DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL個人ノート
  4. ALIENWARE M15

15.6インチのALIENWAREノートで、最薄・最軽量を実現!

DELL ALIENWARE M15 ゲーミング レビュー

CoffeeLake(Hシリーズ)設計の、15.6インチ・ゲーミングノート!、ALIENWARE M15をレビューする。15.6インチのALIENWAREノートとしては従来にはない最薄・最軽量を実現。レビュー時点の最高構成ではCore i7-8750H + GeForce GTX 1070 となっている。デュアル排気のエアーフロー設計となっており、左側1セット・右側1セットの計4基の排気口を持つ。

ディスプレイでは広視野角のIPSパネルを採用しており、4K(3840 × 2160)や高速駆動144hzなどが選択可能。控えめにはなったが、定番のイルミネーション機能付き。テンキー、マクロキー×4基装備。ALIENWAREノートでは珍しくアイソレーションキーボード採用だが、玄人ゲーマーにはそこが難点でもある。なお、マニュアルにもリリース番号がないため、このALIENWARE M15 はファーストモデルと思われ、ALIENWARE M15 (R1)ということになる。

CoffeeLake(Hシリーズ)設計、薄型軽量化、ALIENWARE M15

ALIENWARE M15 ゲーミング レビューカラーバリエーションではエピック シルバーと ネビュラ レッド があるが、ここではエピック シルバーで紹介する。

ALIENWARE M15 ゲーミング レビュー
2018年12月論評
CoffeeLake
(Hシリーズ)

レビューした、DELL ALIENWARE M15の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ 144Hz (解像度1920 × 1080)
  • 第8世代 Core i7-8750H (6コア/12T、9MBキャッシュ、2.2GHz / 最大 4.1GHz)
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5(Max-Q Design)
  • 256GB NVMe SSD(M.2 / PCI Express接続) ×2基

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  ALIENWARE M15 ゲーミングのキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2018年12月28日時点のレビュー。本製品の発売日は2018年10月30日である。

レビューに関する、注意事項

※手元の実機に限った内容であり、選択や時期により仕様は異なる。また標準搭載の範囲は不明。
※レビュー時点の情報をまとめている。搭載内容や仕様変更など、最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※DELLサイトにある「販売名」とは別に「コンピューターモデル名」を理解しておくこと。助言は個人的意見。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能。(注文は個人名の記入でOK)

ALIENWARE M15 の特長

Core i7-8750H搭載15型ゲーミングノート

(レビュー時点における)

レビュー時点の構成例

レビュー時点の構成例をまとめてみた。搭載するプロセッサは第8世代 Core i7-8750Hのみ。単体GPUではGeForce GTX 1060 か、GeForce GTX 1070 の選択となる。ストレージにはNVMe SSD (M.2 / PCI Express接続)を搭載しているが、デュアルストレージとしてNVMe SSDまたはハイブリッドHDDが増設できる。ディスプレイでは3通りのスペックがあり、解像度の違い、または高速駆動144Hzなどが選べる。

第8世代 Core i7-8750Hのみ
ディスプレイ
  • 15.6インチ FHD (1920 x 1080) 60Hz IPS, 300-nits 72% 色域
  • 15.6インチ UHD (3840 x 2160) 60Hz IPS, 400-nits, sRGB 100% 色域
  • 15.6インチ FHD (1920 x 1080) 144Hz IPS, 300-nits 72% 色域

レビュー実機では、15.6インチ FHD (1920 x 1080) 144Hz IPSを搭載しているが、非光沢ディスプレイ(ほかは不明)。実機を調べたところ、液晶パネルにAU Optronics(BenQグループ)製のAUO80EDを採用。このベンダーは1996年に設立された達碁科技(Acerの子会社)が2001年に聯友光電と合併してAUOになった。LG電子、サムスン電子、イノラックスに次ぐ大手液晶パネルメーカーである。なお、採用されているベンダーは時期により異なると思われるので、あくまで一例と理解してほしい。

