DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL法人向けノート
  4. Vostro 14(5481)

Whiskey Lakeの14インチモデル!アルミボディ&狭額ベゼル!広視野角IPS

DELL Vostro 14 (5481)レビュー

Whiskey Lake設計のVostro 14 5000(5481)こと、Vostro 5481(コンピューターモデル名)をレビューする。天板と底面にアルミ素材採用しており、ボディにプレミアム感がある。14インチ 非光沢 IPSディスプレイ搭載で、フルHD(1920 × 1080)と高解像度。そして広視野角のIPSパネル採用している。約7mmの狭額ディスプレイベゼルで、フレームレスのすっきりした画面が特長。

Vostro 5481~狭額ベゼルとアルミボディの14インチノート

DELL Vostro 14 (5481)レビューレビュー時点のカラーバリエーションでは、アーバン・グレーとアイス・グレー の2色あるが、ここではアーバン・グレーのモデルで紹介する。

エントリーであるがGeForce MX130 2GB GDDR5搭載可能なので、少しばかりグラフィック機能の底上げができる。プロセッサはCore i5-8265UかCore i7-8565Uの二択。ストレージでは高速PCI Express接続のNVMe SSDと2.5インチHDDのデュアル構成も可能。光学ドライブは搭載していない。バックライト・キーボード機能、指紋認証リーダーは別途オプションで追加可能である。※レビュー時点にて

DELL Vostro 14 (5481)
2019年2月論評
Whiskey Lake
(Uシリーズ)

レビューした、DELL Vostro 14 (5481)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 14インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)
  • 第8世代 Core i7-8565U(4コア / 8T、8MBキャッシュ、最大 4.6GHz)
  • 8GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce MX130 2GB GDDR5
  • 128GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express接続)+1TB HDD(2.5インチ)

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  Vostro 14 5000(5481)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2019年2月5日時点のレビュー。本製品の発売日は2018年12月4日である。

レビューに関する、注意事項

※レビュー時点および手元の実機に限った内容であり、選択や時期により仕様は異なる。助言は個人的意見。
※標準搭載の範囲は不明。搭載内容や仕様変更など、最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※DELLサイトにある「販売名」とは別に「コンピューターモデル名」を必ず理解しておくこと。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能。(注文は個人名の記入でOK)

概要

※当方のレビュー時点におけるものである

Whiskey Lake設計~構成例

レビュー時点の構成例をまとめてみた。構成ベースの販売であり、パーツの組み合わせは制限される。また採用パーツやベンダーは供給状況により異なる。

Whiskey Lake設計
ディスプレイ
  • 14インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)

レビュー実機では、液晶パネルにAU Optronics(BenQグループ)製の【AUO453D】を採用。このベンダーは1996年に設立された達碁科技(Acerの子会社)が2001年に聯友光電と合併してAUOになった。LG電子、サムスン電子、イノラックスに次ぐ大手液晶パネルメーカーである。なお、採用されているベンダーは時期により異なると思われるので、あくまで一例と理解してほしい。

CPU

第8世代Coreプロセッサ(ノート向け第3弾)

  • 第8世代 Core i5-8265U
    (4コア / 8T、6MBキャッシュ、1.6GHz / 最大 3.9GHz) TDP 15W
    内蔵グラフィック 【UHD グラフィックス620 】
  • 第8世代 Core i7-8565U
    (4コア / 8T、8MBキャッシュ、1.8GHz / 最大 4.6GHz) TDP 15W
    内蔵グラフィック 【UHD グラフィックス620 】
グラフィック
  • 各CPUの統合型(内蔵)グラフィック
  • NVIDIA GeForce MX130 2GB GDDR5
ストレージ
  • 1TB HDD(2.5インチ)
  • 256GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express接続)
  • 128GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express接続)+1TB HDD(2.5インチ)
カラー
  • アーバン・グレー
  • アイス・グレー
キーボード
  • 日本語 非バックライト・キーボード
  • 日本語 バックライト・キーボード
ワイヤレス インテルWireless-AC 9462、Bluetooth ※レビュー実機の場合
光学ドライブ なし
バッテリ
  • 3セル(42WHr) 内蔵
電源
  • 45WのACアダプタ(内蔵グラフィック仕様の場合)
  • 65WのACアダプタ(GeForce MX130搭載の場合)(326g ※電源ケーブル含む)

