DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL法人向けノート
  4. Vostro 3490

Comet Lake(第10世代Core-U)設計、低価格の14インチビジネスノート

DELL Vostro 14 3000 ノートパソコン(3490) レビュー

2019年9月発売!Comet Lake設計・第10世代Coreプロセッサ(Uシリーズ)搭載の、Vostro 14 3000をレビューする。コンピューターモデル名ではVostro 3490といい、規制モデル名はP89G。コスパ重視の下位グレードである、3000シリーズで、2019年1月発売のVostro 14-3481 /KabyLake (Uシリーズ)モデルと同じ筐体と思われる。レビュー実機ではCore i5-10210U搭載している。単体GPUではAMD Radeon 610が搭載可能だが、今回は非搭載で紹介。

Vostro 14 3000 ノートパソコン(3490) レビュー5万円台から検討できる格安14インチノートで、非光沢画面・広視野角・フルHD解像度の選択が可能。光学ドライブは搭載していない。VGA端子、USB3.1-Gen1 端子、ギガビットイーサーLAN端子、HDMI端子などを装備する。USB Type-C端子やUSB3.1-Gen2といった最新インターフェースは搭載していない。

DELL Vostro 13(3490)
2020年1月論評
Comet Lake
(Uシリーズ)

構成:今回レビューした、DELL Vostro 14(3490)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 14インチ 非光沢 ディスプレイ 【広視野角】 (解像度1920 × 1080)
  • 第10世代 Core i5-10210U
    (4コア / 8T、6MBキャッシュ、1.6GHz / 最大 4.2GHz) TDP 15W
  • 8GB DDR4メモリ (2666MHz)
  • インテル UHD グラフィックス
  • 256GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express)

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Vostro 14 3000(3490)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2020年1月9日時点のレビュー。本製品の発売日は2019年9月6日である。

Vostro 3490実機のカラーバリエーション天板・パームレスト・底面など筐体材質はポリカーボネート(工業プラスチック)なので、低価格らしい質感。デザインのプレミアム感よりも予算重視というところだろう。天板およびパームレストはテクスチャデザインの凹凸になっている。中央には光沢のDELLロゴを配置。このVostro 3490実機のカラーバリエーションは「ブラックモデル」だが、アイスグレーもラインナップされているようだ。

ノートPCの筐体素材について

DELL公称の最小重量は 約1.68 kg寸法は幅: 339 mm × 奥行き: 242 mm × 厚み: 20 mm 。 DELL公称の最小重量は 約1.68 kgだが、レビュー実機の測量では1.672 kgだった。

Vostro 3490実機の構成ならびに、スペック詳細まず今回導入したVostro 3490実機の構成ならびに、スペック詳細。プラットフォームではComet Lake(Uシリーズ)を採用。実機では第10世代 Core i5-10210U搭載している。Core i7-10510Uの選択も可能。単体GPUではAMD Radeon 610 2GB GDDR5の搭載ができるが、今回は非搭載構成なので、Core i5-10210Uの内蔵グラフィック「UHDグラフィックス」が利用される。

メモリスロットは2基あるが、この実機では8GB DDR4メモリ (2666MHz)×1枚を搭載。パソ兄さん自身の経験上、4GBは場合によりもっさりすることがあり、ローエンドPCでも8GBメモリは確保しておいたほうがいい。

ストレージには256GBのNVMe SSD(PCI Express接続 / M.2スロット)を搭載しており、インターフェースとしてはSATA接続のSSDよりも圧倒的に速いNVMe SSDである。なお、2.5インチHDDベイがあるので、設計上ではSSD+HDDのデュアル・ストレージ構成も可能。

このVostro 3490レビュー実機では、14インチ 非光沢 ディスプレイ 【広視野角】 (解像度1920 × 1080)。液晶パネルにAU Optronics(BenQグループ)製の【AUO263D】を採用していた。検索してみると、どうやらIPSパネルだそうだ。このベンダーは1996年に設立された達碁科技(Acerの子会社)が2001年に聯友光電と合併してAUOになった。LG電子、サムスン電子、イノラックスに次ぐ大手液晶パネルメーカーである。

