DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. DELL法人デスクトップ
  4. Vostro 3250

第6世代Core i5が搭載可能な、Vostro 3200シリーズ スモール!幅93mmのスリム筐体

DELL Vostro 3250 レビュー

Vostro 3200シリーズ スモール・デスクトップのうち、Vostro 3250をレビューする。Skylake設計、第6世代Core i5が搭載できるモデルで、幅93mm、高さ290mmのコンパクトスリムな筐体デザインである。レビューしたVostro 3250の構成は以下の通りで、Core i5-6400を搭載している。Skylake設計ではDDR4メモリの移行が主だが、Vostro 3250ではDDR3L メモリである。
※風景にある周辺機器などはDELLとは関係のない市販品である。

Vostro 3250
Vostro 3250ガイドレビュー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL Vostro 3250 ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-6400 (6M キャッシュ, 最大3.30 GHz)
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (SATA / 7,200 rpm)
製品概要 幅93mm、高さ290mmのコンパクトスリムなビジネスデスクトップ(Skylake設計)。光学ドライブも内蔵している。ロー・プロファイルに限られるが、PCI Express x1⇒1スロット、PCI Express x16⇒1スロットを装備。前面吸気のエアーフローで、防塵メッシュが取り付けてある。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Vostro 3200シリーズ スモール・デスクトップの詳細ページ

2016年1月25日時点のレビュー。パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのベンダーは供給状況により変更があるため、購入された場合の一致性は保証していない。あくまで、手元にあるVostro 3250実機(借用製品)における現状レポートである。

Vostro 3250とVostro3252の、設計の違い

Vostro 3200シリーズ スモールには2機種あり、Vostro 3250ならびに、Vostro 3252である。筐体デザインは同じだが、マザーボードの基本設計が異なる。※2016年1月25日時点の調査

今回レビューするVostro 3250はSkylake設計であるが、Vostro 3252はAirmont設計 (Braswell)であり、第4世代Atom系のCPUを採用している。つまり、Vostro 3252は非常に低消費電力だが、処理能力はVostro 3250よりも大きく劣る。(後述)

なお、Vostro 3250の搭載できるCPUのひとつに、「SKL Pentium デュアルコア」とある。Skylake設計のPentium のようだが、記載がないためファミリーナンバーまでは分からない。(どーなってんの?DELLさん)

CPU搭載例

Vostro 3250 (Skylake設計)

  • Pentium デュアルコア(Skylake設計だが、ファミリーナンバーが不明)
  • Core i5-6400

Vostro 3252(Airmont設計 / Braswell)

  • Celeron N3150
  • Pentium N3700
拡張スロット
  • Vostro 3250 ⇒ PCI Express x1、PCI Express x16
  • Vostro 3252 ⇒ なし
電源
  • Vostro 3250 ⇒ 180W 内蔵電源ユニット
  • Vostro 3252 ⇒ 65W AC アダプタ

Vostro 3252は外部電源(ACアダプタ)採用、PCI Expressの拡張スロットを実装しないなどの違いがある。(グラフィックカードは物理的に搭載できない)。おそらくAirmont設計のInspiron 3252と同じような内部構造だと思われる。

Vostro 3250のデザインと、インターフェース

Vostro 3250の設置Vostro 3250の設置風景。23インチモニタを隣に設置した様子。

フロントデザイン

Vostro 3250の前面Vostro 3250の前面には電源ボタン、HDDライトを配置。端子は「USB3.0端子×2基、ヘッドセット端子、5規格対応SDカードリーダー」を配置している。ただしDELLサイトのオーダーをみると、SDカードリーダーはオプション扱いになっている。レビュー時点では、SDカードリーダーの選択が+0円となっており、実際のところ標準というのかオプションというか、どちらとも言えない。ご自身で確認されたし。

Vostro 3250では光学ドライブを搭載しているので、CD/DVDを配布するようなユーザーには重宝される。ただし、ノートパソコン用のスリムドライブなので、読み込み速度は5.25インチ光学ドライブよりも低速となる。また、トレイの出し戻しはノート同様に手動である。

DELLロゴを配置ダークシルバーのところにDELLロゴを配置。下部にはダイヤモンドカット状の凹みデザイン。全般的に非光沢のフロントパネルだが、三角形のうち1つは光沢処理であり、デザインにアクセントをつけている。また、三角形の1つは通気口で、赤色の防塵メッシュが裏側から貼り付けられている。

