DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. GPU知識の項目
  4. 現在ページ

人気のローエンドGPU、GeForce GT730導入レビュー

サブ用で使用中のDELL Inspiron 580に、ローエンド・グラフィックカードを搭載させようと思って探していたところ、NVIDIAのGeForce GT730がよさそうだったので導入してみた。購入したグラフィックカードは、玄人志向のGF-GT730-LE1GHD/D5である。(2015年11月)

GeForce GT730 1GB GDDR5 / 64bit(OC仕様954MHz)GF-GT730-LE1GHD/D5のパッケージ。コアクロックが「902MHz(リファレンス)⇒954MHz」にオーバークロックされている製品だ。

紛らわしい、GeForce GT730の種類

GeForce GT730は異なる「メモリ・インターフェース」で分類され、3種類もある。DDR3モデルはメモリバスが128bitと64bit。あとは更に高速のGDDR5モデル。アーキテクチャではFermiとその次世代のKeplerがある。これだけスペックが違うのに「GeForce GT730」で統一するのはいかがなものだろうか。

メモリ・インターフェース DDR3 / 128bit DDR3 / 64bit GDDR5 / 64bit
アーキテクチャ Fermi世代 Kepler世代 Kepler世代
プロセス 40nm 28nm 28nm
CUDA コア 96基 384基 384基
コアクロック数 700MHz 902MHz 902MHz
ビデオメモリ量 1GB 2GB 1GB
メモリクロック 1800MHz 1800MHz 5000MHz
消費電力 49W 23W 38W 
※NVIDIAサイトでは25Wと記載
マルチディスプレイ 2 3 3

※最大デジタル解像度:2560x1600 (HDMI では、3840x2160で30Hz 、または4096x2160で24Hzがサポート)
※最低電源ユニット 300W。 バスタイプ PCI-E 2.0。DirectX 12に対応。
※DDR3 / 64bitのGeForce GT730なら、搭載したDELL Inspironデスクトップ(3650) のベンチマークで紹介。

近頃のPCでは、CPU内蔵グラフィックの性能向上が著しい。「ゲームパフォーマンス比較!DELLパソコンにて」のコンテンツでもまとめているが、2012年ごろのメインであった Ivy Bridge設計、第3世代Core i7の「HD グラフィックス 4000」あたりから、中途半端なグラフィックカードはいらなくなっている。

下手なローエンド・グラフィックカードを選んでしまうと、内蔵グラフィックと同様か、それ以下という悲しい結果になってしまう。それを踏まえたうえでチョイスしたのが、GeForce GT730だ。ワットパフォーマンス(少ない電力で成果を出す性能)の優れたGPUだという。今回はGeForce GT730の中で上位の、GDDR5 / 64bitモデルをターゲットにした。

玄人志向のGF-GT730-LE1GHD/D5を購入

GF-GT730-LE1GHD/D5予算は7000円前後ということで、玄人志向のGF-GT730-LE1GHD/D5を購入。補助電源はいらないが、NVIDIAでは電源ユニット300W以上を推奨している。

GDDR5 / 64bitモデルということで選んだが、このグラフィックカードはオーバークロック仕様になっている。接続スロットはPCI-Express x16サイズだが、「バス仕様はPCI-Express2.0 x8 になっているので注意が必要だ。

PCI Express × 16スロットは、規格上ではそれ以下のレーン( x1、x4、x8)のカードでも使用できることになっているが、PC(マザーボード)によってはメーカーの意向で対応させていない場合がある。現にパソ兄さん所有のPCでは1台が動作しなかった。たぶん、このPCはx8を認識できないPCI Express × 16スロットだと思われる。これは相性ということで諦めるしかない・・・。

GeForce GT730の端子VGA、HDMI、DVI-D(デュアルリンク)を装備。

ロープロファイルのブラケット同梱物は、マニュアル、ドライバCD、ロー・プロファイル用のブラケット2枚。ブラケットでは「HDMI&DVI」、「VGA」のものとなる。3つのディスプレイに同時接続できるが、スリムPCでトリプル・モニタにする場合は2スロット分を占有する。

GeForce GT730のヒートシンク小型のファンとガンメタリックにメッキされたヒートシンク。

玄人志向のグラフィックボード3分の2くらいはヒートシンクで占めており、冷却面はかなり万全な印象。グラフィックカードなしのPCに取り付けたので、やや風切音はする。ファン音はこの見た目から想像できるレベルだったので、許容範囲。

DELL Inspiron 580に取り付けた

GeForce GT730をDELL Inspiron 580に取り付けた一時期、400W ATX電源に換装し、GeForce GTX 460を搭載してゲーム用途にしていたが、目的のゲームが終わったのでグラボを外し、内蔵グラフィック仕様にしていたInspiron 580。今回はこれにGF-GT730-LE1GHD/D5を搭載した。動作は良好で、Inspiron 580ではPCI Express × 16スロットで × 8が動作できるようだ。

