DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. コンピューターモデル名

DELL製品の把握は、コンピューターモデル名を知ること

DELLのブランド展開や統一性が混沌としており、慣れない方はかなり混乱します。そこで製品把握のコツを紹介をします。DELLの製品名には難色を示すところがあり、「販売名」と「コンピューターモデル名」の両方を持ちます。メインとなっているのが「販売名」ですが、サポート等で管理されるのは「コンピューターモデル名」です。「販売名」はいわば襲名であり、新旧で多数存在します。「コンピューターモデル名」はその製品の唯一無二のものなので、確実に把握できます。

販売名とコンピューターモデル名

製品一覧

販売名(例:Inspiron 15)

ノートパソコンの場合、ブランド名の後につく数字が画面サイズを指します。例えば「Inspiron 15」 なら15.6インチノート、Inspiron 14なら14インチ、17なら17.3インチ、13なら13.3インチ、11なら11.6インチとなります。一体型なら20が19.5インチ、22が21.5インチ、24が23.8または24インチとなります。デスクトップの製品名ではブランド名オンリーというものがあり、もはや分類できないレベルです。(Inspironデスクトップ、Inspironマイクロ、XPSタワーなど)。

コンピューターモデル名(例:3000シリーズ、5000シリーズなど)

販売名(例えばInspiron 15)では新旧モデルで名前が同じなので把握が難しいです。そこで重要なのが4桁の数字で表される唯一無二のコンピューターモデル名です。3000シリーズや5000シリーズのようにざっくりと表示される場合がありますが、実際は個々に番号が振られています。これまでのInspiron 15 3000シリーズで例を挙げると、以下のようになります。

販売名の例 コンピューターモデル名の例 設計(アーキテクチャ)
Inspiron 15 3000シリーズ
※販売時期が新旧で混在する場合は
後継機に” NEW ”が付けられている)
Inspiron 3542
Haswell
Inspiron 3552
Airmont
Inspiron 3521 Ivy Bridge
Inspiron 3520 Ivy Bridge
Inspiron 3543
Broadwell
Inspiron 3552 Broadwell
Inspiron 3567 KabyLake

コンピューターモデル名が異なるということは、必ず違う要素を持っています。「同じアーキテクチャでもデザインが異なるか、またはデザインが同じで異なるアーキテクチャを採用しているか、またはフルモデルチェンジ」というように、完全に別製品です。無論、コンピューターモデル名は重複しません。つまり、販売名は紛らわしいだけの存在であり、結局は「コンピューターモデル名」でラインナップを把握しましょう。

コンピューターモデル名の調べ方

DELLの製品名コンピューターモデル名はあまり表示されていないので、これを調べるのには骨が折れます。そこで手っ取り早いのが製品ページのURLをチェックすることです。基本的には、DELLサイトのURLをみれば一発で分かります。販売名が同じ場合、コンピューターモデル名の数が大きいほうを後継機種とみていいでしょう。(画像の例では、Inspiron 15 7000シリーズのうち、Inspiron 7548とInspiron 7537に分類されることが分かる。分類されるということは、デザインか、基本設計のテクノロジーが異なっている。つまりまったくの別物である)

コンピューターモデル名のURLチェック時の注意事項

シリーズをまとめてラインナップしているページでは、URLが参考にならない場合があるので注意が必要。そのため最終的に絞り込んだあとに購入直前のURLで確認をすること。

DELLのURLで製品を把握するときの注意例えば、上記のような2016年のInspiron 11 3000 2-in-1 という製品。URLを見ると、Inspiron 3168と判断できる。しかし、Airmont設計のInspiron 3168にまぎれて、KabyLake(Yシリーズ)のInspiron 3179が混在している。筐体デザインが同じなので、ひとつのページにまとめているが、テクノロジーが異なる別製品だと理解しなくてはならない。個々をクリックしてページを進めれば、URLも製品を示す。とりあえず、まとめてあるページには注意しよう。

補足:ALIENWAREシリーズの場合

ALIENWAREシリーズでは、リリースの頭文字と思われる「R」でコンピューターモデル名管理をしている。(R2,R3,R4・・)。これはURLに出ていない場合があるため、次の確認法をオススメする。該当製品ページの最終のほうにある 製品サポート「ドライバ、マニュアル、サポート」の直リンクへ飛ぶと、そのページに記載されている。

マニュアル・サポートページで確認する場合の注意

ALIENWAREに限らず、DELLサイト製品紹介ページから直リンクのマニュアルサポートページに飛んで、コンピューターモデル名を確認できる。しかし結構、旧モデルのマニュアルページへ飛ばされることがあり、混乱することもしばしば。

ミスの多い傾向としては、「同じデザインのまま、プラットフォーム(アーキテクチャ)が刷新された場合」。面倒であるが、内容を確認して整合性を見定めなくてはならない。(プラットフォームの確認が手っ取り早い)。ミスに気がついたら、マニュアルの製品一覧ページから、自身で探し出すことになる。販売名を変えないから、DELLサイドの人たちも錯乱しているのだと思われるが、ユーザーからすれば、本当に本当に勘弁してもらいたいミスが多い。

DELLイベントのレポート

DELL製品の新製品発表会のレポート

セール情報

クーポン情報

DELL個人向けモデルのお得情報 【2018年10月22日(月)まで】
中級者以上に人気のXPSノート・デスクトップPCなどが購入チャンス!最大 17%オフクーポン
ALIENWARE ゲーミングパソコンの15%オフクーポン!
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大20%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ お買い得情報ページ【DELL公式】

DELLと楽天ポイント
【2018年10/31(水)まで】
手続き後、DELL直販で購入して楽天スーパーポイント2,500ポイントをゲット!

当サイト経由特典 ⇒ 手続きして購入するだけ【優待専用ページ】

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.