XPSやInspironといったDELLブランドのPCをレビュー公開中
  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. DELL個人デスクトップ
  4. ALIENWARE X51(R2)

DELL ALIENWARE X51-R2(Haswell設計)レビュー

超コンパクトなスリムタワーで、常識破りのハイスペック・ゲームマシン!ALIENWARE X51がついにリリースセカンド(R2)!
2012年1月発売の前機種、ALIENWARE X51(R1)ではSandy Bridge設計だったが、今回はHaswell設計で再登場。DELLサイトではALIENWARE X51だけの表記だが、便宜上、当サイトではALIENWARE X51(R2)と呼ぶ。

レビューしたDELL ALIENWARE X51(R2)の構成は以下の通り。Core i7-4790 + NVIDIA GeForce GTX 760Ti のハイエンド構成。GeForce GTX 760Ti のような大型グラフィックカードを、「ALIENWARE X51(R2)のコンパクトボディにどうやって収めるのか?」 それは後ほど紹介。

ALIENWARE X51(R2)
2014年7月論評
Haswell設計

レビューしたDELL ALIENWARE X51(R2)の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i7-4790 プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 4.0GHzまで可能)
  • 8GB(4GB × 2) デュアルチャネル DDR3 (1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GTX 760Ti 2GB GDDR5 (OEM版)
  • 1TB HDD(SATA 6Gb/s 7200 回転 )

DELLクーポン情報

【2019年8月19日(月)まで】
DELL Inspiron 13、14シリーズがお得!最大17%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

2014年7月時点のレビューおよび、撮影したALIENWARE X51(R2)実機の情報となる。

超コンパクトなのに、型破りのハイスペック!あのゲームPCが再び

型破りのハイスペック、ALIENWARE X51(R2)レビュー「上級者も納得できるスペックのハイエンド機がほしいが設置場所はない」という、無茶ぶりユーザーの要望に応えてくれるレアなパソコン、ALIENWARE X51(R2)。むろん、ゲームユーザーなら尚更、気になるモデルである。見たところ、前機種ALIENWARE X51(R1)とデザインがまったく同じである。マット・ステルスブラックというカラーリングで、フロントは光沢、両側面は非光沢である。

Inspiron 580とALIENWARE X51(R2)の2ショット高さ: 343 mm~319 mm 、奥行き: 318 mm 、幅はたったの95 mm!!最小重量: 約5.5kg。

ミニタワーのInspiron 580の横に並べると、そのコンパクトさが伝わってくる。ALIENWARE X51(R2)を家の中でモバイルして、テレビのあるリビングやモニタの設置してある場所でいつでもゲームをやるとか・・、いろいろ想定できる。まあ、パソ兄さん家は狭いのでそんなニーズはないけど・・、とにかく場所を取らないのはかなりいい。

2014年7月31日調査時点の、ALIENWARE X51(R2)パーツ搭載例

調査時点の一部構成例をみると、OSのバリエーションがすごい。・・と言っても多言語なんだけど。 それはさておき、DELL製品のラインナップの中では、そこそこカスタマイズが豊富。
OS
  • Windows 7 Home Premium SP1 64ビット (日本語版)
  • Windows 8.1 64ビット (日本語版)
  • Windows 8.1 64ビット (英語版)
  • Windows 8.1 Pro 64ビット (日本語版)
  • Windows 8.1 Pro 64ビット (英語版)
  • Windows 7 Professional SP1 64 ビット (日本語版)
  • Windows 7 Professional SP1 64 ビット (英語版)
  • Windows 7 Professional SP1 64 ビット (中国語版)
プロセッサ
  • Core i3-4150 プロセッサー (3MB キャッシュ, 最大 3.5GHzまで可能)
  • Core i5-4460 プロセッサー (6MB キャッシュ, 最大 3.4GHzまで可能)
  • Core i7-4790 プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 4.0GHzまで可能)
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce GTX 745 (4GB DDR3付き)
  • AMD Radeon R9 270 (2GB GDDR5付き)
  • NVIDIA GeForce GTX 760Ti 2GB GDDR5 (OEM版)
メモリ
  • 6GB (2GB+4GB) DDR3 (1600MHz)
  • 8GB(4GB × 2) デュアルチャネル DDR3 (1600MHz)
  • 16GB(8GB × 2) デュアルチャネル DDR3 (1600MHz)
ストレージ1
  • 1TB HDD(SATA 6Gb/s 7200 回転 )
  • 2TB HDD(SATA 6Gb/s 7200 回転 )
  • 256GB SSD (6.0Gb/s)+ 1TB SATA HDD (3.0Gb/s 5400回転 )
光学ドライブ
  • スロット式DVDスーパーマルチドライブ
  • スロット式BDコンボドライブ
装備端子