背面インターフェース

USB2.0端子×4基のVostro 3250背面端子には、 5.1 サラウンド対応のアナログ音声端子、USB2.0端子×4基、ギガビットLAN端子を配置。そして、オンボードモニタ出力にVGAとHDMI端子を配置。

拡張スロットは2基あり、ロー・プロファイル対応のグラフィックカードを搭載できる設計だが、レビュー時点では選択肢はない。CPUの内蔵グラフィック・オンリーとなっている。メーカー保証の対象外だが、必要ならば自前の搭載ということになる。

PS/2などのレガシーポートはなく、どちらかといえば個人向けモデルに似ており法人用っぽくはない。欲を言えば、背面側にもUSB3.0端子がほしいところだ。

デザイン的なパターン柄Vostro 3250左側面のパネルにはCPU用の吸気口が配置されており、その穴はデザイン的なパターン柄になっている。右側面には通気口はない。後方よりネジを2本外しサイドパネルを引けば、内部構造にアクセスできる。

カバーになっているパネルは1枚板を折り曲げた簡易的な加工となっているが、このクラスのパソコンでは一般的な剛性。Vostro 3250では、もともと横置きには対応していないが、通気口のない面を下にして、耐震マットでも貼っておけば横置きにしてもいいだろう。

Vostro 3653ミニタワーとのサイズ対比

Vostro 3653と並べてサイズを対比Vostro 3250よりも拡張性が高いミニタワー、Vostro 3653と並べてサイズを対比してみる。

Vostro 3250は、Vostro 3653のように標準サイズのグラフィックカードを搭載することができない。またスロット数も少ないが、一回りサイズが小さく設置性に優れている。

Vostro 3653ミニタワーそのほかの面からサイズ対比。奥行だけはさほど変わらない。どちらの機種も天井の筋目がちょっと気になるが、これは些細な事である。

Vostro 3250 ベンチマークテスト(Core i5-6400を搭載)

Core i5-6400 を搭載今回レビューしているVostro 3250では、インテル Core i5-6400 を搭載しており、4コア実装で4スレッド動作。HTテクノロジーはないので、スレッド数はコア数と同じ。グラフィックは内蔵しているインテル HD グラフィックス 530。つまりグラフィックカード無しの構成。

CINEBENCH R10ベンチマークテスト

CPUの性能が顕著に現れるCINEBENCH R10ベンチマークテストでチェック。 ほかのSkylake設計デスクトップと比較してみよう。

マルチコアでレンダリング
Vostro 3250ガイドレビュー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL Vostro 3250 スモール  ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 (6M キャッシュ, 最大3.30 GHz)
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (SATA / 7,200 rpm)
⇒37秒
OptiPlex 7040 Micro
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 Micro ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6500T プロセッサー
  • 8GB (8GB ×1) DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 128GB M.2 SSD(SATA接続)
⇒43秒
OptiPlex 7040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 スモール ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
  • 8GB(4GB ×2)DDR4 メモリ-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
⇒28秒
OptiPlex 5040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 スモール ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
⇒50秒

Core i7-6700 ほどではないが、Core i5-6400はそこそこ速い。

CINEBENCH R15のスコア比較

Core i5-6400を搭載したスコアCINEBENCH R15のスコアでパフォーマンスを比較してみる。今回レビューしているVostro 3250では、Core i5-6400を搭載しており、スコアは514。その上にあるスコア517は、Vostro 3653レビューのもの(Core i5-6400+NVIDIA GeForce 705搭載)

ちなみにこの表で最下位のCeleron N3050(スコア67)は、Airmont設計:BraswellのPCである。Vostro 3200シリーズ スモールのうち、Vostro 3252はAirmont設計:BraswellのPCなので、Skylake設計のVostro 3250より思いっきり性能が低いことが想像できる。(レビュー時点ではCeleron N3150 か、Pentium N3700の搭載となっている)

ストリートファイター4ベンチマークテスト

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
画像 構成 1280×720
ウィンドウ表示
(平均FPS)
1920 × 1080
フルスクリーン
(平均FPS)
Vostro 3250ガイドレビュー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL Vostro 3250 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (SATA / 7,200 rpm)
72.70 44.58
Vostro 3653アイコン
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL Vostro 3653 ミニタワー

