DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. G7 15(7588)

CoffeeLake設計の15.6インチ・ゲーミングノート。新ブランドGシリーズ!

DELL G7 15(7588)レビュー

2018年4月24日に発売した、G7 15(7588)こと、G7-7588(コンピューターモデル名)をレビューする。DELLの新ブランドのGシリーズであり、最新ゲームを遊ぶためのスペックを備えたPCゲームの入門機。比較的低予算で導入できるゲームノート。Inspironシリーズは処理性能よりも低消費電力寄りであるが、Gシリーズでは低消費電力よりも処理性能に注力している。デザインもALIENWAREほど奇抜ではないので検討しやすく、中級者以上に好まれるタイプである。動画編集やグラフィックワーク用途にもいい。

DELL G7 15(7588)レビューG7-7588はのプラットフォームはCoffee Lake(Hシリーズ)。レビュー時点での最高構成は、第8世代Core i7-8750H + NVIDIA GeForce GTX 1060となっている。ミドルレンジ・モデルでも6コア/12スレッド動作が可能で、比較的低コストで導入できる時代となった。デュアルファンを搭載し、大きめの放熱フィンを持つ冷却システム。また、M.2 SSDと2.5インチHDDのデュアルストレージ構成が可能。ディスプレイでは広視野角IPSパネルを採用しており、搭載解像度はフルHD。キーボード以外は概ね満足できるスペックかと思われる。

G7-7588の筐体はほぼポリカーボネート(工業プラスチック)であるが、パームレストはアルミ製なので剛性がありタイピングにおいて安定感がある。テンキー付きのキーボードを搭載しているが、エントリー向けの汎用キーボードパーツであり、ゲームに特化したキーボードではないことには留意。

Aコネクタ(通常サイズ)にはUSB3.1-Gen1を3基、そして「USB3.1-Gen2、Thunderbolt 3、Display Port」のインターフェースを持つUSB Type-C端子を1基装備している。ほかにはSDカードスロット、HDMI端子、ギガビットLAN端子など・・。光学ドライブはないものの、装備インターフェースはわりと豊富。有線LANのコントローラには安定した通信が期待できるKiller E2400を搭載している。

カラーバリエーションでは、ホワイトとブラックの2色あるが、このページで掲載しているのはホワイトのモデル。ブラックモデルは後に紹介する。レビューした、G7-7588(ホワイト)の構成は以下の通り。

DELL G7 15(7588)の画像
2018年6月レビュー
CoffeeLake
(Hシリーズ)

レビューした、DELL G7 15(7588)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)
  • 第8世代 Core i7-8750H (6コア/12T、9MBキャッシュ、2.2GHz / 最大 4.1GHz)
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q Design)
  • 256GB SSD (M.2 / SATA接続)+1TB HDD

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  G7 15(7588)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2018年6月10日時点のレビュー。手元の実機レポートであり、仕様は各々の選択により異なる。

DELLの製品名について

DELLサイトにある「販売名」は統一性がなく、さらに新旧モデルの区別も困難。そのため唯一無二のコンピューターモデル名で確認する必要がある。詳しくは「DELL製品の把握は、コンピューターモデル名を知ること」を参照。

当方レビューに関する注意事項

※レビュー時点、レビュー実機の情報であるため、購入された場合の一致性は保証していない。
※標準搭載や仕様変更などの最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※感想は個人的見解である。※風景に写っている周辺機器等は、DELLと関係ない物もある。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能(注文は個人名の記入でOK)。

CoffeeLake(Hシリーズ)設計、G7-15(7588)の構成例

レビュー時点における構成例。Core i5-8300HまたはCore i7-8750HといったHシリーズが搭載できる。単体グラフィックではNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti または、GeForce GTX 1060(Max-Q Design)の2択。ストレージではM.2 SSD + 2.5インチHDDのデュアル構成。

G7-15(7588)の構成例
ディスプレイ 15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)
CPU

Coffee Lake(Hシリーズ)

