DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. DELL個人デスクトップ
  4. Inspiron 3275
  5. 現在

21.5インチ一体型パソコン!狭額ディスプレイベゼル、広視野角IPSパネル
DELL Inspiron 22 3000 フレームレスデスクトップ

Inspiron 22(3275)レビュー・第二弾!AMD A9-9425搭載

Inspiron 22 3000 フレームレスデスクトップのAMD仕様モデルこと、、Inspiron 3275(コンピューターモデル名)をレビューする。前回もレビューしている機種だが、当時はAMD E2-9000e搭載であった。その後、第7世代AMD A9-9425の搭載へ刷新されているので第二弾のレビューとなる。注意事項として、同じくInspiron 22 3000 フレームレスデスクトップのインテル仕様にInspiron 3277がある。しかも販売では同じ場所で混同されている。そのため、デザインが同じでも異なるプラットフォームであることを理解する必要がある。

Inspiron 22(3275)は21.5インチ・フレームレス・ディスプレイ(1920 × 1080)の一体型で、広視野角IPSパネルを採用している。1センチ幅の狭額ディスプレイベゼルで、シンプルかつスタイリッシュなデザイン。ポップアップ方式の格納Webカメラを搭載。光学ドライブは搭載していない。単体GPUの搭載選択はなく、 AMD A9-9425 プロセッサーに統合するRadeon R5 グラフィックスが使われる。パフォーマンスは現在において低ポジションであるが、コストパフォーマンスがよく、ネット用途が中心であればとくに問題ない。

レビューしたInspiron 22(3275)の構成と概要

DELL Inspiron 22 3000 フレームレスデスクトップレビュー時点のカラーバリエーションでは、ホワイトとブラックの2色あるが、ここではホワイトのモデルで紹介する。スタンドではアーム付きのタイプもあるが、ここではイーゼル型スタンドのモデルになっている。


2019年3月論評
A9-9425
AMD仕様

今回レビューした、DELL Inspiron 22(3275)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 21.5インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)
  • 第7世代 AMD A9-9425 プロセッサー
  • 4GB DDR4メモリ, 2400MHz
  • Radeon R5 グラフィックス
  • 1TB HDD (SATA接続)

※2019年3月6日時点のレビュー。

レビューに関する、注意事項

※レビュー時点および手元の実機に限った内容であり、選択や時期により仕様は異なる。
※標準搭載の範囲は不明。搭載内容や仕様変更など、最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※製品把握には「コンピューターモデル名」を必ず理解しておくこと。購入アドバイスは個人的意見。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能。(注文は個人名の記入でOK)

概要と要点

※当方のレビュー時点におけるものである

AMD A9-9425を搭載!構成詳細

AMD A9-9425他の構成レビュー実機、Inspiron 22(3275)の構成スペック。AMD A9-9425、メモリ、ストレージ、液晶パネルなどはこの通り。基本的に構成ベースの販売であり、パーツの組み合わせは制限される。また採用パーツやベンダーは供給状況により異なる。当方が知る限り、2018年12月にはAMD E2-9000eからAMD A9-9425に刷新されている。

広視野角&フレームレス!21.5インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(フルHD)

液晶パネルがDEL93FCレビュー時点では、21.5インチのフルHD(1920 × 1080)解像度となっている。アイコンやテキストはドットバイドット表示(100%)で十分見やすいサイズである。レビュー実機では、液晶パネルがDEL93FCとなっており、おそらくDELLの特注品だろう。IPSパネルだそうだ。なお、採用されているベンダーは時期により異なると思われるので、あくまで一例と理解してほしい。同デザインのInspiron 22(3277)では、タッチモデルと非タッチがあるが、このAMD仕様のInspiron 22(3275)では非タッチの非光沢のみとなっている。

約1センチ幅の狭額ディスプレイベゼルInspiron 22(3275)で特長的なのが、約1センチ幅の狭額ディスプレイベゼル。いわゆるフレームレスで画面に広がりを感じ、ベゼル幅の分は省スペース化につながっている。