レビューに関する、注意事項

まず、この手元にある実機を基にした一例情報であり、標準搭載の範囲は不明。それに購入者の選択により様々な違いがある。カスタマイズ更新や仕様変更により、レビューと異なる場合もあり、採用ベンダー(パーツ・メーカー)も時期により異なる。 なお、購入アドバイスはただの個人的意見である。

コンピューターモデル名または、規制モデル名を必ず理解しておくこと。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能。(注文は個人名の記入でOK)

レビュー時点で搭載できる構成例

選択できるディスプレイ

※DELLでは広視野角パネルのことをWVA(ワイド・ビューイング・アングル)という造語で呼んでいる。採用パネルの種類までは断定していない。

第10世代Coreプロセッサ(Uシリーズ)

【アーキテクチャ解説 : Comet Lake(Uシリーズ)採用 ※2019年末~

単体GPU(グラフィック)

【解説 : グラフィック専用のチップ、単体GPUとは

ストレージ、メインメモリ

筐体やデザインの特長

インターフェース(特記すべき装備端子)

電源周り

デメリットや購入前の留意事項

※調査時点における情報である。一部情報は時期により異なる場合もある。
※複数の既存構成(パッケージ)から選び、そこからパーツ変更できるが、構成ごとに制限がある。

Vostro 3490のデザイン・チェック

前面のデザイン。底面に向かって丸みを帯びた形状。そのカーブ面にスピーカを配置している。

背面では中央やや左寄りに排気口を配置。シングルファンの内蔵である。

右側面ではSDカードスロットとUSB2.0端子が手前にありアクセスしやすいが、有線マウスなどケーブルがあるものの接続は邪魔くさくなる。挿入したSDカードはやや突き出し気味になる。

左側面では端子が奥にあるので、ケーブルなどは邪魔になりにくい。

装備インターフェース~VGA端子があり、ビジネス向けっぽい

SDカードスロット、USB2.0端子右側面では、SDカードスロット、USB2.0端子、VGA端子、セキュリティロック・スロットを配置。

HDMI端子、ギガビットイーサーLAN端子、USB3.1-Gen1 端子×2基左側面では、電源コネクタ、電源ライト、HDMI端子、ギガビットイーサーLAN端子、USB3.1-Gen1 端子×2基、ヘッドセット端子を配置。※有線LANがギガビットイーサーLANなので、サーバー構築した環境でも高速アクセス。

ちなみに付属しているクイックスタートガイドの記載では、VGA端子がなく、USB Type-C端子が描かれている。DELLサイトをみるとそういうカスタマイズはないようだし、何を血迷っているのだろうか。

インターフェースの補足説明

※USB3.1-Gen1の転送速度はUSB3.0と同じ「5Gbps」だが、電源供給力は高い。
※初心者向けに、周辺機器とつなぐ端子の知識を、パソコンの接続端子(シリアルバス規格)で解説。
※ディスプレイと接続する端子の知識を、パソコンのディスプレイ端子で解説。

ACアダプタ付属

AMD Radeon 610搭載時は65W今回の構成では45WのACアダプタが付属。なお、AMD Radeon 610搭載時は65Wになるようだ。

IECコネクター・60320-C5)45Wのアダプタ。ACアダプタからPC側へのケーブルは比較的細めだが、ジョイントするAC電源ケーブルは太めなので取り回しはよくない。AC電源ケーブルは一般的に市販されているメガネ型3P(通称ミッキー型 / IECコネクター・60320-C5)なので、市販品への変更は可能。当方では細めの市販ケーブルを予備にストックしている。

ディスプレイ(解像度1920 × 1080モデルの場合)

AU Optronics(BenQグループ)製の【AUO263D】を採用解像度1366 × 768の選択も見られるが、このVostro 3490実機では、14インチ 非光沢 ディスプレイ 【広視野角】 (解像度1920 × 1080)のモデル。液晶パネルにAU Optronics(BenQグループ)製の【AUO263D】を採用していた。検索してみると、どうやらIPSパネルだそうだ。

