XPSやInspironといったDELLブランドのPCをレビュー公開中
  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. DELL個人デスクトップ
  4. Inspiron 23(5348)

大画面で動画編集を楽しむ!セカンドPC用のモニタ単体にもなる一体型PC

DELL Inspiron 23 5000シリーズ (5348) レビュー!

Haswell設計、23インチ一体型パソコンのDELL Inspiron 23-5000シリーズをレビューする。Graphic Proシリーズであり、アドビ動画像編集ソフトウェア(Adobe Photoshop Elements 12 & Adobe Premiere Elements 12 )を標準搭載している。
フルHD解像度 (1920 × 1080)であり、23インチの大画面ということで、広領域でありながら文字やアイコンが見やすいサイズとなっている。一体型パソコンですぐに動画編集にチャレンジしたいユーザー向けの製品である。


2014年
Haswell設計

レビューしたDELL Inspiron 23 5000シリーズ (5348)の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 23 インチタッチパネル (LEDバックライト、1920x1080) ※10点認識
  • Core i7-4770S プロセッサー (8M キャッシュ, 最大 3.9 GHzまで可能)
  • 8GB (4GBx2)デュアルチャネル DDR3 メモリ(1600MHz)
  • AMD Radeon R7 A265 2GB DDR3
    切り替え可:インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB SATA HDD(5400回転)

DELLクーポン情報

【2019年8月19日(月)まで】
DELL Inspiron 13、14シリーズがお得!最大17%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

2014年7月時点のレビューおよび、撮影したInspiron 23(5348)実機の情報となる。

なお、Inspiron 23-5000シリーズの正式名はInspiron 5348であり、当レビューでは便宜上、Inspiron 23(5348)と呼ぶ。※DELLパソコンの販売名は何度も使い回しされる傾向にあり、新旧でパニックになるため、はじめから正式名で把握しておいたほうが後々都合がいい。

大画面で動画編集を楽しむ!セカンドPC用のモニタ単体にもなる

23インチの大画面で、フルHD解像度 (1920 × 1080)の広領域で動画編集を楽しめるのはもちろん、オススメどころはHDMI入力端子の装備である。つまり、PCとしてだけなく、液晶モニタ単体としての役割ができる。セカンドPCの接続、家庭ゲーム機の接続、そして家電BDレコーダーの接続でテレビ代わりにもなる。

DELL Inspiron 23 5000シリーズ今回レビューするInspiron 23(5348)実機は、23インチ・タッチパネル (1920x1080) 仕様で、Core i7-4770S プロセッサーおよび、単体GPUにAMD Radeon R7 A265 を搭載している。
タッチパネルモデルの寸法(スタンドなし)は、 574mm x 386mm x 75 mm。重量:10.5 kgほどとなっている。

2014年8/10時点のDELLサイトでは、「23 インチ 非光沢 FHD(フルHD)タッチパネル ディスプレイ (LEDバックライト採用、1920x1080)」と記載されているが、同年7月に導入しているこのInspiron 23(5348)実機では光沢パネルである。
非光沢・光沢を選べる様子が無かったので、誤植なのか、仕様変更なのかは定かではない。とりあえず、当方では手元の実機に基づいた情報を公開するのみである。

Inspiron 23-5000のエアーフロー(5348)液晶モニタ単体製品みたいに薄型設計。これでもデスクトップ用のCPUを搭載している。底面から吸気して上部の細長いスリットから排気されるエアーフローとなっている。

スタイリッシュなデザイン単調なデザインかと思いきや、細部では流線型を活かしたスタイリッシュなデザインとなっている。

レビューしたInspiron 23(5348)実機の構成とカスタマイズ


2014年
Haswell設計

レビューしたDELL Inspiron 23 5000シリーズ (5348)の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 23 インチタッチパネル (LEDバックライト、1920x1080) ※10点認識
  • Core i7-4770S プロセッサー (8M キャッシュ, 最大 3.9 GHzまで可能)
  • 8GB (4GBx2)デュアルチャネル DDR3 メモリ(1600MHz)
  • AMD Radeon R7 A265 2GB DDR3
    切り替え可:インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB SATA HDD(5400回転)