前面

ヘッドフォン、マイク端子、USB3.0端子 × 2基

背面 (オンボード装備分)

USB3.0×4基、USB2.0×2基、ギガビットイーサネットLAN端子、7.1ch対応アナログ音声端子、
S/P DIF同軸デジタル端子、S/P DIF光デジタル端子
オンボードのHDMI端子はキャップで封印
備考(メモ)
  • H87 Expressチップセット
  • DW1506 Wireless-N WLAN Half Mini-カード
  • デルワイヤレス 1550 (2x2 11ac コンボ、 Bluetooth付)
  • ALIENWARE 240W ACアダプタ (GeForce GTX 745の場合)
  • ALIENWARE 330W ACアダプタ
    (GeForce GTX 760Ti, AMD Radeon R9 270 及び R9 270Xの場合)
  • 内部SATA コネクタ(6.0 Gb/s) x 3基
  • DDR3 SDRAMスロット x 2基

330W ACアダプタ
さすがに内蔵できないので外部電源。まるで弁当箱。今回のALIENWARE X51(R2)レビュー実機では、330W ACアダプタ が付属。さすがにケーブルはかなりごっつい。

ALIENWARE X51(R2)DELL公式サイト
※標準搭載および、オプション搭載、最新の仕様についてはDELL公式サイトで要確認。

ALIENWARE X51 が楽しくなる別売りアクセサリ

Alienware TactX キーボード
別売りオプションのAlienware TactX キーボード。AlienFXで、2つのゾーンのイルミネーションが設定可能。 設定できるLEDカラーは20色。

Alienware TactX マウス
別売りオプションのAlienware TactX マウス。最大解像度5000dpiのレーザーマウス。解像度はゲーム中に増減でき、精密かつ素早い操作が必要なアクションゲームなどで威力を発揮。 マウスのボタン割り当てやマクロ機能、イルミネーション機能もある。

個性的デザイン!!パーツが密集したコンパクトボディだけに、通気口多し

スロットイン式の光学ドライブ幅はたったの95 mm。スロットイン式の光学ドライブを搭載。ALIENWARE X51(R1)の時に、「ディスクが勢いよく飛び出して落ちる」という記事をみたことがあるが、少なくてもこのALIENWARE X51(R2)実機ではそんなことはなかった。
これはALIENWARE X51の仕様というよりも、搭載されている光学ドライブの仕様次第だと思われる。

六角形にLEDライトALIENWARE X51(R2)前面と天井の境目に、メッキ加工の電源ボタンがある。そしてボタンでは六角形にLEDライトが点灯する。

天井排気のALIENWARE X51(R2)デザイン
天井は谷間になっており、無数の通気口がある。

DELL ALIENWARE X51(R2)は、コンパクトなだけでなく、横置きも可能

ALIENWARE X51(R2)文字
右側面に、ラバー製の半立体エイリアン文字と、気泡のような突起が3つある。一見、「何だこりゃ」だが、実はこれは横置き用のスタンドである。

半立体エイリアン文字横置きの状態。滑り止めが利くのはラバー製である半立体エイリアン文字だけ。残りの3つのスタンドにすべり止め効果が無いので、やや滑る。これは前モデルから改善されていない。(というより、従来のそのまま)

、無数の通気口があるALIENWARE X51(R2)こちらは縦置きの場合、底面になる側面(つまり横置きの場合は左側面になる)。ここは縦置き時の天井と同じく、谷間になっており、無数の通気口がある。一般的なPCではありえない底面吸気が可能な構造である。