  • 第8世代 Core i5-8300H
    (4コア/8T、8MBキャッシュ、2.3GHz / 最大 4.0GHz) インテル UHD グラフィックス630
  • 第8世代 Core i7-8750H
    (6コア/12T、9MBキャッシュ、2.2GHz / 最大 4.1GHz) インテル UHD グラフィックス630
グラフィック
  • NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q Design)
※「Max-Q Design」とは、効率化により「性能とPC筐体サイズのバランスを追求したNVIDIA社の技術。単純に処理性能を高めただけではないのがポイント。同社GeForceシリーズを搭載するゲーミングノートPCのリファレンス・デザインであり、性能を向上したり駆動時間を延ばすチューニング、放熱設計の最良化、対応ゲームの最適化などが実現化されている。具体的には、Max-Q Design採用PCだと、従来品よりも薄型軽量化しやすく、パフォーマンスも高くなるとのこと。
ストレージ
  • M.2 SSD + 2.5インチHDDのデュアルストレージ構成
カラー
  • ホワイト
  • ブラック
ワイヤレス 802.11ac + Bluetooth 5.0 (Win10環境では4.1として動作) , 2.4&5GHz 2x2
光学ドライブ なし
電源 56 WHr、4セルバッテリ(内蔵)
180WのACアダプタ付属(レビュー実機のGeForce GTX 1060構成の場合)
※このレビュー機よりも下のスペックでは130Wとのこと。
サイズ
(公称値)
幅: 389mm × 奥行き: 275 mm × 厚み: 25 mm /
最小重量 約2.63kg (レビュー実機では2.819kg)

※レビュー時点の構成例。採用パーツやベンダーは供給状況により異なる。
※構成ベースの販売であり、パーツの組み合わせは制限される。

LANコントローラに、Killer E2400

Killer E2400ギガビットイーサーの有線LANでは、コントローラーにクアルコム・アセロス社(Qualcomm Atheros, Inc.)のKiller E2400を搭載している。※クアルコム・アセロス社は、アメリカの半導体メーカーでLAN関連製品のトップシェアを誇っている。

専用のユーティリティソフトで設定することにより、ネットワーク接続をモニタリングし、オンラインゲームのパフォーマンスを最大化することができる。KillerはWindowsが抱えるネットワーク処理の一部を肩代わりする機能を持つ。優先度の設定に基づいてネットワーク帯域幅を最適化、管理する。CPU負荷を低減させ、ネットワークの遅延を抑えるため、とくにオンラインゲームでは安定した通信が確保できる。

Waves MaxxAudio Pro

デジタル処理で効果的なサウンドを展開Waves MaxxAudio Proを搭載。内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでも、デジタル処理で効果的なサウンドを展開するサウンド補正技術。 ゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。ユーティリティソフトを使ってイコライザー調整ができる。

G7-7588の装備インターフェース

USB Type-C端子が1基全体把握のため、付属のクイックスタートガイドからG7-7588の装備端子などをチェックする。メインとなる端子にはマーキングした。

Aコネクタ(通常サイズ)のUSB端子にはUSB3.1-Gen1を3基装備(ひとつはPowerShare対応)。そしてUSB Type-C端子が1基あるが、これには高速のUSB3.1-Gen2、Thunderbolt 3のインターフェースを持つ。さらにDisplay Portの機能もあり。ほか、単独にHDMI端子を装備する。光学ドライブはないが、インターフェースは結構豊富なほうである。オプション扱いになっているが、電源ボタンをそのまま指紋認証リーダーにすることが可能。

インターフェースの補足説明

※USB Type-Cは単なるコネクタ形状の規格であるため、どの転送規格に対応するかは各々異なる。
※PowerShare対応とは、PC起動なしでUSB充電用に使える機能。
※装備するAコネクタは、すべてGen1のため転送速度はUSB3.0と同じ「5Gbps」
※初心者向けに、周辺機器とつなぐ端子の知識をパソコンの接続端子(シリアルバス規格)で解説。
※ディスプレイと接続する端子の知識を、パソコンのディスプレイ端子で解説

左側面G7-7588の左側面に、セキュリティロック・スロット、電源コネクタ、ギガビットイーサネットLAN端子、USB3.1-Gen1(PowerShare対応)、SDカードスロットを配置。

Thunderbolt 3、Display Port右側面に、ヘッドセット端子、USB3.1-Gen1が2基、USB Type-C端子、HDMI 2.0端子(4Kサポート)を配置。
※このUSB Type-Cでは「USB3.1-Gen2、Thunderbolt 3、Display Port」対応

電源&バッテリーライト前面ではスピーカの配置と、電源&バッテリーライト / HDDアクセスライトの配置。

G7ロゴが配置背面に端子はなく、左右に排気口、中央より左寄りに立体のG7ロゴが配置されている

ストレージパフォーマンス(M.2 SSD+2.5インチHDD)