レビュー
レビュー実機のストレージ(HDD)パフォーマンス。個体差についてはあしからず。

切り替え可能グラフィック

Catalyst Control Center
単体GPUのAMD Radeon R7 A265 2GB DDR3を搭載しているが、切り替え可能なグラフィックとなっており、低消費電力でCPUに内蔵するGPU:インテル HD グラフィックス 4600が活用できる。
手動切替が可能で、Catalyst Control Center(AMDグラフィックのコンパネ)から設定できる。指定のアプリに「ハイパフォーマンス」と設定すればRadeon R7 A265が使われる。

インターフェース

側面

OSDキー x 3つ、USB 3.0端子 x 2基、メディアカードリーダー(SD/SDHC/SDXC、UHS-1対応、MMC)、光学ドライブ

背面

VESA-モニタアームUSB 2.0端子 x 5基、 10/100/1000ギガビットLAN端子、音声ライン出力、
HDMI入力 x 1、HDMI出力 x 1
備考
  • チップセット: インテルH87
  • デルワイヤレス-N 1707 @ 2.4GHz + Bluetooth 4.0
  • インテル Centrino ワイヤレス-AC 3160 @ 5GHz + Bluetooth 4.0
  • Dell ワイヤレスデスクトップ日本語キーボード&マウス
  • メモリスロット DIMMスロット x 2
  • HD Webカメラ(マイク付き)
  • 185 Wの電源を内蔵
  • アドビ動画像編集ソフトウェアを標準搭載:
    Adobe Photoshop Elements 12 & Adobe Premiere Elements 12

VESA-モニタアーム
VESAマウント対応なので、市販のモニタアームを取付可能。

※標準搭載および、オプション搭載、最新の仕様についてはDELL公式サイトで要確認。

2014年7月31日調査時点の、パーツ搭載例

レビュー時点の一部構成例をみると、選択できる搭載パーツとして以下のパーツがが確認できた。Haswell設計の第4世代Core i5 / i7が搭載でき、いずれも末尾にSの付く、やや低消費電力版のプロセッサファミリーである。光学ドライブはDVDスーパーマルチ以外にブルーレイコンボドライブがあった。

また、調査時点では、「8GB メモリ、AMD Radeon R7 A265 2GB DDR3 、1TB SATA HDD」というのは固定だった。なお、現在のDELLでは、カスタマイズでパーツを選択するのではなく、ほとんどが構成されているパッケージを選ぶシステムになっている。
※最新状況・詳細、標準およびオプション搭載については公式サイトで要確認。

プロセッサ
  • Core i5-4440Sプロセッサー (6M キャッシュ, 最大 3.2 GHzまで可能)
  • Core i5-4460S プロセッサー (6M キャッシュ, 最大 3.40 GHzまで可能)
  • Core i7-4770S プロセッサー (8M キャッシュ, 最大 3.9 GHzまで可能)
  • Core i7-4790S プロセッサー (8M キャッシュ, 最大 4.00 GHzまで可能)
光学ドライブ
  • トレイロード式 内蔵DVDスーパーマルチドライブ
  • トレイロードブルーレイコンボドライブ

VESAマウント対応で、モニターアーム取付可能

Inspiron 23(5348)は、VESAマウント対応なので既存のスタンドを取り外すことが可能。ロックボタンを押して前方へ傾けると、スタンドが外れる。

市販のモニタアームが取り付けられるInspiron 23(5348)VESAマウント規格のネジ位置となっているので、市販のモニタアームが取り付けられる。画面を自由に移動させることができ、接地面積が極めて省スペースになることから、大変重宝される規格である。すぐに活用する気がなくても、後々活用する日が来たりする。

背面インターフェース~HDMI端子の入力/出力を装備

185 Wの電源を内蔵Inspiron 23(5348)背面に装備する端子。USB 2.0端子 x 5基、ギガビットイーサネットLAN端子、音声ライン出力、 HDMI入力 x 1、HDMI出力 x 1 がある。電源はACアダプタではなく、185 Wの電源を内蔵している。

ここでミソなのがHDMI入力 x 1、HDMI出力 x 1 の装備。フルHD解像度 (1920 × 1080)の液晶モニタとして単体利用が可能だし、 PCを別のモニタに画面出力することができる。

