DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. ラインナップ

DELLパソコン!製品ラインナップ・チェック

製品一覧DELL製品のラインナップを紹介しますが、DELLのブランド展開や統一性が混沌としており、慣れない方はかなり混乱します。そこで製品把握のコツを紹介をします。

DELL製品の把握は、システム名を知ること

DELLの製品名には難色を示すところがあり、「販売名」と「システム名」の両方を持ちます。メインとなっているのが「販売名」ですが、サポート等で管理されるのは「システム名」です。「販売名」はいわば襲名であり、新旧で多数存在します。「システム名」はその製品の唯一無二のものなので、確実に把握できます。

販売名(例:Inspiron 15)

ノートパソコンの場合、ブランド名の後につく数字が画面サイズを指します。例えば「Inspiron 15」 なら15.6インチノート、Inspiron 14なら14インチ、17なら17.3インチ、13なら13.3インチ、11なら11.6インチとなります。一体型なら20が19.5インチ、22が21.5インチ、24が23.8または24インチとなります。デスクトップの製品名ではブランド名オンリーというものがあり、もはや分類できないレベルです。(Inspironデスクトップ、Inspironマイクロ、XPSタワーなど)

システム名(例:3000シリーズ、5000シリーズなど)

販売名(例えばInspiron 15)では新旧モデルで名前が同じなので把握が難しいです。そこで重要なのが4桁の数字で表される唯一無二のシステム名です。3000シリーズや5000シリーズのようにざっくりと表示される場合がありますが、実際は個々に番号が振られています。これまでのInspiron 15 3000シリーズで例を挙げると、以下のようになります。

販売名の例 システム名の例 設計(アーキテクチャ)
Inspiron 15 3000シリーズ Inspiron 3542
Haswell
Inspiron 3552
Airmont
Inspiron 3521 Ivy Bridge
Inspiron 3520 Ivy Bridge
Inspiron 3543
Broadwell
Inspiron 3552 Broadwell
Inspiron 3567 KabyLake

システム名が異なるということは、必ず違う要素を持っています。「同じアーキテクチャでもデザインが異なるか、またはデザインが同じで異なるアーキテクチャを採用しているか、またはフルモデルチェンジ」というように、完全に別製品です。無論、システム名は重複しません。つまり、販売名は紛らわしいだけの存在であり、結局は「システム名」でラインナップを把握しましょう。

システム名の調べ方

DELLの製品名システム名はあまり表示されていないので、これを調べるのには骨が折れます。そこで手っ取り早いのが製品ページのURLをチェックすることです。基本的には、DELLサイトのURLをみれば一発で分かります。販売名が同じ場合、システム名の数が大きいほうを後継機種とみていいでしょう。(画像の例では、Inspiron 15 7000シリーズのうち、Inspiron 7548とInspiron 7537に分類されることが分かる。分類されるということは、デザインか、基本設計のテクノロジーが異なっている。つまりまったくの別物である)

システム名のURLチェック時の注意事項

シリーズをまとめてラインナップしているページでは、URLが参考にならない場合があるので注意が必要。そのため最終的に絞り込んだあとに購入直前のURLで確認をすること。

DELLのURLで製品を把握するときの注意※例えば2016年のInspiron 11 3000 2-in-1 という製品。URLを見ると、Inspiron 3168と判断できる。しかし、Airmont設計のInspiron 3168にまぎれて、KabyLake(Yシリーズ)のInspiron 3179が混在している例。筐体デザインが同じなので、ひとつにまとめているが、テクノロジーが異なる別製品だと理解しなくてはならない。個々をクリックしてページを進めれば、URLも製品を示す。とりあえず、まとめてあるページには注意しよう。

DELLイベントのレポート

DELL製品の新製品発表会のレポート

DELL製品のオプション

Graphics Amplifier 別売りの外付けグラフィック(GPU-BOX)である「ALIENWARE Graphics Amplifier」を接続すれば、デスクトップ用のグラフィックカードを搭載でき、自宅用途でさらなるパフォーマンスアップが期待できる。Graphics Amplifier端子を装備するALIENWAREシリーズで接続可能。

クーポン割引で、もっとお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

製品選びの解説

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.