CPU

Coffee Lake(Hシリーズ) 第8世代Coreプロセッサ(ノート向け第2弾)

  • 第8世代 Core i7-8750H 【UHD グラフィックス630 】
    (6コア/12T、9MBキャッシュ、2.2GHz / 最大 4.1GHz) TDP 45W
グラフィック
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
  • NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5
ストレージ
  • デュアルストレージ構成が選択可能
    ※NVMe SSD (M.2 / PCI Express接続) + ハイブリッドHDD
    ※NVMe SSD + NVMe SSD
メモリ 最大32GB (2x16GB) DDR4-2666MHz
カラー
  • エピック シルバー
  • ネビュラ レッド
LAN Killer Wireless-AC 1550、Bluetooth 
Killer E2500ギガビットイーサネット
光学ドライブ なし
バッテリ
  • 60WHr リチウムイオン内蔵(標準)
  • 90WHr リチウムイオン内蔵
電源 180WのACアダプタ付属(実機の測量では716g ※電源ケーブル含む)
サイズ 幅: 363 mm × 奥行き: 275 mm × 厚み: 18~21 mm /
最小重量(公称) 約2.16 kg (レビュー実機の測量では2.317 kg)

※構成ベースの販売であり、選択できるパーツの組み合わせは制限される。
※採用パーツやベンダーは供給状況により異なる。

薄型・軽量化!アルミボディのALIENWARE M15 デザイン

ALIENWARE M15 デザインカラーバリエーションでは、エピック シルバーのモデルで紹介する。アルミボディにサンドブラストの梨地加工。アルマイト加工でさらっとした手触り。なお、アルマイト加工(陽極酸化処理)とは酸化皮膜を生成させる表面処理で、これにより耐食性と耐摩耗性が向上する。ALIENWAREデザインの特徴である3本のトライアングルのライン。これは単に溝があるだけで多面体ではない。フラットな天板である。

イルミネーションゾーンのALIENWAREヘッドそしてシンボルであるエイリアン・ヘッドが付いており、ここはイルミネーションゾーンのひとつである。

15.6インチ・ゲーミングノート 幅: 363 mm × 奥行き: 275 mm × 厚み: 21 mm 。Alienwareの15.6インチ・ゲーミングノートではこれまでにないくらいコンパクト化している。ただし、そのため、従来のAlienwareノートにあった重厚さはなくなっている。

まずは、各側面ごとのデザインを見ていこう。装備インターフェースについては後ほど紹介する。

前面のデザイン

ALIENWARE M15 では左右側面前面には特に端子はなし。従来のデザインでは、両端にスピーカが配置されたが、ALIENWARE M15 では前面ではなく左右側面に配置されている。また先端がフラットではなく、少し三角形になった形状はAlienwareデザインの踏襲。

左・右側面デザイン ~デュアル排気のエアーフロー設計

21 mmの厚みに抑えている右側面のデザイン。ハイエンドノートでありながら、21 mmの厚みに抑えている。前方にスピーカを配置したデザイン。また背面だけでなく、デュアル排気口として左右側面に放熱フィンを覗かせる排気口スリットがある。

※デュアル排気のエアーフロー設計(左側1セット・右側1セットの4基排気口)。クアッド排気と言ったほうが、訴求力があると思うのだが、DELLサイトの表現を尊重することにした。

デザイン左側面のデザイン。

背面デザイン ~中央の装備端子と、両端の排気口

ALIENWARE M15 の製品画像背面デザイン背面では左右に大口の排気口があり、大型の放熱フィンが姿をのぞかせている。中央には装備端子が集まっている。

大型の放熱フィンが姿排気口のスリット。DELLサイトによれば、内部は90枚以上のファンブレードを用いた放熱フィンだという。

2つのヒンジ背面から見える2つのヒンジ。わりとディスプレイは大きく開くほうである。

底面から見るエアーフローの構造

やや横長のスタンドゴム底面では、1/3くらいが吸気口のスリットデザインであり、デュアルファンがのぞかせている。底面もおそらくアルミ素材かと思われる。やや横長のスタンドゴムが4箇所配置されている。

