辺機器等は、DELLとは関係のないアイテムである。

※DELLサイトにある販売名は気まぐれで、さらに新旧モデルの区別が困難なため、当方では唯一無二の「システム名」を重視している。システム名は、DELLサイトの該当ページにてURLを見れば判断がつくので、困惑したら参考に。

Vostro 15(3568)のパーツ構成例

2016年12月12日時点の構成例をまとめてみた。第6世代インテル CoreであるSkylake設計と、第7世代インテルCore(Uシリーズ)であるKabyLake設計のCPUに対応している。

単体グラフィックではAMD Radeon R5 M420 が搭載可能。単体グラフィックなしの場合は、各CPUにある内蔵のグラフィックとなり、グラフィックの仕様が異なる。15.6インチ 非光沢ディスプレイを搭載しているが、解像度が1366 × 768とフルHD(1920 × 1080)の2択がある。ストレージではHDDのほかに2.5インチ型のSSDが選択できる。カラーバリエーションには、ブラック 、エラ・グレー(マットメタリック) 、レッド(メタリック)が用意されている。

アーキテクチャ Skylake設計または、
KabyLake(Uシリーズ)設計
ディスプレイ
  • 15.6インチ 非光沢ディスプレイ (1366 x 768)
  • 15.6インチ 非光沢ディスプレイ (1920 × 1080)
CPU
Skylake設計
  • Celeron 3855U (2M キャッシュ、 最大 1.6 GHz)
  • 第6世代 Core i3-6006U (3M キャッシュ、 最大 2.00 GHz)
CPU
KabyLake設計
  • 第7世代 Core i3-7100U (3M キャッシュ、 最大 2.40 GHz)
  • 第7世代 Core i5-7200U (3M キャッシュ、 最大 3.1 GHz)
  • 第7世代 Core i7-7500U (4M キャッシュ、 最大 3.5 GHz )
グラフィック
  • インテル HD グラフィックス 510(Celeron 3855U 、Core i3-6006U搭載時)
  • インテル HD グラフィックス 620 (Core i3-7100U、Core i5-7200U、Core i7-7500U )
  • AMD Radeon R5 M420 グラフィック 2GB DDR3L
メモリ
  • 4GB シングル チャンネル DDR4 2400MHz
ストレージ
  • 500GB HDD (SATA ・5400回転)
  • 1TB HDD (SATA ・5400回転)
  • 256GB SSD(SATA ・2.5インチ型)
光学ドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ
  • DVD-ROM ドライブ
カラー
  • ブラック
  • エラ・グレー(マットメタリック)
  • レッド(メタリック)
装備する主要端子 USB2.0端子 × 1基、USB3.0端子 × 2基、VGA端子、HDMI端子、LAN端子、 SDカードスロット
サイズ(公称値) 幅:380 mm × 奥行: 260 mm × 厚み: 23.7 mm / 重量:約2.18kg
備考
  • ワイヤレス: 802.11ac + Bluetooth 4.1、 デュアル バンド 2.4 & 5Ghz
  • テンキー付きキーボード
  • 4セル バッテリ内蔵
  • 45W ACアダプタ付属
  • フリーフォールセンサー内蔵(落下時のHDD自動的ロック)
  • 指紋認証リーダー(オプション)
  • 日経コンピュータ(2016年9月15日号)顧客満足度調査2016-2017 ノートPC部門 1位

※ほぼ構成販売なので、パーツの組み合わせは制限される。採用パーツやベンダーは供給状況により変更がある。
※構成に関してはレビュー時点であり、変更の可能性もある。

Vostro 15(3568)のサイズ

Vostro 15を持ち抱えてみたDELLの公称重量では約2.18kgであるが、手にしているVostro 15実機(バッテリ込)では2.158kgであった。構成により微々たる差はあるようだが公称値通り。幅:380 mm × 奥行: 260 mm × 厚み: 23.7 mmで、Vostro 15(5568) ほどの薄さはないが、単独で見ればそれほど厚ぼったい印象はない。

低価格を感じさせない、落ち着いたデザイン

天板が赤いVostro 15Vostro 15(3568) にはカラーバリエーションがあるが、この実機ではレッドのモデル。やや光沢のあるメタリックなカラーペイントで、見た目ではアルミ天板かと思うが、触ればポリカーボネート(工業プラスチック)であることが分かる。中央のDELLロゴはシルバーカラーで、少しくぼんで配置されたような加工がされている。

