XPSやInspironといったDELLブランドのPCをレビュー公開中
  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. DELL個人デスクトップ
  4. Inspiron 3847

DELL Inspiron 3847 レビュー!

Graphic Pro に属するミニタワー、Inspiron 3847をレビューする。Graphic Proということで、アドビ動画像編集ソフトウェア(Adobe Photoshop Elements 12 & Adobe Premiere Elements 12 )を標準搭載している。

Inspiron 3847はGraphic Proといいつつも、グラフィックカードがエントリー構成であるため、ライトな動画編集用のデスクトップである。今回のレビュー実機ではCore i5-4460とNVIDIA GeForce 705を搭載している。2014年7月31日レビュー時点において、Windows 7 Home Premium SP1 64 ビットが選べる以外、搭載パーツのカスタマイズ選択はできなかった。最近のDELLはほとんどカスタマイズ性がなくなってきている。

Inspiron 3847
Haswell設計

レビューしたInspiron 3847の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-4460 プロセッサー (6M キャッシュ, 最大 3.4 GHzまで可能)
  • 8GB (4GBx2) デュアルチャネル DDR3 メモリ(1600Mhz)
  • NVIDIA GeForce 705 1GB DDR3
  • 1TB SATA 6Gb/s HDD(7200 回転)

DELLクーポン情報

【2019年5月27日(月)まで】
DELL XPSシリーズ、Inspiron 13/14シリーズがお得!17%オフクーポン

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

2014年7月時点のレビューおよび、撮影したInspiron 3847実機の情報となる。

Inspiron 3847で、ライトに動画編集を楽しむ!概要編

DELL Inspiron 3847高さ:368.3 mm、幅: 177.8 mm、奥行き:431.8 mm 最小重量: 7.93 kgのミニタワー型。天井は少し凹んでおり、小型機器やメディア等を置くスペースとなっている。天井には端子がないので特別な利便性はない。おそらくDELL Inspiron 660(2012年5月発売・Ivy Bridge設計)とまったく同じPCケースだと思われる。

装備端子

USB 2.0端子

前面

USB 2.0端子 x 2基、マイク/ヘッドフォン端子
メディアカードリーダー (SDカード、SDXC、SDHC、メモリースティック(MS)、MS PRO、MMC、MMC+、xDピクチャカード)

背面

USB 3.0端子 x 2基、USB 2.0端子 x 4基、HDMI端子、VGA端子、ギガビットイーサーLAN端子、
アナログオーディオ端子
備考
  • チップセット / インテル H81 PCH
  • デルワイヤレス-N 1705 @ 2.4GHz + Bluetooth 4.0
  • アドビ動画像編集ソフトウェアを標準搭載:
    Adobe Photoshop Elements 12 & Adobe Premiere Elements 12
※標準搭載および、オプション搭載についてはDELL公式サイトで要確認。

前面・左右側面デザイン

DELLロゴと電源ボタン光沢ブラックのフロントパネルでシルバーカラーのトリムデザイン。右側にイジェクトボタンがあり、2基の光学ドライブベイがある。中央より下にDELLロゴと電源ボタン、HDDライトがある。

フロントカバーも空洞前面からも吸気ができるよう、筐体に穴が空いている。フロントカバーも空洞になっている。

カバーを開く光学ドライブベイの下にあるカバーを開くと、USB 2.0端子 x 2基、マイク/ヘッドフォン端子 メディアカードリーダー がある。
カードリーダーは(SDカード、SDXC、SDHC、メモリースティック(MS)、MS PRO、MMC、MMC+、xDピクチャカード)に対応。
開けたカバーは奥に収納され、極力突き出さない機構になっている。開けっ放しでもさほど邪魔にはならない。

通気口
左側面に通気口があり、右側面にはない。

Inspiron 3847の背面インターフェース

背面Inspiron 3847の背面をチェックする。正方形のスリットが印象的。

ATX電源ユニットエントリーらしく300WのATX電源ユニットを搭載。少し凹んでいるので、持ち運ぶときに手を添えやすい。メーカー保証対象外であるが、ATX電源なので市販製品との換装が可能。

キャップをしなくて大丈夫I/Oパネルでは、USB 3.0端子 x 2基、USB 2.0端子 x 4基、ギガビットイーサーLAN端子、 アナログオーディオ端子を装備。
オンボードのモニタ出力にHDMI端子、VGA端子を装備しているが、グラフィックカードを搭載しているので、これらの端子は使わない。(初心者が間違えて接続しないようにキャップをしなくて大丈夫なんだろうか?)