※重量はレビュー実機の測量によるもの

サイズ 幅: 325 mm × 奥行き: 232 mm × 厚み: 18 mm /
最小重量(公称) 約1.55 kg (レビュー実機の測量では1.634 kg)

※構成ベースの販売であり、選択できるパーツの組み合わせは制限される。
※採用パーツやベンダーは供給状況により異なる。

天板と底面がアルミボディのプレミアムデザイン

ここでレビューしているVostro 14 (5481)は アーバン・グレー のモデルである。アイス・グレーの場合、Vostro 15-5581と同じならば極めてシルバーに近いカラーになる。このアーバン・グレーをわかりやすく表現すると、「少し青みのある淡めのガンブラック」である。光の当たり具合で表情は変わりやすい。

Vostro 14 (5481)のアーバン・グレーDELLサイトではアルミニウム筐体とアナウンスしており、見た所、天板と底面ボディがアルミ素材であり、パームレストはポリカーボネート(工業プラスチック)のようだ。筐体は材質からしてそこそこの高級感がある。アルミボディにサンドブラストの梨地加工。アルマイト加工でさらっとした手触り。なお、アルマイト加工(陽極酸化処理)とは酸化皮膜を生成させる表面処理で、これにより耐食性と耐摩耗性が向上する。おそらく色付けは蒸着だろう。天板中央にはDELLロゴを配置しており、少し溝になった加工になっている。

14インチノートとしてはややコンパクト化Vostro 14 (5481)のサイズは、幅: 325 mm × 奥行き: 232 mm × 厚み: 18 mm。狭額ディスプレイベゼルのため、14インチノートとしてはややコンパクト化している。14インチノートは、モバイルにしては画面がやや大きめ、据え置き用にしてはやや小さめで「中間的」な存在。基本的にはホームモバイルというジャンルであり、バッテリー駆動にて家中のどこへでも自由に使うというニーズである。ただ、厚みが18mmとスリムなので、カバンに入れやすく屋外モバイルでも無理のないサイズである。

最小重量(公称)約1.55 kg であるが、Vostro 14 (5481)レビュー実機の測量では1.634 kgだった。やや重めになったのは、2.5インチHDDを搭載している影響かと思われる。

左側面デザイン

装備端子は奥側左側面のデザイン。装備端子は奥側に集まっているので、接続時のケーブルは煩わしくなりにくい。

右側面

こちらも装備端子が比較的奥に配置右側面。この薄さだから当然だが、光学ドライブは搭載していない。こちらも装備端子が比較的奥に配置しているため、有線マウスなどを常時接続していてもケーブルが煩わしくなりにくい。装備端子は後ほど紹介する。

SDカードSDカードはやや突き出しぎみになる。

前面

ビス止め前面には、装備端子もなく、ビス止め箇所が見えるのみ。

ユニボディ構造、アルミの底面

Vostro 14 (5481)の底面背面も天板と同様でアルミ素材。中央にはVostroロゴのプレス加工。底面から端子がある側面まで一体型であり、つまり底面側は一枚のプレートをプレス加工して、トレイみたいな形状にしてある。これはつなぎ目が少ない「ユニボディ設計」であり、比較的堅牢性に長けた設計である。スタンドゴムは横長の土手が2本。カラーも底面に合わせている。

底面を側面から見た様子。わりと丸みを帯びたデザイン。

スピーカ左右両脇に配置されているスピーカ。ほぼ底面にあるが、スタンドゴムの高さで空間を確保している構造。大ボリュームにしない限りは共振などの心配はいらない。

背面とヒンジ(蝶番)