排気熱が逆流吸気されないように、スタンドゴムの配置を考慮していると思われる。側面の排気口とスリット・デザインでつながっている。また背面の排気熱が逆流吸気されないように、スタンドゴムの配置を考慮していると思われる。

排気口スリット底面側から見た排気口スリットのデザイン。

スピーカ

スピーカは2面両サイドのスピーカは2面にまたがったスリットデザインになっている。

ALIENWARE M15 が装備している、インターフェース

簡易マニュアル書-Alienware購入ガイドまず付属のクイックスタートガイド(簡易マニュアル書)から装備端子などをチェックする。これまでマルチ言語の説明であったが、ついに英語とアイコンのみの簡略化になった。留意点として光学ドライブやSDカードスロットは搭載していない。装備端子は左右側面・背面にあり、前面には装備していない。では実機と照らし合わせて確認していこう。

左側面 ~ギガビットイーサーLAN端子、USB3.1-Gen1

USB3.1-Gen1(PowerShare対応)左側面。セキュリティロック・スロット、通気口、ギガビットイーサーLAN端子、USB3.1-Gen1(PowerShare対応)、ヘッドセット端子を配置。大きく面積を占めるスリットは排気口で、内部に放熱フィンが見える。

スピーカを配置そしてユーザー側の手前にスピーカを配置している。出力は2W、ピーク時は2.5W。ALIENWARE M15 にサブウーファーは搭載していない。

右側面 ~USB3.1-Gen1端子×2基

USB3.1-Gen1端子が2右側面には、USB3.1-Gen1端子が2基ある。

通気口とスピーカそのほか、排気口(放熱フィンが見える)とスピーカの配置は、左側面と同様。

背面~ 外部ディスプレイ出力と、外付けGPU用端子

ALIENWARE Graphics Amplifier端子背面では、HDMI端子、ミニDisplay Port 端子、USB Type-C端子(Thunderbolt 3 対応)、ALIENWARE Graphics Amplifier端子、電源コネクタを配置。なお、ALIENWARE M15 には「ALIENWARE Graphics Amplifier端子」があるので、DELL専用の外付けGPUに対応している。

※ダウンロードマニュアルには、USB Type-C端子では「USB 3.1 Gen 2、DisplayPort 1.2、Thunderbolt 3をサポート」とある。当方では未検証。

外付けGPUのAlienware Graphics Amplifierとは

ALIENWARE Graphics AmplifierレビューこのALIENWARE Graphics Amplifierを接続すれば、さらなるパフォーマンスアップが期待できるわけだが、3.5kgほどあり、サイズも大きいため持ち運びには向かない。GPUが交換できないノートのデメリットを払拭し、グラフィックカードを換装すれば、未来の高負荷ゲームにスペックを対応させていくことができる。しかし、サイズ、価格、設置性、汎用性を考慮すると、「いっその事、デスクトップ・ゲーム機にしたほうがいいのではないか?」と、いろいろ葛藤がありそう。 2015年に調査した時のALIENWARE Graphics Amplifierレビューも参考に。

インターフェースの補足説明

※USB Type-Cは単なるコネクタ形状の規格であるため、どの転送規格に対応するかは各々異なる。
※PowerShare対応とは、PC起動なしでUSB充電用に使える機能。
※USB3.1-Gen1の転送速度はUSB3.0と同じ5Gbps(理論値)だが、電源供給力は高い。
※初心者向けに、周辺機器とつなぐ端子の知識を、パソコンの接続端子(シリアルバス規格)で解説。
※ディスプレイと接続する端子の知識を、パソコンのディスプレイ端子で解説。

