DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLパソコン!製品ラインナップ・チェック
  3. DELLイベント

XPS 13 2-in-1(9365)、ALIENWARE 13(R3)、Inspiron 15(7567) ゲーミングが新発売

DELL新製品発表会 XPS Dell Gaming(2017年1月)

DELL新製品発表会2017年1月20日に、六本木で開催されたDELL新製品発表会 XPS Dell Gamingに参加してきた。会場は「ニコファーレ六本木 」で360度LEDスクリーンで囲まれた広さ200㎡のホールであった。 この新製品発表会のために、マーケティング担当のレイモンド・ワー氏と、インダストリアルデザイン担当のマイケル・エリス・スミス氏が来日した。しかも両氏ともバイスプレジデントという立場で、DELLの中でかなりのお偉いさんのようだ。直々に来日する機会は滅多にないらしく、日本のDELL社員さんの緊張ぶりが伝わってきた。(・・・気がする)。

XPS 13 2-in-1(9365)、ALIENWARE 13(R3)、Inspiron 15(7567) ゲーミングが新発売紹介された機種は、新発売となるXPS 13 2-in-1(9365)、Inspiron 15(7567) ゲーミング、ALIENWARE 13(R3)。コンセプトやデザインのこだわりなどを説明して頂いたが、実際に展示機を拝見してきた。すべて第7世代Coreシリーズ搭載のKabyLake設計である。

Infinity Displayの2-in-1がついに登場!XPS 13 2-in-1(9365)

XPS 13 2-in-1まずは新発売となったXPS 13 2-in-1(9365)から。360度回転でタブレットPCにもなる2-in-1ノート。
ここ最近のXPS13シリーズでは、代々「極限に薄いベゼル!Infinity Displayデザイン」であるが、ついにInfinity Displayの2-in-1が登場した。。また、世界最小の13.3インチ2-in-1ノートとのこと。

2016年9月に発売したXPS 13-9360(KabyLake設計)と概ね似たデザインで、同じく狭額のInfinity Displayを採用している。同様にCNC加工によるアルミ削り出しボディで、ユニボディの堅牢性と高級感を持つ

360度回転できるヒンジで、ノート、テント、スタンド、タブレットの4モードで使える。

カーボンファイバーを用いたパームレストも健在。

CNC機械加工による、アルミ削り出し

CNCCNC加工の様子。金型による成形ではなく、アルミのインゴット(塊)からCNC機械加工によって削り出している。CNC (Computer Numerical Control )とは、機械工作において移動量や移動速度などにコンピュータ数値制御を用いることを言う。ボディの堅牢性と美しい質感という特長がある。

CNC機械加工CNC機械加工によるパーツ ※XPS13(9350)発表会のイベントにて

カーボン・ファイバーとは

カーボン・ファイバーとは、強化材として炭素繊維を編み込んだ繊維強化プラスチック(CFRP)。高い強度と軽さが特長で、テニスラケットようなスポーツ用品、自動車などの産業製品、耐震補強など建築分野でも採用されている。生産はコスト高なので、耐久性の求められる局所でしか使われない場合がほとんど。

カーボン・ファイバーとはXPS 13 2-in-1(9365)はKabyLake設計で、タブレットや2-in-1向けのYシリーズのCPUを搭載している。USB端子はすべてUSB Type-C端子になっているので、従来のAコネクタが必要なときは変換コネクタが必要となる。次世代へのスイッチングは避けられない。発売時点での搭載例は以下の通り。