SSDはSKハイニックス製SC311、2.5インチHDDはウエスタンデジタル製WD10SPZXレビュー時点では、ストレージがM.2 SSDと2.5インチHDD(7mm)のデュアルストレージ構成となっている。いずれもSATA 6Gbps接続。M.2 SSDでは、接続がSATAかPCI ExpressなのかDELLサイトから確認できないが、レビュー実機を見る限りはSATAである。搭載されていたSSDはSKハイニックス製SC311、2.5インチHDDはウエスタンデジタル製WD10SPZXで7mmの薄型。パフォーマンスはこの通り。SSDではSATAのためPCI Express接続(NVMe SSD)には劣るが、HDDよりもアクセスは速い。

M.2スロットおよびM.2 SSDの基礎知識
【 過去PCと比較 : SSD / HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス

ACアダプタ

ACアダプタを紹介する。

180WのACアダプタが付属NVIDIA GeForce GTX 1060 搭載時では、180WのACアダプタが付属する。PC側へのケーブルもジョイントする電源ケーブルも太めなので取り回しはよくない。

ACアダプタを接続している様子。

広視野角IPSパネル、G7-7588のディスプレイ

解像度1920 × 1080G7-7588のディスプレイレビュー時点では、15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)。推奨設定では125%になっているので、この写真はドットバイドット表示(100%)に戻している状態。15.6インチでフルHDは高解像度の部類なので、表示領域はやや玄人好み。

とくに狭額ディスプレイベゼルではなく、左右のベゼルでは幅は22m。いたってスタンダードなディスプレイベゼルである。なお、公称は非光沢パネルだが、厳密には半光沢である。最近はそんな傾向にある。

IPSパネルを採用広視野角のIPSパネルを採用しており、急な角度から視聴しても極端な色度変移が生じておらず見やすい。

Webカメラの内蔵ディスプレイベゼルにあるデュアルマイクの穴とWebカメラの内蔵。そして下部ディスプレイベゼルではブルーメタリックのDELLロゴを配置。

G7-7588のヒンジ構造ヒンジ構造では幅のあるヒンジが中央に一本。大きく開く方ではないがディスプレイはここまで開き、通常用途では問題ない。ハイスペックノートなので、むろん排気口を塞いでしまう構造ではない。

第8世代 Core i7-8750Hのスペックとパフォーマンス

Core i7-8750H今回のG7-7588には第8世代 Core i7-8750Hを搭載している。6コア実装でHTテクノロジーによって12スレッド動作する。ベースクロックは2.2GHzだがターボブーストで最大4.1GHzまでアップする。内蔵するグラフィックは、インテル UHD グラフィックス630。

6コア実装でHTテクノロジーによって12スレッド動作CINEBENCH R15によるレンダリングパフォーマンスをチェック。まずマルチスレッドにて。
G7-7588に搭載していたCore i7-8750Hのスコアは1146。12スレッド動作がかなり影響しており、過去のモバイル向けCPUとは比較にならないくらい高速化している。最近のハイエンドデスクトップに搭載していたCore i7-6700Kよりも大差をつけているくらい。マルチスレッド対応ソフトでは非常に有利なパフォーマンスである。

1コアのパフォーマンスシングルスレッドでは、スコアが176。1コアのパフォーマンスもなかなか良い。

CINEBENCH R15について

CINEBENCH R15のベンチマークテストとは

3DCG作成ソフト「CINEMA 4D」がベースで、約30万ポリゴンある静止画のレンダリングにかかった時間などでスコアが算出される。CPUを100%稼働させるのでCPU性能指数の目安になる。最大256スレッドまで対応しているため、コア数が多く高クロックのCPUほど有利だが、アーキテクチャの新旧にもよる。なお、搭載グラフィックの性能にはあまり左右されない。

【 過去PCと比較 : CINEBENCH R15のレンダリングで、パフォーマンスチェック

単体GPUに、NVIDIA GeForce GTX 1060

NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q Design)のスペック詳細そして今回のG7-7588レビュー実機に搭載している単体グラフィック、NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q Design)のスペック詳細。ゲームノートとしてのパフォーマンスが期待できる。ただしデスクトップ向けのGeForce GTX 1060と比べると、クロック数が少し引き下げられていることには留意。これはMax-Q Designを始めとする節電対策の仕様だろう。

※「Max-Q Design」とは、効率化により「性能とPC筐体サイズのバランスを追求したNVIDIA社の技術。GeForceシリーズを搭載するゲーミングノートPCのリファレンス・デザインであり、性能を向上したり駆動時間を延ばすチューニング、放熱設計の最良化、対応ゲームの最適化などが実現化されている。