14インチに「解像度1920 × 1080」は高解像度で細かい表示になるため、DELLの初期設定および推奨設定では150%拡大になっているが、ここでは(写真では)ドットバイドット表示-100%に設定し直している。個人的には小画面の高解像度ディスプレイに触れることが多くて、14インチに1920 × 1080はわりと許容範囲になってきた。ドットバイドットでも大きな文字表示にしたい場合は、表示領域が狭くなるが1366 × 768の選択となる。

ディスプレイベゼルは狭額ではなくノーマル幅だが、狭額モデルに慣れてしまうと厚ぼったく感じてしまう。

シングルマイクWebカメラの内蔵。横にシングルマイクを内蔵。

DELLロゴはディスプレイベゼル下部のDELLロゴは、ただのプリント。

液晶パネルにAU Optronics(BenQグループ)製の【AUO263D】を採用広視野角パネル。DELLではWVA(ワイド・ビューイング・アングル)という造語で呼んでいる。極端な角度から視聴しても、色ムラや色調反転などの色度変移が起きていない。複数人で観るようなシチュエーション、つまり様々な角度から視聴する場合にも好都合。実機を見る限り、IPSパネルを採用しているという意味で捉えて良さそうだ。非光沢パネルとのことだが、厳密にはやや半光沢に近い。(最近は非光沢というとそんなもん)

※当方では撮影の為、かなりの照明をつけており一般的な室内環境よりも明るい状況下である(テラスに近い状況)。そのためARコーティング(反射防止加工)でもないかぎり、斜め角度からだと画面に陰が載りやすい。

WVA(ワイド・ビューイング・アングル)という造語明るい環境および暗闇での視野角。

ディスプレイ基礎知識

※広視野角 IPS ディスプレイの解説 : 液晶パネル(TFT液晶)の駆動方式とは
※ディスプレイ表面処理 ~ 光沢(グレア)と非光沢(ノングレア)について
※ドットバイドット表示の解説 :解像度と画素(ドット)について 
画面サイズと解像度の組み合わせ比較

キーボード、テクスチャ加工のパームレスト

Vostro 3490のパームレストポリカーボネート(工業プラスチック)のパームレストなので、特別な高級感はない。エントリーそのもの。天板と同じくテクスチャ・デザインの凹凸加工された表面となっている。

Inspiron 14(5480)などで採用されているキーボードパーツ一部のキー(BackSpace、Enter、shiftなど)はその横のキーと隣接させつつ、キートップの段差で隔離している加工がされている。これはユーザービリティのためではなく、単なるコストダウン加工と思われる。プレートの穴開けが英字キーボードと一致していることから、加工をグローバルで共通化させてコストダウンを図っているようだ。 BackSpaceと¥のキーが小さいのでやや扱いづらいのがデメリット。

Inspiron 14(5480)などで採用されているキーボードパーツで、バックライト機能を実装していないタイプ。キーボードの使用感はこちらの記事によりまとめて紹介している。【パーツ詳細はリンク先にて→Inspiron 14(5480)などで採用のキーボードパーツ

一応、Vostro 3490における各キーのアップ写真。

電源ボタン指紋認証リーダーなしの場合の、電源ボタン。LED点灯などといった加工は無しのエントリー感。

タッチパッド一体型のタッチパッドを搭載。

底面カバーを外し、Vostro 3490の内部へアクセス

中央にVostroロゴVostro 3490の底面はマット調。サンドブラストの梨地になっている。中央にVostroロゴ、4箇所に丸いスタンドゴム、吸気口のスリット、スピーカーのスリットが見える。

Vostro 3490の内部へアクセスカバーは底面から端子がある側面まで一体型の、ユニボディ設計。トレイみたいな形状に成形されている。換装のための内部アクセスは、底面ボディをごっそり取り外す構造なのでややハードルが高い。

