DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 3000シリーズ 2-in-1 (3168・3169)

11.6インチ2-in-1ノートが、ついに低価格でお手頃に!

Inspiron 11 3000 2-in-1 (3168・3169) レビュー

Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1こと、Inspiron 3168ならびにInspiron 3169をレビューする。※2016年6月発売。
360度回転ヒンジ構造とタッチパネルで、タブレットにもなる2-in-1の11.6インチノートである。一般的に2-in-1製品といえば、低価格ノートの予算では手に届かない。しかし、「高解像度、広視野角IPSパネル、アルミボディ」のようなプレミアム性をやめることで、お手軽な価格になっている。最小構成であれば4万円台から購入できる格安モデル。
※当サイトでは便宜上、Inspiron 11(3168)、Inspiron 11(3169)と呼ぶ。

Inspiron 11 3000 2-in-1カラーバリエーションはレッドとホワイト。

2つのプラットフォームがある

DELLサイトでは「Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1」でくくっているが、実際にはプラットフォームの違いで2製品に分類される。(つまりマザーボードが違う)。Skylake設計(Core M)を採用しているInspiron 11(3169)のほうが処理能力が高い。一方、Inspiron 11(3168)は「第4世代Atom」のAirmont設計であるため、価格重視のモデルとなる。
筐体デザインや装備インターフェースは共通である。レビュー時点では、Inspiron 11(3169)はHDD搭載のみ。

Inspiron 11 3000
シリーズ 2-in-1
Inspiron 11(3168) Inspiron 11(3169)
アーキテクチャ Airmont設計(開発コードBraswell) Skylake設計(Core M3シリーズ)
CPU
  • Celeron N3060 (最大 2.48 GHz )
  • Pentium N3710 ( 最大 2.56 GHz )
第6世代 Core m3-6Y30 (最大 2.20 GHz )
メモリ 2GB / 4GB DDR3L 1600MHz 4GB DDR3L 1600MHz
ストレージ 32GB eMMC / 128GB SSD / 500GB HDD 500GB HDD
バッテリ駆動時間 構成次第で、最長9時間47分(公称時間)
カラーバリエーション
  • ホワイト
  • レッド

※ほぼ構成販売なので、パーツの組み合わせは限定される。採用パーツやベンダーは供給状況により変更がある。
※グラフィックは各CPUに統合されている「インテル HD グラフィックス」が使われる。
※カラーバリエーションは、構成により限定される場合があるが、基本的には選択できる。

今回レビューするInspiron 11(3168)とInspiron 11(3169)の構成

Inspiron 11(3168)とInspiron 11(3169)今回のInspiron 11 3000 2-in-1 レビューでは、それぞれのモデルを導入した。2-in-1ノートというよりも、ほとんど普通の11.6インチノートを手にしている感じ。レビューした構成は以下の通りである。

Inspiron 11(3168)
2016年9月レビュー
Airmont設計

DELL Inspiron 11(3168)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 11.6-インチ タッチディスプレイ(1366 × 768)
  • Pentium N3710 ( 最大 2.56 GHz )
  • 4GBシングル チャネル DDR3L 1600MHz
  • インテル HD グラフィックス
  • 128GB SSD
Inspiron 11(3169)
2016年9月レビュー
Skylake設計
(Core M3シリーズ)

DELL Inspiron 11(3169)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 11.6-インチ タッチディスプレイ(1366 × 768)
  • 第6世代 Core m3-6Y30 (最大 2.20 GHz )
  • 4GBシングル チャネル DDR3L 1600MHz
  • インテル HD グラフィックス
  • 500GB HDD

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1(3168・3169)の価格!DELLサイトへ

当方レビューに関する注意事項

※2016年9月1日時点のレビューであり、手元にある実機における現状レポートである。
※パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのベンダーは供給状況により変更がある。
※個人規模および、一個体の調査、一部の情報のため、購入された場合の一致性は保証していない。
※標準搭載の内容や変更状況など、最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※状況については極力丁寧に説明するが、感想やアドバイスは個人的意見なので、それが正解だと押し付ける気はない。
※風景にある周辺機器等はDELLとは関係のないアイテムである。

Inspiron 11(3168・3169)のデザインと装備端子

Inspiron 11(3168・3169)はわりと丸みを帯びたポップなデザインであり、男性でもいいが、どちらかというと女性向けを意識したような印象。質感はポリカーボネート(工業プラスチック)のままで、メッキやアルミ素材など高級感を出すような演出はない。しかし、「光沢の天板、少し半光沢のパームレスト、非光沢の底面」と表面処理に変化をつけている。低価格モデルだが、チープな印象はあまり受けない。低コスト化のためか、電源ライトやストレージライトのような動作ライトは配置していない。逐一動作が気になるユーザーは心もとないかもしれない。

ファンレス構造で通気口のスリットはなく、基本的にはeMMCやSSDといった半導体ストレージ向けの構造と言える。Inspiron 11(3168・3169)ではHDD搭載が可能だが、気温の高い環境での長時間利用はお勧めしない。また、タブレット用途など衝撃頻度の高い利用ではeMMCやSSD搭載のほうが安心できる。

