DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. DELL法人デスクトップ
  4. OptiPlex 7040シリーズ

Skylake設計、第6世代Core搭載のビジネス・デスクトップPC

DELL OptiPlex 7040シリーズ レビュー

DELLの法人デスクトップ、「OptiPlex 7040マイクロ」および、「OptiPlex 7040 スモール」の2モデルをレビューする。Skylake設計の第6世代インテルCore搭載モデルで、マイクロでは低消費電力のTシリーズ搭載となっている。PCケースの開閉、ドライブや拡張カードの着脱など、工具とネジが不要なメンテナンス性を持っている。

DELL OptiPlex 7040シリーズレビュー拡張スロットと光学ドライブはないが非常にコンパクトなOptiPlex 7040マイクロ。そして、拡張スロット(ロー・プロファイルのみ)と光学ドライブを搭載したOptiPlex 7040 スモール。どちらもAtom系のPCではないので、パフォーマンスが高い。写真は、この両機と23インチモニタを設置した風景。

配置例両機ともコンパクトなので選択に悩むが、「拡張スロットと光学ドライブ」の有無が肝となる。レビューしたOptiPlex 7040シリーズの構成は以下の通り。風景にある周辺機器などはDELLとは関係のない市販品である。

OptiPlex 7040 Micro
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 Micro ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6500T プロセッサー
  • 8GB (8GB ×1) DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 128GB M.2 SSD(SATA接続)
OptiPlex 7040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 スモール ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
  • 8GB(4GB ×2)DDR4 メモリ-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : OptiPlex 7040シリーズのキャンペーン価格!DELLサイトへ

2016年1月15日時点のレビュー。パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのベンダーは供給状況により変更があるため、購入された場合の一致性は保証していない。あくまで、手元にあるOptiPlex 7040シリーズ実機における現状レポートである。

OptiPlex 7040シリーズおよび、OptiPlex 5040シリーズの構成例

2016年1月15日時点の採用パーツを調べてみた。OptiPlex 7040シリーズには、「スモール、ミニタワー、マイクロ」の3タイプがある。そして姉妹機のOptiPlex 5040シリーズでは、7040と共通した筐体デザインの「スモール、ミニタワー」の2タイプがある。これらはすべて「Q170チップセット」を採用したSkylake設計となっている。 ※レビュー時点では、OptiPlex 5040シリーズにマイクロタイプはない。

OptiPlex 7040シリーズとOptiPlex 5040シリーズにおいて、各スモール、各ミニタワーの違いが分かりにくい。主だった違いは、それぞれ採用されているメモリの規格である。また、同シリーズにおいて、スモールとミニタワーでは拡張スロットに違いがあり、異なるマザーボードが採用されている。

OptiPlex 7040 マイクロ

OptiPlex 7040 Micro
CPU搭載例
  • インテル Core i5-6500T プロセッサー
  • インテル Core i7-6700T プロセッサー
メモリ搭載例
  • 4GB (4GB ×1)DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz  
  • 8GB (8GB ×1) DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz  
ストレージ搭載例
  • 500GB HDD (2.5インチ SATA / 7,200 rpm)
  • 128GB M.2 SSD(SATA接続)

※OptiPlex 7040 マイクロの搭載CPUでは、低消費電力のTシリーズが採用されている。
※OptiPlex 7040 マイクロでは、 OptiPlex 7040シリーズデスクトップの購入枠と、 OptiPlex 7040シリーズマイクロデスクトップ購入枠の2ページ分ある。ややこしいので要確認。

OptiPlex 7040 スモール

OptiPlex 7040 スモール
CPU搭載例
  • インテル Core i5-6500 プロセッサー
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
メモリ搭載例
  • 4GB (4GB ×1)DDR4 メモリ-2133MHz
  • 8GB(4GB ×2)DDR4 メモリ-2133MHz
HDD搭載例
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)

OptiPlex 7040 ミニタワー

CPU搭載例
  • インテル Core i5-6500 プロセッサー
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
メモリ搭載例
  • 4GB (4GB ×1)DDR4 メモリ-2133MHz
HDD搭載例
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)

姉妹機 : OptiPlex 5040 スモール

CPU搭載例
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • インテル Core i5-6500 プロセッサー
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
メモリ搭載例
  • 4GB (4GX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • 8GB (4GX2) 1600MHz DDR3L メモリ
HDD搭載例
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)

姉妹機 : OptiPlex 5040 ミニタワー

CPU搭載例
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • インテル Core i5-6500 プロセッサー
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
メモリ搭載例
  • 4GB (4GX1) 1600MHz DDR3L メモリ
HDD搭載例
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)

レビュー時点の構成例であり、販売時期や供給状況により変更の場合もある。

OptiPlex 7040マイクロとスモールにおける、デザイン

フロント部OptiPlex 7040マイクロと、OptiPlex 7040スモールを重ねてみた様子。(フロント部)。斜め交差の格子状になっており、吸気口の面積が広いのが特徴的。どちらのモデルもサイドパネルの側面にスタンドゴムがあるので、このように横置きが可能だ。