アーキテクチャ KabyLake(Yシリーズ)設計
ディスプレイ
  • 13.3インチ FHD (1920 x 1080)InfinityEdge タッチ ディスプレイ
  • 13.3インチ QHD+ (3200 x 1800)InfinityEdge タッチ ディスプレイ
CPU
  • 第7世代 Core i5-7Y54 (4M キャッシュ、 最大 3.2 GHz まで可能)
  • 第7世代 Core i7-7Y75 (4M キャッシュ、 最大 3.6 GHz まで可能)
グラフィック
  • インテル HD グラフィックス 615
メモリ
  • 8GB LPDDR3 1866MHz
  • 16GB LPDDR3 1866MHz
ストレージ
  • 256GB SSD(PCI Express接続)
  • 512GB SSD(PCI Express接続)
装備する主要端子 USB Type-C端子(USB3.1、Display Port 、DC用、PowerShare対応)、
USB Type-C端子(USB3.1、Thunderbolt 3、Display Port 、DC用、PowerShare対応)、
Micro SDカードスロット
サイズ(公称値) 幅:304 mm × 奥行199 mm × 厚み: 8~13.7 mm / 重量 : 約 1.24 Kg
備考
  • 狭額ディスプレイベゼル
  • CNC加工によるアルミ削り出しボディ
  • カーボンファイバ複合材のパームレスト(シリコン・コーティング)
  • 強化ガラス:Corning Gorilla Glass NBT
  • ワイヤレス: インテル 8265 802.11ac 2x2 WiFi と Bluetooth
  • Type-C 30 W ACアダプタ
  • 4-セル (46Whr)バッテリ内蔵
  • バックライトキーボード搭載
  • 指紋認証リーダー 付き
  • バッテリ・ゲージ・ボタンおよびインジケータ
  • 光学ドライブなし
XPS 13 2-in-1(9365)
2017年3月レビュー
KabyLake設計
(Yシリーズ)

レビューした、DELL XPS 13 2-in-1(9365)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 13.3インチ QHD+ (3200 x 1800)InfinityEdge タッチ ディスプレイ
  • 第7世代 Core i7-7Y75 (4M キャッシュ、 最大 3.6 GHz まで可能)
  • 16GB LPDDR3 1866MHzメモリ
  • インテル HD グラフィックス 615
  • 512GB SSD(PCI Express接続)
DELL XPS 13 2-in-1(9365)レビュー!

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  XPS 13 2-in-1 (9365)のキャンペーン価格!DELLサイトへ
※ほぼ構成販売なので、パーツの組み合わせは限定される。採用パーツやベンダーは供給状況により変更がある。
※構成に関しては、レビュー時点であり変更の可能性もある。

有機ELディスプレイ(OLED)に対応する、ALIENWARE 13(R3)登場

ALIENWARE 13(R3)ALIENWARE 15(R3)、ALIENWARE 17(R4)に遅れること、ようやくALIENWARE 13(R3)が登場。これで15.6インチ、17.3インチ、13.3インチのALIENWAREゲーミングノートのシリーズが揃った。

13.3 インチ モバイルということで、低消費電力・低スペックのUシリーズが使われるのかと思いきや、通常版のクアッドコア搭載であり、パフォーマンスの高さがポイントとなっている。グラフィックではNVIDIA GeForce GTX 10シリーズの搭載で、VR対応。メモリでは容量だけでなく高周波数が選べたり、ストレージでは様々なデュアル・ストレージ構成が可能。ブート用では高速のPCI Express接続も選べる。

さらに特記すべきところは、QHD (2560 x 1440)光沢ディスプレイ選択時は、OLED(有機EL)パネルになるところ。その他の特長は、以下に箇条書きでまとめた。