デザインと装備端子バッグに入れやすいコンパクトサイズで、高さ: 20.9 mm × 幅: 291.6 mm × 奥行き: 201.9mm 。
公称値では「最小重量 (2 GBメモリ、32 GB eMMCの場合):1.21 kg~、4 GBメモリ、500GB HDDの場合1.31 kg~」とある。

レビュー実機の重量を測ると、500GB HDD搭載のInspiron 11(3169)で1.324kg、SSD搭載のInspiron 11(3168)で1.251kg。重量の差はストレージの影響がほとんどであろう。タブレットほどの軽量さはないが、まあまあ軽量といえる。ACアダプタは電源ケーブル込で275gであった。

ACアダプタ

ケーブルは細め45WのACアダプタ。ジョイントする電源ケーブルは太めなので取り回しは良くないが、PCへのケーブルは細めなので問題ない。

Inspiron 11(3168・3169)のデザインと装備端子まあまあコンパクトなので持ち運びに苦労はないだろう。通電ライトは緑。

側面デザイン

DELLロゴを配置光沢処理の天板であり、中央には溝状になったDELLロゴを配置。レッドモデルの場合はややオレンジ色のDELLロゴになっており、若干違和感を感じるが、これは好みの問題だろう。ホワイトよりかはクセのある印象。

ホワイトpcホワイトモデル。擦り傷や指紋の付着などはホワイトのほうが目立ちにくい。どちらかと言うと、ホワイトのほうが無難な色選択だと思う。DELLロゴはグレー。

通気口のスリット底面は非光沢で、中央にinspironと彫られている。通気口のスリットはなく、ファンレス構造。スタンドゴムが4箇所付いているが、吸気の必要が無いためか高さはあまりない。HDD非搭載時ならば、動作音はほぼ無音。

前面には装備端子はなし。中央はディスプレイが開けやすいようにくぼんでいる。

microSDカードスロット左側面の端子では、「電源コネクタ、HDMI端子、USB3.0端子、microSDカードスロット(SD/SDHC/SDXC対応)」を配置。

右側面では、「電源ボタン、音量ボタン、ヘッドフォン端子、USB2.0端子×2基、セキュリティロック・スロット」を配置。

インターフェース説明補足

側面が丸みを帯びているので、爪を立てずともボタンが押しやすい。ただ、電源ボタンの位置はタブレットPCと同様であり、ノートブック形態の移動のとき、誤って触れてしまうこともある。ここは製品上の特性として留意した方がいい。
なお、ディスプレイを閉じているときには電源が入らないので、バッグに入れて移動中でも安心。

ディスプレイを開いているときの左右側面の様子。

タブレット形態のときの側面。

micro SDカードを挿入する様子。割りと奥まで挿入されるので、入れたままでも邪魔にならない。32GB eMMC搭載で購入した場合は、ストレージ容量を補うのに重宝できるだろう。取り出すときは一旦押し込んで突き出したところを取り出す。

Inspiron 11(3168 / 3169)は、HDMI端子があるので大画面ディスプレイに出力が可能だし、USB端子も3基あるため、スタンダードな用途であれば不自由のない装備である。ただ、カードスロットがmicro SDサイズ、有線LAN端子がないという面では若干不便か。なお、光学ドライブも非搭載となっている。

電源ライトやストレージの動作ライトのような「インジケーターライト」が省略されている。この辺は低コスト生産という印象を受ける。絶対必須というものではないが、特に起動OFF時の充電では満充電となったか確認できないので、そこはやや不便かもしれない。

360度回転のヒンジで、4つの形態

360度回転できるヒンジ構造。ヒンジはパール調カラーになっている。

ディスプレイを背後に折り曲げることで、ノートブックモード、タブレットモード、スタンドモード、テントモードの4形態にできる。ヒンジの稼働は安定しており、気になる脆さはない。

ノートブックモード

ホワイトモデルのノートブックモード。白と黒のツートンカラー。キーボード・セパレイト式の2-in-1ノートと比べると、キーボードがどっしりしているので安定感がある。使っている感じは、ほとんど11.6インチモバイルノートと変わらない。

タブレットモード

360度フルに折りたたんでタブレットモード。一定の範囲まで折り曲げるとキーボードは無効化される。Windows 10のタブレットモード切り替えもあるが、1366 × 768解像度なので文字やアイコンはさほど小さくなく、デスクトップモードでもタッチ操作に無理がない。ディスプレイベゼルにはWindows スタートキーを配置していないので、親指で触れてしまう煩わしさがない。

スタンドモード

キーボード面を地面に接し、据え置きで使うスタンドモード。

テントモード

スタンドモードで置き方を変えただけのテントモード。設置スペースが最も少なくて済む使い方。

Inspiron 11(3168 / 3169)は広視野角ではないため、IPSではなく安価なTNパネルだと思われる。スタンドモードやテントモードではわりと角度のついたポジションで使う頻度が高く、高価なIPS採用モデルに用途で劣る。ただ、ノートブックモードやタブレットでは正面に向けやすいため、視野角はさほど気にしなくてもよさそうだ。(使い方には個人差があるので、あくまで個人的な意見)

レッドモデルの4形態

レッドモデルのノートブックモード。赤と黒のツートンカラー。

レッドのタブレットモード、テントモード、スタンドモード。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1(3168・3169)の価格!DELLサイトへ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.