なお、Core i7-8750Hの内蔵グラフィック(UHD グラフィックス630)と切り替えて動作させることが可能。(NVIDIAコントロールパネルから切り替えることができる。)
切替可能グラフィックの解説~NVIDIA Optimus と、AMD Enduro 電力管理テクノロジー】

ゲーム処理能力(Core i7-8750H + GeForce GTX 1060)

G7-7588のチップセットはHM370レビューした、DELL G7 15(7588)の構成ならびに詳細スペック。チップセットはHM370。

以下、ここで調べたゲームくらいなら、フルHD(1920 × 1080)の高品質設定で十分快適にプレイできる。余興として内蔵グラフィック(UHD グラフィックス 630)に切り替えた場合のパフォーマンスも一部調べておいた。ドラゴンクエストX くらいならフルHDでも内蔵グラフィックで十分なので、節電したいときは設定を下げるなりして内蔵グラフィックを活用してもよさそう。

単体グラフィックのNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q Design)ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーターでは 「1920 × 1080 最高品質」でも快適に遊べる性能がある。

DELL G7 15(7588)の画像
2018年6月レビュー
CoffeeLake
(Hシリーズ)

レビューした、DELL G7 15(7588)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8750H (最大 4.1GHz)
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • GeForce GTX 1060 6GB GDDR5(Max-Q)
  • 256GB SSD (M.2 / SATA接続)+1TB HDD
GeForce
GTX
1060
UHD
グラフィックス
630
FF14紅蓮HD ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1280×720 標準(ノートPC) DirectX 11 フルスクリーン)
16354 省略
紅蓮のリベレーター フルHD ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン)
10767 省略
ドラクエ10-フルHD ドラゴンクエストX: 2013年~ Ver.1.10
(1920 × 1080 最高品質 ウィンドウ)
17815 4970
ラスレム-ベンチHD ラストレムナント~2009年
(1280×720 フルスクリーン)
289.52 66.62
ラスレム-フルHD ラストレムナント~2009年
(1920 × 1080 フルスクリーン)
267.75 省略
スト4-フルHD ストリートファイター4~2009年
(1920 × 1080 デフォルト 垂直同期OFF フルスクリーン)
378.15 79.37
バイオハザード6のフルHDプレイ バイオハザード6~2013年
(1920 × 1080 品質:初期設定 DirectX 9.0c フルスクリーン)
16364 省略

※ゲームタイトルのリンクをクリックすると、 当方過去のレビューPCと比較できる。

備考

※3Dゲームでは美麗な描写処理を担うグラフィック(GPU)の性能が重視されるが、CPUも軽視できない。炎、煙、風、速度などの自然現象をシミュレーションする物理演算(エフェクト)や、プレイヤーが操作しないキャラクター(NPC-non player character)を動かすのは人工知能(AI)であり、それはCPUが担う。ゆえにCPUの依存度はゲームの内容による。

消費電力(条件:バッテリー満充電、ディスプレイ輝度最大時、ACアダプタ接続)

アイドル時は8W、CINEBENCH R15のピーク時で112W、ラストレムナントで128~150Wあたりだった。なお、ドラゴンクエストX では90W~102Wあたりだが、これを内蔵グラフィックで動かすと60W~62Wほどになる。デュアルファン搭載ということもあり、高負荷時の風切り音はそれなりに発生する。

G7-7588のパームレストにおける、温度の向上

DELL G7 15(7588)の温度上昇上記ベンチマークテスト終了後の温度を赤外線温度計でチェック。室内温度は25℃。手を置くパームレスト部分では30℃前後であり、じんわり温かい程度。これくらいは個人的には許容範囲。ヒートパイプの位置するキーボード中央真上が最も熱く45℃くらいあった。背面の排気口から2センチくらい離れた場所では58~60℃ほどの高温である。

デザイン(G7-7588 ホワイトモデル)のチェック

DELL G7 15(7588)のホワイトモデルデザインG7-7588にはレビュー時点で、ホワイトモデルとブラックのモデルがある。ここのページではまずホワイトモデルのみを掲載しているが、後に別ページでブラックも紹介する。天板の素材はポリカーボネート(工業プラスチック)であり、ホワイトモデルではパールホワイト。ラメ粉を含んだ塗装でスパークリング状にキラキラしている。