アーキテクチャ KabyLake設計
ディスプレイ
  • 13.3 インチ HD (1366 x 768)TN 非光沢ディスプレイ
  • 13.3 インチ FHD (1920 x 1080)IPS 非光沢ディスプレイ
  • 13.3 インチ QHD (2560 x 1440)OLED(有機EL) 光沢ディスプレイ (タッチパネル)
CPU
  • 第7世代 Core i5-7300HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.5GHz )
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
グラフィック
  • NVIDIA GeForce GTX 1050 (2GB GDDR5付き)
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5付き)
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5 付き
メモリ
  • 8GB DDR4 2400MHz (1x8GB)
  • 8GB DDR4 2667MHz (1x8GB)
  • 16GB DDR4 2400MHz (2x8GB)
  • 16GB DDR4 2667MHz (2x8GB)
  • 32GB DDR4 2400MHz (2x16GB)
ストレージ
  • 180GB M.2 SSD(SATA)
  • 180GB M.2 SSD(SATA) × 2
  • 256GB SSD(PCI Express接続)
  • 512GB SSD(PCI Express接続)
  • 256GB SSD(PCI Express接続) + 512GB SSD(PCI Express接続)
  • 1TB SSD(PCI Express接続)
  • 1TB SSD(PCI Express接続) × 2
装備する主要端子 Type-C端子(USB3.0)、Type-C端子(USB3.1、Thunderbolt 3、Display Port )
USB3.0端子、USB3.0端子(※PowerShare対応)
Mini Display Port 端子、HDMI端子、ギガビットイーサーLAN端子、
Alienware Graphics Amplifier専用端子
サイズ(公称値) 幅:330 mm × 奥行269 mm × 厚み: 22mm(タッチ仕様) / 24 mm(非タッチ仕様) /
重量 : 約 2.6Kg
備考
  • アルマイト加工 マグネシウム合金ボディ
  • 銅製ヒートシンク + デュアルファン
  • RGB-LED対応のAlienFX照明(4ゾーンへのイルミネーション機能(各20色))
    ※バックライトキーボード含む
  • IRプレゼンス検出カメラ
  • ネットコントローラ:Killer ネットワークス e2400
    ワイヤレス: Killer 1535 802.11ac 2x2 WiFi と Bluetooth 4.1
  • 180 W ACアダプタ
  • VRエクスペリエンス対応
  • Alienware Graphics Amplifier対応
  • nキーロールオーバーに対応(1分あたりの最大アクション数が108キーコマンドを超える)
  • 2.2 mmのキーストローク。スチール製の背面プレートで耐久性が高い。
  • 光学ドライブなし
  • カラー:エピックシルバー
ALIENWARE 13(R3)
2017年3月レビュー
KabyLake設計

レビューした、DELL ALIENWARE 13(R3)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 13.3 インチ QHD (2560 x 1440)OLED(有機EL) 光沢ディスプレイ (タッチパネル)
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 16GB DDR4 2667MHz (2x8GB)メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
  • 512GB SSD(PCI Express接続)
  • ALIENWARE 13(R3)レビューはこちら

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  ALIENWARE 13-R3(KabyLake)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※ほぼ構成販売なので、パーツの組み合わせは限定される。採用パーツやベンダーは供給状況により変更がある。
※構成に関しては、レビュー時点であり変更の可能性もある。

VR3機種ともVRに対応。

ALIENWARE リュックオプション販売のALIENWARE リュック。レビュー時点では販売ページが見つからなかったので、詳細不明。

ALIENWAREマニア向けエイリアンヘッドや天板でおなじみのトライアングル・デザインなどの要素が詰め込まれている。ALIENWAREマニア向けのアクセサリー・グッズである。

スポーツカーのフォルム!Inspiron 15(7567) ゲーミング

Inspiron 15Inspironシリーズでは異例の最強スペックを持つInspiron 15(7567)ゲーミング。15.6インチ非光沢(1920 × 1080)ディスプレイのゲームノート。第7世代Core i7ならびにi5のクアッドコアを搭載している。発売時点ではグラフィックにNVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)を搭載するハイスペックモデル。デュアル・ストレージ構成も可能。

銅製ヒートシンク + デュアルファンの強力な冷却システム。サウンドではサブウーファ内蔵の2.1ch。カラーバリエーションではマットブラック/ハイビスカスレッドの2色。

アーキテクチャ KabyLake設計
ディスプレイ
  • 15.6インチ非光沢(1920 × 1080)ディスプレイ
CPU
  • 第7世代 Core i5-7300HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.5GHz )
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
グラフィック
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
メモリ
  • 8GB DDR4 2400MHz (1x8GB)
  • 16GB DDR4 2400MHz (2x8GB)
ストレージ
  • 256GB SSD
  • 128GB SSD + 500GB HDD (SATA ・5400回転)
  • 256GB SSD +  1TB HDD (SATA ・5400回転)
装備する主要端子 USB3.0端子 ×2基、USB3.0端子(※PowerShare対応) × 1基、HDMI端子、
ギガビットイーサーLAN端子、SDカードスロット
サイズ(公称値) 幅:385 mm × 奥行275 mm × 厚み: 25.5mm) / 最小重量: 2.65 kg(5.84ポンド)。
備考
  • 銅製パイプ + デュアルファン
  • サブウーファ内蔵の2.1chサウンド
  • ワイヤレス: 802.11ac + Bluetooth 4.2, デュアル バンド 2.4 & 5 GHz, 1x1
  • 光学ドライブなし
  • カラー選択2色 : マットブラック/ハイビスカスレッド
  • 6セル バッテリ-74 WHr (内蔵だが、内部アクセスはしやすい)
  • カバーを20,000回開閉、よく使用されるキーを1,000万回打鍵、
    タッチパッドボタンを100万回タッチ、すべてのボタンに対して最大40,000回押下するテスト、
    基部とカバーに25,000回以上も捻りを加えるという過剰とも思えるテストを実施するなど、
    生活のさまざまなシーンを想定した現実的な設計。
Inspiron 15ゲーミング(7567)
2017年3月レビュー
KabyLake設計