ALIENWARE X51(R2)装備端子~USB3.0×6基、USB2.0×2基など

エイリアンヘッドを回転横置き時に、エイリアンヘッドを回転させてまっすぐにできる。前面端子に「ヘッドフォン、マイク端子、USB3.0端子 × 2基」がある。

ALIENWARE X51(R2)の背面装備端子背面には、USB3.0×4基、USB2.0×2基、ギガビットイーサネットLAN端子、7.1ch対応アナログ音声端子、S/P DIF同軸デジタル端子、S/P DIF光デジタル端子を装備する。オンボードのHDMI端子はキャップで封印されており、グラフィックカードがあるためここは使用しない。

NVIDIA GeForce GTX 760Tiレビュー実機ではグラフィックカードにNVIDIA GeForce GTX 760Tiを搭載している。このグラフィックカードが装備するモニタ出力は、DVI-I端子、DVI-D端子、HDMI端子、DisplayPort端子。

拡張スロットが2基あるようにみえるが、マザーボードではグラフィックカード用のPCI Express x16が1基あるのみ。そもそもグラフィックカードの厚みで2スロット分の幅をとる。むろん、これだけのコンパクト筐体なので拡張性があるわけない。

グラフィックカードの下にはHDD動作ライトがあるが、場所が場所なだけにユーザーの目に触れることはほとんどない。またACアダプタを接続する電源コネクタもある。更にその下に引き出しトレイがあるが、トレイを引き出すと仕様が記載されている。デザイン性を損なわないように配慮したのであろう。

Alien FX!マニア心くすぐる、3つのイルミネーションゾーン

Alien FXALIENWARE コマンドセンターというユーティリティソフトの1機能にAlien FXというのがある。これがイルミネーション設定機能で、ALIENWARE X51(R2)の3箇所にLEDライトカラーを任意で決められる。

エイリアンヘッドにカラー演出左右側面のクリアパーツ部分と、エイリアンヘッドにカラー演出ができる。これがまた結構楽しい。

AlienFusionAlienコマンドーセンターにはAlien FX以外に、電源管理を行う機能のAlienFusion 、実行するゲームごとに各種設定を変えられる機能のAlienAdrenalineがある。

ALIENWARE X51(R2)のオリジナル壁紙また、ALIENWARE X51(R2)の特典として、オリジナル壁紙も付いてくる。

グラフィックカードはどうやって搭載されている?

ALIENWARE X51(R2)のイルミネーションビスを外して、サイドパネルを外すが、イルミネーション用のケーブルがサイドパネルに直結しているため、一気に開けてはダメ。少し隙間を開けたら、コネクタを抜く。

内部構造サイドパネルはポリカーボネート(工業プラスチック)だが、その内側にはスチール板がハメられている。

パッシブダクトCPUファンにはパッシブダクトが取り付けられており、PCケース自体の後方ファンはない。ファンが少ない分、特にアイドル時では静音である。高負荷時ではそれなりの風切音はあるものの、ハイエンド機としては静かなほう。ALIENWARE X51(R2)起動時には、一瞬、「フォォォン」と唸る。

追記:以前、CPUファンは吸気式と紹介したが、後日、ALIENWARE X51に関わったユーザーさんより訂正の指摘をいただいた。CPUファンは「吸い出し式」になっており、PCケース外に排出する仕組みとのこと。訂正時にはALIENWARE X51実機が手元にないため、検証はできず。なお、CPUファンの回転方向を逆にできれば、吸気式にできるのだろうか?と考えてみた。

ALIENWARE X51(R2)の内部構造とパーツ構成レビューするマウンタを使ったグラフィックカードの搭載。およびスロットイン式光学ドライブ搭載の様子。

NVIDIA GeForce GTX 760Ti 2GB GDDR5 (OEM版)分解が面倒なので、前モデルALIENWARE X51(R1)のときの写真を転用。一般的にはマザーボードに対して垂直に装着されるグラフィックカードだが、ALIENWARE X51(R2)では横に寝かした状態になる。グラフィックカード自体のコネクタをPCI Express x16スロットに差し込むことはできないので、専用マウンタを使って中継コネクタがスロットに装着される。(つまりL字型に搭載されている)。そして、グラフィックカードの下にはストレージベイが1基あり、側に前面吸気ファンが設置されている。

2015年 後継モデル:Skylake設計のALIENWARE X51-R3 レビュー項目

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年8月19日(月)まで】
DELL Inspiron 13、14シリーズがお得!最大17%オフクーポン!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大15,000円オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

納得パソコン購入術!パソ兄さん~DELL購入ガイド

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.