なお、購入目的のひとつに、フルHD(1920 × 1080)超のディスプレイ(2560 × 1440)への対応スタンバイがある。今回、HDMI接続でも2560 × 1440ディスプレイへの接続がネイティブにできた。
※ちなみに手持ちのGeForce GTX 460ではHDMI接続ではネイティブにならず、フルHD(1920 × 1080)止まりだったので、デュアルリンクのDVIで対応した。規格上では対応していても、HDMI接続で2560 × 1440だと、まだ不安定のようだ。とくに少し古いグラフィックカードの場合、相性が問題だ。

NVIDIA GeForce GT730のスペック搭載CPUはCore i3-530。およびそのスペック。そして、NVIDIA GeForce GT730のスペック。
GDDR5版では、開発コードGK208のコアだ。ビデオメモリはサムスン製。このGF-GT730-LE1GHD/D5のGeForce GT730では、コアクロックが954MHzにオーバークロックされている。

以下、DELL Inspiron 580の構成とベンチマークテストの結果。バイオハザード5やファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼアではHD解像度で非常に快適に遊べる。バイオハザード6でもHD解像度で快適の評価だったが、シーンによっては重そうなところがあった。ただ、プレイは可能と言っていいだろう。ドラクエ10やストリートファイター4だとフルHDでも快適だ。

Inspiron580デル

GF-GT730-LE1GHD/D5のGeForce GT730を搭載した、DELL Inspiron 580

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GT730 1GB GDDR5 / 64bit  ※コアクロックOC仕様954MHz
  • 64GB SSD ※Crucial製SSD M4(CT064M4SSD2)
  • DVDスーパーマルチドライブは、線を抜いている
  • 電源:サイズのCORE POWER2 400Wに換装

バイオハザード5

2009年9月にPC版が登場し、日本ゲーム大賞2009 優秀賞を受賞。 NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した、初の立体3D対応ゲーム。通常のプレイ推奨環境(解像度1280×720) では、Core 2 Quad以上、NVIDIA GeForce9800以上。

当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルト

DirectX 10。アンチエイリアスとモーションブラー⇒オフ、影・テクスチャ・画面クオリティ⇒高

GeForce GT730でバイオハザード5

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 108.3
RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。

バイオハザード6

2013年3月にPC版が発売したバイオハザード6。最大で2560×1600もの高解像度が設定できる。ハイスペックPCを活かした新要素として、家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。

最低動作環境 :Core 2 Duo (2.4 Ghz) 以上、GeForce 8800GTS 以上
推奨動作環境 :Core 2 Quad (2.7 Ghz) 以上 、NVIDIA GeForce GTX 560以上
※ただしどの解像度での設定なのか不明。最低動作環境は1280×720 か?

当方の測定条件: DirectX 9.0c。グラフィック設定はデフォルト

アンチエイリアス⇒FXAA3HQ、モーションブラー⇒ON、影・テクスチャ・画面クオリティ⇒高

GeForce GT730でバイオハザード6

1280×720 フルスクリーン表示

スコア 4624
RANK A ⇒ 快適な動作が見込める。

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア

2013年8月に正式サービス開始したオンラインゲームMMORPG。不評だった旧版ファイナルファンタジーXIVを根本的に開発しなおし、大幅な変更が加えられた新バージョンのFF14。必要PCスペックはファイナルファンタジーXIV(旧版)よりも下げられている。

エオルゼアとGeForce GT730

1280×720 フルスクリーン表示 標準品質(デスクトップPC)

スコア 9892
非常に快適

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」では、2013年9月にWindows版のサービスを開始。家庭用ゲーム機よりも高精細画面、オーケストラ音源を採用するなどPCならでは高特典。ベンチマークは短編ムービー「じゃんぼりぃの傘」の再生となっている。

ドラクエをGeForce GT730でプレイ

1920×1080 ウィンドウ表示 標準品質

スコア 7887
とても快適

ストリートファイター4

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター42009年にPC版が登場した対戦型格闘ゲーム。プレイそのものは2Dだが、グラフィック描写が3Dであり美麗な表現となっている。 登場当初、2009年当時のミドルスペック以上のデスクトップPCが必要だったが、パソコンの高性能化に伴い、ハードルがかなり下がった。本格的な3Dゲームの中では、比較的負荷の少ないゲームである。※参考:メーカー指定のプレイ推奨環境(解像度1280×720)では、 Core 2 Duo 2.0GHz以上 、NVIDIA GeForce 8600以上とされている。

当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルト

グラフィック設定はデフォルトであり、DirectX 9.0c 。モデルと背景の品質⇒高、シャドウとモーションブラー⇒低、パーティクル⇒中、エクストラタッチ⇒OFF)。 ※ただし調整する項目が一点あり、ディスプレイ垂直同期をOFFにして、60FPS以上でも測定できるようにしてある。

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 94.49
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

ベンチマーク中の消費電力

GeForce GT730の消費電力を測るこのベンチマークを行なったInspiron 580で消費電力をチェック。変動するのでゲームやシーンによってまちまちだが、90W~95Wあたりが目安。 GeForce GT730搭載前の消費電力を測るの忘れたので、この報告は無意味かも。

