DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. XPS 15(9550)

フレームレス画面が斬新な、高級デザイン15.6インチノート!何気にかなりのハイスペック

DELL XPS 15(9550) レビュー

2015年10月に発売した、Skylake設計の15.6インチノート、XPS 15(9550)をレビューする。XPS 13(9350)と同じく、DELLの大人気モデルである。ディスプレイベゼルがたった5.7mmというフレームレス・デザインで、14インチノート並のコンパクトさである。

アルミ削り出しとカーボンファイバー素材の高級ボディ。一見、デザイン性重視だけのモデルと思いきや、レビュー時点ではGeForce GTX 960M を搭載するハイスペックなノートである。XPS 13(9350)では性能上無理があるが、XPS 15(9550)ならフレームレス画面で本格ゲームを楽しむことができる。インターフェースでは、新たにUSB Type-C端子を搭載しており、将来性も高い。キーボードにはバックライト機能が付いており、暗い場所でも操作ができる。

今回レビューするXPS 15(9550)本機では、以下の構成となっている。

DELL XPS 15(9550) レビュー
XPS 15(9550)
2015年12月レビュー
Skylake設計

DELL XPS 15(9550) ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ光沢 4K (3840 x 2160) InfinityEdge タッチスクリーン
  • 第6世代インテル Core i7-6700HQ
  • 16GB (8GBx2)デュアルチャネル DDR4メモリ- 2133MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB GDDR5
  • 512GB PCIe SSD

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  後継機、XPS 15(9560)はDELLサイトにて!(2017/1/20発売)

2015年12月26日時点のレビュー。この対象としたXPS 15(9550)本機に限った現状レポートである。各パーツ構成やカスタマイズ、パーツのベンダーは供給状況により変更されるため、購入された場合の一致性は保証していない。

斬新!新感覚!フレームレス・デザインのInfinityEdgeディスプレイ

2015年10/20のXPS発表会レポートでも紹介したが、DELLのデザイナー、マック・トシユキ・タナカ氏がデザインしたInfinity DisplayモデルのXPS 15(9550)。この限りなく狭額のフレームレス・デザインが目を引く。
インフィニティ・エッジの発案はインフィニティエッジ・プールだそうで、このようなディスプレイが製造できないかと、世界中のディスプレイメーカーに打診し、日本のある企業が名乗りを挙げて共同開発に至ったという。

InfinityEdgeディスプレイのXPS 15(9550)手元にあるXPS 15(9550)実機では、15.6インチ光沢 4K (3840 x 2160) InfinityEdge タッチスクリーン・ディスプレイ。
IGZOディスプレイを採用しており、チラツキが少ないため、「印刷物のように安定した画質」という印象を受ける。さらに強化ガラスのゴリラガラスを採用して、美しさと強度を兼ね備えている。タッチスクリーンの必要性は微妙。個人的には不要。

4K解像度のため、フルHD(1920 × 1080)が4つ収まるほどのすんごい領域。ドットバイドット表示だと、当サイトが3つ並べられるほどの広領域であるが、当然、15.6インチ画面となると、おそろしく細かい。テキスト用途であれば、Windows側での拡大表示の設定は必須となる。どうしてもドットバイドット表示で使わなければならないユーザーなら、フルHD(1920 × 1080)の選択をしたほうがいいだろう。

ベゼルXPS 15(9550)のディスプレイベゼルは、たったの5.7mmしかない。

XPS 15(9550)で当初、InfinityEdgeデザインなんて「技術的な自己満足スペック」程度のものだろうと思っていたが、実際にゲーム動画を見ていると、空間の広がり方が一味違う。何というか、「画面サイズの大小」とは違う新感覚だ。

XPS 15(9550)でバイオハザード5とくにアクションゲームでは、枠に収められた閉塞感を感じにくいため、プレイに没頭できることは間違いない。

空間の広がりXPS 15(9550)のInfinityEdgeディスプレイ15.6インチは大画面でもないのに、InfinityEdgeディスプレイの効果で空間の広がりを強く感じる。

ゲーム用途にも通用するスペックInfinityEdgeデザインの魅力は、ネットサーフィンよりも動画コンテンツで最大限に発揮される。XPS 15(9550)は姉妹機のXPS 13(9350)と違って、ゲーム用途にも通用するスペックを持つため、ゲーム目的で購入するのもありだと思う。

IGZOパネルのXPS 15(9550)4K (3840 x 2160) モデルはIGZOパネルなので、視野角が広く、色度変移は感じない。ただし光沢ディスプレイなので、背景の映り込みのデメリットがある。照明の位置やディスプレイの角度調整などには気を使うことになる。