VIDIA GeForce 705 1グラフィックカードにNVIDIA GeForce 705 1GB DDR3を搭載している。グラフィックカードに装備されているDVI端子、HDMI端子、VGA端子からモニタに接続する。

内部構造~マザーボードの構成

サイドパネルインチネジを外し、サイドパネルを後方に引くことで内部にアクセスできる。従来のモデルよりも開け閉めしやすくなった感覚がある。サイドパネルは一枚板だが、従来と違ってきっちり折り返していないのであまり強度はない。一度歪むとハメづらくなるので取り扱いには要注意。

とくとご覧あれInspiron 3847の内部Inspiron 3847の内部。マイクロATX相当のマザーボードといったところ。ずいぶん、簡素で見晴らしのいい内部構造。

ドライブベイ3.5インチHDDドライブベイが2基あり、HDDの両サイドにスライド用マウンタが取り付けてある。これでスライドさせてHDDを搭載する。また、レビュー実機では、2台目用のマウンタも付属してあった。

ATX電源と光学ドライブの間光学ドライブベイが2基。2箇所のミリネジで固定する機構。ATX電源と光学ドライブの間にはそこそこ空間があり、もう少し奥行きのあるATX電源でも換装できそうな印象。

専用固定具グラフィックカードなどの拡張カードは、専用固定具でまとめて固定する機構。工具レスで着脱が可能となっている。

300WのATX電源搭載のInspiron 3847総出力300WのATX電源は、+12Vが2系統あり、それぞれ17A,9Aが最大出力。補助電源もなく、搭載できるのはローエンド・グラフィックカードに限られる。

SATAメモリスロットが2基、SATAコネクタが4基ある。

Inspiron 3847の搭載拡張スロットInspiron 3847のPCケース外観をみると、拡張スロットは4基あるはずだが、マザーボードでは4番目の拡張スロットがごっそりと省かれている。製造コストカットといってもこれは露骨過ぎて「やり過ぎ感」が否めない。
ただし、省かれた箇所をみると、PCIと記載されており、もともとのマザーボードの仕様ではPCI Express規格ではなかったと思われる。PCI規格はすでに市場から淘汰された規格であるため、「スロットを取り付けても意味が無い」と判断された可能性もある。それにしても「Haswell設計のマザーボードで未だにPCIをつけることがあるのか」と思った。

Inspiron 3847の搭載拡張スロットは、PCI Express x1が2基、PCI Express x16(グラフィックカード搭載)が1基となる。

キーボードは面倒臭えInspiron 3847有線キーボードとマウスが付属しているが、面倒くさいので省略。2013年にレビューしたエントリーデスクトップ機と同じものである。

Inspiron 3847のパフォーマンスチェック&比較

Core i5-4460 プロセッサー とNVIDIA GeForce 705Inspiron 3847レビュー実機に搭載した、Core i5-4460 プロセッサー とNVIDIA GeForce 705 1GB DDR3のスペック詳細。

Core i5-4460 は4コア実装で、HTテクノロジーはないのでコア数通り4スレッド動作。動作周波数は3.2 GHz だが、ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.4 GHz である。NVIDIA GeForce 705 は、GPUコア数が48基というなんとも超ローエンドグラフィック。CPUに内蔵するGPUが高性能化している現在では、これを搭載する値打ちがあるのか微妙なスペック。
ビデオメモリを搭載しているので、PC全体の負荷軽減にはなっていることは確かなのだが。

いずれにしても、PCゲームをやらないユーザーであれば、CPUパフォーマンスが非常にPCの快適さを左右する。そのためCINEBENCH R10ベンチマークテストにて、Inspiron 3847の快適度を測る。

過去レビューPCと、CPU性能比較(CINEBENCH R10ベンチマークテスト)

CINEBENCH R10のレンダリングにかかった処理時間を、過去のレビューパソコンと比較。搭載グラフィック(GPU)の影響は数秒程度あるが、概ねCPU性能として比較できる。CINEBENCH R10は、MAXON Computer社のCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。Cinema 4Dとは映画・テレビ業界・ゲーム制作・建築で採用されている3Dソフトである。

このベンチマークテストのレンダリング処理時間で、主にCPU性能を測ることができる。 CINEBENCH R10はマルチコアに最適化されているので、クロック数の高さだけでなくマルチスレッド効果を発揮する。 当方の調査事例で判断すると、いかにハイエンドであってもGPU性能が与える影響はごく僅かと思われる。(無論、数秒の影響力はある)

例:Win7 64bit + Core i7-2600 + Radeon HD 5770 + 8GBメモリ⇒38秒
例:Win7 64bit + Core i7-2600 + ”HDグラフィックス2000” + 8GBメモリ⇒43秒

