XPSやInspironといったDELLブランドのPCをレビュー公開中
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. DELL法人デスクトップ
  4. OptiPlex 3020m

DELL OptiPlex 3020マイクロ レビュー!超コンパクトPC

超コンパクト・ビジネスデスクトップ、OptiPlex 3020マイクロをレビューする チップセットH81を採用したHaswell設計であり、2015年2月レビュー時点では、Core i3-4150T やCore i5-4590T などが搭載できる。手のひらサイズであり、狭いオフィスでも存在を感じさせないコンパクトさが売りで、装備するUSB端子の数も多く使いやすい。なお、OptiPlex 3020マイクロは法人向けモデルであるが、個人ユーザーであっても、自称ライターでも何でも適当な肩書で購入できる。

OptiPlex 3020マイクロ 購入者ガイドレビューOptiPlex 3020マイクロは縦置きと横置きが可能であるが、縦置きにはオプションのスタンドが必要となる。今回はオプションがないため、横置きで紹介する。レビューしたOptiPlex 3020マイクロの構成は以下の通りである。単体GPUを搭載しないPCだが、現在の内蔵グラフィックはビジネス用途に十分過ぎる性能を持つ。また、デスクトップ用CPUを搭載しているため、同価格帯のノートPCよりもパフォーマンスが高い。

OptiPlex 3020mアイコン
2015年2月レビュー
Haswell設計

レビューしたOptiPlex 3020マイクロの構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-4590T プロセッサー (4コア, 6MB, 3.30GHz )
  • 4GB (4GB x 1 ) DDR3 SDRAM 1600MHz メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB HDD(7200回転 )
レビュー時点での
搭載可能プロセッサ例
  • インテル Pentium G3240T  ※Intel® HD Graphics
  • インテル Core i3-4150T プロセッサー ※Intel® HD Graphics 4400
  • インテル Core i5-4590T プロセッサー  ※Intel® HD Graphics 4600

2015年2月時点のレビューおよび、手元のOptiPlex 3020マイクロ実機の情報となる。 最新情報は上記リンク先へ!

OptiPlex 3020マイクロのデザインと装備端子

寸法OptiPlex 3020マイクロの寸法は、高さ18.2cm x 厚み 3.6cm x 幅17.6 cm。重量1.28 kgほど。手を大きく広げれば、まあ手のひらサイズといってもよさそう。スチール製の筐体なので結構頑丈である。

OptiPlex 3020マイクロを配置した様子今回は縦置きスタンド(縦型スタンド / Vertical スタンド + 600円)がないので、そのまま立ててみたが、この通り卓上スペースのじゃまにならず設置できる。スタンドなしでの縦置きはやはり不安定なので、オプション購入をオススメする。(標準付属にしてもらいたいところだが)

タブレット・スタンドを利用でOptiPlex 3020マイクロをおったてるOptiPlex 3020マイクロは小さいので、タブレット・スタンドを利用してもいい気がする。(縦置きと横置きの中間の接地面積になるが・・)

前面と左右側面

OptiPlex 3020マイクロの前面には、ヘッドフォン端子、マイク端子、USB2.0端子×1基、USB3.0端子×1基ある。
電源ボタンとHDDライトはLEDで光る。このサイズなら当然だが、光学ドライブは搭載されていない。

フロントのDELLロゴはメッキ加工がされており、置き方に合わせて回転することができる。手順は引っ張って回すだけ。

OptiPlex 3020マイクロ内部の詳細は次のページで解説するが、前面に小さいながらもスピーカを内蔵している。

左右側面には特記することなし。

背面のインターフェース

OptiPlex 3020マイクロVGA端子、DisplayPort 1.2端子OptiPlex 3020マイクロの背面装備端子。ディスプレイ出力には、「VGA端子、DisplayPort 1.2端子」を装備。
そして、USB3.0端子×1基、USB2.0端子×3基、ギガビットLANを装備。ビジネス用途ということだけあって、セキュリティロックの穴が多め。

OptiPlex 3020マイクロのACアダプタ65W-ACアダプタを付属。

OptiPlex 3020マイクロの購入状況と梱包梱包の様子。デルKB212-B USB エントリビジネスキーボード と、デルMS111 USBオプティカルマウス が付属。レビュー時点の状況であるが、カスタマイズでキーボードとマウスなしにすると割引された。 OS リカバリーであるWindows 8.1 DVD メディア(日本語)はオプション。

パフォーマンスチェック~OptiPlex 3020マイクロにCore i5-4590を搭載

Core i5-4590を搭載今回、OptiPlex 3020マイクロに搭載されているCPUは、インテル Core i5-4590T プロセッサー 。レビュー時点の選択肢の中では最上位となっている。4コア実装4スレッド動作のCPUで、省エネのTシリーズであるためTDP35Wで済んでいる。また、OptiPlex 3020マイクロでは内蔵グラフィックを活用するPCであるため、上位のCPUほどグラフィックパフォーマンスも高いものとなる。 Core i5-4590T には、インテル HD グラフィックス 4600が内蔵されている。