DELLロゴ狭額ベゼルのため、Webカメラは左下に配置。下部中央にDELLロゴ。

ディスプレイ可動域ディスプレイはここまで開く。

今回調査したXPS 15(9550)本機における、スペック詳細

スペック詳細

Core i7-6700HQ
Core i7-6700HQのスペック。TDPは45W。4コア実装、HTテクノロジーによって8スレッド動作する。

GeForce GTX 960M
NVIDIA GeForce GTX 960Mのスペック。

PM951。PCI Express接続
搭載されていたSSDはサムスン製PM951。PCI Express接続となっている。

ベンチマークテスト

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼアおよび、蒼天のイシュガルドでは、フルHD(1920 × 1080)の高品質(ノートPC)でも、「非常に快適」という評価だった。 ゲーム用ノートとしても十分通用する性能である。

2015年12月レビュー
Skylake設計

レビューした今回の構成
DELL XPS 15(9550) ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 4K (3840 x 2160) InfinityEdge タッチスクリーン
  • 第6世代インテル Core i7-6700HQ
  • 16GB (8GBx2)デュアルチャネル DDR4メモリ- 2133MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB GDDR5
  • 512GB PCIe SSD

ストリートファイター4

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
※当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルトであり、DirectX 9.0c 。モデルと背景の品質⇒高、シャドウとモーションブラー⇒低、パーティクル⇒中、エクストラタッチ⇒OFF)。 ※ただし調整する項目が一点あり、ディスプレイ垂直同期をOFFにして、60FPS以上でも測定できるようにしてある。

4K(3840 × 2160) フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 141.88
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 253.88
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

※同じくCore i7-6700HQとGeForce GTX 960Mを搭載したInspiron 15(7559)では、311.85 FPSだったので、おそらくXPS 15(9550)では4K解像度上にウィンドウ表示というのが負担だったと思われる。

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア

FF14-新生エオルゼア
2013年8月に正式サービス開始したオンラインゲームMMORPG。不評だった旧版ファイナルファンタジーXIVを根本的に開発しなおし、大幅な変更が加えられた新バージョンのFF14。必要PCスペックはファイナルファンタジーXIV(旧版)よりも下げられている。

1920×1080 フルスクリーン表示 高品質(ノートPC)

スコア 8418
非常に快適

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド

蒼天のイシュガルド
2015年6月発売。オンラインゲームMMORPG:ファイナルファンタジーXIVの新バージョン。 新マップ、新ジョブ、新種族などが追加されている。 ※ベンチマークはDirectX 9でチェック。

1920×1080 フルスクリーン表示 高品質(ノートPC)

スコア 7620
非常に快適

XPS 15(9550)でバイオハザード5バイオハザード5では、フルHD(1920 × 1080)フルスクリーンで、125.5fps。「非常に快適に動作します」とのこと。

XPS 15(9550)でバイオハザード5結構高負荷なバイオハザード6も、フルHD(1920 × 1080)フルスクリーンで、とても快適な動作がみこめると。

ベンチマーク中の消費電力

今回の構成におけるXPS 15(9550)の消費電力をチェックした。満充電、ディスプレイ輝度最大時のものである。
ゲームベンチ中ではゲームやシーンによって変動はあるが、だいたい90~97Wくらいという印象。

ACアダプタが付属130WのACアダプタが付属する。パソコンにつなぐケーブルは細くて取り回しがいいのだが、ジョイントする電源ケーブルは太く硬いので取り回しがよくない。

XPS 15(9550)のACアダプタが付属電源プラグのところにACアダプタの電源ライトがある。

人気パソコンのXPS 15(9550)の発熱温度調査1時間ほどのベンチマークテストのあと、発熱温度を赤外線温度計で測定した。気温は14.5度で、湿度45%の環境下。
パームレストやタッチパッドではさほど温度が上がらない。やはりACアダプタが最も熱くなる。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  後継機、XPS 15(9560)はDELLサイトにて!(2017/1/20発売)

レビュー項目

XPS発表会

XPS 15のデザイナーが来日。デザインの魅力を語る!

2015年10/20に、後続機のXPS 13(9350)および、15.6インチノートXPS 15(9550)が発売された。その発表会にXPS 13 / XPS 15のデザイナーが来日したので、その様子をレポート!!XPSのデザイナー・マック・トシユキ・タナカ氏が、こだわりのデザインを語る。単なる道具ではない!高級腕時計のような所有する幸福感を満たすプレミアムノート、XPS 13 / XPS 15がいまDELLの注目モデル。

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.