Vostro 3490の内部構造DELLサイトにて分解マニュアルがダウンロードできるので、分解手順を知ることができる。ただし自己責任の作業であるため、当サイトでは推奨していない。リスクを理解されていることを前提に紹介する。ネジを外し底面カバー全体を外す工程になるが、肝となる作業は多数に引っ掛けてあるツメを丁寧に外していくことである。無理に力を加えるとツメの破損につながるため、パテ用のプラスチックヘラが必需品となる。いくつか幅の異なるヘラを取り揃えるとよい。

内部Vostro 3490の内部構造。

内部構造を斜めからみる。

Vostro 3490は単体GPUを搭載できるモデルだが(レビュー時点ではAMD Radeon 610 2G GDDR5)、シングルファンの構成。構造上からローエンドGPUに限られることがわかる。

マザーボードVostro 3490のマザーボード部分。

メモリスロット

現状では8GB DDR4(2666MHz)2基のSO-DIMMメモリスロット。現状では8GB DDR4(2666MHz)を1枚搭載している。

無線LANカード

Qualcomm QCA9377このVostro 3490実機では無線LANにQualcomm QCA9377を搭載。ちなみに有線LANのコントローラを見ると、Realtek(カニさん)のギガビットイーサーなので、サーバー構築している環境でも速度に問題なし。

ストレージ

256GB NVMe SSDレビュー実機のストレージでは、東芝製KBG40ZNS256G(M.2スロット / 256GB NVMe SSD)を搭載している。M.2スロットを見るとベースがType2280のようだが、実機ではType2230のNVMe SSDが搭載され金具で固定されている。

東芝製KBG40ZNS256G東芝製KBG40ZNS256Gのパフォーマンスはこの通りで、シーケンシャルリードでは2407MB/sという爆速。一般的にSATA接続のSSDではシーケンシャルリードが大体500MB/sあたりだが、PCI Express接続のNVMe SSDとなるとその速度は圧倒的で桁違い。なお、ベンダーは供給時期により異なり、SSDには個体差もあるので、あくまでこの実機に限った一例である。2.5インチHDDの選択もあるが、システム用ならNVMe SSDにしておくのが賢明。

【 解説 : M.2スロット(NVMe SSDとSATA SSD)について
当サイトの、SSD / HDDのストレージ・パフォーマンス比較

専用マウンタとSATAコネクタが付属今回の構成では2.5インチHDDを搭載していないが、専用マウンタとSATAコネクタケーブルが付属していた。ただ、HDDをマウンタに固定するためのM2×3のネジが見当たらないので用意が必要か。サポート対象外になるが、自分でサブストレージを搭載するのもありかな。厚みは7mmに限られる。

今回レビューの実機で搭載した、Core i5-10210U

Core i5-10210Uのスペック第10世代 Core i5-10210Uのスペック。4コア実装、HTテクノロジーによって8スレッド動作する。TDP(熱設計電力)は15Wで低消費電力仕様。ベースクロックは1.6GHzだが最大4.2GHzまでアップする。内蔵グラフィックのUHDグラフィックスを統合している。今回の実機では単体GPUのAMD Radeon 610を搭載していないため、UHDグラフィックスが使われる。

初心者向けCPU基礎知識

※基本的なCPUのスペック : 動作周波数(GHz)や、キャッシュメモリ、TDPなど
※定格内の自動クロックアップ(最大~GHz)の、ターボ・ブースト・テクノロジーとは
※PCの複数同時処理! ~コア/~Tという、マルチコアとマルチスレッドとは

CPUの内蔵グラフィックとは

UHDグラフィックスとは内蔵グラフィックで、CPUコアと統合している「統合型グラフィック」。低消費電力、低コストのメリットがある。本格ゲームなど高負荷な用途でない限り、これで十分というユーザーは多い。4Kコンテンツに対応するパフォーマンスがあり、2Dコンテンツでは十分。

