DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Latitude E5550

15.6インチビジネスノート!ポインティング・スティック付きで操作しやすいキーボード

DELL Latitude 15 5000シリーズ(E5550 / 5550)レビュー

15.6インチビジネスノートのLatitude 15 5000シリーズ(E5550 / 5550)をレビューする。この製品では、オプションのEシリーズ・ドッキングステーション(E-Dock)対応モデルがE5550、非E-Dockモデルが5550である。しかしDELLサイトでの販売ではすべてLatitude 15 5000シリーズ(E5550 )でくくられており、構成上で「E-Dockに対応か、否か」という扱いだ。

今回手元にある実機は「 E-Dockなし」で、つまりドッキングステーションのコネクタがない「Latitude 5550」という製品だ。しかし、DELLサイトの販売上では呼称の線引がされていないため、厳密には誤りで不本意だが、当レビューでは便宜上、以下、Latitude E5550と記載する。(厳密にはLatitude 5550だけど・・)

パソ兄さんのLatitude E5550レビュー
キーボードにはポインティングスティック(トラックスティック)を装備している。180度オープン可能なディスプレイであるため、狭いデスク上でも外部モニタ接続がやりやすい。

Latitude E5550はBroadwell設計(第5世代Core)のモデルで、超低電圧版のUシリーズを搭載する。今回の実機ではCore i3-5010Uを搭載しているが、Core i5-5300Uの選択もみられた。内蔵グラフィックはインテル HD グラフィックス 5500となる。

Latitude E5550アイコン
2015年6月レビュー
Broadwell設計

DELL Latitude 15 5000シリーズ(E5550)レビュー

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 15.6インチ非光沢ディスプレイ(1366 x 768)
  • インテル Core i3-5010U(2.1GHz, 3M キャッシュ)
  • 4GB (4GB × 1) 1600MHz DDR3L メモリ
  • インテル HD グラフィックス 5500
  • 500 GB HDD(SATA3, 7.200 rpm)
カスタマイズ例 Core i5-5300U 、15.6インチ フルHD(1920 × 1080)ディスプレイ 、バックライトキーボード、
指紋認証リーダーとスマートカード リーダー 、8GB (8GBx1) 1600MHz DDR3L メモリ

DELLクーポン情報 【2018年11月12日(月)まで】

DELL Inspironシリーズのデスクトップ・一体型PCがお買い得、18%オフクーポン

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

2015年6月時点のレビューとなる。 時期や供給状況により変化があるため、最新情報は上記リンク先へ!

Latitude E5550のデザイン(ディスプレイやキーボード・実装端子など)

天板とパームレストにはシリコンコーティングがされており、ソフトな手触りとなっている。

E-DockなしだからLatitude 5550という製品Latitude E5550自体はドッキングステーション対応モデルであるが、構成によりドッキングコネクタのない「E-Dockなし」パターンがあるので注文時には注意だ。今回の実機は非対応なので、底面にはドッキングコネクタがない状況だ。だから厳密にはLatitude 5550という製品である。※誤りであるがDELLサイト表記の便宜上、レビューではLatitude E5550と呼んでいる。

また、裏面前方にスピーカがあり、極僅かな傾斜面に位置する。理想的なポジションとは言い難いが、ノートのサウンドなので大してシビアにならなくてもよいだろう。

ヒンジ部分はアルミ素材のアルマイト加工でヘアラインが施されており、ディスプレイが180度オープンできる機構だ。これで外部モニタの接続時には、ディスプレイが邪魔になることがない。

VGA端子、HDMI端子があるLatitude前面には装備端子はないが、電源、ストレージ、バッテリ、ワイヤレスのアクセスライトがある。背面にギガビットLAN端子、USB3.0端子×2基、電源コネクタ、そして外部モニタ出力に「VGA端子、HDMI端子」がある。

PowerShare対応のUSB3.0端子左側面にはセキュリティ穴、ヘッドセット端子、排気口、そしてこの実機にはないがオプションのスマートカードリーダーを配置できる。右側面にはSDカードリーダー、PowerShare対応のUSB3.0端子×1基を配置。※PowerShare対応:パソコンの起動なしでもUSB経由で小型機器への充電が可能。

