DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1 (5368)

フルHDと広視野角、キーボードバックライト搭載のミドルグレード!13.3インチ2-in-1ノート

DELL Inspiron 13 5000 2-in-1 (5368) レビュー

2016年6月に発売したInspiron 13 5000シリーズ 2-in-1 こと、Inspiron 5368をレビューする。360度回転ヒンジ構造とタッチパネルで、タブレットにもなる2-in-1タイプの13.3インチノートである。DELLの2-in-1製品ではミドルグレードとなる5000シリーズ。
※当サイトでは便宜上、Inspiron 13(5368)と呼ぶ。設計はSkylakeで、第6世代Core-Uシリーズを搭載している。

追記:早くも2016年9月には、KabyLake設計になってリニューアルされている。モデル名はInspiron 13 5000 2-in-1 (5378)。見たところ筐体デザインに変更はないようだ。外観デザインとして、5368のレビューを参考にどうぞ。

Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1 (5368) 概要

Inspiron 13(5368)は、フルHD解像度や広視野角パネル、バックライト・キーボードの搭載など、3000シリーズよりもスペックや付加機能が高めに設定されている。ただ筐体はポリカーボネート(工業プラスチック)の質感のままであり、アルミ素材やシリコン・コーティングなどの特別なプレミアム感はない。リッチな筐体を求めるなら7000シリーズである。アーキテクチャはSkylake設計であり、低消費電力のCore i3 / i5 / i7 Uシリーズを採用している。

Inspiron 13 5000 2-in-1 (5368) レビューノートブック形態の他に、360度回転できるディスプレイによって、タブレット、スタンド、テントの3モード形態で使用できる。

Core i5以上の搭載モデルなら、赤外線(IR)カメラが搭載可能である。赤外線(IR)カメラが搭載されると、赤外線エミッタが内蔵され、赤外線を放射することで奥行を感知し動作を追跡できるようだ。Windows Helloと組み合わせて使うらしい。

今回レビューする、Inspiron 13(5368)の構成

今回レビューするInspiron 13(5368)の構成は以下のとおりで、スペックでは最安値構成である。Core i3-6100U搭載時なのでIRカメラは搭載できない構成である。

2-in-1 (Inspiron 13(5368))
2016年9月レビュー
Skylake設計

DELL Inspiron 13(5368)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 13.3インチタッチ 広視野角ディスプレイ (1920 x 1080)
  • 第6世代 Core i3-6100U (最大 2.30 GHz)
  • 4GB DDR4 メモリ 2133MHz (4GB × 1)
  • インテル HD グラフィックス520
  • 500GB HDD

KabyLake設計でリニューアル!DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : リニューアルモデル:Inspiron-13-5378ののキャンペーン価格!DELLサイトへ

当方レビューに関する注意事項

※2016年9月5日時点のレビューであり、手元にある実機における現状レポートである。
※パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのベンダーは供給状況により変更がある。
※個人規模および、一個体の調査、一部の情報のため、購入された場合の一致性は保証していない。
※標準搭載の内容や変更状況など、最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※状況については極力丁寧に説明するが、感想やアドバイスは個人的意見なので、それが正解だと押し付ける気はない。
※風景にある周辺機器等はDELLとは関係のないアイテムである。

Inspiron 13(5368)の構成例

2016年9月5日時点の構成例をまとめてみた。ディスプレイは共通してフルHD(1920 × 1080)解像度を搭載。広視野角とあり、パネルの種類は明記されていないが、おそらくIPSパネルであろう。グラフィックは内蔵型であり、ラインナップされているCPUではすべて共通で、インテル HD グラフィックス520となる。

Core i5以上搭載モデルなら赤外線(IR)カメラが搭載可能とあるが、レビュー時点ではCore i5およびi7のモデルには、すべてIRカメラが搭載されていた。また、Core i3-6100U 搭載時はすべて500GB HDDの搭載となっていた。
※構成に関しては、レビュー時点であり変更の可能性もある。

アーキテクチャ Skylake設計(低消費電力 Uシリーズ)
ディスプレイ 13.3インチタッチ 広視野角ディスプレイ (1920 × 1080)
CPU
  • 第6世代 Core i3-6100U (最大 2.30 GHz)
  • 第6世代 Core i5-6200U (最大 2.80 GHz)
  • 第6世代 Core i7-6500U ( 最大 3.10 GHz)
内蔵グラフィック インテル HD グラフィックス 520  ※各CPU共通
メモリ
  • 4GB DDR4 メモリ 2133MHz (4GB × 1)
  • 8GB DDR4 メモリ 2133MHz (4GB × 2)
ストレージ
  • 500GB SATA HDD (5400回転)
  • 256GB SSD
装備する主要端子 USB3.0端子× 2基(1つは(PowerShare対応)、USB2.0端子、HDMI端子
メディアカードリーダー(SD/SDHC/SDXC)
サイズ(公称値) 幅 324 mm × 奥行き 224.8 mm × 厚み19.5~20.4 mm
最小重量:1.62 kg
備考
  • オプションで、赤外線’(IR)カメラ搭載可能(Core i5以上搭載モデル)
  • バックライト・キーボード搭載、光学ドライブなし
  • 公称バッテリ駆動時間 : 最大 9 時間 2 分(Core i3 + 4GBメモリの構成時)