さらに解説 【CPUに統合された、内蔵グラフィックとは

CINEBENCH R15のベンチマークテスト

第10世代 Core i5-10210Uの性能パフォーマンスCINEBENCH R15ベンチ今回レビューしているVostro 3490に搭載した第10世代 Core i5-10210Uのパフォーマンスをチェックする。ベンチマークテストはCINEBENCH R15によるレンダリングだが、比較するのはパソ兄さんが過去にレビューしたPCにおけるもの。(重複するCPUでは最高値だったものを残している) 。オレンジ色のバーが今回のCPUのスコアである。茶色のバーは同じCPUを搭載した別のPC。

今回のCore i5-10210Uではマルチスレッドで634。他のPCをみるともう少しポテンシャルがありそうだが、それでもCore i7-2600をやや超える性能がある。なお、CINEBENCH R15の結果がCPU性能の全てではないのでご留意を。

CINEBENCH R15ベンチマークテストとは / および、過去PCと比較

ゲームのベンチマークテスト

第10世代 Core i5-10210U搭載のDELL Vostro 13(3490)今回の構成におけるVostro 3490のベンチマークテスト結果。ゲームをするような構成ではないが、ラストレムナントを1280×720で動かすのにもやや厳しい。ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター (1280×720 標準-ノートPC)ではスコア3366で「やや快適」という指標であるが、所々もっさりしていていた。単体GPUを搭載していない構成としては十分健闘しているが・・。

※ゲームタイトルのリンクをクリックすると、当方過去のレビューPCと比較できる。
※ベンチマークテスト中では、ACアダプタは常時接続している。

DELL Vostro 13(3490)
2020年1月論評
Comet Lake
(Uシリーズ)

構成:今回レビューした、DELL Vostro 3490

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 14インチ 非光沢 ディスプレイ 【広視野角】 (解像度1920 × 1080)
  • 第10世代 Core i5-10210U(4コア / 8T、6MB、最大 4.2GHz)
  • 8GB DDR4メモリ (2666MHz)
  • インテル UHD グラフィックス
  • 256GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express)
スコア
またはFPS
FF14紅蓮HD ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1280×720 標準(ノートPC) DirectX 11 フルスクリーン)
3366
ラスレム-ベンチHD ラストレムナント~2009年
(1280×720 フルスクリーン)
44.94

基礎知識:ゲームのベンチマークテストについて

※3Dゲームでは美麗な描写処理を担うグラフィック(GPU)の性能が重視されるが、CPUも軽視できない。炎、煙、風、速度などの自然現象をシミュレーションする物理演算(エフェクト)や、プレイヤーが操作しないキャラクター(NPC-non player character)を動かすのは人工知能(AI)であり、それはCPUが担っている。ゆえにCPUの依存度はゲームの処理内容による。なお、CPUに統合されている内蔵グラフィックの場合(単体GPUの搭載なしの場合)は、ビデオメモリを持たないため、メインメモリが代用される。そのため、搭載メモリによってパフォーマンスが左右されやすい。

Vostro 3490のレビューは以上。ここで紹介した実機は一例の構成であり、ユーザーの選択や販売時期により異なる。紹介した内容がすべて標準搭載というものではなく、購入の際はオプション搭載があることを留意していただきたい。

最新情報など、詳しくはDELLサイトへ

DELL Vostro 13(3490)
2020年1月論評
Comet Lake
(Uシリーズ)

Comet Lake(第10世代Core-U)、低価格の14インチビジネスノート
DELL Vostro 3490

格安14インチノートで、非光沢画面・フルHD解像度の選択が可能。単体GPUではAMD Radeon 610が搭載可能。光学ドライブは搭載していない。VGA端子、USB3.1-Gen1 端子、ギガビットイーサーLAN端子、HDMI端子などを装備する。天板・パームレスト・底面など筐体材質はポリカーボネート(工業プラスチック)なので、低価格らしい質感。デザインのプレミアム感よりも予算重視というところだろう。天板およびパームレストはテクスチャデザインの凹凸になっている。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Vostro 14 3000(3490)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2020年6月8日(月)まで】
全XPS / Gシリーズ、Inspiron 13・14・15・17シリーズに対象あり!20%オフクーポン!
6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.