レビュー時点での
搭載可能プロセッサ例
  • インテル Pentium G3240T  ※Intel® HD Graphics
  • インテル Core i3-4150T プロセッサー ※Intel® HD Graphics 4400
  • インテル Core i5-4590T プロセッサー  ※Intel® HD Graphics 4600

グラフィックパフォーマンス比較

ストリートファイター4ベンチマークテスト 1280 × 720(ウィンドウ表示)でのAVERAGE FPSでは、 55.70FPSだった。快適の60FPSまであと一歩というところだが、さほど違和感なく遊べるレベル。 これは数年前のローエンド単体GPUを搭載したPCに匹敵する。しかも2009年のミドルノートだったDELL Studio 15(1557)のパフォーマンスを超えている。以下、のデータ表を参考に。

製品画像 過去のレビュー機と比較! AVERAGE FPS
OptiPlex 3020mアイコン
2015年2月レビュー
Haswell設計

DELL OptiPlex 3020マイクロ

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-4590T プロセッサー (4コア, 6MB, 3.30GHz )
  • 4GB (4GB x 1 ) DDR3 SDRAM 1600MHz メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB HDD(7200回転 )
55.70
CINEBENCH R10とは マルチコアでレンダリング レンダリング時間
薄型のミドルスペック14インチノートXPS14z
2011年
Sandy Bridge設計

DELL XPS 14z(L412z)

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • 14インチ WLED光沢液晶(1366x768)
  • Core i5-2430M (2.4GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GT 520M /1GB
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
56.27
Inspiron580デル
2010年
Nehalem設計

DELL Inspiron 580 (独自にローエンドGPU搭載)

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • RADEON HD 4650 512MB
  • 320GB SATA HDD(7200回転)
56.25
14型ウルトラブックxps14登場
2012年
Ivy Bridge設計

DELL XPS 14 Ultrabook(L421X)

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • 14インチ光沢液晶(1600x900)
  • Core i7-3517U (1.9GHz, 4MB キャッシュ)
  • 8GB DDR3メモリ 1333MHz
  • GeForce GT 630M 1GB GDDR5
  • 500GB SATA HDD(5400回転)+ 32GB mSATA SSD
54.12
Vostro 260sでビジネス
2011年
Sandy Bridge設計

DELL Vostro 260s

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-2400s (2.5GHz , 6MB キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3
  • ATI Radeon HD 6450 1GB
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
53.04
DELLのStudio15
2009年
Nehalem設計

DELL Studio 15(1557)

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • 15.6インチ WLED光沢液晶(1366x768)
  • Core i7-720QM (1.6GHz, 6MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • ATI Mobility RADEON HD 4570 512MB
  • 500GB SATA HDD(5400回転)
49.74

CPUパフォーマンス

CINEBENCH R10ベンチマークテストでは、処理時間⇒47秒だった。当サイトの過去調査から察するに、2009~2010年のハイエンドデスクトップのDELL Studio XPS 9100やAlienware Aurora ALXと同じ性能である。当時のPC性能が分かる方なら、OptiPlex 3020マイクロが「ビジネス用途に十分過ぎる」と理解できるだろう。

CINEBENCH R10とは マルチコアでレンダリング レンダリング時間
OptiPlex 3020mアイコン
2015年2月レビュー
Haswell設計

DELL OptiPlex 3020マイクロ

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-4590T プロセッサー (4コア, 6MB, 3.30GHz )
  • 4GB (4GB x 1 ) DDR3 SDRAM 1600MHz メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB HDD(7200回転 )
処理時間⇒47秒
CINEBENCH R10とは マルチコアでレンダリング レンダリング時間
ハイスペックなタワー型Studio XPS 9100
2010年
Nehalem設計

DELL Studio XPS 9100

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i7-960 (3.20GHz, 8MB L3 キャッシュ)
  • 9GB(2GBx3, 1GBx3) DDR3メモリ
  • ATI Radeon HD 5870 1GB
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒46秒
Alienware Aurora ALX
2009年
Nehalem設計

Alienware Aurora ALX

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i7-975 Extreme Edition (3.33GHz, 8MB L3 )
  • 9GB (2GBx3, 1GBx3) DDR3
  • 【CrossFireX】 ATI Radeon HD 5870 1GB
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒46秒
17インチノートが主流となる時代へXPS17投入
2011年
SandyBridge設計

DELL XPS 17(L702X)

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • 17.3インチ AG ディスプレイ (1920x1080)
  • Core i7-2670QM (2.2GHz, 6MB キャッシュ)
  • 8GB (4GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GT 555M /3GB
    切り替え可:インテルHDグラフィックス3000
  • 750GB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒49秒
dell studio xps8000
2009年
Nehalem設計

DELL Studio XPS 8000

  • Windows 7 Professional 64bit
  • Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GTX 260 1792MB
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
処理時間⇒51秒

OptiPlex 3020マイクロは、低消費電力である

アイドル時の消費電力は、8Wほど。ストリートファイター4ベンチマーク中では、40W程度で済んでいる。Tシリーズの搭載ということだけはある。

比較なら、こちらのレビュー記事も参考に

OptiPlex 7040シリーズのレビュー!(Skylake設計)

OptiPlex 5040シリーズのレビュー!(Skylake設計)

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.