ACアダプタと電源ケーブル付属されていたACアダプタと電源ケーブル。注文枠でいくつか選択できるようだ。

Latitude E5550実機15.6インチ非光沢液晶画面。このLatitude E5550実機ではごく一般的なHD解像度(1366 x 768)となっている。上級者向けにフルHD(1920 × 1080)解像度の構成もあるので、用途に合わせてチョイスできる。(個人的には15.6インチにフルHDは細かすぎると思うが、これは各々の主観によって違う)

ディスプレイ外周に緩衝ラバーを配置しており、デコボコのないスッキリしたベゼルデザインだ。TNパネルだと思うが、ちょっとした角度であれば色度変移は気にならない。左右からの視野角はなかなか良好だ。どのTNパネルも共通項であるが、上からと下からの視聴は色度変移がはっきり分かる。

DELLユーザーサイトでLatitude E5550をチェックディスプレイベゼルのWebカメラとDELLロゴ。

Latitude E5550のテンキー付きのアイソレーションキーボードをみよパームレストも天板同様にシリコン・コーティングによりソフトな手触りに仕上がっている。テンキー付きのアイソレーションキーボードで、中央の左寄りにポインティングスティック(トラックスティック)を実装する。

パソ兄さんのDELLレビュー風景テンキーがあるので、やや左寄りのホームポジションとなる。

LEDライトで点灯する電源ボタン。その左隣にはマイクを内蔵。

カーソルキーが一段下がって操作性を上げているものの、隙間に置かれているPageUPやPageDownの存在が少し邪魔くさい。使用頻度の高いBackSpaceとEnterキーがやや小さいところは、使いにくさを隠せない。テンキーが近すぎることもややネックか。

ファンクションキーと兼用となっている水色のコントロールキーなどはFnキーと組み合わせて使う。ファンクションキーかコントロールキーか、優先したいキーはWindowsモビリティ等で設定できる。

Latitude E5550のキーボードデザイン画像キートップが波状になっており指先に馴染む。最近のノートとしては比較的キーストロークが深めなので、しっかりした打鍵感が好印象である。

ポインティングスティック

ポインティング・スティックThinkPadでお馴染みのポインティング・スティックとと同等で、マウスカーソルを動かすためのデバイス。ブルーのカラーリングがしてあるので、目に留まりやすい。

クリックボタンがデュアルタイプで、スペースキーのすぐ下にもクリックボタンを配置。ポインティング・スティックと合わせて使えば、ホームポジションを大きく崩すことなくマウス操作が可能。初めての方は慣れが必要となるので、馴染めないようなら通常通りにタッチパッドを使えばよい。ただ、タッチパッドの位置がかなり左寄りに配置されたデザインなので、先述の使い方が優先されるモデルである。

DELLポインティングデバイスユーティリティソフトのDELLポインティングデバイスで、タッチパッドやポイントスティックの微調整が可能。

LATITUDE 5550の印字キーボード左下にあるロゴ。この実機はE-Dockに対応していない(ドックコネクタのない)モデルなので、LATITUDE 5550の印字がされている。対応モデルならLATITUDE E5550の印字になると思われる。

Core i3-5010UとHDG 5500の性能

Latitude E5450のパフォーマンスだが、並行レビューしたLatitude E7250と同じ構成だったのでベンチマークテストを省略した。以下のLatitude E7250と同等と見て良いだろう。

PC Latitude E5250 Latitude E7250 Latitude 3450 Latitude E5550アイコン
Latitude E5550
OS Windows 8.1 (64bit) Windows 8.1 (64bit) Windows 8.1 (64bit) Windows 8.1 (64bit)
CPU Core i3-4030U Core i5-5300U Core i3-4005U Core i3-5010U
GPU HDG 4400 HDG 5500 HDG 4400 HDG 5500
メモリ 4GB 4GB 4GB 4GB
ストレージ 500GB HDD 128GB SSD 500GB HDD 500GB HDD
※ST4 43.45 FPS(C) 50.39 FPS(RANK B) 44.69 FPS(C) 49.82 FPS(C)
※CINE 1分47秒 1分12秒 1分59秒 1分31秒

