DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL法人向けノート
  4. Vosteo 15-3558

テクスチャ加工デザインの、15.6インチ スタンダード・ビジネスノート

DELL Vosteo 15-3000シリーズ(3558)レビュー

15.6インチ・ビジネスノートのVosteo 15 3000シリーズ(3558)をレビューする。Broadwellベースだが、今回のレビューでは互換により前世代Haswellのプロセッサを搭載している。導入コストを下げたCeleronやPentium(2015年の最新Broadwell設計)を始め、スペックをやや高めにしたいユーザーにはHaswell設計のCore i3やi5(Uシリーズ)が選べる。このUシリーズは、超低電圧・低消費電力なのでバッテリーの持ちがいい。

Vosteo 15-3000(3558)光学ドライブを搭載し、基本的なインターフェースを実装したスタンダード装備。モニタ出力にはVGA端子があるので、古い機器が使われるオフィスでも対応できる。非光沢画面なので長時間の仕事でも目に優しい。テンキーを装備しており、数字入力を多用するビジネスでは重宝できる。

デザイン的な特徴としては、テクスチャ立体加工の天板とパームレストを取り入れている。予算の目安は4万円台から6万円台あたり。以下、今回レビューしたVosteo 15-3000(3558)の構成。


2015年7月レビュー
Haswell設計
Broadwell設計

DELL Vosteo 15 3000シリーズ(3558)

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 15.6-インチ HD (1366 x 768) 非光沢ディスプレイ
  • Core i3-4005U プロセッサー (3M キャッシュ, 1.70 GHz)
  • 4GB シングル チャネル DDR3L 1600MHz メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400
  • 500GB HDD (5400 rpm)
カスタマイズ例
  • Broadwell設計CPU : Celeron 3205U 、Pentium 3805U、
  • Haswell設計CPU : Core i3-4005U 、Core i5-5200U

2015年7月時点のレビューとなる。 時期や供給状況、注文状況により異なるため、最新情報は上記リンク先へ!

Vosteo 15-3000(3558)の、テクスチャ加工デザインと装備インターフェース

材質と質感では一般的なポリカーボネート(工業プラスチック)ではあるが、天板にはストライプ状の凹凸があり、マイクロ・ストリップと呼ばれるテクスチャ加工がされている。傷にも強いらしく、持ちやすい設計になっている。

Vosteo 15-3000(3558)のテクスチャ加工デザイン側面、エッジ部分は光沢処理がされており、非光沢の天板面と変化をつけている。

背面や前面に端子の配置はなくVosteo 15-3000(3558)の背面や前面に端子の配置はなく、前面の左端に「電源・バッテリライト(兼)HDDライト」を配置。これは、Fn + Hキーで使いたいほうのライトに切り替えることができる。スピーカは底面に向かって傾斜面になった場所に配置している。なお、スタンダードノートとしてわりと薄型デザインの印象を受ける。

左右側面の装備端子

光学ドライブ右側面にはヘッドセット端子、USB2.0端子×2基、光学ドライブ、セキュリティロック・スロットを配置。

USB3.0端子×1基左側面には電源コネクタ、LAN端子、排気口、VGA端子、USB3.0端子×1基、SDカードスロットを配置。

Vosteo 15-3000(3558)にて45WのACアダプタを付属この実機では、45WのACアダプタを付属。Vosteo 15-3000(3558)本体は最小構成で2.24kgとあるが、この実機では2.331kgであった。ACアダプタと電源ケーブルを含めると、2.605kg。

15.6インチ非光沢画面

15.6インチ画面に1366 × 768の解像度ビジネスノート向けであるため、非光沢液晶となっており目に優しい。15.6インチ画面に1366 × 768の解像度を搭載している。ディスプレイベゼルにはWEBカメラを内蔵。

視野角価格帯からしてTNパネルだと思われる。ちょっとした左右角度からの視野角には問題ないが、上下からだと色度変移は避けられない。これはTNパネルとして一般的な仕様であるが、通常の用途では気にするレベルではない。