HDMI入力 x 1底面の吸気口スリットの様子。そして台座はハンドルネジで取り付けできるので工具はいらない。

ワイヤレス環境スタンドアームの穴を使い、ケーブルを一箇所にまとめることができる。ワイヤレス環境を整えれば、電源ケーブル1本だけで接続完了という状態になる。

前面~内蔵WEBカメラとスピーカー

スピーカーを内蔵ディスプレイベゼル上部のWEBカメラには、セキュリティ用シャッターがあり、てっぺんに開閉用のスライドスイッチがある。下部にはスピーカーを内蔵。

左右側面

SD/SDHC/SDXC左側面では、USB 3.0端子 x 2基、メディアカードリーダー(SD/SDHC/SDXC、UHS-1対応、MMC)装備。
ここのインターフェースは少し段差になった場所なので、視認なしの接続はちょっと難しい。

電源ボタンは幻想的なライトのInspiron 23(5348)右側面では、OSDキー x 3つ、電源ボタン、HDD動作ライトを装備。起動中、電源ボタンは幻想的なライトで点灯する。

Inspiron 23(5348)トレイロード式の光学ドライブ同じく右側面の上部にはトレイロード式の光学ドライブを内蔵。イジェクトボタンにはほとんど段差が無いため、手探りのトレイ引き出しには手こずる。これもまた慣れればというやつか。

DELLのワイヤレレスキーボード標準付属なのか不明だが、とりあえずKM632という、DELLのワイヤレレスキーボードとワイヤレスマウス。USBレシーバ1つでまとめて使用が可能。キーボードとマウスは画面下にすっきり収納できる。

ベンチマークテストでInspiron 23(5348)の性能を知る!

Core i7-4770S 今回のInspiron 23(5348)実機に搭載しているCPUはCore i7-4770S 。末尾Sは通常版よりもやや低消費電力であり、TDPが65W。4コア実装でHTテクノロジーによって8スレッド動作する。CPUパフォーマンスはハイエンド機とほぼ互角とみていい。

単体GPUの搭載は、AMD Radeon R7 A265 2GB DDR3。ストリートファイター4が、フルHD解像度 (1920 × 1080)で快適に遊べる性能。バイオハザード5ではフルHDのプレイは快適ではないが、HD解像度なら快適に遊べるパフォーマンス。


2014年7月論評
Haswell設計

レビューしたDELL Inspiron 23 5000シリーズ (5348)の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 23 インチタッチパネル (LEDバックライト、1920x1080) ※10点認識
  • Core i7-4770S プロセッサー (8M キャッシュ, 最大 3.9 GHzまで可能)
  • 8GB (4GBx2)デュアルチャネル DDR3 メモリ(1600MHz)
  • AMD Radeon R7 A265 2GB DDR3
    切り替え可:インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB SATA HDD(5400回転)

CINEBENCH R10 ベンチマークテスト

マルチコアでレンダリング
CINEBENCH R10は、MAXON Computer社のCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。
Cinema 4Dとは映画・テレビ業界・ゲーム制作・建築で採用されている3Dソフトである。

このベンチマークテストのレンダリング処理時間で、主にCPU性能を測ることができる。 CINEBENCH R10はマルチコアに最適化されているので、クロック数の高さだけでなくマルチスレッド効果を発揮する。 当方の調査事例で判断すると、いかにハイエンドであってもGPU性能が与える影響はごく僅かと思われる。(無論、数秒の影響力はある)

GPUが与える影響力の例:当サイト調べ
Win7 64bit + Core i7-2600 + Radeon HD 5770 + 8GBメモリ⇒38秒
Win7 64bit + Core i7-2600 + ”HDグラフィックス2000” + 8GBメモリ⇒43秒

処理時間⇒ 32秒

パフォーマンス結果

以下、過去にレビューしたミドル~ハイエンド機のパフォーマンスと比較すると、2009年のCore i7-975 Extreme Edition 搭載機よりも高いパフォーマンスを出している。2014年7月時点で、当サイトのDELLパソコンレビューでは最速が30秒であるため、申し分ない。

CINEBENCH R10とは マルチコアでレンダリング
DELLパソコンXPS8700
2013年
Haswell設計

DELL XPS 8700

  • Windows 8 64bit
  • Core i7-4770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 16GB (4GB × 4)DDR3 メモリ(1600Mhz)
  • NVIDIA GeForce GTX 660 1.5GB GDDR5
  • 2TB SATA HDD(7200回転) + 32GB mSATA SSD

処理時間⇒30秒

Ivy BridgeのDELL新作
2012年
Ivy Bridge設計

DELL XPS 8500

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 12GB (2GBx2+4GBx2)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • AMD Radeon HD 7870 2GB DDR5
  • 2TB SATA HDD(7200回転) + 32GB mSATA SSD ISRT

