DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Chromebook 11

DELL Chromebook 11レビュー!Google Chrome OS搭載ノート

2014年11月に、日本では初となるGoogle Chrome OS搭載ノートPC、Chromebook 11が発売された。Chromeブラウザのみが使える11.6インチノートで、用途としては、ひと昔流行したネットブックにその存在が似ている。ただ、今回のはクラウドにデータを置くことを基本としており、一言でまとめると「クラウド世代のWebブラウジング専用ノート」。そんなChromebook 11をレビューしてみた。

今回レビューしたChromebook 11の構成
Chrome OS環境では「全ての作業をWebブラウザーで行う」という特徴があり、WindowsでChromeを利用している感覚に似ている。必要なアプリは「Chromeウェブストア」から追加する。Webブラウザーが動く程度のスペックで充分であり、Webブラウジングに特化したシンプルさゆえ、Windowsと比べると起動行程が少なく、その分起動や終了の速度が速い。

クラウドを使うため、ユーザーのデータ保存はPC本体(ローカル)に置かないのが基本となる。そのため、OSとブラウザが保存できる低容量のストレージがあればよい。しかもデータをローカル上に保存しないメリットとして、次ようなことがある。

「パソコン買い替え時のデータ引っ越しの手間がない、ストレージの故障でデータ消失のリスクがない、極秘資料データを持ち歩くリスクもない。」 当然、Googleアカウントと無線LAN環境は、Chromebook 11を活用する上で必須といえる。
(※もちろん、オフラインで出来ることは多々ある)

先述の理由から低スペックで充分な上に、OSそのものが無料であるため、Chrome OS搭載ノートは非常に低価格であり、Chromebook 11は3万円台で購入できる。今回レビューしたChromebook 11の構成は以下の通り。

Chromebook 11
2015年2月レビュー
Haswell設計

DELL Chromebook 11

  • Chrome OS
  • 11.6インチ光沢液晶 (1,366×768)
  • インテル Celeron 2955U (1.40GHz)
  • 2GB DDR3L メモリ
  • インテル HD グラフィックス
  • 16GB SATA SSD

2015年2月時点のレビューとなる。 最新情報は上記リンク先へ!

今回レビューしたChromebook 11のデザイン ~ ベースはInspiron 11(3137) か?

今回レビューしたChromebook 11の天板デザインと色
Chromebook 11では、基本デザインがInspiron 11(3137) とまったく同じであり、装備端子やキーボードが異なっている程度。天板はシリコンコーティングされており、滑らかな手触りとなっている。マット・ブラックで指紋も付きにくい。

chromeのロゴ
天板にはDELLロゴとchromeのロゴが配置されている。

11.6インチ光沢液晶
ディスプレイは11.6インチ光沢液晶に、HD解像度(1,366×768)。Chromebook 11のニーズからすれば、過度な広領域は必要ないためバランスが良い。ベゼルの段差がないフラットディスプレイであり、上部にWebカメラを内蔵。

Chromebook 11は11.6インチある
かつてネットブックといえば10インチが主流であったが、Chromebook 11は11.6インチあるので結構しっかりと見られる画面サイズだ。

側面デザイン
Chromebook 11の前面と背面には、装備端子がない。幅294mm×奥行200mm×厚み25mmほど。重量は約1.32kgなのでモバイルPCといえる。


Chromebook 11の左側面には「電源コネクタ、HDMI、USB 3.0×2、ヘッドセット端子」を配置 。右側面ではSDカードスロットとセキュリティロック穴を配置。なお、左右側面にスピーカを配置しているため少々違和感があるが、使用上でデメリットに感じることはなかった。

アイドル時の消費電力-Chromebook 11の調査
デザイン性のあるACアダプタ。プラグ先のLEDが白く点灯する。アイドル時ではたったの5Wほどだった。

機能系
Chromebook 11が採用しているのはアイソレーションキーボードであり、Windows PCが使えるのなら何の支障もなく操作できる。ただし、当然のことながらWindowsスタートキーといった特有のものはない。ファンクションキーが置かれる列には、機能系のキーが割り振られている。なお、電源ボタンがBackspaceの上にあって、違和感を感じた。

一体型のタッチパッド
Webブラウジングに特化ということで、タッチパネルやタブレットなどPC市場でいろいろ展開してきたが、「やはり、リアルキーボードに原点回帰するのか」という印象。一体型のタッチパッドだが、反応はよい。