2箇所にヒンジ。ディスプレイはここまで開く。

底面とモジュール部

底面にあるリリース・ラッチをスライドすると、バッテリーをH外せる。下半分はモジュールカバーで閉じられており、ビスを外せば内部の一部パーツにアクセスできる。

Vosteo 15-3000(3558)の底面と内部構造2.5インチHDDベイ、無線LANカード、2基のメモリスロットにアクセス。

2.5インチHDDがマウンタによって固定されている。

SO-DIMMメモリスロットを2基実装しており、省エネタイプのDDR3Lが採用されている。このVosteo 15-3000(3558)実機では4GBを1枚装着中。この左端には無線LANカードを搭載した様子。

Vosteo 15-3000(3558)のキーボードと、テクスチャ加工のパームレスト

Vosteo 15-3000(3558)のホームポジション次はキーボードをレビュー。テンキーを装備しているため、やや左寄りのホームポジションとなる。

テクスチャ加工のデザインパームレストデザイン。キーボードから下半分には、天板と同じくストライプ状の溝があり、テクスチャ加工のデザイン。これにより指紋でベタッとならない感じがする。

Vosteo 15-3000(3558)のキーボード15.6インチノートにテンキー付きなので、さすがにテンキーはフルサイズにはならないものの、あまり狭さは感じない。一部変則的なキーがあり、BackSpaceキーとEnterキーが小さく、慣れるまでは気になってしまう。わりとローコスト路線なのか電源ボタンにはLED点灯がない。タッチパッドは一体型。

キーストロークは深くはないが、浅過ぎもせず最近のノートとしては一般的な印象。カーソルキーは小さいものの、周囲にキーを置かない独立配置なので、誤接触はほぼない。

追記

Inspiron 15-35762018年5月にレビューした、Inspiron 15-3576のキーボードパーツと同じ。2014~2018年にかけて15.6インチDELLノートの3000/5000シリーズでたびたび採用されているキーボードパーツである。15.6インチノートにテンキー付きなので、Enterキー、BackSpace、¥キーが窮屈になっている。さらに詳しくはリンク先にて。

パフォーマンス比較

Core i3-4005U プロセッサー を搭載今回のVosteo 15-3000(3558)にはCore i3-4005U プロセッサー を搭載。2コア実装、HTテクノロジーによって4スレッド動作する。これに内蔵するグラフィックはインテル HD グラフィックス 4400。TDPが15Wと非常に低消費電力であり、DELLサイトによればVosteo 15-3000(3558)のバッテリー駆動時間は、最長8.5時間もある。

ストリートファイター4にて

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
製品画像
AVERAGE FPS

過去のレビュー機とゲームパフォーマンス比較!ストリートファイター4にて

1280 × 720 「ウィンドウ表示」におけるベンチマークテスト
※グラフィック設定・デフォルト / 60FPS以上も測れるようにディスプレイ垂直同期をOFF
GPU性能が主体となるが、このゲームはCPU性能の影響がそこそこある。ストリートファイター4のベンチマークテストについてはこちらにて解説。
Vosteo 15 3000シリーズ(3558)
40.89 FPS
消費電力25Wほど
(アイドル時12W)

DELL Vosteo 15 3000シリーズ(3558) ※2015年 Haswell/Broadwell設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 15.6-インチ HD (1366 x 768) 非光沢ディスプレイ
  • Core i3-4005U プロセッサー (3M キャッシュ, 1.70 GHz)
  • 4GB シングル チャネル DDR3L 1600MHz メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400

ストリートファイター4では、40.89 FPSであった。快適プレイできるレベルではないが、ビジネス用途では十分過ぎる性能。では、過去のレビュー機とゲームパフォーマンス比較してみよう。