レビューした、DELL Inspiron 15ゲーミング(7567)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ非光沢(1920 × 1080)ディスプレイ
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 16GB DDR4 2400MHz (2x8GB)メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
  • 256GB SSD + 1TB HDD (SATA ・5400回転)
Inspiron 15 ゲーミング(7567)レビューはこちら

※ほぼ構成販売なので、パーツの組み合わせは限定される。採用パーツやベンダーは供給状況により変更がある。
※構成に関しては、レビュー時点であり変更の可能性もある。

スパイダーマン:ホームカミングでInspiron 15(7567) ゲーミングが登場するぞ2017年7月7日公開予定(日本公開:8月11日予定)の「スパイダーマン:ホームカミング」で、Inspiron 15(7567) ゲーミングが登場するとのこと。 映画ではアイアンマンこと トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr )も登場するというが、これはどうでもいいか・・

スパイダーマン:ホームカミングでInspiron 15(7567) ゲーミングが登場するぞInspiron 15(7567)ゲーミングのデザインコンセプトは、自動車のデザインをインスピレーションしたものだという。また数々のアワードに受賞している。個人的な感想では、ジャガー・XKを彷彿とさせるスポーツカーってところか。丸みを強調としたデザインだが、変にポップにはなっておらず、ハイスペックを期待させるフォルムである。

本格的なPCゲームを始めるのにALIENWAREシリーズ以外では、このInspiron 15(7567)ゲーミングのみチョイスとなる。(レポート時点で)。ALIENWAREの宇宙人的な個性が苦手なら、ぜひお勧めしたいモデルである。(個人的にもこっちを選ぶ派)

左右側面の丸みと、背面の排気口が、スポーツカーのフォルムっぽい。このカラーバリエーションはハイビスカスレッド。

デュアルファンを搭載しており、大々的な排気口とフィンがハイスペックを感じさせる。スポーツカーで例えると、「排気量を凄さを感じる」というべきか。もしかしたら、マフラーというよりテールランプのイメージかもしれない。

前面もスポーツカーを彷彿とさせる、グリルデザイン。ここはスピーカの配置。

左右側面の装備端子。前面と背面には端子なし。光学ドライブもなし。インターフェースは基本装備程度であるが、メインは高度なゲームをサクサク動作させるパフォーマンスだろう。

端子のアップ。

底面では、デュアルファンの吸気口2箇所と、サブウーファを配置。

サブウーファと、三角形のパターンデザインとなっている吸気口。

テンキー付きのキーボード。バックライト・キーボードではなく、Inspiron 15(7567)ゲーミング自体は多機能モデルというわけではない。デザイン性とグラフィック性能がメインである。

15.6インチ非光沢(1920 × 1080)ディスプレイ搭載。非光沢なので目には優しく長時間プレイにも向く。視野角は広くなく、どうやらTNパネルのようで、ディスプレイはエントリーモデルと同等。ただし表示領域がフルHD(1920 × 1080)解像度というのは玄人向きである。

こちらのカラーバリエーションではマットブラック。天板のDELLロゴが赤になっている。DELL新製品発表会 XPS Dell Gaming(2017年1月)のレポートは以上!新製品について詳しくは、DELLサイトにて。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  Inspiron 15(7567)ゲーミングのキャンペーン価格!DELLサイトへ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.