DELLロゴの位置も横に回転させることもできる。OptiPlex 7040マイクロの場合、ロゴを引っ張って回転させるだけだが、OptiPlex 7040スモールでは一旦フロントパネルを外して裏側から回転させなければならないので、ちょっと面倒な手順となる。

OptiPlex 7040背面各背面の様子。OptiPlex 7040マイクロは拡張スロットを持たない、完全な内蔵グラフィックタイプ。
一方、OptiPlex 7040スモールではロープロファイルの拡張スロットを2基もち、ローエンドグラフィックカードの搭載ができる体制だが、レビュー時点ではDELLの搭載サポートはないく、自前で対応することになる。なお、OptiPlex 7040スモールではスリットの面積が広いのが特徴的。

pcの横置きOptiPlex 7040マイクロでは左側面に横置き用スタンドゴムを配置、OptiPlex 7040スモールでは右側面に配置している。縦置き用のスタンドゴムは、OptiPlex 7040スモールには付いているが、OptiPlex 7040マイクロには付いていない。

OptiPlex 7040マイクロの縦置きは、台座スタンドでも付けないと不安定で心もとない。どうやら、オプションアイテムで「Dell OptiPlexマイクロ用縦置きスタンド」を購入すればいいみたいだ。(これくらい標準付属にしてほしいものだが・・)。
他にも、Dell OptiPlexマイクロ用コンソール(DVD-RW搭載)、デュアルVESAマウント、オールインワンマウント、取り付けオプションが揃っている。

通気口がない両機種とも左右のサイドパネルには通気口がない。

付属のキーボードとマウス

デル エントリーキーボード KB216 ブラック ( 日本語 )付属していたキーボードとマウスを紹介。これは有線タイプ。元々やや勾配になっているキーボードだが、チルトスタンドでさらに少しだけ高さが増せる。キーストロークが深く押しごたえがるキーだが、安価な質感は否めない。

デル MS116 ワイヤード マウス ブラック有線マウス。特記すべきことはないスタンダードなマウスだ。

OptiPlex 7040と5040の各モデルにて、ベンチマーク比較

OptiPlex 7040と5040シリーズにおいて、今回、4つのモデルをレビューしている。そこでレビューした構成における、パフォーマンスの比較をしてみた。なお、OptiPlex 5040 スモールとミニタワーではハード構成が同じだが、OSが異なっている。いずれもグラフィックカードを搭載していないので、ほぼCPU性能のパフォーマンス比較となっている。

CINEBENCH R10 ベンチマークテスト

マルチコアでレンダリング
CPUの性能が顕著に現れるCINEBENCH R10ベンチマークテストでチェック。 CINEBENCH R10は、MAXON Computer社のCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。 Cinema 4Dとは映画・テレビ業界・ゲーム制作・建築で採用されている3Dソフトである。このベンチマークテストのレンダリング処理時間で、主にCPU性能を測ることができる。 CINEBENCH R10はマルチコアに最適化されているので、クロック数の高さだけでなくマルチスレッド効果を発揮する。

OptiPlex 7040 Micro
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 Micro ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6500T プロセッサー
  • 8GB (8GB ×1) DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 128GB M.2 SSD(SATA接続)
⇒43秒
OptiPlex 7040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 スモール ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
  • 8GB(4GB ×2)DDR4 メモリ-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
⇒28秒
Vostro 3250ガイドレビュー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL Vostro 3250 スモール  ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 (6M キャッシュ, 最大3.30 GHz)
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (SATA / 7,200 rpm)
⇒37秒
OptiPlex 5040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 スモール ※2016年 Skylake設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
⇒50秒
OptiPlex 5040 ミニタワー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 ミニタワー ※2016年 Skylake設計

  • Windows 10 Home(64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
⇒50秒

処理にかかった時間をみると、この中ではCore i7-6700 を搭載したOptiPlex 7040 スモールがダントツに速い。OptiPlex 5040 スモールとミニタワーではハードが同じなので、処理時間も同じ。OSの違いによる差はないと考えられる。

CINEBENCH R15 ベンチマークテスト

第6世代インテル Core-OptiPlex 5040 ミニタワー CINEBENCH R15によるスコア比較。(OptiPlex 5040 ミニタワーはスモールと被るので省略)
やはり、Core i7-6700 を搭載したOptiPlex 7040 スモールがダントツに速い。

ゲームパフォーマンス比較~ストリートファイター4にて

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
※2009年にPC版が登場した対戦型格闘ゲームの、ストリートファイター4。プレイそのものは2Dだが、グラフィック描写が3Dであり美麗な表現となっている。

レビューした4モデルはいずれも、グラフィックカード無しの構成であるため、CPUに内蔵している グラフィックが使われる。そのグラフィックはいずれもインテル HD グラフィックス 530であるが、各CPUコアの違いで、スコアに差が生じている。

画像 構成 1280×720
ウィンドウ表示
(平均FPS)
1920 × 1080
フルスクリーン
(平均FPS)
OptiPlex 7040 Micro
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 Micro