。ヒンジの隙間に排気口背面には装備端子がなく、横長のヒンジのみ。ヒンジの隙間に排気口を配置している。

ディスプレイベゼルのポリカーボネート天板と底面のアルミ素材、そして、パームレストとディスプレイベゼルのポリカーボネート(工業プラスチック)素材。違う材質でサンドウィッチ状態のツートーン。角はRを取り入れたデザイン。

Vostro 14 (5481)の排気口排気口の様子。右側の大きめのスリットのところに、放熱フィンを内蔵しているようだ。低発熱系のノートではヒンジの隙間に排気口を持つ場合が多い。スタンドゴムが土手になっており、排気熱が吸気口に再び吸気されない構造になっている。

ディスプレイ角度の調整ディスプレイはここまで開く。通常の用途なら十分な可動域だろう。

GeForce MX130搭載だと、65W-ACアダプタ付属

65W-ACGeForce MX130搭載の場合、65WのACアダプタが付属する。PC側へのケーブルは細めだが、ジョイントする電源ケーブルは太めなので取り回しはよくない。しかし、一般的に市販されているメガネ型3P(IECコネクターC5とC6)なので、市販品への変更は可能。測量したところ、電源ケーブルを含め326gだった。電源ケーブル無しでは222g。

Vostro 14(5481)が装備するインターフェース

装備する端子をチェック左側面に装備する端子をチェック。電源コネクタ(隣にステータスライト)、USB Type-C端子(USB3.1-Gen1、Display Port 端子対応)、HDMI端子、USB3.1端子×2基、ヘッドセット端子を配置。

※DELLサイトではUSB Type-C端子で電源供給(おそらくUSB Power Delivery)に対応すると記載されているが、ダウンロードマニュアルには記載されていない。当方では未検証なのであしからず。

右側面では、SDカードスロット、USB2.0端子、ギガビットイーサーLAN端子、セキュリティロック・スロットを配置。LAN端子は挿入時に開口するギミックになっている。

インターフェースの補足説明

※USB Type-Cは単なるコネクタ形状の規格であるため、どの転送規格に対応するかは各々異なる。
※USB3.1-Gen1の転送速度はUSB3.0と同じ5Gbps(理論値)だが、電源供給力は高い。
※初心者向けに、周辺機器とつなぐ端子の知識を、パソコンの接続端子(シリアルバス規格)で解説。
※ディスプレイと接続する端子の知識を、パソコンのディスプレイ端子で解説

狭額!14インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)

Vostro 14 (5481)のIPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080) 14インチ非光沢ディスプレイに1920 × 1080解像度の搭載。レビュー時点ではディスプレイの仕様がこれのみとなっている。また広視野角のIPSパネルを採用している。この実機ではAU Optronics(BenQグループ)製の【AUO453D】パネルだが、供給時期によりベンダーは異なる。

DELLの初期設定および推奨設定では150%拡大になっているが、ここでは(写真では)ドットバイドット表示-100%に設定し直している。私的には14インチに1920 × 1080のドットバイドット表示(100%)は許容範囲。ディスプレイの見え方に関しては、視力や好みの違いにより意見が分かれるので、あまり正解/不正解をいう気はない。ドットバイドットに拘らなければ、自由に拡大設定をすればいい。拡大時に発生する「にじみ」を軽減する機能も付いている。

フレームレスで映像視聴では世界観Vostro 14 (5481)のセールスポイントである狭額ディスプレイベゼル。左右のベゼルは約7mmほどの幅でスタイリッシュ。かつその分のスペースがコンパクト化につながっている。フレームレスで映像視聴では世界観に没頭できる。

6.8mm少し厳密に測ると6.8mmくらいかな。

Vostro 14 (5481)の搭載は広視野角IPSディスプレイ広視野角IPSディスプレイのため、極端な角度から視聴しても、色ムラや色調反転などの色度変移が起きていない。若干光沢性があるが、ほぼ非光沢画面なので目にも優しい。