GeForce GT730のアイドル時での消費電力アイドル時での消費電力では、搭載前と比べて6Wほどアップした。

ベンチマークテスト比較

過去にこのInspiron 580には独自にグラフィック構成を変えているが、ストリートファイター4における 1280 × 720 「ウィンドウ表示」でのベンチマークテストでパフォーマンスを比較してみた。

結果、Core i3-530の内蔵GPU(インテル HDグラフィックス)や、RADEON HD 4650とは圧倒的な差がでている。GeForce GTX 460 にはまだまだ敵わないが、ワットパフォーマンスを考慮すれば、GeForce GT730には魅力がある。

ストリートファイター4

ストリートファイター4「1280×720 ウィンドウ表示」にて、比較

GT730でストリートファイター4「1280×720 ウィンドウ表示」における過去レビューPCと比較してみる。玄人志向のGF-GT730-LE1GHD/D5を搭載したInspiron 580では、137.51 FPSだった。

Inspiron580デル

DELL Inspiron 580(独自にグラボ搭載) 

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GT730 1GB GDDR5 / 64bit(コアクロックOC仕様954MHz)
  • ※400W ATX電源に換装 
AVERAGE FPS 137.51

DELL Inspiron 580 (独自にローエンド・グラボ搭載) 

  • OS、CPU、メモリとも共通
  • RADEON HD 4650 512MB
AVERAGE FPS 56.25

DELL Inspiron 580(グラボ無し)

  • OS、CPU、メモリとも共通
  • インテル HDグラフィックス(733MHz)
AVERAGE FPS 17.44

DELL Inspiron 580 (独自にミドルレンジのグラボ搭載) 

  • OS、CPU、メモリとも共通
  • GeForce GTX 460 768MB DDR5
  • ※600W ATX電源に換装 
AVERAGE FPS 199.39

内蔵グラフィック構成のPCと比較

過去にレビューしたPCで、内蔵グラフィック構成だったもののFPSと比較。2012年のインテル HDグラフィックス 2500あたりから、ローエンドGPUにとって「脅威の内蔵GPUの登場」って感じか。HD グラフィックス 4000になると、下手な単体GPUだと負ける。

Ivy BridgeのDELL新作

DELL XPS 8500 (既成品からグラフィックカード外す) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 12GB (2GBx2+4GBx2)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 4000
AVERAGE FPS 83.28
Vostro 3800

DELL Vostro 3800 ※2015年2月レビュー Haswell設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i3-4150 プロセッサー
  • 4GB (4GB x 1 ) DDR3 SDRAM 1600MHz メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400
AVERAGE FPS 49.40
デル初のショートスリムデスクトップ660s

DELL Inspiron 660s(グラフィックカード外し) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-3450s(2.8GHz , 6MB キャッシュ)
  • 6GB (4GB×1 +2GB×1)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • インテル HDグラフィックス 2500
AVERAGE FPS 46.84
売れ筋XPS 8300は人気の機種

DELL XPS 8300 (グラフィックカード外し) ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-2600 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 8GB (2GBx4) DDR3メモリ
  • インテル HD グラフィックス 2000
AVERAGE FPS 32.53
低価格DELLミニタワーinspiron620レビュー

DELL Inspiron 620 ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Pentiumデュアルコア G620 (2.6GHz, 3MB L3)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • インテルHDグラフィックス
AVERAGE FPS 26.79

ローエンド・グラフィックカード搭載のPCと比較

過去にレビューしたPCで、ローエンド・グラフィックカード搭載のものと比較。グラフィックカードを搭載してて60 FPS前後だと、現在では悲しいとしか言えない。

Inspiron 3847

Inspiron 3847 ※2014年 Haswell設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-4460 プロセッサー
  • 8GB (4GBx2) デュアルチャネル DDR3 メモリ(1600Mhz)
  • NVIDIA GeForce 705 1GB DDR3
AVERAGE FPS 69.50
デル初のショートスリムデスクトップ660s

DELL Inspiron 660s ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-3450s(2.8GHz , 6MB キャッシュ)
  • 6GB (4GB×1 +2GB×1)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • GeForce GT 620 1GB DDR3
AVERAGE FPS 67.46
Vostro 260sでビジネス

DELL Vostro 260s ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-2400s (2.5GHz , 6MB キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3
  • ATI Radeon HD 6450 1GB
AVERAGE FPS 53.04
Inspiron580s

DELL Inspiron 580s ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ
  • RADEON HD 5450 1GB
AVERAGE FPS 39.82

以上、玄人志向のGF-GT730-LE1GHD/D5を購入 および、NVIDIA GeForce GT730のレポート終了。
ゲーム用というよりは、2560 × 1440モニタ出力用に導入したのだが、3Dゲームも設定しだいではまずまず遊べる。補助電源もいらないし、わりとコストパフォーマンスに優れているので概ね満足な導入となった。

パソ兄さんのお勧め!DELLパソコン買いどきチェック

デル株式会社
グラフィック:GPU(Graphics Processing Unit)項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.