※ほぼ構成販売なので、パーツの組み合わせは限定される。採用パーツやベンダーは供給状況により変更がある。

Inspiron 13(5368)のデザインと装備端子

幅 324 mm × 奥行き 224.8 mm であり、ほぼ一般的な13.3インチモバイルノートのサイズ。厚みは約20mmでスリム。このInspiron 13(5368)実機の場合、重量は1.624kgであり、公称値と通りだった。13.3インチノートなので、タブレットにすると、当然のことながらやや厚めで重めということになる。ACアダプタは電源ケーブル込で264g。

45W ACアダプタ。接続する電源ケーブルはアース付きということもあり太く、取り回しは良くない。ただ、PCへのケーブルは細いので問題なし。

天板

Inspiron 13(5368)の天板など筐体はポリカーボネート(工業プラスチック)で、質感もそのまま。アルミ素材やシリコンコーティングといったプレミアム性はない。スタンダードモデルといったポジションと捉えればいい。シルバーカラーの塗装がされており、中央には埋め込んだようなDELLロゴが配置されている。

広視野角のフルHDディスプレイ

13.3インチ画面にフルHD(1920 × 1080)解像度を搭載している。大概のWebページは2つ並べて閲覧できる領域を持つ。ただ、この画面サイズにフルHDはかなり細かいので、初期設定では150%拡大で設定されていた。このレビューでは100%のドットバイドット表示に戻してある。

※ドットバイドットとは、1pxの情報を「ディスプレイの1ドットで表示させること」で、拡大縮小をしていない状態のこと。ドットバイドット表示以外は尻切れや滲みの原因となる。

ディスプレイベゼルはまあまあスリムで、スタイリッシュ感がある。ディスプレイベゼルの上部にはWebカメラを内蔵、下部にはDELLロゴを配置。今回のInspiron 13(5368)レビュー機はCore i3搭載なので赤外線(IR)カメラが内蔵できない構成である。

DELLサイトでは広視野角ディスプレイとしか言っていないが、これまでの経験上、IPSパネル採用とみてよさそうだ。かなり角度をつけて見たが、陰で暗くなることがあっても極端な色度変移は起きない。また、光沢ディスプレイなので、当レビューの撮影環境のような強い光の差し込む状況下では映り込みが顕著になる。必要に応じて角度調整が必要だ。

左右側面

左側面では、電源コネクタ、HDMI端子、USB3.0端子×2基、ヘッドセット端子を配置。
USB3.0端子のうち左側は、PowerShare対応(PC起動なしでUSB充電用に使える)

右側面では、電源ボタン、音量ボタン、SDカードスロット(SD/SDHC/SDXC対応)、USB2.0端子×1基、セキュリティロック・スロットを配置している。ディスプレイを閉じているときは電源ボタンを押しても反応しないため、安心してバッグの中に収納して持ち運べる。

前面と背面

前面に装備端子はない。中央には「電源 / バッテリ / HDD」の兼用ライトを配置している。どのインジケーターにするかは、任意で切り替えることができる。

背面には端子はなく、中央に排気口が配置されている。また、その底面側のカーブした面に、吸気口スリットが2箇所配置されている。

Inspiron 13(5368)の底面は、天板と同じくポリカーボネート(工業プラスチック)の手触り。長いスタンドゴムが2本配置されている。左右にスピーカーを配置しているが、若干ゆるやかなカーブ面に配置されているので、地面で塞がれる事はない。音がこもりそうな印象だが、ノートパソコンの出力レベルでは気にはならなかった。

ヒンジ構造と、4通りの形態

このヒンジ構造で、ディスプレイが360度回転する。ある一定の角度までディスプレイが反れると、キーボードが無効化される。

ノートブック形態。キーボード近くに電源ボタンが無いこと以外は、違和感なく、ほとんど普通のモバイルノートだ。

タブレットモード。ディスプレイベゼルにはWindowsキーが配置されていないので、中央を掴んでも誤って触れてしまう煩わしさはない。

ジャイロセンサー内蔵なので、4方面で画面を自動切り替えできる。無論、回転ロックも可能。縦方面だと、Web閲覧に便利。

ディスプレイが回転する機構を利用して、テントモードや、スタンドモードで利用できる。テントモードは接地面積が少なくて済むので、何か作業スペースを確保しながらパソコンを使う場合に活躍できる。

KabyLake設計でリニューアル!DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : リニューアルモデル:Inspiron-13-5378ののキャンペーン価格!DELLサイトへ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.