DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. XPS 13

Infinity DisplayモデルのXPS発表会で、デザイナーが来日。デザインの魅力を語る!

新しくなってXPS 13(9350)、XPS 15(9550)が新発売!

極限に薄いベゼル「Infinity Display」の13.3インチモバイルノートXPS 13(9343)が、2015年1月に発売し、当サイトでもレビュー紹介したが、この度、2015年10/20に後続機のXPS 13(9350)が発売された。基本デザインは踏襲されているが、新たに「Thunderbolt 3 / with USB 3.1 Type-C端子」が追加されるなどインターフェースに変化がある。また、前モデル(9343)では第5世代CoreのBroadwell設計だったが、第6世代Core i5 /i7(Skylake設計)へとテクノロジーの一新がされている。

極限極薄ベゼル「Infinity Display」のモデルとして、新たに15.6インチノートが追加され、XPS13のデザインを踏襲したXPS 15(9550)も新発売された。据え置きで定番サイズの15.6インチで、Infinity Displayが堪能できるようになった。

2015年10/20のXPS発表会で、新XPS 13とXPS 15がお披露目

XPS 13(9350)、XPS 15(9550)が新発売2015年10/20、XPS発表会に参加してきたのでレポートする。同日発売の、新XPS 13とXPS 15がお披露目された。前モデルからデザインを踏襲しており、やはりInfinity Displayの超狭額ベゼルが目を引く。

2015年1月からXPS 13(9343)を出荷し、「グッドデザインアワード2015を受賞したデザインの良さ、バッテリの持ち、起動の速さ、コンパクトでも見やすい画面、キーボードの打ちやすさ」で評価が得られた。この効果で、この製品セグメントでは販売台数対前年比で5倍の成長だという。(※2014年2~9月、2015年2~9月の実績値対比)。とくに都市部でのニーズが多かったらしい。

ちなみにXPSとは、「Xtreme Perfomance System」の略なんだとか。DELLに興味を持ち始めた2005年ごろは、「ゲームPCブランド=XPS」だったのが、今ではすっかりブランド展開が変化している。そんな人気を博したXPS 13(9343)の後続機に、XPS 13(9350)が登場したので、構成概要をチェックしてみる。

XPS 13(9350)の構成例 ※新発売時

CPU
  • 第6世代インテル Core i5-6200U (3M キャッシュ, 最大 2.8 GHzまで可能)
  • 第6世代インテル Core i7-6500U (4M キャッシュ, 最大 3.1 GHzまで可能)
グラフィック 単体GPU非搭載 (各CPUの統合型GPU採用:インテル HD グラフィックス 520 )
ディスプレイ
  • 13.3 インチ 非光沢 (1920 x 1080) InfinityEdge ディスプレイ
  • 13.3 インチ (3200 x 1800) InfinityEdge タッチ ディスプレイ
メモリ
  • 4GB LPDDR3 メモリ1866MHz
  • 8GB LPDDR3 メモリ1866MHz
ストレージ
  • 128GB SSD
  • 256GB PCIe SSD

第6世代Core i5 /i7(Skylake設計)へとテクノロジーの一新がされている。モバイルらしく超低電圧版のUシリーズを採用。グラフィックはCPUに内蔵しているものが使われる。(Core i5-6200U、Core i7-6500Uではインテル HD グラフィックス 520 )。バッテリ駆動時間は最大18時間で世界最長レベルだという。

Thunderbolt 3 / with USB 3.1 Type-C端子」という次世代の端子が実装された。最大40Gbpsの高速転送が可能で、複数デバイスの接続ができる。 ※注:情報に関して、販売時期や供給事情により変わる場合がある。

XPS 13(9350)新発売情報XPS13の右側面。USB 3.0 x 1基(PowerShare対応)、メディアカードリーダーを装備。

XPS13の左側面。電源コネクタ、Thunderbolt 3/USB 3.1 Type-Cポート(兼用) x 1基、USB3.0端子×1基、ヘッドセット端子を装備。光学ドライブは搭載しない。1.2kgのコンパクトボディだ。

XPSとは、「Xtreme Perfomance System」XPS 13(9350)では新色にゴールドが追加された。家電等ではよくシャンパンゴールドと呼ばれるカラーに近い。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :最新モデル  XPS 13(9360)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

詳しくはDELL公式サイトにて。XPS 13(9350)のレビューはこちら!