初めて買ったInspiron 1520
24.77

DELL Inspiron 1520 ※2007年 Coreマイクロ アーキテクチャ設計

  • Windows Vista Home Premium 32bit / 15.4インチワイド非光沢液晶(1280x800)
  • Core 2 Duo T7100(1.8GHz 、2MB L2 、800MHz FSB )
  • 2GB (1GBx2) DDR2 メモリ
  • GeForce 8600M GT 256MB

2007年のミドル機であったInspiron 1520(GeForce 8600M GT搭載)を十分超えている。

15Rスペシャル・エディション
67.67

DELL Inspiron 15R Special Edition(7520) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit / 15.6インチ非光沢液晶(1920x1080)
  • Core i7-3612QM (2.1GHz, 6MB キャッシュ)
  • 8GB (4GBx2) DDR3メモリ 1600MHz
  • AMD Radeon HD 7730M 2GB DDR3
薄型のミドルスペック14インチノートXPS14z
56.27

DELL XPS 14z(L412z) ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit / 14インチ WLED光沢液晶(1366x768)
  • Core i5-2430M (2.4GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GT 520M /1GB

2011~2012年ごろのローエンド単体GPUを搭載するノートには一歩及ばず。以下、今回のVosteo 15-3000(3558)実機に近い性能のPCを掲載。

メインスタンダードノート
45.26

DELL Inspiron 15R(5520) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit / 15.6インチ光沢液晶/(1366x768)
  • Core i5-3210M (2.5GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB (4GBx1) DDR3メモリ 1600MHz
  • インテル HDグラフィックス4000
Latitude 15 3000シリーズ(3550)アイコン
43.73

DELL Latitude 15 3000シリーズ(3550) ※2015年2月レビュー Haswell設計

  • Windows 7 Professional(32bit) / 15.6インチ非光沢ディスプレイ(1366 x 768)
  • Core i3-4005U プロセッサー (1.70 GHz, 3M キャッシュ)
  • 4GB (4GBx1) 1600MHz DDR3L メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400
Pentium D
42.41

自作パソコン(Pentium D) ※2006年 NetBurst 設計

  • Windows XP Home Edition SP3 32bit
  • Pentium D 915 (2.8GHz, 4MB L2 , 800MHz FSB)
  • 1GB (512MBx2) DDR2-SDRAM メモリ
  • RADEON HD 3650 512MB
Inspiron 15z Ultrabook
41.52

DELL Inspiron 15z Ultrabook(5523) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 8 (64bit) / 15.6インチ光沢液晶(1366 x 768)
  • Core i5-3317U (1.7GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB (4GBx1) DDR3メモリ(1600MHz)
  • インテル HDグラフィックス4000
DELL Inspiron 17R
40.91

DELL Inspiron 17R(5721)  ※2013年 Ivy Bridge設計

  • Windows 8 (64bit) / 17.3インチ光沢液晶(解像度1600×900)
  • Core i3-3227U (1.9GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB (4GBx1) DDR3メモリ(1600MHz)
  • インテル HDグラフィックス4000
Inspiron580s
39.82

DELL Inspiron 580s ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ
  • RADEON HD 5450 1GB
XPS 11(9P33)
39.75

DELL XPS 11(9P33) ※2013年 Haswell設計

  • Windows 8.1 (64bit) / 11.6 インチ Truelife QHD タッチパネル (2560 X 1440)
  • Core i5-4210Y (3M キャッシュ, 最大 1.90GHz まで可能)
  • 4GB デュアルチャネル DDR3L-RS メモリ(1600Mhz)
  • インテル HDグラフィックス4200

処理能力としては、第3世代のCoreことIvy Bridge世代(インテル HDグラフィックス4000 )と大きく変わっていない模様。しかし、低消費電力化や1Wあたりのパフォーマンス力を向上させたのだろう。

