DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELL&他社 液晶モニタレビュー
  3. M110

超コンパクトなDLPプロジェクタ、DELL M110をレビュー

「104 mm x 105.3 mm x 厚み36.5 mm」という超コンパクトなプロジェクタ、DELL M110をレビュー紹介。
2012年7月時点、実機にての現状レビューになります。

個人の娯楽用としてDELL M110を使ってみる

DELL M110はビジネス用途で販売されていますが、個人ユーザーが購入しても娯楽用に楽しめる製品です。会議やプレゼンテーション用に限らず、ホームシアターなどを楽しみましょう。しかも手のひらサイズなので、収納に困ることはありません。そして、かつては高価だったDLP方式のプロジェクタです。

DELL M110購入ガイドと詳細レビューと写真集
外出先への持ち運びに便利で、「104 mm x 105.3 mm x 厚み36.5 mm」という超コンパクト。しかもDLPプロジェクタが4万円弱(2012年7月時点)で購入できるとは嬉しい限りです。DELL M110の光源はLEDライトなのでランプ交換が不要であり、LEDライトの寿命は最長20,000時間とされています。※一日2時間使ったとしても27年使える計算

2004年ごろ、「dreamio EMP-TW10」という液晶式プロジェクタを10万円ほどで購入したことがありますが、ランプ寿命は最長でも2900時間でした。しかも交換用ランプ代で2万5千円。その当時と比べると、導入しやすいじだいになりましたね。

DELL M110の重量
重量は350gと軽量。消費電力は49Wでした。

DELL M110のデザイン・インターフェース・重量など

レビュー記事~DELL M110編
4方面とも通気口があります。気になるのはレンズカバーがないことです。指紋や傷に注意しなければなりません。レンズカバーくらいはほしかったですね。カラーは真っ黒ではなく光沢ダークグレイで、指紋がベタベタ付くのが気になりました。

ユニバーサルI/O(ユニバーサル24pin VGAケーブル接続
DELL M110の背面の装備端子をチェックします。映像入力には「ユニバーサルI/O(ユニバーサル24pin VGAケーブル接続用)、HDMI端子」を装備。無線ドングル(別売り)など接続するUSB端子、Micro SDカードスロットを装備。1Wのスピーカを内蔵しているので、オーディオ/ビデオ入力コネクタを装備。電源コネクタ、セキュリティロック穴もあります。

メディアリーダーがあるので、USBメモリやMicro SDカードのjpgデータがパソコン無しで開けるほか、DELL M110に1GBメモリを内蔵しているので、本体に保存していたデータを開くことができます。

DLPロゴ
DELL M110天井面には「DELLロゴ、DLPロゴ。LED点灯するコントロールパネル、手動フォーカスリング」があります。

デジカメ等で使っている三脚がそのまま使えるDELL M110
DELL M110の底面。中央に三脚用の取り付けホールがあり、デジカメ等で使っている三脚がそのまま使えます。レンズ近くに「傾斜調整ホール」が付いており、三脚がなくてもある程度は角度調節が可能。

三脚を取り付けた様子DELL M110レポート
M110にカメラの三脚を取り付けた様子。市販品がそのまま使えます。

DELL M110の手動フォーカスリングを操作

ピント合わせのフォーカスリングは手動。コントロールパネルは青LEDで点灯するので、暗闇でも操作が可能。
メニューリストでは内蔵スピーカのボリューム調整や言語切替などがあります。

DELL M110の操作パネル
スクリーンに操作画面が投影されます。写真では英語ですが、むろん日本語化も可能。リアの設定ができるので透過スクリーンにも対応しています。

DELL M110のスペック

コントラスト比:10,000:1、解像度はWXGA(1,280 x 800)。
投射距離:0.97mで30インチ画面、2.58 mで最大の80インチ画面

2012年7月時点において、M110の付属品をチェック

DELL M110の付属品は、ユーザーマニュアルDVD、ユニバーサル24pin VGAケーブル、65W ACアダプタです。リモコンは別売りオプションというのが残念。2012年7月時点ですので、最新情報はDELLサイトにてご確認を。

