DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 13 2 in 1(7347)レビューTOP

DELL Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1 (7347)のレビュー!

13.3 インチ IPSタッチパネルのノートパソコンで、タブレットPCにも変形できるコンバーチブルノート!DELL Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1 をレビューする。最大の特徴として、360度回転するヒンジ構造により、「ノート、タブレット、スタンドモード、テントモード」の4モードで使用できる。このInspiron 13 7000シリーズ 2 in 1 は、システム上では「Inspiron 7347」という製品であり、当サイトでは便宜上、Inspiron 13 2 in 1(7347)と記載する。なお、2014年9月に発売された。

アイコンInspiron 13 2 in 1(7347)
2014年11月レビュー
Haswell設計

DELL Inspiron 13 2 in 1(7347)~今回レビューした構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 13.3 インチ IPS Truelife HDタッチパネル (LEDバックライト採用、1366 x 768)
  • Core i3-4010U (1.7 GHz)
  • 4GB DDR3Lメモリ 1600MHz (4GBx1)
  • インテル HD グラフィックス 4400
  • 500GB HDD(5400回転) / 東芝製 MQ01ABF050 [500GB 7mm]

Inspiron 13 2 in 1(7347)の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

2014年11月時点のレビューおよび、撮影したInspiron 13 2 in 1(7347)実機の情報となる。 最新情報は上記リンク先へ!

据え置きとして使える13.3インチノートが、タブレットに変形

「ノートパソコンの性能とパワー、タブレットの使いやすさ」がキャッチコピー。Inspiron 13 2 in 1(7347)は、ホームモバイルとして使える13.3インチ画面サイズであり、IPSパネルを使用しているので広視野角である。また、バックライト付きキーボードを装備しているので、薄暗い場所でも問題なく使える。

Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1 (7347)のレビュー光学ドライブは非搭載であるが、13.3インチ画面であれば据え置きノートとしてもギリギリ許容範囲であろう。タブレット用途なら大画面タイプである。約1.66Kgあるので、屋外でのタブレット用途は非常にヘビークラスであり、屋内で場所を定めず使うホームモバイル用途がお勧めである。

ビルトイン式のスタイラスペンを標準付属タブレットおよびスタンドモードの様子。ビルトイン式のスタイラスペンを標準付属しており、ペンを本体に収納できるため便利。

Inspiron 13 2 in 1(7347)の天板天板、底面、パームレストなどほとんどの面がシリコンコーティングされており、しっとりした手触りになっている。そのため、タブレット用途ではしっかりしたグリップ性となっている。

Core i3 / Core i5のUシリーズ(超低電圧版)を搭載しており、グラフィックはCPUに内蔵する「インテル HD グラフィックス 4400」が使われる。本格ゲームや本格動画編集用途を除けば、ほとんどの作業が快適なスペックである。また、DDR3Lメモリを搭載しており、省エネ設計であることが伺える。500GB HDDを搭載しているため、たっぷりとデータを保存できる。解像度は1366 x 768だけでなく、フルHD解像度 (1920 × 1080)も選べるため、上級者でも選択の余地があるモデルである。

2014年11月3日調査時点の、Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1 パーツ搭載例

一部構成例をみると、タッチパネル・ディスプレイ解像度は1366 x 768および1920 x 1080が選べる。CPUはCore i3-4010UおよびCore i5-4210U であるが、どちらも内蔵グラフィックはインテル HD グラフィックス 4400である。ハイブリッドHDD が選べるため、起動速度を重視したいなら検討の余地あり。

ディスプレイ
  • 13.3 インチ IPS Truelife HDタッチパネル (LEDバックライト採用、1366 x 768)
  • 13.3 インチ IPS Truelife FHDタッチパネル (LEDバックライト採用、1920 x 1080)
プロセッサ
  • Core i3-4010U (1.7 GHz) ※インテル HD グラフィックス 4400
  • Core i5-4210U (最大 2.7 GHz) ※インテル HD グラフィックス 4400
メモリ
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • 8GB DDR3L 1600MHz (8GBx1)
ストレージ1
  • 500GB HDD(5400回転)
  • 500GB (5400回転)ハイブリッドHDD 8GB キャッシュ付き
無線
  • デルワイヤレス-N 1708 802.11bgn, 1x1, 2.4GHz + Bluetooth 4.0
  • インテル デュアル バンド ワイヤレス-AC 7265 802.11ac, 2x2, 2.4 & 5GHz + Bluetooth 4.0
2014年11月時点 最小構成69,979円~から