※ST4:ストリートファイター4にて 1280 × 720 「ウィンドウ表示」におけるベンチマークテスト。グラフィック性能の目安に。
※CINE:CPUの性能が顕著に現れるCINEBENCH R10ベンチマークテスト。処理にかかった時間

ストレージチェック

採用されていたHDDはHGST製だった。

フリーフォール・データプロテクションというアプリが入っており、危険な落下を検知すると、HDDは安全な状態に設定され、データ破壊を防ぐというもの。

パソ兄さんサイトをご覧の方は、特別なお客様限定クーポン利用可能です!

DELL法人モデル「特別なお客様限定クーポン」

【法人モデル】 なんと、最大25%OFFクーポン発行!当サイトをご覧になった方に限定でご優待。
【25% OFFクーポン対象】Precisionワークステーション
【20% OFFクーポン対象】Vostroデスクトップ、Vostroノートパソコン
【15% OFFクーポン対象】OptiPlex デスクトップ、Latitude ノートパソコン

クーポン掲載ページへ特別ご案内 ⇒ 法人様向け製品限定クーポン【DELL公式】

Latitude E5550のレビューは以上。詳しくはDELL公式サイトにて!

2015年6月の、Latitudeシリーズ同時レビュー

Latitude E5250アイコン
2015年6月レビュー
Haswell設計

【12.5インチ】 DELL Latitude 12 5000シリーズ(E5250/5250)

12.5インチ メイン・ストリームノートでは、DELL史上最も薄型&軽量だった。オプションのEシリーズ・ドッキングステーション(E-Dock)とジョイントできるモデルがLatitude E5250、そして非E-DockモデルがLatitude 5250とシステム上の線引がある。
Latitude E7250アイコン
2015年6月レビュー
Broadwell設計

【12.5インチ】 DELL Latitude 12 7000シリーズ(E7250)

軍用規格(MIL-STD 810G)に適合した、12.5インチ・ウルトラブック! 最小重量わずか1.25 kg(3セルバッテリ搭載時)のウルトラブックでありながら、Eシリーズドッキングステーション対応製品。180度オープン可能なディスプレイであるため、狭いデスク上でも外部モニタ接続がやりやすい。
Latitude 14 3000-3450アイコン画像
2015年6月レビュー
Haswell設計

【14インチ】 DELL Latitude 14 3000シリーズ(3450)

USBによるドッキング機能対応14インチビジネスノート! 基本デザインは2014年ごろ登場した一部のInspironシリーズ/Inspiron 14-5000(5447)と同じ。Eシリーズドッキングステーションではなく、USBによるドッキング機能対応製品のようだ。アクセサリ商品に「USB 3.0ドック付きデルモニタスタンド MKS14」などが用意されている。
Latitude 14-5000シリーズ-E5450
2015年6月レビュー
Broadwell設計

【14インチ】 DELL Latitude 12 5000シリーズ(E5250)

14インチビジネスノート! オプションのEシリーズドッキングステーションとジョイントできる製品。180度オープン可能なディスプレイであるため、狭いデスク上でも外部モニタ接続がやりやすい。
Latitude 15 3000シリーズ(3550)アイコン
2015年2月レビュー
2015年6月レビュー
Broadwell設計

【15.6インチ】 DELL Latitude 15 3000シリーズ(3550)

基本デザインはInspiron 15-5000シリーズ(5547)と同じだが、表面処理や装備端子等が異なる。Latitude 15 (3550)は法人向けにアレンジした製品だと思われる。5万円台から購入できる15.6インチ非光沢ディスプレイノートで、光学ドライブは搭載していない。
Latitude E5550アイコン
2015年6月レビュー
Broadwell設計

【15.6インチ】 DELL Latitude 15 5000シリーズ(E5550 / 5550)

15.6インチビジネスノート!ポインティング・スティック付きで操作しやすいキーボード付き。180度オープン可能なディスプレイであるため、狭いデスク上でも外部モニタ接続がやりやすい。
  • DELL Latitude 15 5000シリーズ(E5550 / 5550)レビュー

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.