Webカメラを内蔵している上部もわりと狭額ディスプレイベゼルだが、Webカメラを内蔵している。左右にデュアルマイク、カメラの右隣に動作ライトを配置している。下部ディスプレイでは、安っぽいプリントではなく立体的に加工されたDELLロゴ。写真ではわかりにくいが極僅かにラメ粉を含んでいるようで、目を凝らして見るとディスプレイベゼルは少しスパークリングになっている。

基礎知識:広視野角のIPSパネル

液晶モニタではTFT液晶(アクティブ マトリックス方式)が使われるが、IPS方式(In Plane Switching)は、TFT液晶の中で視野角が最も広く、色度変移(見る角度によって色合いが変化する現象)が少ない。DTP分野や医療用などシビアな色表現を求める業界で好まれる。従来のデメリットでは、バックライトの透過率が低い、応答速度が遅いなどがあるが、技術補正されているようで現在ではほぼ気にしなくてもよい。IPSパネルは比較的コスト高なので、上位モデルで採用されることが多い。【解説:液晶パネル(TFT液晶)の駆動方式

キーボード

このVostro 14 (5481)実機パームレストはポリカーボネート(工業プラスチック)であり、天板や底面がアルミの素材ため、ややギャップを感じる。レビュー時点ではバックライトキーボードの選択が可能であるが、このVostro 14 (5481)実機では非バックライトの仕様となっている。

搭載されているのは、Inspiron 14(5480)などで採用のキーボードパーツ(パーツ詳細はリンク先にて)。

13.3インチノート向けのキーボードパーツを採用ホームポジションの様子。同世代のモデルでも採用されている13.3インチノート向けのキーボードパーツを採用している。キーストロークはやや浅めで、ざっくり測量したところ1mmほど。浅いながらも底打ち感はあるので、まずまず許容範囲か。

ファンクションキー(F1 ~ F12)とマルチメディアキー/設定キーが兼用になっているため、優先キーになっていない方はキーボード左下側にあるFnキーと同時押しで使う。なお、「Fn + Esc キー」を押すと、その優先順を切り替えることができる。F1~F6まではメディア・コントロールキー、F8はディスプレイの切り替え、F11・12はディスプレイ輝度調整の操作になっている。

キーボード右側。一部のキー(BackSpace、Enter、shiftなど)はその横のキーと隣接させつつ、キートップの段差で隔離している加工。これはユーザービリティのためではなく、単なるコストダウン加工と思われる。プレートの穴開けが英字キーボードと一致していることから、加工をグローバルで共通化させてコストダウンを図っているようだ。 BackSpaceと¥のキーが小さいのでやや扱いづらいのがデメリット。カーソルキーが段差になっていないところも残念なところ。

一体型のタッチパッド。面積はわりと広く、ガタガタする印象はない。クリックはやや重め。写真ではほとんど分からないが、パームレストは極僅かにラメ粉を含んでいるようで、目を凝らして見ると少しスパークリングになっている。

電源ボタン。DELLサイトによれば電源ボタンが指紋認識リーダーになるオプションもあるが、このVostro 14 (5481)実機では、非搭載の仕様。LED点灯もないのでややエントリーな電源ボタン。些細なことだが、パームレストのエッジは比較的鋭利で、擦るとジョリジョリするほど。怪我をするほどではないが、古い角質を削ることくらいはできる。ツンツンしたものが苦手ならば留意しておいたほうがいい。天板のエッジもやや尖り気味だが、ジョリジョリするほどではない。

Whiskey Lakeのプロセッサ、Core i7-8565Uのスペック

Vostro 14 (5481)に搭載したCore i7-8565Uレビュー実機に搭載した、Core i7-8565Uのスペックをチェック。TDP(熱設計電力)15Wの低消費電力プロセッサで4コア実装、HTテクノロジーによって8スレッド動作する。定格は1.8GHz だが、ターボブーストにより最大4.6GHzまでクロックアップする。第8世代CoreプロセッサとしてはKaby Lake Refresh、Coffee Lake~と続き、第3弾目に当たる。(異なる3つのアーキテクチャで、それぞれ8世代Coreが混在していて厄介・・・)。 プロセスルールは14nm++となっている。統合型(内蔵)グラフィックはKaby Lake Refreshと同じネームであり、インテル UHD グラフィックス620。CoffeeLake-U世代からはスペックダウンしている。