概要

注目ポイント

最高のパフォーマンス: : Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1 ノートパソコン
  • 第4世代インテル Core i3 / i5のUシリーズ(超低電圧版)搭載で、Atom系タブレットよりも高性能である(ウルトラブック相応)。
  • ノートパソコンモードから、タブレット、テント、スタンドモードに変形できるコンバーチブル式の2 in 1タイプ。
  • 10ポイントマルチタッチ対応の静電容量式タッチスクリーン。
  • 広視野角のIPSパネル採用。
  • 1366 x 768のほか、フルHD解像度 (1920 × 1080)も選べる
  • ぎりぎりメインPCにもいける13.3インチノート。タブレット用途なら大画面タイプ
  • ビルトイン式のスタイラスペンを標準付属。本体に収納できる!
  • 防水加工・バックライト付きキーボード装備。
  • 500GB HDD搭載でたっぷり保存できる。
    もっと起動速度を重視するなら、8GB キャッシュ付きハイブリッドHDDの選択もある。
  • 全面シリコンコーティングのしっとりした手触りとグリップ性

その他スペック等

タブレットにもなる 2 in 1モバイルノートパソコンに13インチが新登場。
  • 幅330 mm × 奥行222 mm × 厚み19.4mm、重量:約1.66kg
  • HDMI 1.4a端子、USB 3.0端子 x 2(1基のみPower Share対応)、USB 2.0端子 x 1、
    セキュリティスロット、メディアカード(SD、MMC)、ビルトイン式のスタイラスペン(標準)、
    コンボヘッドフォン / マイク入力ジャック x 1
  • 3セルバッテリ (内蔵)
  • HD(720 p)対応Webカメラ、デュアルアレイ・マイク内蔵
  • ソフトウェア
    My Dell、Dropbox(容量20 GB)、Dell Digital Delivery、Dell Backup & Recovery、
    McAfee LiveSafe(30日間)、Live Essentials(ムービーメーカーおよびフォトギャラリー)、
    Skype、FastAccess
  • Waves MaxxAudio Pro搭載オーディオ

ACアダプタ65 W ACアダプタ。ミッキー型コネクタに電源ケーブルをジョイントする。

※標準搭載および、オプション搭載、最新の仕様についてはDELL公式サイトで要確認。

留意点

1台でタブレットにも、モバイルノートにも。
  • 光学ドライブ非搭載
  • 有線LANポートを備えてない。インターネットには無線環境(親機)が必要。
  • 約1.66kgなのでタブレットとしては重量級であり、片手持ちでの長時間は辛い。
  • HDD搭載なので、SSD搭載のタブレットよりかは衝撃に注意が必要

360度回転のヒンジで、タブレットなどのモードへ

DELL Inspiron 13 2 in 1(7347)では、そのヒンジの構造によりディスプレイを360度回転させることができ、折り返せばタブレットPCとして使える13.3インチノートである。この機構を生かして、「ノートパソコン、タブレット、スタンド、テント」の4モードで使うことができる。いわゆる、コンバーチブルPCってやつ。

タブレットに変形!Inspiron 13 2 in 1(7347)t360度回転できる機構のヒンジ(蝶番)。Inspiron 13 2 in 1(7347)の要部分である。

ノートモードからタブレットへ変形させる(コンバーチブル)

反り返ったまずディスプレイを開いてノートモード。さらに折り曲げていき、反り返った形状に。

タブレットモード完全に反対側へ折り畳めば、タブレットモードになる。一定の位置を折り曲げた段階で、キーボードは自動的に無効になる。

Inspiron 13 2 in 1(7347)の4つのモード~タブレット変形の応用

Inspiron 13 2 in 1(7347)は「タブレットモード~基本形態はノートパソコンである。奇をてらっておらず、スタイリッシュ・デザインのノートという印象。市場調査においてもコンバーチブルノートの購入者は、ノートパソコンとして使うのがほとんどらしい。タブレットは付加価値として考えているユーザーが多いみたいだ。

前述のようにInspiron 13 2 in 1(7347)は「タブレットモード、スタンドモード、テントモード」の3モードに変形する。ノートパソコンを含めば4つのモードということだ。