180WのACアダプタ付属

180WのACアダプタが付属ALIENWARE M15では180WのACアダプタが付属する。電源ケーブルをメガネ型3Pでジョイントする(IECコネクターC5とC6なので一般的に市販されている規格)。今までレビューしてきたALIENWAREノートと違って、電源ケーブルが若干細めになっていた。モバイルということで、取り回しの良さにも考慮したのだろうか。ACアダプタを測量したところ、電源ケーブルを含め716gだったので決して軽くはない。

フェライトコア付きACアダプタ-DELLのALIENWARE M15 シリーズPC側へのケーブルも従来より細めになった気がする。フェライトコアは2つ付いている。

わりと奥行きをとってしまう背面の電源コネクタに接続。プラグが長くストレートのため、わりと奥行きをとってしまう。しかし、そもそも後方に排気スペースを取る必要があるので悲観することでもないか。

ストレージでは、NVMe SSDのデュアル構成可能

サムスン製PM981のNVMe SSDパフォーマンスレビュー実機ではサムスン製PM981のNVMe SSDを搭載している。しかも同じベンダーで2基搭載するデュアルストレージ構成。同じPCなので、完全に個体差チェックとなる。システムのCドライブよりデータ用のDドライブのほうが若干パフォーマンス高めだが、これを単なる個体差とみるか、システム用だとやや不利になると見るべきか。ちょっとした余興になった。すでにデータが格納されているSSDのほうが不利なのは当然か。

シーケンシャルリードでは3200~3400MB/s近くあり爆速。他のベンダーでは1500MB/sっていうのもあるので、NVMe SSDのなかでさらに速い。(ただし、通常の操作でその差を実感する機会がほとんどない。実質、数値的な満足感)。なお、ベンダーは供給時期により異なり、SSDには個体差もあるので、あくまでこの実機に限った一例である。

【基礎知識 : M.2 SSDについて
【 過去PCと比較 : SSD / HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス

ネットワーク・デバイス~安定した通信!Killerネットワークを搭載

Killer Wireless-AC 1550を搭載デバイスマネージャからネットワークコントローラをチェック。無線LANでは、クアルコム・アセロス社(Qualcomm Atheros, Inc.)のKillerネットワークを採用。この企業は、アメリカの半導体メーカーでLAN関連製品のトップシェアを誇っている。無線LANではKiller Wireless-AC 1550を搭載。ギガビットイーサーの有線LANでは、Killer E2500を搭載している。

ユーティリティソフト(Killer Control Center)で、ネットワーク接続をモニタリングし、オンラインゲームのパフォーマンスを最大化することができる。KillerdeはWindowsが抱えるネットワーク処理の一部を肩代わりする機能を持ち、優先度の設定に基づいてネットワーク帯域幅を最適化/管理する。CPU負荷を低減させ、ネットワークの遅延を抑えるため、とくにオンラインゲームでは安定した通信が確保できる。

15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ 144Hz (解像度1920 × 1080)

非光沢 IPS ディスプレイ 144Hz レビュー時点では3通りのスペックのディスプレイが選べるが、このALIENWARE M15 実機では、15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ 144Hz (解像度1920 × 1080)となっている。この実機のパネルではAU Optronics(BenQグループ)製のAUO80EDを採用している。ただし供給時期によりベンダーは異なる。

DELLの初期設定および推奨設定では125%拡大になっているが、ここでは(写真では)ドットバイドット表示-100%に設定し直している。見え方の感じ方には個人差はあるだろうが、15.6インチに「1920 × 1080」はドットバイドット(100%)表示でもわりと実用的で、玄人ユーザーはわりとこの組み合わせを好む傾向にある。

高速駆動のリフレッシュレート144Hz

このALIENWARE M15 レビュー実機で選択しているディスプレイのスペックは、高速駆動のリフレッシュレート144Hz 。(その他のチョイスだと通常の60Hz)。液晶モニタのスペックにあるリフレッシュレート(垂直同期周波数)とは駆動速度のことである。Hzの単位で表し、「1秒間で画面を更新できる回数」となる。通常のモニタであれば60Hz前後の範囲(例:55~75Hz)。