TDP 15Wで " 4コア実装8スレッド動作のCPU " は、Kaby Lake Refresh(第1弾・8世代)ですでに存在していたが、3弾目ということでさらに改良が加えられている。大きな違いは統合PCH(メモリやグラフィックなどのインターフェース・コントローラー)である。ネットワークでは、インテルWireless-AC 160MHzの「ギガビットWi-Fiコントローラー」が内蔵されており、4K解像度のストリーミング再生がシームレスに行える。

高性能化に関しては、旧8世代よりもブーストクロックが引き上げられている傾向にある。ただ、統合型(内蔵)グラフィックは、ネームから推測できるようにKaby Lake Refreshと大差はないようだ。実際、第9世代Coreプロセッサまでのつなぎである印象は隠せない。それでも従来と比べて、TDP15Wのプロセッサ搭載PCとしてはパフォーマンスは高い。

Core i7-8565U搭載のPCをわりと多くレビューCINEBENCH R15のベンチマークテスト結果(オレンジ色のバー)。Core i7-8565U搭載のPCをわりと多くレビューしてきたが、マルチスレッドでは平均的にみるとスコア650あたり。シングルスレッドは省略したが、過去にレビューしたPCのもの(茶色のバー)を参考にしてよさそうだ。

KabyLake Refreshの「i5-8250U、i7-8550U、i7-8650U」と、どんぐりの背比べをしている。とくに目覚ましいといえるようなパフォーマンスアップは見られない。(とは言ってもSandyBridgeのデスクトップ向けであるCorei7-2600に迫るパフォーマンス)。シングルスレッドを見ると、これらよりも極僅かに上であり、ターボブースト高さゆえの効果かと思われる。シングルスレッドのアプリで効果がちょこっと期待できそうだ。

【 過去PCと比較 : CINEBENCH R15のレンダリングで、パフォーマンスチェック

NVIDIA GeForce MX130 2GB GDDR5

NVIDIA GeForce MX130のスペックそして今回のVostro 14 (5481)レビュー実機に搭載している単体グラフィック、NVIDIA GeForce MX130のスペック詳細。ビデオメモリには2GB GDDR5を搭載。CPUの内蔵グラフィック(UHD グラフィックス620 )と切り替えて動作させることが可能。(NVIDIAコントロールパネルから切り替えることができる。)

切替可能グラフィックの解説~NVIDIA Optimus と、AMD Enduro 電力管理テクノロジー】

ゲームのベンチマークテスト

構成はCore i7-8565U(8MBキャッシュ、最大 4.6GHz)ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター (1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン)で、ベンチマークテストを実施。ちょっとハードルが高かったか、「普通」とはいえ、あまり現実的ではない。せいぜい1280×720解像度が妥当だろう。単体GPUといってもエントリーなグラフィックであるため、明確な目的がないのなら、内蔵グラフィック仕様のままでもいい気がする。

この構成のパフォーマンスなら、DELL Inspiron 14 5000 2-in-1 (5482)のレビューを参考に。

以下、他のPCと比較した場合。NVIDIA GeForce MX150 搭載PCだと、GeForce MX130よりちょっとパフォーマンスが高め。CPUの影響もあるが、GeForce GTX 1050 Ti やRadeon RX Vega M GL はずっと格上である。

DELL Vostro 14 (5481)
2019年2月論評

DELL Vostro 14 (5481)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8565U(8MBキャッシュ、最大 4.6GHz)
  • 8GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce MX130 2GB GDDR5
2230
DELL XPS 15(9570)
2018年8月論評

