DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL法人向けノート
  4. Latitude 12 2in1(5289)

KabyLake設計の、広視野角12.5インチ 2-in-1コンバーチブルノート!

Latitude 12 5000 シリーズ 2-in-1(5289) レビュー

2017年5月に発売したLatitude 12 5000 シリーズ 2-in-1こと、Latitude 5289 2-in-1をレビューする。12.5インチの2-in-1コンバーチブルノート。360度回転ヒンジでタブレットPCにもなる。KabyLake設計の第7世代Core(Uシリーズ)を搭載。

Latitude 12 5000 シリーズ 2-in-1(5289) レビュー
Latitude 12 5000 シリーズ 2-in-1(5289)
2017年8月レビュー
KabyLake設計
(Uシリーズ)

今回レビューする、DELL Latitude 12 5000 シリーズ 2-in-1(5289)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 12.5インチ(1920 × 1080)光沢タッチディスプレイ
  • 第7世代 Core i5-7200U (2.50GHz 3MB キャッシュ)
  • 8GB LPDDR3 1866MHzメモリ
  • インテル HD グラフィックス620
  • 256GB SSD(M.2 / SATA接続)

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Latitude 5289 2-in-1のキャンペーン価格!DELLサイトへ

2017年8月30日時点のレビューであり、手元の実機における現状レポートである。

Latitude 5289 2-in-1の概要

12.5インチ・タッチ・ディスプレイの2-in-1コンバーチブルノート。高解像度フルHD(1920 × 1080)搭載で、広視野角パネル採用。360度回転するヒンジにより、ノートからタブレットに変形できる。その過程として、テントモード、スタンドモードの形態も可能。重量は1.35kgほどあり、2-in-1タイプのため、タブレット単体製品よりは重い。ほぼモバイルノートが主体となる製品である。天板や底面、パームレストにはシリコン・コーティングが施してあり、滑らかな手触り。ディスプレイには強化ガラス Corning Gorilla Glassを採用。

バックライト・キーボードを搭載しており、暗い場所での操作も可能。2-in-1ノートにしては、そこそこ手応えのあるキーストローク。インターフェースでは。USB Type-C端子 × 2基、HDMI端子、USB3.0端子 × 2基を装備しており、使い勝手は悪くない。KabyLake設計で、第7世代Core(Uシリーズ)を搭載しており、パフォーマンスは一般的な同世代モバイルノートと同じ。

当方レビューに関する注意事項

※記事はレビュー時点の情報である。標準搭載の内容や変更状況など、最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのベンダーは供給状況により変更がある。
※個人規模および、一個体の調査、また一部の情報のため、購入された場合の一致性は保証していない。
※状況については極力丁寧に説明するが、感想やアドバイスは個人的意見なので、それが正解だと押し付ける気はない。
※風景にある周辺機器等は、DELLとは関係のないアイテムである。

パーツ構成例~KabyLake設計(Uシリーズ)

レビュー時点で、Latitude 5289 2-in-1の構成例をまとめてみた。KabyLake設計のUシリーズで、それぞれCore i3 / i5 / i7の選択肢がある。いずれも内蔵グラフィック仕様なので、CPUに統合されているインテル HD グラフィックス620が使われる。
ストレージはM.2スロットのSSDでSATA接続。128GBか256GBの容量。

※なお、2017年(KabyLake世代)のトレンドとして、モバイル向けでは低消費電力版が一般化している。そのため現在のポジションでは、もともと低消費電力版と言われたUシリーズが「標準扱い」であり、Yシリーズが「低消費電力」、HQおよびHが「ハイパフォーマンス」となっているようだ。

従来でUシリーズと言えば、通常版(Mシリーズ)よりも処理能力が落ちるかわりにワットパフォーマンスに優れるというものだった。(少ない電力でも効率のよい処理能力)。特に薄型でバッテリ長時間駆動のウルトラブックに採用されていたジャンルである。