XPS 15(9550)の構成例 ※新発売時

CPU搭載例
  • 第6世代インテル Core i5-6300HQ クアッドコア (6M キャッシュ, 最大 3.2 GHzまで可能)
  • 第6世代インテル Core i7-6700HQ クアッドコア (6M キャッシュ, 最大 3.5 GHzまで可能)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB GDDR5
ディスプレイ
  • 15.6インチ (1920 x 1080) InfinityEdge
  • 15.6インチ 4K (3840 x 2160) InfinityEdge タッチ
メモリ
  • 8GB デュアルチャネル DDR4 2133MHz (4GBx2)
  • 16GB デュアルチャネル DDR4 2133MHz (8GBx2)
ストレージ
  • 1TB HDD + 32GB SSDキャッシュ
  • 512GB PCIe SSD

単なるXPS 13(9350)のデカ版かと思いきや、HQのクアッドコアCPUやGeForce GTX 960M を搭載しており、本格ゲームの入門機にもなれる高性能パーツ構成。XPS 13(9350)とは逆に、省エネ志向よりもハイパフォーマンス志向のようだ。4Kディスプレイにも対応している。バッテリー持続時間は最大10時間。 ※注:販売時期や供給事情により変わる場合がある。

XPS 15(9550)の構成Infinity Displayモデルに15.6インチが仲間入り。IGZOディスプレイで、ちらつきを抑えた安定したハイクオリティな画質。

新XPS 13とXPS 15XPS15の左側面。電源コネクタ、USB3.0端子(PowerShare仕様)×1基、HDMI端子、Thunderbolt 3/USB 3.1 Type-Cポート(兼用) x 1基、ヘッドセット端子を装備。

xps購入ガイドメディアカードリーダー、USB 3.0端子 x 1基(PowerShare対応)を装備。光学ドライブは搭載しない。
一般的な15.6インチノートと比べるとインターフェースが乏しいが、デル製アダプタ(別売)を使用して増設が可能となっている。USB 3.0端子 が全部で2基は少ないが、どちらもPowerShare対応であり、起動無しでUSB機器への充電ができる。15.6インチノートを選ぶなら、「利便性をとるか、デザイン性をとるか」で判断を仰ぐ要素だ。

DELL公式サイト詳細

ーカー直販 : 2015/10/20発売!新XPS 15 (9550)の詳細

詳しくはDELL公式サイトにて

XPSのデザイナー・マック・トシユキ・タナカ氏、こだわりのデザインを語る

デザイナー・マック・トシユキ・タナカそのXPS 13(9350)、XPS 15(9550)の新発売に伴い、XPSのデザイナー・マック・トシユキ・タナカ氏が来日し、Infinity Displayモデル(XPS)のデザインについて、そのこだわりを語った。

シンガポールのデザインセンターに在籍するタナカ氏は日本生まれの日本人だが、現在はシンガポールで活躍。グローバルな市場におけるトレンドをつかむエキスパートで、海外生活が長いため会話は英語だという。(聞き取りなら日本語でも問題ないらしい)。

ニューヨーク州シラキュース大学において工業デザインの学士号を取得。東芝に入社したときには、ノートパソコンのデザイン(DynaBook PORTEGEシリーズ)に携わったという。2003年、テキサス州オースティンのDELL本社に入社し、国際的職務を歴任、台湾デザインセンターの立ち上げにも貢献したという。

薄いだけじゃない!3つのイノベーション

ここ最近のノートデザインのトレンドは「超薄型」であるが、XPSでは薄いだけではなく、幅も奥行きも小さく、デザイン性も高い製品を追求したという。13.3インチのXPS 13では11インチノート並のサイズを実現している。A社のMacBook Airと比べても17%小さい。とくに素材選びにはこだわり、4年~5年かけて設計した製品が今回の「XPS 13」と「XPS 15」だという。

