DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. 4Kディスプレイ搭載可能の15.6インチノート!Inspiron15 7000(7548)

Inspiron 15 7000シリーズ Graphic Pro(7548)レビュー

15.6インチノートでありながら、4K(3840 x 2160)ディスプレイが搭載できる、DELL Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)をレビューする。Graphic Proシリーズなので、Adobeの動画像編集ソフト(Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements )を標準搭載している。この画面サイズに4K解像度はとんでもなく緻密であるが、フルHD(1920 × 1080)もラインナップされているので、好みに合わせられる。

4Kディスプレイ搭載可能の15.6インチノート!Inspiron 15 7000(7548)

DELL Inspiron 15 7000シリーズ購入ガイド

Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)の4Kディスプレイ搭載モデルには、単体GPUのAMD Radeon R7 M270が標準搭載される。マザーはBroadwell設計であり、第5世代インテルCore i3 / i5のUシリーズが搭載できる。

アルミニウム素材を削り出したボディで高級感があり、20mmほどの薄さに仕上げたスタイリッシュデザイン。ディスプレイには強化ガラスのCorning® Gorilla® NBT™ Glass を採用し、傷や汚れに強い。

ところで、DELL Inspiron 15 7000シリーズGraphic Proって言うのは販売名であるが、やたらと長い上に新旧混在のおそれがあるので、当サイトではシステム名をとってInspiron15 7000(7548)と呼ぶ。レビューしたInspiron15 7000(7548)実機の構成は以下の通り。とっても気になる4Kモデルの構成である。レビュー時点での搭載可能CPUも記載しておく。


2015年3月レビュー
Broadwell設計

DELL Inspiron 15 7000シリーズ(7548)~今回レビューした構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 15.6インチ 4K Ultra HD (3840 x 2160)光沢タッチディスプレイ(IPSパネル)
  • 第5世代インテル Core i7-5500U プロセッサー
  • 16GB デュアルチャネル DDR3L 1600MHz (8GBx2)
  • AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3
  • 1TB 5400 回転 HDD
CPU選択肢
  • 第5世代インテル Core i5-5200U プロセッサー (3M キャッシュ, 最大2.70 GHzまで可能)
  • 第5世代インテル Core i7-5500U プロセッサー (4M キャッシュ, 最大3.00 GHzまで可能)
解像度選択
  • 15.6インチ (1920 x 1080) 光沢タッチディスプレイ(IPSパネル)
  • 15.6インチ 4K Ultra HD (3840 x 2160)光沢タッチディスプレイ(IPSパネル)

Inspiron 15 7000(7548) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

2015年3月時点のレビュー情報である。供給状況によって仕様変更の場合もある。最新情報は上記リンク先へ!

Inspiron15 7000(7548)のアルミ削りだしデザイン

天板はアルミ素材で梨地のアルマイト加工で、かなりリッチな上位機種。雰囲気としては、これまでのXPSシリーズのデザインを踏襲している・・・って、「Inspironシリーズは、いつからこんな上位ブランド扱いになったんだ?」

DELL Inspiron 15 7000シリーズの天板デザインとアルみInspiron15 7000(7548)の天板中央にはDELLロゴを配置。アルミのさらっとした手触りが良い感じ。

平べったいInspiron15 7000(7548)Inspiron15 7000(7548)の底面はわりと平べったいが、2箇所のゴムスタンドの脇から吸気される機構。平らでないところの設置はオススメできない。

うーむ、どうみてもXPSと思ってしまう。3セル搭載時は2.1kgぐらいなので、15.6インチノートであっても比較的楽にモバイルできる。

基本的を押さえた、Inspiron15 7000(7548)の装備端子

側面は流線型を用いたデザインとなっており、シンプルで洗練されている印象を受ける。好き嫌いに分かれないデザインかと思われる。なお、光学ドライブは搭載されていない。豊富とはいかないが、基本を押さえた装備端子となっている。
側面はガンブラックカラーで、シルバーカラーとのサンドウィッチ状態となっている。

装備端子をチェック-DELLパソコン約20mmという薄い筐体。左側面では電源コネクタ、HDMI端子、USB3.0端子×1基、ヘッドセット端子を配置。ここのUSB3.0はPowerShareなので、PC起動なしで小型機器のUSB充電に使える。

Inspiron15 7000(7548)の付属品アダプタACアダプタと電源ケーブル。

インターフェース右側面では、SDカードスロット、USB3.0端子×1基、USB2.0端子×1基、セキュリティロック穴を配置。それにしても、ディスプレイはもちろん、本体部分も薄くてスタイリッシュ。

Inspiron15 7000(7548)のsdカードSDカードの挿入例。あまり突き出さないので、差しっぱなしでも邪魔にならない。そしてUSB端子が奥にあるため、有線マウスを接続したり、レシーバを装着してもマウス操作の邪魔にはならない。

前面デザイン前面中央にバッテリライトが配置されている。スピーカの配置はこんな底面よりで大丈夫なのかと懸念したが、卓上に置いている分には支障はない。

ledバッテリライトの点灯。

ヒンジに注目Inspiron15 7000(7548)背面には端子がなく、一本横長のヒンジが配置されている。ディスプレイが開く最大位置もそこそこという具合(写真参照)。

排気口がヒンジの隙間にあるため、エアーフロー構造は理想的とは言えない。CPUはBroadwell設計のUシリーズなので低消費電力だが、単体GPUのAMD Radeon R7 M270を搭載していることを考慮すると、長時間のゲームプレイには向かないエアーフローといえる。

Graphic Proという名の通り、やはり負荷が断続的になる動画編集向けなのだろう。なお、単体GPUには自動切り替え機能があって、普段の低負荷時には内蔵GPUが使われているため、排気口に関してシビアに考える必要はない。「連続的な負荷が続く本格ゲーム用には向かない」といっておく。

Adobeソフトをダウンロード

Graphic Proなので動画編集に使うAdobeソフトが標準付属している。購入時にはDell Digital Deliveryにてダウンロードする仕組みになっているので、ネット環境が必須となる。

Adobeソフト-Inspiron15 7000(7548)でダウンロード時折、ダウンロードを催促するプログラムが起動する。

Inspiron 15 7000(7548) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

2015年 Inspiron15 7000シリーズ後継機(Skylake設計):Inspiron 15(7559) レビュー項目

納得パソコン購入術!パソ兄さん~DELL購入ガイド

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.