DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. GPU知識の項目

グラフィック:GPU(Graphics Processing Unit)

内蔵グラフィックとは

単体GPUとは~グラフィックカード解説 1章

グラフィックカードとGPUの基礎知識

グラフィックカード解説 2章

GPUにCPUのような汎用処理を行わせる技術!GPGPU

レビュー資料用のベンチマークテスト

DELLのベンチマーク

GPUに関するレポート!

グラフィック性能レポート

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

パソコンにおける、GPUの役割 (グラフィック機能の役割)

パソコンの頭脳といえばCPU(Central Processing Unit/中央演算処理装置)ですが、これは汎用的な頭脳です。一方、相方の頭脳としてGPU(Graphics Processing Unit/画像処理装置)が存在します。このGPUは画像処理を専門とした頭脳であり、例えるなら「GPU=美術スタッフ、CPU=管理職・営業職」って感じです。GPUはCPUよりも「単純かつ膨大な量のデータ」を短時間で処理する能力に長けています。

ゲームにはGPUが必須
データはただのプログラムですが、人間が理解しやすいように情報をグラフィック化しているので、私たちはOSを通じて視覚的に操作できます。PCゲームもそうですし、アイコンやファイルの移動なども視覚による操作ですよね。このグラフィック化を担っているのがGPUなんです。画像処理には2Dと3Dがあり、2D処理では比較的ライトなOSやアプリ操作、3D処理では3Dゲームのような負荷の高いものになります。

3D処理だけではないGPU
特に最新GPUやハイエンドGPUを搭載したグラフィックカードは、3D処理に優れていることから本格ゲームユーザーに注目されます。しかし、「1秒間で行える浮動小数点演算の回数」がCPUよりも優れていることから、CPUのような汎用処理も行うようになりました。(GPGPU技術)

なお、役割は同じですがグラフィックには単体GPUと呼ばれるものと、内蔵GPUと呼ばれるものに分類されます。同世代で比較すると、内蔵GPUのほうが性能が低いかわりに低コストのメリットがあり、エントリーパソコンで多用されています。

GPUの他の呼び方

もともと、GeForceシリーズで知られるGPUチップメーカーのNVIDIA社が、「GPU」と独自に呼称していたのですが、そのうちに一般的な用語となりました。他の呼び名では「グラフィック、グラフィックス」、マイナーな言い方では「グラフィックコントローラ、ビデオコントローラー、VPU」と呼ばれます。

グラフィック:GPU(Graphics Processing Unit)項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.