底面デザイン-Vostro 15の様子底面は非光沢のブラックで、ポリカーボネートのまま。底面から見ると台形になっており、傾斜面に2箇所、スピーカ口を配置している。スピーカはやや底面向きであるが、ユーザーの対面位置にある。スタンドゴムは4箇所に配置。

バッテリを外すバッテリーの右下にはラッチがあり、スライドしてロック解除すればバッテリーが外せる。。

Vostro 15(3568)の装備インターフェース~光学ドライブ搭載

光学ドライブを内蔵Vostro 15(3568)では、上位モデルのVostro 15(5568)にはない光学ドライブを内蔵している。
右側面では「SDカードスロット、ヘッドセット端子、USB2.0端子×1基」を配置している。

インターフェース左側面では「電源コネクタ、LAN端子、排気口、VGA端子、HDMI端子、USB3.0端子 × 2基」を配置している。写真を見ての通り、主要端子はユーザーの手前側に配置されているので素早く扱えるメリットがあるが、反面、ケーブル類では取り回しが悪くなるデメリットもある。

兼用ライト正面の中央には動作ライトを配置しており、「電源・バッテリライト」と「HDDライト」の兼用となっている。Fn + Hキーを押すことでライト機能をどちらかに切り替えられる。

背面デザイン背面は装備する端子はない。2本のヒンジとバッテリー部分が見える。

15.6インチ・ディスプレイ

Vostro 15のディスプレイデザイン15.6インチ画面で、目に優しい非光沢処理。このVostro 15実機では、15.6インチノートで一般的な1366 × 768である。フルHDほどの表示領域はないが、ドットバイドット表示でも文字が見やすいサイズ。玄人向けにフルHD(1920 × 1080)解像度の選択肢もあるが、解像度は用途に合わせて選ぶといいだろう。

TNパネルの視野角画像提供視野角では少々の角度なら何の支障もなく視認できる。角度をつけた上や下から視聴となると色度変移が顕著になるため、これはエントリーモデルで一般的なTNパネルと思われる。いずれも普通に向き合って使う分には問題ない。

ディスプレイベゼルディスプレイベゼルには、Webカメラとデュアルマイク内蔵。DELLロゴはシルバーのプリント。

ヒンジのデザイン-vostoroヒンジは左右に2箇所ある。ヒンジとヒンジの間にはバッテリーを格納するスペースとして盛り上がったデザインになっている。そして、ディスプレイはここまで開くが、通常の用途では十分な可動域であろう。

テンキー付きキーボード

vostoroのキーボードVostro 15(3568) ではテンキー付きのキーボードを搭載している。キーボードは地盤と一体化したパーツが設置されている。(Vostro 15-5568のように、パームレストの一枚板からキーごとに穴を開けたタイプではない。)
地盤と一体化したキーボードでは多いことだが、上半分の一部では「たわみ」が気になる。とくに半角全角キー~BackSpaceキーの一列では「たわみ」が顕著になっており、強くタイピングするユーザーなら「ふにゃり感」が気になるかもしれない。

15インチノートにテンキー付きだから仕方がないが、BackSpaceや¥のキーが小さく、ENTERキーもさほど大きめではない。カーソルキーも小さいが、隣接しない独立配置なので操作に不自由はない。

Vostro 15(3568) のキーボードキーストロークは据え置きノートにしては浅い印象だが、最低限の底打ち感はキープしている印象。モバイルノート並みといえる。

vostoroデザインテンキー付きのため、ホームポジションはやや左寄りになる。

パームレスト表面には凹凸の加工がされており、べたつかない。

電源ボタンキーボードの右上には、電源ボタンを配置。低コストモデルのためか、LED点灯はない。

Vostro 15(3568) のACアダプタ

45wacアダプタ45WのACアダプタが付属。DELLのモバイルノートでよく見かけるタイプのようだ。

同時デビューのVostro 3機種を並べてみた

Vostroシリーズ3機種2016年9月の同時デビューのVostroシリーズ3機種を並べてみた様子。左から14インチノートのVostro 14-3000シリーズ、15.6インチノートのVostro 15 3000シリーズ、5000シリーズとなっている。

Vostro 15(5568)ほうが薄型Vostro 15(5568)と Vostro 15(3568) を並べて比較。Vostro 15(5568)ほうが薄型で奥行きも短いスタイリッシュだが、正直言うと微々たる差。だたし、アルミ天板の質感のため、やはりVostro 15(5568)ほうがリッチな印象を受ける。

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.