Inspiron 3847(Core i5-4460 搭載時)では、かなりパフォーマンスが高い

Inspiron 3847(Core i5-4460 搭載時)では、処理時間⇒39秒だった。過去のレビューPCと比較してみると、最近のハイエンド機にせまるパフォーマンスをみせている。これならCPUの得意とするエンコード作業では、かなり快適なマシンである。 CPUの汎用性処理ならエントリー機であっても侮れない。

CINEBENCH R10とは マルチコアでレンダリング レンダリング時間
Inspiron 3847
Haswell設計

レビューしたInspiron 3847の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-4460 プロセッサー
  • 8GB (4GBx2) デュアルチャネル DDR3 メモリ(1600Mhz)
  • NVIDIA GeForce 705 1GB DDR3
  • 1TB SATA 6Gb/s HDD(7200 回転)
処理時間⇒39秒
CINEBENCH R10とは マルチコアでレンダリング レンダリング時間
DELLパソコンXPS8700
2013年
Haswell設計

DELL XPS 8700

  • Windows 8 64bit
  • Core i7-4770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 16GB (4GB × 4)DDR3 メモリ(1600Mhz)
  • NVIDIA GeForce GTX 660 1.5GB GDDR5
  • 2TB SATA HDD(7200回転) + 32GB mSATA SSD
処理時間⇒30秒
Ivy BridgeのDELL新作
2012年
Ivy Bridge設計

DELL XPS 8500

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 12GB (2GBx2+4GBx2)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • AMD Radeon HD 7870 2GB DDR5
  • 2TB SATA HDD(7200回転) + 32GB mSATA SSD ISRT
処理時間⇒34秒
Alienware M14x
2012年
Sandy Bridge設計

Alienware X51(R1)

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 8GB (4GBx2)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GTX 660 1.5GB GDDR5
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒34秒
ALIENWARE 17ゲーミングノート
2013年
Haswell設計

ALIENWARE 17(R1)

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 17.3インチ フルHD 非光沢液晶(1920x1080)
  • Core i7-4710MQ (6MB キャッシュ)
  • 8GB (4Gx2) DDR3L メモリ(1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GTX 860M (2GB GDDR5)
    切り替え可:インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB SATAハイブリッドHDD(5400回転) 6Gb/s NCQ
処理時間⇒35秒
売れ筋XPS 8300は人気の機種
2011年
Sandy Bridge設計

DELL XPS 8300

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-2600 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 8GB (2GBx4) DDR3メモリ
  • ATI Radeon HD 5770 1GB
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒38秒

Inspiron 3847(Core i5-4460 搭載時)のパフォーマンスよりもやや下だった過去PCをみてみよう。2009年のモンスターマシンAlienware Aurora ALX (Core i7-975 Extreme Edition 搭載)を超えているのには驚く。
以下のデータを比較すると、第1世代Core i7-860、Core i7-975 Extreme Edition、Core i7-960よりも確実に速いと判断できる。(むろん、CPU単体ではなく全体の構成も考慮する必要があるが)。

デル初のショートスリムデスクトップ660s
2012年
Ivy Bridge設計

DELL Inspiron 660s

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-3450s(2.8GHz , 6MB キャッシュ)
  • 6GB (4GB×1 +2GB×1)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • GeForce GT 620 1GB DDR3
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒44秒
ハイスペックなタワー型Studio XPS 9100
2010年
Nehalem設計

DELL Studio XPS 9100

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i7-960 (3.20GHz, 8MB L3 キャッシュ)
  • 9GB(2GBx3, 1GBx3) DDR3メモリ
  • ATI Radeon HD 5870 1GB
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒46秒
Alienware Aurora ALX
2009年
Nehalem設計

Alienware Aurora ALX

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i7-975 Extreme Edition (3.33GHz, 8MB L3 )
  • 9GB (2GBx3, 1GBx3) DDR3
  • 【CrossFireX】 ATI Radeon HD 5870 1GB
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒46秒
ミニタワーPCエントリーInspiron660
2012年
Ivy Bridge設計

DELL Inspiron 660

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-2320 (3.0GHz , 6MB キャッシュ)
  • 4GB (4GB × 1)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • インテル HDグラフィックス 2000
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒48秒
dell studio xps8000
2009年
Nehalem設計

DELL Studio XPS 8000

  • Windows 7 Professional 64bit
  • Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GTX 260 1792MB
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒51秒
studioxps7100
2010年
AMD Phenom II 搭載

DELL Studio XPS 7100

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • AMD Phenom II X6 1055T
  • 12GB (4GBx2, 2GBx2) DDR3メモリ
  • ATI Radeon HD 5870 1GB
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒54秒

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年5月27日(月)まで】
DELL XPSシリーズ、Inspiron 13/14シリーズがお得!17%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、オンライン限定クーポンで最大15,000円オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.