DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 3542

DELL Inspiron 15 3000シリーズ(3542)のレビュー!

低予算で購入できる15.6インチスタンダードノートの、DELL Inspiron 15 3000シリーズ(3542)をレビューする。4万円台から購入できるモデルでありながら、「光学ドライブ、USB3.0、HDMI端子、テンキー」を装備しており、万人のニーズを押さえた基本機能を備えている。

このInspiron 15 3000シリーズ(3542)は、2014年5月に発売したHaswell設計のモデルだが、2015年3月のレビュー時点では新たに第5世代Core i3/i5 Uシリーズ(Broadwell設計)のモデル、Inspiron 15-3543が追加されている。デザインは共通のようだ。

Inspiron 15 3000シリーズ(3542)画像

ここで取り上げているInspiron 15 3000シリーズとは、システム名ではInspiron 3542という製品である。そのため当レビューではこれ以降、Inspiron15-3542と記載する。※Inspiron 15 3000シリーズという販売名では後々情報の混乱となるため。レビュー時点では、NEW Inspiron 15 3000シリーズが販売されているが、そちらはInspiron 3551という別機種。レビューしたInspiron15-3542実機の構成は以下の通り。レビュー時点での搭載可能CPUも記載しておく。


2015年3月レビュー
Haswell設計

DELL Inspiron15 3000シリーズ(3542)~今回レビューした構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 15.6インチ (1366 x 768) 光沢ディスプレイ (LEDバックライト採用)
  • インテル Pentium プロセッサー 3558U
  • 4GB(4GBx1) DDR3L 1600MHz
  • インテル HD グラフィックス
  • 500GB 5400 回転 HDD
CPU選択肢
  • インテル Pentium プロセッサー 3805U (2M キャッシュ, 1.90 GHz)
  • インテル Celeron 2957U プロセッサー (2M キャッシュ, 1.4GHz)
  • インテル Celeron プロセッサー 3205U (2M キャッシュ, 1.50 GHz)
  • 第4世代インテル Core i3-4005U プロセッサー(3M キャッシュ, 1.7GHz)
  • 第5世代インテル Core i3-5005U プロセッサー
  • 第5世代インテル Core i5-5200U プロセッサー

2015年3月時点のレビュー情報である。最新情報は上記リンク先へ!

Inspiron15-3542のデザインと装備端子

Inspiron15-3542はエントリーモデルということもあり、筐体の質感はほぼすべてがポリカーボネート(工業プラスチック)で、際立ったデザイン性はない。メッキといったアクセント要素もないのでわりと質素。良く言えばシンプル。だからといって粗悪感があるわけでもなく、コストパフォーマンスからみて概ね納得できるデザインである。

15.6インチディスプレイ~スタンダードなHD解像度

Inspiron 15 3000シリーズ(3542)のディスプレイ
Inspiron15-3542は15.6インチ画面で、一般的な1366 x 768の解像度。上級者が好むフルHD解像度の対応はない。左右からみた視野角はまずまずだが、上方からだと白く飛ぶのでこれはTNパネルだと思われる。低価格モデルでは一般的なパネルだ。光沢液晶なのでメリハリのある画面だが映り込みには気を遣う。

DELLロゴのプリントディスプレイベゼルのWebカメラ、DELLロゴのプリント。バッテリ搭載部分に隆起があるデザインなので、ディスプレイベゼル下部が窪んでいる。

テクスチャ加工の天板

天板はテクスチャ加工の凹凸があり、指紋が付きにくい。天板中央にDELLロゴが配置されている。

側面インターフェース~USB 3.0 も光学ドライブもある


Inspiron15-3542の装備端子は、HDMI 1.4a、USB 3.0 x 1基、USB 2.0 x 2基、メディアカード(SD、SDHC、SDXC) 、LAN端子、ヘッドセット端子など。Inspiron15-3542は全体的に非光沢であるが、左右側面は光沢面となっている。

端子が豊富とは言い難いが、押さえておくべき要素は揃っている。

各端子のマークはプリントではなく、彫り込み。光学ドライブは、トレイロード式 内蔵DVDスーパーマルチドライブ。

背面のヒンジ。ディスプレイはあまり開く方ではないが、通常使用では問題ない。(写真参照)
背面には装備端子なし。

各端子はユーザーの手前側に集中しているのでUSBメモリ等の着脱には楽。ただし、有線マウス接続にはケーブルが邪魔くさくなるので、短めのレシーバを採用したワイヤレスマウスを使うことをお勧めする。

前面では、右端にバッテリライトを配置。底面につながる傾斜部分にスピーカを配置。

付属品


65W-ACアダプタと電源ケーブルを付属。

底面~バッテリとモジュールカバーの中身

底面の2箇所のラッチを解除するとバッテリが外せる。

スピーカ部分。

モジュールカバーを開けたところ。2.5インチベイ1基、メモリスロット1基。独自のカスタマイズでは増設ではなく換装となる。

無線LANカードとスピーカのコーン。サウンドクオリティに関して褒めるほどではないにせよ、粗悪感はない。

Inspiron15-3542のキーボード

全般的に梨地の非光沢で、シンプルなキーボードとパームレスト面。剥がせばいいだけだが、左側のキャッチコピーシールが相変わらず邪魔。ここ何年か貼付されるようになったが、いつも「何なんだ?」と思う。

フルサイズではないがテンキーを装備しており、ビジネス等では入力作業が楽になる。ただし、ホームポジションがやや左寄りになるので、これはユーザーの好み次第。

気になるのはEnterキーの左右幅が狭いこと。テンキーがあるため一番端になく、隣のキーに接触しやすい。あまりこういう言い方をしたくないが、「慣れるしかない」。¥やBackSpaceも小さいのでやや気になる。カーソルキーも小さいが、配置スペースが独立しているので誤接触による煩わしさはない。

キーストロークは「深くも浅すぎずでもない」といった印象。

電源ボタンは廉価のためかLEDは配置されていない。使いやすさに問題はない。そして一体型のタッチパッドエリア。

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.