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • NVIDIA GeForce 705 (2GB GDDR3)
  • 1TB HDD (SATA / 7,200 rpm)
67.37 41.90

比較したVostro 3653 はNVIDIA GeForce 705 を搭載しているが、むしろ搭載しないほうが、FPSは若干高くなるという結果に。※どちらもCore i5-6400 プロセッサーを搭載しているなかでの比較

同じくSkylake設計のPCと比較する

画像 構成 1280×720
ウィンドウ表示
(平均FPS)
1920 × 1080
フルスクリーン
(平均FPS)
OptiPlex 7040 Micro
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 Micro

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6500T プロセッサー
  • 8GB (8GB ×1) DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 128GB M.2 SSD(SATA接続)
103.20 61.53
OptiPlex 7040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
  • 8GB(4GB ×2)DDR4 メモリ-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
143.44 83.64
OptiPlex 5040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
64.36 42.21
OptiPlex 5040 ミニタワー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 ミニタワー

  • Windows 10 Home(64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
64.47 40.13

なお、Vostro 3250では選べないが、Core i5-6500T やCore i7-6700 搭載PCではかなりスコアが伸びており、内蔵グラフィックの性能向上はすごいものがある。

このようにSkylake設計のPCにおけるベンチマークテスト結果をみると、ローエンド・グラフィックを搭載するのはよく検討したほうがよさそうだ。(内蔵GPUが優秀!!)

もちろんグラフィックカードを搭載すれば、CPU負担の軽減にはなるし、ビデオメモリが追加されるので、メインメモリの容量を食うこともなくメリットはある。しかし、ローエンドグラフィックカードを搭載する旨みは、ほぼないだろう。しいて言えば、モニタ出力端子が追加されることくらいか。

Vostro 3250の消費電力~HD グラフィックス 530

Vostro 3250の消費電力
Vostro 3250ガイドレビュー

DELL Vostro 3250の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-6400 (6M キャッシュ, 最大3.30 GHz)
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (SATA / 7,200 rpm)

レビューしたVostro 3250の消費電力。グラフィックカード無しの内蔵GPU仕様である。アイドル時は18W,CPU最大稼働である「CINEBENCH R10およびR15」のレンダリングでは53Wあたりだった。ストリートファイター4のベンチマークテストでは42Wあたりで、レンダリング時よりも低い。これはCPUが最大稼働するまでもないからだろう。

比較:Vostro 3653の消費電力~GeForce 705 搭載時

Vostro 3653の消費電力
Vostro 3653アイコン

DELL Vostro 3653の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • NVIDIA GeForce 705 (2GB GDDR3)
  • 1TB HDD (SATA / 7,200 rpm)

比較としてVostro 3653の消費電力をチェック。NVIDIA GeForce 705 を搭載しており、搭載CPUは上に同じ。
アイドル時は29W,レンダリングでは63Wあたり、ストリートファイター4のベンチマークテストでは54Wあたり。
当然だが、NVIDIA GeForce 705 の搭載で、上記Vostro 3250よりも消費電力があがっている。ただしパフォーマンスは若干下。インターフェースはともかく、処理能力だけでいうと、ローエンドGPUの搭載は本当に必要性を感じない。GPUにコストをかけるなら、CPUにかけたほうがいいだろう。

なお、「意図的に低消費電力のように仕向けている、熱暴走寸前の負荷で消費電力を測れ!」という要望もあるのだが、そういう用途のPCではないし、ゲームPCとはジャンルが違う。それに、どんなPCであれ短命になる使い方は推奨しない。PCの構成も明記してあるわけだし、他のPCと比較するなら「同じ負荷でどうか?」で試してほしい。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Vostro 3200シリーズ スモール・デスクトップの詳細ページ

レビュー項目

DELL法人デスクトップ比較なら、こちらも参考に

Vosteo 3653ミニタワーのレビュー!(Skylake設計)

OptiPlex 7040シリーズのレビュー!(Skylake設計)

OptiPlex 5040シリーズのレビュー!(Skylake設計)

OptiPlex 3020シリーズのレビュー(Haswell設計)

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.