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6500T プロセッサー
  • 8GB (8GB ×1) DDR4 メモリ - SO-DIMM-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 128GB M.2 SSD(SATA接続)
103.20 61.53
OptiPlex 7040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 7040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー
  • 8GB(4GB ×2)DDR4 メモリ-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
143.44 83.64
OptiPlex 5040 スモール
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
64.36 42.21
OptiPlex 5040 ミニタワー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL OptiPlex 5040 ミニタワー

  • Windows 10 Home(64bit)
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー
  • 4GB (4GBX1) DDR3L メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (3.5インチ SATA / 7,200 rpm)
64.47 40.13

60 FPS以上が快適プレイの目安だが、Core i5-6500T やCore i7-6700 搭載時であれば、フルHD(1920 × 1080)でもクリアしている。一方、Core i3-6100搭載では、1280×720 でなんとか快適にプレイできる。

Vostro 3200シリーズのレビュー情報も参照

ローエンドグラフィックカードを搭載した例として、いいデータが採れたので、Vostro 3200シリーズのレビュー情報も参照に。両機種ともCore i5-6400 プロセッサー を搭載しているが、片方はNVIDIA GeForce 705 を搭載している。
ストリートファイター4ベンチマークテストの結果をみると、内蔵グラフィック(インテル HD グラフィックス 530)のままのほうが、若干成績がよい。誤差のレベルを考慮しても処理能力は同等と判断してもいいだろう。

画像 構成 1280×720
ウィンドウ表示
(平均FPS)
1920 × 1080
フルスクリーン
(平均FPS)
Vostro 3250ガイドレビュー
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL Vostro 3250 スモール

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 500GB HDD (SATA / 7,200 rpm)
72.70 44.58
Vostro 3653アイコン
2016年1月レビュー
Skylake設計

DELL Vostro 3653 ミニタワー

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー
  • 4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)
  • NVIDIA GeForce 705 (2GB GDDR3)
  • 1TB HDD (SATA / 7,200 rpm)
67.37 41.90

もちろんグラフィックカードを搭載すれば、CPU負担の軽減にはなるし、ビデオメモリが追加されるので、メインメモリの容量を食うこともなくメリットはある。しかし、この程度の性能では体感できるものではないので、ローエンドグラフィックカードを搭載する旨みはないだろう。しいて言えば、出力端子が追加されることくらい。

消費電力

OptiPlex の消費電力アイドル時とベンチマーク時における消費電力をチェックした。。(OptiPlex 5040 ミニタワーはスモールと被るので省略)
Core i5-6500Tはさすがに低消費電力であることが分かる。そしてCore i7-6700 は処理能力が高いかわりに、CPUフル稼働時の消費電力が大きい。どのモデルもグラフィックカードがない分、ゲームベンチマークテスト時では、さほど消費電力は上がっていない。

Skylake設計、第6世代インテルCoreシリーズのスペック

今回レビューしたOptiPlex 7040シリーズとOptiPlex 5040シリーズにおいて、搭載プロセッサー(CPU)のスペックをチェックした。これらのCPUには、インテル HD グラフィックス 530を内蔵(正確には統合)しているが、名前が同じでもスペックをみると、バス幅やバンド幅で違いがみられる。

Core i3-6100

Core i3-6100Core i3-6100と、内蔵しているインテル HD グラフィックス530のスペック。
2コア実装4スレッド動作で、CoreシリーズのエントリーCPUである。TDPは65W。

Core i7-6700

Core i7-6700Core i7-6700と内蔵しているインテル HD グラフィックス530のスペック。
4コア実装8スレッド動作で、上位CPUである。Core i3-6100と同じくTDP65Wなので、ワットパフォーマンスが良いということか。また、名前は同じ「インテル HD グラフィックス530」であるが、Core i3-6100よりも「バス幅64⇒128bit、バンド幅12.8⇒34.1GB/s」とスペックが高めになっている。なるほど、これがゲームのベンチマークテストで影響したようだ。

Core i5-6500T

Core i5-6500TCore i5-6500Tと内蔵しているインテル HD グラフィックス530のスペック。
こちらはTDP35Wの低消費電力版CPU。4コア実装でスレッドもコア数と同じ。名前は同じ「インテル HD グラフィックス530」だが、バンド幅ではCore i3-6100よりも少し高い。

ストレージ・パフォーマンス

OptiPlex 7040と5040のストレージ上記4機種のストレージ・パフォーマンス。採用パーツベンダーは下の枠に記載。どの機種もM.2スロットを持っているが、レビュー時点でM.2 SSDが選べるのはOptiPlex 7040マイクロのみ。さすがにこれは機種比較というより、M.2 SSDとHDDの違いとして参考にしてほしい。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : OptiPlex 7040シリーズのキャンペーン価格!DELLサイトへ

レビュー項目

比較なら、こちらのレビュー記事も参考に

OptiPlex 5040シリーズのレビュー!姉妹機(Skylake設計)

OptiPlex 3020シリーズのレビュー(Haswell設計)

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.