タブレットモード!結構、大型なタブレットPCに

Inspiron 13 7000 シリーズ 2-in-1 プレミアム・フルHDタッチパネル・Office付 タブレットモードでは、テキストのタッチ入力時は面倒くさいが、WEB閲覧のみでは結構快適だ。角度を変えるだけで縦長画面に切り替わるのでお手軽だ。Inspiron 13 2 in 1(7347)の画面切り替え速度は良好。ソファーや布団で寝そべって操作でき、Webの縦長閲覧は快適で癖になる。ただ、約1.66kgであるため、タブレット単体で考えると重量級である。

キーなどのプチプチ感裏面はキーボード部分なので、キーなどのプチプチ感は仕方がない。キーは無効になっているので操作に影響はない。

DELL Venue 11 Pro(5130) と並べたレビューしているInspiron 13 2 in 1(7347)は、1366 x 768解像度のものだが、タッチ・キーボードを出したままでも割りと使える。そして、10.8インチタブレットのDELL Venue 11 Pro(5130) と並べた様子。

スタンドモード!据え置きモニタ風に

Inspiron 13 のスタンドモードtキーボード面を地面に接し、スタンドにするモード。動画を眺めるときにもっぱら使用するモードである。キーボードは防水設計されているものの、直置きになるため汚れた地面にはあまり置きたくないモードである。

スタンドモードはこれキーボード周辺の縁にある緩衝材が、スタンドモードの「すべり止め」となっている。

テントモード!少しの奥行きで設置可能

Inspiron 13 2 in 1(7347)のテントモードテントモードは「スタンドモードの置き方を変えただけじゃん」というツッコミもあるが、スタンドモードよりも短い奥行きで置ける。しかも、キーボード面が地面に接することがないので、神経質な方はこのモードがオススメ。

これは便利!ビルトイン式のスタイラス・ペンを標準付属。

Inspiron 13 2 in 1(7347)では、Inspiron 13 2 in 1(7347)本体に収納できるスタイラス・ペンが標準付属している。パソ兄さん自身、タブレットPC(Venue 11 Pro)を使うときは、市販のペンを使うことが多々あるが、持参するのを忘れたり置き場所を忘れたりして不便を感じることもあった。しかし、Inspiron 13 2 in 1(7347)ではその心配はない。

Inspiron 13 2 in 1(7347)本体に収納できるスタイラス・ペンが標準付属Inspiron 13 2 in 1(7347)の右側面にスタイラス・ペンが収納されている。一見、電源ボタンかと間違えるが、押してみると柄の部分がつっぱりだす。

シルバーカラーのところにDELLロゴt円筒形ではなく平たい形状のペンなので、転がる心配はない。シルバーカラーのところにDELLロゴがうっすらと見える。意図的なものは分からないが、タッチパッド幅と同じ長さであった。

Inspiron 13 2 in 1(7347)の操作tやっぱ、スタイラスペンでの操作は指先よりも的確。ただ、上の方ではディスプレイが軽量であるゆえ、プルップルと揺れてしまう。(これはどのタッチパネルノートでも大概起きるデメリット)。タブレット形状であれば、そのデメリットはない。

スタイラス・ペンが重宝実機1366 x 768のドットバイドット表示にて、ペン先と指先(パソ兄さんの太い人差し指)との違い。ペンのほうが的確なのはビジュアルでよく分かる。フルHD解像度 (1920 × 1080)のドットバイドットなら、なおさらスタイラス・ペンが重宝されるだろう。10ポイントマルチタッチ対応の静電容量式タッチスクリーンとなっている。

13.3インチ画面に、広視野角のIPSパネル採用!

レビュー機は1366 × 768Inspiron 13 2 in 1(7347)は13.3インチ光沢画面。フルHD解像度 (1920 × 1080)も選べるが、今回のレビュー機は1366 × 768であり、この画面であればスタンダードな領域。ドットバイドット表示で、とくに拡大表示しなくても概ねそのままのサイズで使える。ベゼルの段差はなく、ディスプレイの外周に緩衝ゴムが配置しており、デザイン性はいい。

IPSパネルそしてIPSパネルを採用しているため、非常に広視野角。どの角度から見ても極端な色度変移は起きていない。TNパネルの場合、上からの視認は真っ白になり壊滅的だが、IPSは何の問題もない。

Webカメラ、デュアルマイクディスプレイベセル上部中央にWebカメラ、デュアルマイク、下部中央にWindowsボタンを配置している。

Inspiron 13 2 in 1(7347)の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

チェック!13インチクラスの2 in 1ノート

DELL XPS 12(9250)レビュー項目(2016年 Skylake設計Core Mシリーズ)

納得パソコン購入術!パソ兄さん~DELL購入ガイド

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.