DELL G7 15(7588)のホワイトモデルデザイン角度を変えワンショット。

DELL G7 15(7588)のホワイトモデルデザインディスプレイを閉じてワンショット。後方はシルバーカラーのペイント。

DELLロゴ-DELL G7 15(7588)天板中央のDELLロゴはメタリックブルー。光の当たり具合ではエメラルドグリーンっぽく反射する。

DELL G7 15(7588)天板デザインサイズは幅: 389mm × 奥行き: 275 mm × 厚み: 25 mm。最小重量は約2.63kgとのことだが、レビュー実機では2.819kgであった。厚み25 mmとは、従来のゲームノートと比べて薄型である。

SDカードやUSBメモリを挿入している様子。SDカードはかなり突き出す形になる。

全般的にポリカーボネート(工業プラスチック)底面ではデュアルファンの位置に吸気口のスリット。2本のスタンドゴムにより底上げしている。全般的にポリカーボネート(工業プラスチック)であり、外装としてはプレミアム感のあるボディではない。処理性能に関わるパーツや冷却システムにコストをかけた印象。

G7-7588グリルデザイン前面は非光沢のグリルデザインで隙間にスピーカー口や電源ライトが確認できる。

大型の排熱フィン少し傾斜になった背面はグリルデザインで光沢の格子。左右に配置された排気口からは大型の放熱フィンを覗かせ、ブルーのカラーリングがされている。端の流線型デザインはなかなか好印象。

G7-7588ではG7ロゴがあてられている。背面にクロム調のG7ロゴがあてられている。斜めの溝が入ったデザイン。GシリーズにはG3、G5、G7があるが、G7とは上位の7000シリーズという意味合いなのだろう。

Dell Gシリーズの「G」には、GameとGraphicsの意味が込められている。今現在では、Inspironゲーミングシリーズとポジションが重なっている。昔でいうとStudioシリーズのイメージ。パソコン市場ではミドルレンジ製品と理解すればいい。それにしてもInspironゲーミングシリーズを淘汰してくれないと、ブランド展開が混沌とするな。

アルミ製のパームレストと、テンキー付きキーボード

テンキー付きキーボードG7-7588のパームレストとキーボードの紹介。アルミ製となっており、がっしりした剛性と安定性が伝わっている。そのため、エントリーノートで見られるようなキーボードのたわみがほぼない。アルミはアルマイト加工によりさらりとした手触りとなっており、カラーは黒に近い濃いめのネイビーブルー。DELLサイトでは「つや消しメタル仕上げ」と表現されている。「システムは耐久性に優れたマグネシウム合金で堅牢に補強されている」とのこと。

G7-7588のパームレストとキーボードホームポジションの様子。テンキー付きなのでやや左寄りになる。

キー配列。エントリーノートで採用されている汎用キーボードパーツであり、ゲーミングノートに最適化されたものではない。コスパも兼ねているモデルなので、ここはAlienwareシリーズのような特化性はない。キーストロークが浅く、カーソルキーが小さいところなどは、アクションゲーム用途では妥協点となってしまうだろう。

さらにG7-7588のキーボードパーツについてはこちらで紹介しているので、参考に。

ノートパソコンのデザインだが、G7-7588では少しこだわってキーボード一帯だけが窪んでいるというのが、一般的なノートパソコンのデザインだが、G7-7588では少しこだわっており、パームレストの手前からキーボードに至るまで緩やかに窪んでいくデザイン。

ブルーの蒸着メッキ一体型のタッチパッド。そのエッジがダイヤモンドカットで、ブルーの蒸着メッキが施されている。
タッチパッドはわりと大きめで、縦のリーチが長い。クリックボタンの範囲が広く、かなり上までカチカチ動くのがちょっと目障り。ちなみに中央より上のほうもカチカチするが、クリックとしての反応はしない。クリック音が気になる場合は、タッチ操作のタップを活用するとよい。

電源ボタンの周りにも、ダイヤモンドカットかつブルーの蒸着メッキ。クイックスタートガイドによればオプション扱いらしいが、電源ボタンの表面は指紋認証リーダーとなっている。電源ボタンに触るとWindows Helloが有効となり迅速かつ容易にログインできる。

G7のロゴ左上には立体でクロム調(アルミかな)のG7のロゴが取り付けられている。

詳しくはDELLサイトへ

G7 15(7588)のキャンペーン価格

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  G7 15(7588)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2018年11月12日(月)まで】 お客様感謝セール!
Inspironシリーズのデスクトップ・一体型PCがお買い得、18%オフクーポン
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大1万5千円オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年1/31(木)まで】
DELL直販9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】へ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.