例えば、70Hzであれば1秒間で70回の画面を更新していることになり、1つの静止画であれば同じ静止画を70回更新して表示している。動画では1秒間に60コマ数(60 FPS)あれば滑らかに見えるので、60Hzあれば良いということである。ですから、一般ユーザーでは高速駆動のモニタでなくて充分。

なお、リフレッシュレートが低いと、1秒間の更新回数が少ないので画面のチラツキを感じる。逆にリフレッシュレートが高ければ高速更新なので、チラツキを感じること無く見ることができる。年齢や能力で個人差があるが、70Hz以上であればチラツキは気にならないとされる。※リフレッシュレートのリフレッシュは”再生、更新”という意味。

では、144Hzのように高速駆動のリフレッシュレートのメリットはなにか?

チラツキのことを「フリッカー」というが、これは眼精疲労や頭痛につながる。気になる場合はリフレッシュ レートを上げることで解消でき、一般的には75Hz以上であれば「フリッカーフリー」と呼ばれる。また、解像度が高いほど、チラツキをおさえるためリフレッシュ レートも高く設定する必要がある。

ゲームとリフレッシュレートは非常に関係がある。あるゲームのPCベンチマークテストで100FPSだったとする。これは「1秒間に100コマの画像を連続再生できる」性能を持つ。しかし、モニタ側のスペックで100Hz駆動できないのであれば、これを表示することができない。ただ、先述の通り、60 FPSあれば動画は滑らかなので、多くのPCゲームには「ディスプレイの垂直同期」というものがあり、60Hzにあわせる場合が多い。

素人だと60Hzを超えるようなリフレッシュレートでプレイしても違いが分からないが、感覚の発達した達人だとわかるという。そういうユーザーであれば、高速駆動のリフレッシュレート144Hz を選ぶ価値はある。

広視野角IPSディスプレイ、左右はわりと狭額ベゼル

IPSディスプレイ広視野角IPSディスプレイのため、極端な角度から視聴しても、色ムラや色調反転などの色度変移が起きていない。非光沢ディスプレイであるが、若干、半光沢に違い。最近は非光沢と言うと半光沢のものがトレンドっぽい。

左右のベゼルはわりと狭額上下のディスプレイベゼルは別として、左右のベゼルはわりと狭額なので、スタイリッシュ感がある。ゲームの世界に没頭できそうだ。ベゼルは光沢になっており、非光沢画面との対比にしたのだろうか。個人的には全部非光沢でもよかったのだが。

Alienwarem15ベンチマークテストベンチマークテスト中の様子。

ベゼルのWebカメラディスプレイベゼルのWebカメラ。左右にデュアルマイク、カメラの右隣に動作ライトを配置している。

ベゼルのWebカメラ下部ベゼルにALIENWAREロゴがプリントしてあり、ここは従来と違い、イルミネーションゾーンにはなっていない。

基礎知識:広視野角のIPSパネル

液晶モニタではTFT液晶(アクティブ マトリックス方式)が使われるが、IPS方式(In Plane Switching)は、TFT液晶の中で視野角が最も広く、色度変移(見る角度によって色合いが変化する現象)が少ない。DTP分野や医療用などシビアな色表現を求める業界で好まれる。従来のデメリットでは、バックライトの透過率が低い、応答速度が遅いなどがあるが、技術補正されているようで現在ではほぼ気にしなくてもよい。IPSパネルは比較的コスト高なので、上位モデルで採用されることが多い。【解説:液晶パネル(TFT液晶)の駆動方式

テンキー付きキーボードと、4ゾーンに設定できるカラーLEDバックライト

パームレストパームレストではシリコン・コーティングが施してあり、なめらかな手触りとなっている。なお、コーティングのため材質が触感で判断できず、パームレストはアルミ素材なのか確証が持てなかった。強く叩くとたわみは出るので、従来の据え置きALIENWAREノートと比べると、剛性は劣っている感じがする。おそらく軽量化のため、スチール板を敷いていないのだろう。InspironやGシリーズでよくあるパターンである。