処理時間⇒34秒

ハイスペックなタワー型Studio XPS 9100
2010年
Nehalem設計

DELL Studio XPS 9100

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i7-960 (3.20GHz, 8MB L3 キャッシュ)
  • 9GB(2GBx3, 1GBx3) DDR3メモリ
  • ATI Radeon HD 5870 1GB
  • 1TB SATA HDD(7200回転)

処理時間⇒46秒

Alienware Aurora ALX
2009年
Nehalem設計

Alienware Aurora ALX

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i7-975 Extreme Edition (3.33GHz, 8MB L3 )
  • 9GB (2GBx3, 1GBx3) DDR3
  • 【CrossFireX】 ATI Radeon HD 5870 1GB
  • 1TB SATA HDD(7200回転)

処理時間⇒46秒

dell studio xps8000
2009年
Nehalem設計

DELL Studio XPS 8000

  • Windows 7 Professional 64bit
  • Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GTX 260 1792MB
  • 500GB SATA HDD(7200回転)

処理時間⇒51秒

studioxps7100
2010年
AMD Phenom II 搭載

DELL Studio XPS 7100

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • AMD Phenom II X6 1055T
  • 12GB (4GBx2, 2GBx2) DDR3メモリ
  • ATI Radeon HD 5870 1GB
  • 1TB SATA HDD(7200回転)

処理時間⇒54秒

ストリートファイター4ベンチマークで、過去のレビューPCと比較


2014年7月論評
Haswell設計

レビューしたDELL Inspiron 23 5000シリーズ (5348)の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 23 インチタッチパネル (LEDバックライト、1920x1080) ※10点認識
  • Core i7-4770S プロセッサー (8M キャッシュ, 最大 3.9 GHzまで可能)
  • 8GB (4GBx2)デュアルチャネル DDR3 メモリ(1600MHz)
  • AMD Radeon R7 A265 2GB DDR3
    切り替え可:インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB SATA HDD(5400回転)

ストリートファイター4

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
2009年にPC版が登場した対戦型格闘ゲームの、ストリートファイター4。
プレイそのものは2Dだが、グラフィック描写が3Dで美麗な表現となっている。ストリートファイター4 PC版が登場したとき、当時のミドルスペック以上のデスクトップPCが必要だった。
※プレイ推奨環境(解像度1280×720)では、 Core 2 Duo 2.0GHz以上 、NVIDIA GeForce 8600以上。しかし、現在はパソコンの高性能化に伴い、ハードルがかなり下がった。

当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルト

DirectX 9.0c 。
モデルと背景の品質⇒高、シャドウとモーションブラー⇒低、パーティクル⇒中、エクストラタッチ⇒OFF)。 ※ディスプレイ垂直同期をOFFにして、60FPS以上でも測定できるようにしてある。

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 77.73
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。
※フルHD解像度 (1920 × 1080)で思う存分快適にプレイできる。

1280×720 ウィンドウ表示で、過去レビューPCと比較

AVERAGE FPS 148.36
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

以下、過去にレビューしたPCとパフォーマンスと比較すると、GeForce GTX 260には及ばない。

CINEBENCH R10とは マルチコアでレンダリング
DELLパソコンXPS8700
2013年
Haswell設計

DELL XPS 8700

  • Windows 8 64bit
  • Core i7-4770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 16GB (4GB × 4)DDR3 メモリ(1600Mhz)
  • NVIDIA GeForce GTX 660 1.5GB GDDR5
  • 2TB SATA HDD(7200回転) + 32GB mSATA SSD

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 436.37

dell studio xps8000
2009年
Nehalem設計

DELL Studio XPS 8000

  • Windows 7 Professional 64bit
  • Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GTX 260 1792MB
  • 500GB SATA HDD(7200回転)

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 200.33

最薄23インチフルHDタッチディスプレイ一体型、Inspiron 23(2350)
2013年
Haswell設計

DELL Inspiron 23(2350)

  • Windows 8 (64bit)
  • 23インチ光沢液晶(1920×1080)タッチパネル
  • Core i5-4200M (2.5GHz, 3MB キャッシュ)
  • 8GB DDR3L メモリ -1600MHz
  • AMD Radeon HD 8690A 2GB GDDR5
    切り替え可:インテル HDグラフィックス4600
  • 1TB SATA HDD + 32GB mSATA SSD