XPSデザインについて「3つのイノベーション」マック・トシユキ・タナカ氏は、XPSデザインについて「3つのイノベーション」を説明した。その3つとは、「CNC加工、インフィニティ・エッジ・デザイン、カーボンファイバー素材」の採用である。

イノベーション1:CNC加工

CNC機械加工による削り出しで、天板、底面ともにアルミニウムで包まれた美しい筐体。
なお、CNC (Computer Numerical Control ) とは、機械工作において、移動量や移動速度などにコンピュータ数値制御を用いること。同一の繰り返し手順の加工や、複雑な形状の加工に優れている。

CNC加工発表会のあと、XPS13における加工段階のパーツを展示していただいた。

CNC加工-xps13のインゴット(塊)CNC加工で削りだすアルミのインゴット(塊)。かなりずっしりと重い。アルミの量では、残る分よりも削りだすほうが多そうだ。

DELLロゴのところ削り出しが完了した天板部分で表面がまだ荒削りである。CNC加工でここまでにするには30分もかかるという。DELLロゴのところには溝を掘り出している。

アルマイト加工のXPS 13デザインサンドフィニッシュをかけて美しい梨地の表面にしたあと、アルマイト加工(アルミニウムの陽極酸化皮膜加工)を2回も施している。

荒削りだった天板の裏側では荒削りだったのを綺麗に研磨して、緩衝材などが配置される。

XPS 13(9343)底面の部品こちらは底面のアルミプレート。

世界初のインフィニティ・エッジ・デザイン

インフィニティ・エッジ・デザインXPS13では5.2mm(xps15は5.7mm)の狭額ベゼルで、美しいInfinity Display(インフィニティ・エッジ・デザイン)。さらに強化ガラスのゴリラガラスを採用して、美しさと強度を兼ね備えている。誰もが思う一番の魅力は、これではなかろうか。IGZOディスプレイを採用しており、チラツキが少ないため、印刷物のように安定した画質。長時間使用でも目に優しそうだ。

インフィニティ・エッジの発案はインフィニティエッジ・プールだそうで、このようなディスプレイが製造できないかと、世界中のディスプレイメーカーに打診し、日本のある企業が名乗りを挙げて共同開発に至ったという。(どこのメーカーなんでしょうねえ、非公開にされている)

パームレストにカーボンファイバー素材

カーボンファイバー素材を使ったXPS 13パームレストの素材になっているのはカーボンファイバーで、繊維が織り込まれている。プラスチックに似た材質なのかと思っていたが、指ではじくと金属質のような音が鳴る。薄い板切れだが、軽量で頑丈なのが触感で伝わる。

XPS 13(9343)製造過程加工のためプレスとパンチングされ、必要な部分を切り出す。もともとの材質には光沢性があるようだ。

シリコン・コーティングカーボンのパームレストにシリコン・コーティングがされ、落ち着いた非光沢と滑らかな手触りとなる。繊維質が見えるところも高いデザイン要素である。

パームレストの裏側には、しなりを抑えるためマグネシウム・フレームで補強され、またネジ受けの部分にもなっている。

XPS 13の性能と耐久性はパームレストと底面プレートを重ねてみた様子。

XPS 13(9343)は、とくにビジネスモデルでは非常に売れているとのこと。「類を見ない高級なデザイン性、バッテリー駆動時間が長い実用性、コンパクト性」の3つが購入ポイントのようだ。高級腕時計を買うように、所有する幸福感を満たす製品であれば、多少高くても購入するユーザー層の存在を実感した。

今回はXPS 13(9350)、XPS 15(9550)の発表時の情報だが、筐体のデザインに関しては、前モデルXPS 13(9343)と共通のようだ。新旧の違いは、テクノロジーと装備インターフェースの違いであるため、どちらにするか悩むところだ。

パソ兄さんの、XPS 13(9350)実機レビュー

DELL XPS 13 レビュー

Skylake設計:XPS 13(9350)のレビュー項目

前モデル・Broadwell設計: XPS 13(9343)のレビュー項目

XPS 15(9550)実機レビュー

DELL XPS 15(9550) レビュー

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :最新モデル  XPS 13(9360)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

Skylake設計:XPS 15(9550)のレビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.