アイソレーションキーボードを採用キーボードはアイソレーションキーボードを採用。テンキー付きとなっている。マクロキー機能を持っており、テンキーの上に4つマクロキーを装備している。後に紹介するが、キーボード面は4区画にイルミネーションゾーンを持っている。一見、Gシリーズ等で採用されている汎用キーボードパーツかと思ったが、マクロキー対応のキーボードなので、やはりALIENWAREシリーズ向けに生産されたパーツなのだろう。

パソ兄さんが知る限りでは、ALIENWAREノートのアイソレーションキーボード搭載は初めてではないだろうか。そもそも、玄人ゲームユーザーはアイソレーションキーボードを好まない傾向にある。15.6インチノートにテンキーを搭載したため、スペースの問題で部分的にフルサイズはキープできず、また多用するカーソルキーが小さくなっているのが、ゲーミングノートとして大きなデメリットになっている。どこまで妥協できるかが、選択のポイントとなりそうだ。また、マニュアルを見る限り、Nキーロールオーバー(複数同時認識)には対応していないようだ。

F1 ~ F12ファンクションキー(F1 ~ F12)とマルチメディアキー/設定キーが兼用になっている。優先キーになっているのはファンクションキー。マルチメディアキーはキーボード左下側にあるFnキーと同時押しで使う。F2はワイヤレスのオンオフ、F3~F5まではメディア・コントロールキー、F8はディスプレイの切り替え、F9・10はディスプレイ輝度調整の操作になっている。F11はタッチパッドの機能オンオフ、

注: BIOS セットアップ・プログラムで ファンクションキーの動作を変更することで、ファンクションキー(F1~F12)のプライマリ動作を定義できる。

イルミネーションF12はALIEN FX機能のオンオフで、つまりイルミネーション機能のオンオフのキーとなっている。キーボードの場合は、バックライトキーボードのオンオフである。

テンキーの上にマクロキーが4つある。プレデターに出てきそうな謎のマークが印字されているが、これはエイリアン語なので無視して構わない。マクロ機能(マクロキー) とは、キー入力の動作を予め登録しておいて、次回からは登録キー(マクロキー)によって実行することができる。もっぱらゲームユーザーにメリットがあり、複雑なコマンド入力を省きキーひとつで的確に実行できる。

マクロキーの切り替えキーホームポジションの様子。テンキーがあるのでやや左寄りのスタイルになる。マクロキーの切り替えキーがある以外はゲーム用に特化した印象がない。

ALIENWARE M15 のキーボードについて、パーツ扱いでさらにこちらで詳しく紹介!
ALIENWARE M15 で採用のキーボードパーツ 詳細レビュー

メッシュキーボード上部にはハニカムデザインのパンチングメッシュ。そして中央にはエイリアンヘッドの電源ボタンを配置。

スピーカーかと思ったがマニュアルには何も記載されていないのでここは不明。スピーカーかと思ったが、底面及び側面にあったことは確認済み。これは通気孔なのだろうか?「デュアル吸気口」というのはこれを含んでの意味か?

マクロキーの切り替えキー一体型のタッチパッド。クリックはやや固めで、カチカチ音はそれなりに。

ALIEN FX4区画にイルミネーションゾーン。ALIEN FXを使った機能なので、後に紹介する。

最新情報など、詳しくはDELLサイトへ

直販でのAlienware情報ページはこっちら

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  ALIENWARE M15 ゲーミングのキャンペーン価格!DELLサイトへ

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年7月16日(火)まで】
XPSシリーズ、Gシリーズがお得!20%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大35,000円オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

プレゼントキャンペーン!2019年7月22日(月)まで
Core i5以上搭載PC購入で、Amazonギフト券10,000円分を抽選で200名様にプレゼント

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.