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 129.12

Inspiron 3847
2014年
Haswell設計

DELL Inspiron 3847

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-4460 プロセッサー
  • 8GB (4GBx2) デュアルチャネル DDR3 メモリ(1600Mhz)
  • NVIDIA GeForce 705 1GB DDR3
  • 1TB SATA 6Gb/s HDD(7200 回転)

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 69.50

デル初のショートスリムデスクトップ660s
2012年
Ivy Bridge設計

DELL Inspiron 660s

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-3450s(2.8GHz , 6MB キャッシュ)
  • 6GB (4GB×1 +2GB×1)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • GeForce GT 620 1GB DDR3
  • 1TB SATA HDD(7200回転)

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 67.46

他のゲームのベンチマークテスト


2014年7月論評
Haswell設計

レビューしたDELL Inspiron 23 5000シリーズ (5348)の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 23 インチタッチパネル (LEDバックライト、1920x1080) ※10点認識
  • Core i7-4770S プロセッサー (8M キャッシュ, 最大 3.9 GHzまで可能)
  • 8GB (4GBx2)デュアルチャネル DDR3 メモリ(1600MHz)
  • AMD Radeon R7 A265 2GB DDR3
    切り替え可:インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB SATA HDD(5400回転)

バイオハザード5

3D Visionにネイティブ対応のバイオハザード5
バイオハザード5は2009年9月にPC版が登場し、日本ゲーム大賞2009 優秀賞を受賞。 また、NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した、初の立体3D対応ゲーム。通常のプレイ推奨環境(解像度1280×720) では、Core 2 Quad以上、NVIDIA GeForce9800以上。

当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルト

DirectX 10。アンチエイリアスとモーションブラー⇒オフ、影・テクスチャ・画面クオリティ⇒高

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 80.3
RANK A ⇒ 快適に動作します。
※ちなみにインテル HD グラフィックス 4600で稼働すると55.8

1920 × 1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 45.1
RANK B ⇒ 一部の動作で重くなりますが、問題なく動作。

フルHD解像度 (1920 × 1080)では快適とはならない。HD解像度で快適に遊べるレベル。

ラストレムナント

パソコンでラストレムナント
ラストレムナントは2009年にPC版が登場。RPGなのでアクションゲームほどリアルタイム処理能力にシビアではないものの、ロールプレイングでは異例の最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲーム。バトルもイベントシーンも高画質で製作。
プレイ推奨スペック(DirectX 10 ・解像度1280×720) では、Core 2 Duo(2.4GHz以上)、GeForce 8800(512MB)以上 となっている。

当方の測定条件:

DirectX 10。ベンチマークソフトにグラフィックの設定項目はない

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 69.12
65 fps以上~90 fps未満  ~グラフィックを高めにしても快適な動作
HD解像度の設定なら快適に遊べるゲームタイトル。

バイオハザード6

PC版バイオハザード6をパソコンで
2013年3月にPC版が発売したバイオハザード6。最大で2560×1600もの高解像度が設定できる。ハイスペックPCを活かした新要素として、家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。

最低動作環境 :Core 2 Duo (2.4 Ghz) 以上、GeForce 8800GTS 以上
推奨動作環境 :Core 2 Quad (2.7 Ghz) 以上 、NVIDIA GeForce GTX 560以上
※ただしどの解像度での設定なのか不明。最低動作環境は1280×720 か?

当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルト

DirectX 9.0c。
アンチエイリアス⇒FXAA3HQ、モーションブラー⇒ON、影・テクスチャ・画面クオリティ⇒高

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 3094
RANK B ⇒ 標準的な動作が見込める。
HD解像度の設定でも、まだ快適な動作ではない。

FF14
1280 × 720フルスクリーンモード。標準品質(デスクトップPC)で、とても快適。
ワットチェッカー

消費電力チェック

  • アイドル時(待機状態)⇒42W
  • ストリートファイター4ベンチマークテスト中⇒62W
Inspiron 23-5000シリーズ(5348)は一体型パソコンなので、PC本体だけでなくモニタの消費電力もある。モニタ輝度の設定は70%あたり

Inspiron 23-5000(5348)の購入ポイントまとめ

DELLの購入ポイントまとめ

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年8月19日(月)まで】
DELL Inspiron 13、14シリーズがお得!最大17%オフクーポン!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大15,000円オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

納得パソコン購入術!パソ兄さん~DELL購入ガイド

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.