DELL XPS 15(9570)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8750H (9MBキャッシュ、最大 4.1GHz)
  • 16GB (8GB×2) DDR4メモリ - 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5
6875
XPS 15 2-in-1(9575) ※2台目のレビュー機
2018年10月論評

DELL XPS 15 2-in-1(9575) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8705G(8MBキャッシュ、最大 4.1GHz) 
  • 8GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • Radeon RX Vega M GL グラフィックス 4GB HBM2
5728
DELL Inspiron 14(7472)
2017年11月論評

DELL Inspiron 14(7472)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代Core i7-8550U(8MB キャッシュ, 最大 4.0 GHz)
  • 8GB DDR4 2400MHz メモリ
  • NVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5
3027
Inspiron 14 (5480)
2018年12月論評

DELL Inspiron 14 (5480)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8565U (8MBキャッシュ、最大 4.6GHz)
  • 8GB DDR4メモリ- 2666MHz (シングル)
  • NVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5
2778

※ゲームタイトルのリンクをクリックすると、 当方過去のレビューPCと比較できる。
※ベンチマークテスト中では、ACアダプタは常時接続している。

基礎知識:ゲームのベンチマークテストについて

※3Dゲームでは美麗な描写処理を担うグラフィック(GPU)の性能が重視されるが、CPUも軽視できない。炎、煙、風、速度などの自然現象をシミュレーションする物理演算(エフェクト)や、プレイヤーが操作しないキャラクター(NPC-non player character)を動かすのは人工知能(AI)であり、それはCPUが担う。ゆえにCPUの依存度はゲームの内容による。なお、CPU内蔵グラフィック仕様の場合(単体GPUの搭載なし)は、ビデオメモリを持たないため、メインメモリが代用される。そのため、搭載メモリの環境によってパフォーマンスが左右されやすいことを念頭に置いたほうがいい。

Vostro 14 (5481)のストレージ、サウンド、ネットワーク

ストレージ(今回はデュアル構成)

KBG30ZMS128G NVMeを搭載レビュー実機では、ストレージがM.2 SSDと2.5インチHDDのデュアルストレージ構成となっている。Cドライブには東芝製のKBG30ZMS128G NVMeを搭載。高速PCI Express接続のNVMe SSDである。データ用にはシーゲート製のHDDを搭載。パフォーマンスはこの通りで、NVMe SSDが比較的おとなしめだが、体感速度としては十分だろう。

【基礎知識 : M.2 SSDについて
【 過去PCと比較 : SSD / HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス

通信および、映像・サウンドのユーティリティ

Wireless-AC9462デバイスマネージャからネットワークコントローラをチェック。無線LANはインテルWireless-AC9462、有線LANはRealtek(カニさん)のギガビットイーサーなので、サーバー構築している環境でも速度に問題なし。

Waves MaxxAudio Pro搭載

ユーティリティソフト-Waves MaxxAudio Pro画像サウンドチューニングにWaves MaxxAudio Proを搭載。内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでも、デジタル処理で効果的なサウンドを展開するサウンド補正技術。 ゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。ユーティリティソフトを使ってイコライザー調整ができる。

Vostro 14 (5481)のレビューは以上。

最新情報など、詳しくはDELLサイトへ

購入ガイドサイト-Vostro 14 5000(5481)のキャンペーン

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  Vostro 14 5000(5481)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

パソ兄さんサイトをご覧の方は、特別なお客様限定クーポン利用可能です!

DELL法人モデル「特別なお客様限定クーポン」

【法人モデル】 なんと、最大25%OFFクーポン発行!当サイトをご覧になった方に限定でご優待。
【25% OFFクーポン対象】Precisionワークステーション
【20% OFFクーポン対象】Vostroデスクトップ、Vostroノートパソコン
【15% OFFクーポン対象】OptiPlex デスクトップ、Latitude ノートパソコン

クーポン掲載ページへ特別ご案内 ⇒ 法人様向け製品限定クーポン【DELL公式】

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.