Chromebook 11の底面デザインと質感
底面の吸気口。2つのスタンド足の隙間から空気が入り込む機構となっている。

Chromebookのデメリットと対処

Chromeブラウザーのみで利用する特化型PCであるが、操作性はWinodwsに似ている。スタートメニューからアプリを呼び出したり、マルチウィンドウで複数の画面を開いたりする。Chrome OSに慣れていなくても、わりと感覚的に操作を覚えられるだろう。
ただ、Windowsパソコンではないため、それに伴うデメリットがある。

MS Office、iTunes、PhotoshopなどのWindowsアプリはインストール出来ない。しかし、似た機能を持つアプリをChromeウェブストアから入手することができる。周辺機器に関しては、googleクラウド対応プリンタにてインターネット経由で対処する。Windows共有フォルダーが使えないため、Win/Mac間の共有化としてクラウド・ストレージにてアップロードとダウンロードを行う。

Chromebook 11のパフォーマンス検証

現在ではWindowsパソコンほどの汎用性はないが、クラウドサービスが充実化するのであれば将来性のあるジャンルである。とにかく低価格で販売されているので、セカンドPCとして購入検討してもいいかもしれない。

ちなみにChromebook は「低スペックPCでいい」と言っているが、DELL Chromebook 11の処理性能はナメられるほどショボくはない。以前、同構成「Celeron-2955U+2GB DDR3Lメモリ」搭載したInspiron 11(3137)をレビューしているが、ストリートファイター4の1280×720 ウィンドウ表示にてAVERAGE 42.54 FPSをマークしている。

Inspiron 11(3137)レビュー
2013年
Haswell設計

DELL Inspiron 11(3137) ※Celeron-2955U の参考に

  • Windows 8 (64bit)
  • 11.6インチ光沢液晶(解像度1366 × 768)
  • Celeron-2955U (1.4GHz, 2MB キャッシュ)
  • 2GB (2GBx1) DDR3Lメモリ(1600MHz)
  • インテル HDグラフィックス
  • 500GB SATA HDD(5400回転)
42.54 FPS
Pentium D
2006年
NetBurst 設計

比較: 自作パソコン(Pentium D)

  • Windows XP Home Edition SP3 32bit
  • Pentium D 915 (2.8GHz, 4MB L2 , 800MHz FSB)
  • 1GB (512MBx2) DDR2-SDRAM メモリ
  • RADEON HD 3650 512MB
  • 160GB SATA HDD(7200回転)
42.41 FPS
Inspiron 15z Ultrabook
2012年
Ivy Bridge設計

比較: DELL Inspiron 15z Ultrabook(5523)

  • Windows 8 (64bit)
  • 15.6インチ光沢液晶(1366 x 768)
  • Core i5-3317U (1.7GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB (4GBx1) DDR3メモリ(1600MHz)
  • インテル HDグラフィックス4000
  • 500GB SATA HDD(5400回転)
41.52 FPS
Celeron-2955UのCPU性能としては、CINEBENCH R10 ベンチマークテストで 処理時間 ⇒2分49秒。 2009年ごろのミドルレンジノートに近いと見れる。
Inspiron 11(3137)レビュー
2013年
Haswell設計

DELL Inspiron 11(3137) ※Celeron-2955U の参考に

  • Windows 8 (64bit)
  • 11.6インチ光沢液晶(解像度1366 × 768)
  • Celeron-2955U (1.4GHz, 2MB キャッシュ)
  • 2GB (2GBx1) DDR3Lメモリ(1600MHz)
  • インテル HDグラフィックス
  • 500GB SATA HDD(5400回転)
処理時間 ⇒2分49秒
Core 2 Duo
2008年
Coreマイクロ~設計

比較: 自作パソコン(Core 2 Duo)

  • Windows Vista Home Basic SP1 32bit
  • Core 2 Duo E8400 (3GHz, 6MB L2 , 1333MHz FSB)
  • 4GB (2GBx2) DDR2-SDRAMメモリ
  • RADEON HD 4650 512MB
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
処理時間 ⇒2分31秒

デルstudioxps16
2009年
Coreマイクロ
アーキテクチャ設計

比較: DELL Studio XPS 16(1640)

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • 15.6インチ WLED光沢液晶(1600x900)
  • Core 2 Duo P8700 (2.53GHz, 3MB L2キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • ATI Mobility RADEON HD 4670 1GB
  • 500GB SATA HDD(5400回転)
処理時間 ⇒2分33秒

Google Chrome OS搭載Chromebook 11登場
Chromebook 11はGoogle Chrome OS搭載のため、ベンチマークテストができないが、以上の調査からCeleron-2955U 搭載のPCがどれほどのものか推測できる。

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.