DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1 (5368)
  4. 現在のページ

13.3インチ2-in-1ノート!Inspiron 13(5368)。Core i3-6100U搭載時で調査

Inspiron 13(5368)のキーボード&ベンチマーク

Inspiron 13 5000 2-in-1 こと、Inspiron 13(5368)をレビューしている。360度回転ヒンジ構造とタッチパネルで、タブレットにもなる2-in-1タイプの13.3インチノートである。このページでは、キーボードおよびベンチマークテスト結果をレポートする。
今回はCore i3-6100Uを搭載したInspiron 13(5368)で、レビュー時点では最小スペックである。その他の構成は以下のとおり。

2-in-1 (Inspiron 13(5368))
2016年9月レビュー
Skylake設計

DELL Inspiron 13(5368)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 13.3インチタッチ 広視野角ディスプレイ (1920 x 1080)
  • 第6世代 Core i3-6100U (最大 2.30 GHz)
  • 4GB DDR4 メモリ 2133MHz (4GB × 1)
  • インテル HD グラフィックス520
  • 500GB HDD

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1(5368)の価格!DELLサイトへ

※2016年9月5日時点のレビューであり、手元にある実機における現状レポートである。

Inspiron 13(5368)のキーボード

キーボードパームレストは普通にポリカーボネート(工業プラスチック)の質感で、コーティングなどの処理はない。アイソレーション・キーボードを採用しており、部分的に小さいキーがあるが主要キーでは狭さを感じにくいサイズをキープしている。
2-in-1タイプなので、キーボード周りに電源ボタン等のスイッチ類はまったくない。

一体型のタッチパッド。手前はエッジがカーブしているので、指を置いても疲れない。

Inspiron 13 5000 2-in-1 のキーボード小さくなりがちなキーは、隣合わせでくっつけることで、視覚的に狭苦しさを軽減しているようだ。テンキーは小さめであるが、独立配置であり、接触による誤操作はない。

ファンクションキーとコントロールボタンは兼用となっている。F10はバックライトキーボードのスイッチとなっている。キーストロークはやや浅めだが、たわみも少なく、ほどほどの打鍵感はある。

バックライトキーボード薄暗いところでも操作できる、バックライト・キーボードを搭載。

F10キーと兼用でバックライトライトのスイッチがある。ライトOFFのほかに、2段階での調光が可能。

ベンチマークテスト(Core i3-6100U搭載時)

2-in-1 (Inspiron 13(5368))
2016年9月レビュー
Skylake設計

DELL Inspiron 13(5368)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 13.3インチタッチ 広視野角ディスプレイ (1920 x 1080)
  • 第6世代 Core i3-6100U (最大 2.30 GHz)
  • 4GB DDR4 メモリ 2133MHz (4GB × 1)
  • インテル HD グラフィックス520
  • 500GB HDD

レビュー時点における、Inspiron 13(5368)の最小構成であるが、Core i3-6100U搭載でベンチマークテストを行った。

Core i3-6100Uのスペック

Core i3-6100UCore i3-6100Uのスペック詳細。2コア実装だがHTテクノロジーによって4スレッド動作する。TDP15Wという、低消費電力版CPUのUシリーズである。内蔵グラフィックとして、インテル HD グラフィックス520を統合している。

今回の構成のInspiron 13(5368)では、アイドル時(待機時)で9Wほどで済んでいた(※ディスプレイ輝度最大+フル充電時)。ネットサーフィンをしていると、そこから+4~5Wほどの消費電力であった。

CINEBENCH R15のレンダリング

Core i3-6100UはCore m3-6Y30よりもちょっと速いCPU性能がメインとなるCINEBENCH R15のレンダリングスコアをチェック。このCore i3-6100Uを搭載したInspiron 13(5368)では、スコアが「246」。これとは違う機種となるが、過去のレビューではCore i5-6200U搭載機で「291」、Core i7-6500U搭載機で「323」という結果を得ている。Core i3-6100UはCore m3-6Y30よりもちょっと速いくらいと理解できる。

グラフィックパフォーマンス

Core i3-6100Uの内蔵グラフィック、インテル HD グラフィックス520のパフォーマンスもちろん総合的に見なければならないが、Core i3-6100Uの内蔵グラフィック、インテル HD グラフィックス520のパフォーマンスをチェックした。1280×720 ウィンドウ表示でデフォルト(または標準品質)でのベンチマークテストだが、ストリートファイター4で「80.03 FPS」をマークしており快適にプレイが可能なレベル。ドラゴンクエストXでは、スコア「5306」をマークしており快適レベルに達している。

過去レビュー機と比較

いくつか過去のレビュー機における、ストリートファイター4のベンチマークテスト結果と比較してみる。 Core i7-5500U搭載したモデルや、 Core i7-720QM+ GeForce GT 330M 搭載のモデルと似たようなパフォーマンスを出していた。 また2007~2009年ごろの単体GPU搭載のミドルレンジ機よりもかなり高いパフォーマンスでもある。 初代Core i5の内蔵GPUよりも性能ははるかに高い。
DELL XPS 13(9343)~タッチ

XPS 13(9343)~ タッチ (3200 x 1800)  ※2015年 Broadwell設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i7-5500U (4M キャッシュ, 最大 3.00 GHzまで可能)
  • 8GB デュアルチャネル DDR3L-RS 1600MHz (オンボード)
  • インテル HD グラフィックス 5500
83.23
Vostro 3700

DELL Vostro 3700 ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Professional 64bit
  • Core i7-720QM (1.6GHz, 6MB L3キャッシュ)
  • 6GB DDR3メモリ
  • GeForce GT 330M 1GB
81.21
DELLのStudio15

DELL Studio 15(1557) ※2009年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i7-720QM (1.6GHz, 6MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • ATI Mobility RADEON HD 4570 512MB
49.74
初めて買ったInspiron 1520

DELL Inspiron 1520 ※2007年 Coreマイクロ アーキテクチャ設計

  • Windows Vista Home Premium 32bit
  • Core 2 Duo T7100(1.8GHz 、2MB L2 、800MHz FSB )
  • 2GB (1GBx2) DDR2 メモリ
  • GeForce 8600M GT 256MB
24.77
DELLのInspiron15

DELL Inspiron 15(1564) ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i5-430M (2.26GHz, 3MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • インテルHDグラフィックス (500~766MHz)
16.33

ストレージパフォーマンス

500GB HDDInspiron 13(5368)ではSSD搭載が可能だが、レビューした実機では500GB HDDを搭載している。東芝製のHDDであったが、パフォーマンスは上記の通り。シーケンシャルのリードとライトにおいて大体100MB/sあたり。

レビューは以上。

2-in-1 (Inspiron 13(5368))

Skylake設計Uシリーズ搭載!360度回転ヒンジの2-in-1ノート
DELL Inspiron 13 5000 2-in-1 (5368)

360度回転ヒンジ構造とタッチパネルで、タブレットにもなる2-in-1タイプの13.3インチノート。Core i3 / i5 / i7のUシリーズを搭載できる機種であり、スタンダードノートのパフォーマンスを持つ。
筐体に特別な高級感はないが、フルHDと広視野角(たぶんIPSパネル)のディスプレイであり、キーボードバックライト搭載するなど、ややグレードが高めの装備となっている。

Core i5以上の搭載モデルなら、赤外線(IR)カメラが搭載可能で、赤外線エミッタが内蔵され、赤外線を放射することで奥行を感知し動作を追跡できる。Windows Helloと組み合わせて使う。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1(5368)の価格!DELLサイトへ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.