アーキテクチャ KabyLake設計(Uシリーズ)
ディスプレイ 12.5インチ・タッチ(1920 × 1080) / 広視野角 / 強化ガラス Corning Gorilla Glass
CPU
  • 第7世代 Core i3-7100U (2.40GHz 3MB キャッシュ)
  • 第7世代 Core i5-7200U (2.50GHz 3MB キャッシュ)
  • 第7世代 Core i7-7600U (2.80GHz 4MB キャッシュ)
グラフィック
  • インテル HD グラフィックス620
メモリ
  • 4GB LPDDR3 1866MHz メモリ
  • 8GB LPDDR3 1866MHzメモリ
  • 16GB LPDDR3 1866MHz メモリ
ストレージ
  • 128GB SSD(M.2 / SATA接続)
  • 256GB SSD(M.2 / SATA接続)
光学ドライブ
  • なし
装備する主要端子 左側面 / USB Type-C端子 × 2、HDMI端子、USB3.0端子
右側面 / Micro SDカードスロット、SIMカードスロット、USB3.0端子
サイズ(公称値) 厚み:12~18 mm × 幅: 305 mm × 奥行き: 210 mm / 重量 約1.34kg
備考
  • バックライトキーボード
  • ボディにシリコンコーティング
  • Qualcomm QCA61x4A 802.11ac デュアル バンド (2x2)  +  Bluetooth 4.1
  • 3セルまたは4セルバッテリ / 45Wまたは65W ACアダプタ

※ほぼ構成販売なので、パーツの組み合わせは制限される。採用パーツやベンダーは供給状況により変更がある。
※構成に関しては、レビュー時点であり変更の可能性もある。

360度回転のヒンジで、タブレットに可変

Latitude 5289 2-in-1では、360度回転するヒンジ構造で、ディスプレイを裏側に折りたたむようにして、タブレットへと変形できる。

ノートからタブレットへ変形する過程。180度オープンもできるので、外部モニタに接続した際にもディスプレイが邪魔にならない。ディスプレイは一定の角度まで折りたたむと、キーボードが無効になるので、そのままタブレットとして移行できる。なお、可変の過程で、テントモードやスタンドモードなど応用した使い方もできる。

タブレット

Latitude 5289 2-in-1の実機重量は1.368kg12.5インチのタブレット。タブレット単体製品では10インチクラスが多いので、やや大きめの画面が堪能できる。ただし、このLatitude 5289 2-in-1の実機重量は1.368kg(公称は1.34kg)あり、長時間、片手で持ち続けるは辛い。(実質、13インチクラスのモバイルノートを片手で持つわけだから当たり前)。基本はモバイルノートがメインであり、タブレットはおまけ機能と捉えたほうが購入したほうが間違いない。

Windowsの設定により任意で固定ジャイロセンサーで、画面の縦横をオート切り替え。Windowsの設定により任意で固定も可能。中央下の位置にはスタートボタンではなくDELLロゴなので、触れて誤操作することはない。一昔のタブレットは掴んでいる親指でスタートボタンを押してしまうストレスがあった。

タブレットタブレット形態の側面。

テントモード

キーボードとマウスを繋いで設置にあまり奥行きをとらない形態。キーボードとマウスを繋いで、一体型パソコン風にするときにもいい。

スタンドモード

Latitude 5289 2-in-1の構成例をまとめてみたディスプレイの角度がつけやすくて、しかも持ち抱えなくてもいいスタイル。ただし、キーボード面が地面に接するので、汚れた場所には置きづらい。

モバイルノート

Corning Gorilla Glassを採用。2-in-1というより、ほとんどモバイルノートを購入した感覚のほうが強いだろう。

タフな強化ガラスに広視野角!12.5インチ ディスプレイ(フルHD)