13.3インチのInspiron13でモバイル
30.2

DELL Inspiron 13z(N311z) ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit / 13.3インチ WLED光沢液晶(1366x768)
  • Core i3-2330M (2.2GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB (4GBx1) DDR3メモリ
  • インテル HDグラフィックス 3000
ビギナー向け15インチノートInspiron 15R
24.62

DELL Inspiron 15R(N5110) ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit / 15.6インチ WLED光沢液晶(1366x768)
  • Core i3-2310M (2.1GHz, 3MB キャッシュ)
  • 2GB (2GBx1) DDR3メモリ
  • インテルHDグラフィックス 3000
第2世代のCoreことSandyBridge世代(インテル HDグラフィックス3000 )と比べると、誤差のレベルではなく性能の向上はあきらか。
Inspiron580デル
17.44

DELL Inspiron 580 ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • インテル HDグラフィックス(733MHz)
DELLのInspiron15
16.33

DELL Inspiron 15(1564) ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit / 15.6インチ WLED光沢液晶(1366x768)
  • Core i5-430M (2.26GHz, 3MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • インテルHDグラフィックス (500~766MHz)
vostro1540
14.52

DELL Vostro 1540 ※2011年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit / 15.6インチ 非光沢液晶(1366x768)
  • Celeron P4600 (2.0GHz, 2MB L3キャッシュ)
  • 2GB (2GBx1) DDR3-SDRAMメモリ
  • インテル HDグラフィックス (500~667MHz)

となれば、第1世代の内蔵GPUモデルよりも高性能です。

CINEBENCH R10にて

マルチコアでレンダリング
CINEBENCH R10 ベンチマークテスト
処理時間

ピックアップした過去レビュー機と、パフォーマンス比較

CINEBENCH R10はマルチコアに最適化されているので、クロック数の高さだけでなくマルチスレッド効果を発揮する。 GPU性能が与える影響はごく僅か(数秒程度の影響力はある)。このため、概ねCPUパフォーマンスとして比較してもいいと思われる。レンダリング処理時間が短いほど高性能。CINEBENCH R10についてはこちらにて解説。
Vosteo 15 3000シリーズ(3558)
⇒2分26秒
消費電力24Wほど
(アイドル時12W)

DELL Vosteo 15 3000シリーズ(3558) ※2015年 Haswell/Broadwell設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 15.6-インチ HD (1366 x 768) 非光沢ディスプレイ
  • Core i3-4005U プロセッサー (3M キャッシュ, 1.70 GHz)
  • 4GB シングル チャネル DDR3L 1600MHz メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400

HDDパフォーマンス

Vosteo 15-3000(3558)購入ポイントシーゲート製のHDDが搭載されていたが、パフォーマンスはこの結果となった。

Vosteo 15-3000(3558)購入ポイント

光学ドライブを始め、USB3.0や2.0端子など基本装備を押さえたモデルで、VGA端子、非光沢液晶などビジネス用途も押さえている。CeleronやPentium搭載時ではユーザーによって心もとない場合があるかもしれないが、Core i3やi5(Uシリーズ)搭載であればビジネス用途では充分過ぎる性能。

Vosteo 15-3000(3558)購入ポイントはここであるポリカーボネート(工業プラスチック)の材質感のままで特別な高級感はないが、天板とパームレストにテクスチャ加工の立体が施してあったり、側面に光沢部を持たせるなど、飽きさせないデザインになっている。

パソ兄さんサイトをご覧の方は、特別なお客様限定クーポン利用可能です!

DELL法人モデル「特別なお客様限定クーポン」

【法人モデル】 なんと、最大25%OFFクーポン発行!当サイトをご覧になった方に限定でご優待。
【25% OFFクーポン対象】Precisionワークステーション
【20% OFFクーポン対象】Vostroデスクトップ、Vostroノートパソコン
【15% OFFクーポン対象】OptiPlex デスクトップ、Latitude ノートパソコン

クーポン掲載ページへ特別ご案内 ⇒ 法人様向け製品限定クーポン【DELL公式】

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.