M110の付属品をチェック

そしてキャリーケースは標準付属。緩衝材が入ったナイロン製。

SB接続のワイヤレスドングル~DELL M110オプション
こちらは別売りのUSB接続のワイヤレスドングルで、無線でパソコンと接続できます。

DELL M110を天井に投影してみた

DELL M110ではかつて高価だったDLP(Digital Light Processing)方式が採用されています。今はDELL M110において安価でゲットできる時代になりました。DLPとはデジタルミラーデバイス (DMD / 映像素子)を用いたシステムで、完全なデジタル処理のため発色や黒のしまりが「液晶式プロジェクタ」よりも良いです。液晶式よりも「経年劣化が少ない、画素の格子が目立たない、色ムラがない、映像クオリティが高い」などのメリットがあります。

DLP(Digital Light Processing)

DLP(Digital Light Processing)とはテキサス・インスツルメンツ社の技術であるデジタルミラーデバイス (DMD / 映像素子)を用いたシステムで、フルデジタル映像技術です。DLPプロジェクターには、DLPチップという半導体が搭載されています。 このDLPチップは、マイクロサイズの鏡を48万~131万個敷き詰め、ミラーにランプの光を反射させて投影します。

DMDのコストが高いため、DLPプロジェクタは高価だったが、近年はかなり購入しやすい価格になっている。2004年ごろでは安価な「液晶式プロジェクタ」とシェアを争っていたDLPプロジェクタだが、2012年時点で市場のメインとなった。LEDの照度が向上したため、DELL M110のようなLEDを光源とする製品が存在する。

DLP方式のメリット

ちなみ過去の主流だった液晶パネル方式とは?

「液晶パネル方式」のプロジェクターは、液晶パネルを内蔵し、非常に明るい光源ランプからの光を透過させ投影します。光源ランプの寿命が短い、液晶パネルの劣化で色合いが悪くなる、黒いカラーの表現が苦手、速い動きの動画では残像が残るなどのデメリットがあります。

DELL M110をパソコンに接続

出るノートパソコンにDELL M110接続
ノートパソコンとVGA接続してみました。HDMI接続ができるので、パソコンでなくても家電DVDレコーダやBDレコーダーでも構いません。

天井にDELL M110を照射した
プロジェクタスクリーンも充分なサイズの白壁もなかったので、天井に投射しました。LED照度は電球タイプよりも低いため、M110では最大で300 ANSIルーメンしかありません。家電販売されている一般的な中型プロジェクタでは2000ANSIルーメン以上あるので、それと比べると照度はかなり低いです。明るめの環境では不利です。

300 ANSIルーメンというのは、ホームシアタープロジェクターでいう「シアターモード」同等であり、真っ暗な部屋で使う照度です。ですから薄暗い部屋では、やや色が浅いのは否めません。

DELL M110で映画鑑賞す
300 ANSIルーメンとはいえ、完全に照明を落とせば申し分なし。今回、M110本体からスクリーン(天井)までの投射距離は1.95m取ることができ、56インチ大画面サイズが確保できました。寝そべったままDVD鑑賞しましたが、素人目では、劇場で見る映画の画質と変わらないと感じました。まるで擬似映画館。確かにDLPはかつて使っていた液晶式プロジェクタよりもコントラストが高く、黒もしっかり出ています。

ほとんどの映画は約2:1のシネマスコープサイズなので、液晶テレビや液晶モニタで鑑賞していると、上下に黒帯が入って画面が小じんまりとしてますよね。しかしプロジェクタなら大画面表示できます。

DELL M110を購入した
仕様によると、「投射距離:0.97mで30インチ画面、2.58 mで最大の80インチ画面」だそうです。天井に向かって80インチ画面を投影してみました。この大画面でPCゲームや家庭用機器ゲームを楽しむと、アミューズメントパークで遊んでいるみたいな感覚になるでしょう。本格的なスクリーンを購入すると高いので、ロール式の遮光カーテンを代用するといいです。

高いシェアを誇るDELL液晶モニタの買いどきチェック!

トップシェアを誇る!DELL液晶モニタのセール情報一覧

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.