Latitude 5289 2-in-1では12.5インチ画面にフルHD(1920 × 1080)解像度を搭載している。この画面サイズでは高解像度すぎるので、表示領域が広い反面、ドットバイドット表示ではなかり細かい。拡大表示で使うことが多いだろう。

※ドットバイドットとは、1pxの情報を「ディスプレイの1ドットで表示させること」で、拡大縮小をしていない状態のこと。ドットバイドット表示以外は尻切れや滲みの原因となる。システム上では基本表示といえる。

ベゼルの上部にWEBカメラを内蔵、下部にはDELLロゴの配置。特別に狭額ベゼルというわけではないが、左右のベゼルは比較的すっきりしている印象。タッチ画面では厚ぼったくなりがちなベゼルだが、Latitude 5289 2-in-1ではさぼど厚みが気にならないレベル。

また、Latitude 5289 2-in-1のディスプレイでは強化ガラス「 Corning Gorilla Glass 」を採用している。特殊ガラス・メーカーのCorning社が開発したGorilla Glassは、プラスチックの数十倍の強度とされる強化ガラス。スマートフォンを始め、iPhone、Galaxyなどタッチスクリーンのデバイスで多々採用されている。触れてもベタつきにくい特長を持つ。 高性能さのアピールとして、工具ドライバで擦りつけても傷がつかないデモも過去に行われた。

Latitude 5289 2-in-1の概要とデザイン視野角ips広視野角のディスプレイで、様々な角度からでも目立った色度変移を感じない。DELLサイトでは何も触れられていないが、おそらくIPSパネルではないかと思われる。

Latitude 5289 2-in-1の装備端子

今回レビューする、DELL Latitude 12 5000 シリーズ 2-in-1(5289)Latitude 5289 2-in-1の装備端子をチェックしよう。前面/背面には端子はなく、左右側面に配置する。USB3.0端子×2基、USB Type-C端子 × 2基あるので、モバイルノートとしては不満のない装備数だと思う。

前面。中央にアクティビティライト。

背面には排気口のスリット。

右側面

第7世代 Core i5-7200U (2.50GHz 3MB キャッシュ)右側面では、手前側に電源ボタン、音量ボタンを配置。そして奥に、ヘッドセット端子、microSDカードスロット、トレイ付きのSIMカードスロット、USB3.0端子、セキュリティロック・スロットを配置している。

左側面

USB Type-C端子 × 2基、HDMI端子、USB3.0端子を配置。

ACアダプタ

奥のUSB Type-C端子は、ACアダプタの接続先にもなっている。プラグの先端が電源のLEDライトになっている。

acこのLatitude 5289 2-in-1実機ではCore i5-7200Uを搭載しているが、その構成では45WのACアダプタが付属する。DELLサイトを見ると、搭載CPUによっては65Wの場合があるようだ。ACアダプタにジョイントする電源ケーブルは太いので、取り回しはよくない。45W ACアダプタと電源ケーブルの合計重量は252g。

シリコン・コーティングされた天板と底面

Latitude 5289 2-in-1の概要天板にはシリコン・コーティングが施してあり、滑らかな手触りとなっている。わりと薄めのコーティングなので、しっとりというよりはサラッとした手触り。中央には少し窪んだシルバーのDELLロゴを配置。

360度回転ヒンジでタブレットPCにもなる底面にもシリコン・コーティングが施してある。2本のスタンドゴムの間で後方寄りに吸気口があり、高負荷時にはやや風切音が発生する。モバイルノート同様にUシリーズ搭載なのでさすがにファンレスではない。手前にスピーカーを配置しているが、あまり傾斜にはなっていないので、ほとんど地面すれすれ。ただし、音量出力は高々知れているので、配置がデメリットになっているほどではなかった。

広視野角12.5インチ 2-in-1コンバーチブルノート!底面を様々な角度から見る。タブレットモードで折りたたむという都合上、わりとフラットな形状である。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Latitude 5289 2-in-1のキャンペーン価格!DELLサイトへ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.