IPSディスプレイ広視野角IPSディスプレイのため、極端な角度から視聴しても、色ムラや色調反転などの色度変移が起きていない。非光沢液晶なので、長時間使用でも目に優しく、ビジネス用にもいい。

基礎知識:広視野角のIPSパネル

IPS方式(In Plane Switching)液晶モニタではTFT液晶(アクティブ マトリックス方式)が使われるが、IPS方式(In Plane Switching)は、TFT液晶の中で視野角が最も広く、色度変移(見る角度によって色合いが変化する現象)が少ない。DTP分野や医療用などシビアな色表現を求める業界で好まれる。従来のデメリットでは、バックライトの透過率が低い、応答速度が遅いなどがあるが、技術補正されているようで現在ではほぼ気にしなくてもよい。IPSパネルは比較的コスト高なので、上位モデルで採用されることが多い。【解説:液晶パネル(TFT液晶)の駆動方式

Webカメラは格納式トップのWebカメラは格納式になっている。ただ、出しっぱなしの状態はあまり格好いいとはいえない。

1280 x 720スペックは、静止画像:1280 x 720(0.92 メガピクセル) 、動画:1280 x 720(30 fps )。動作中は右側のランプが点灯する。

クロム調のDELLロゴ下部はパンチンググリル・デザインだが、実際に穴が空いているのは限られたところだけ。中央にはクロム調のDELLロゴがあり、その右側には1ドットのパンチング穴に合わせてマイクが内蔵されている。

正方形のパンチング穴があるスピーカーの位置2箇所には、このような正方形のパンチング穴がある。平均:3 W、ピーク:3.5 W 。よほどこだわらない限りは、エンターテイメントに十分なサウンドクオリティかと思う。

Inspiron 22(3275)の電源ボタン電源ボタンは右端にあり、起動時はLED点灯する。

第7世代 AMD A9-9425 プロセッサー (統合:Radeon R5 グラフィックス)

AMD A9-9425 プロセッサーInspiron 22(3275)レビュー時点ではAMD A9-9425のみの搭載となっており、統合している内蔵グラフィックとしてRadeon R5 グラフィックスが使われる。(単体GPUのサポートはなし)。2コア実装の2スレッド動作なので、マルチスレッドではさはど期待できない。

なお、同デザインの別モデル、Inspiron 22(3277)はKabyLake設計であり、Pentium 4415Uか第7世代Core i3-7130U を搭載している。KabyLake設計は2016~2017年ごろの主流なので、レビュー時点ではやや古いプラットフォームである。Inspiron 22 3000シリーズとして両機種が混同されているので、別物として把握する必要がある。

AMD A9-9425のマルチスレッド・スコアは139CINEBENCH R15によるレンダリングでCPUパフォーマンスをチェック。比較するのは、パソ兄さんが過去にレビューしたPCにおける搭載CPUのスコアである。(重複するCPUでは最高値だったものを残している)

このAMD A9-9425のマルチスレッド・スコアは139だった。これは第4世代Atom系(2016年)のPentium N3700と大差ない結果だが、シングルスレッドでは話が変わってくる。シングルスレッドではスコアが86で、Pentium N3700よりパフォーマンスがかなり高い。スコアで見ると第1世代インテルCore i7-740と同等。3.1GHzというクロック数の高さが功を奏した印象である。ただし、現在のトレンドとしては低下層であることにはかわりなく、基本的にはネットや2Dコンテンツ用がメインとなる。

【 過去PCと比較 : CINEBENCH R15のレンダリングで、パフォーマンスチェック

ゲームのベンチマークテスト(A9-9425 +Radeon R5 グラフィックス)

本格ゲーム用には満たないスペックであるが、一応ベンチマークテストを実施。ストリートファイター4が1280×720解像度でなんとかコマ落ちしない及第点レベルではある。ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター では、1280×720 標準(ノートPC)で普通という結果だが、コマ落ちが目立っていた。しかし、このクラスのCPUとしては統合型グラフィックが優秀な印象を受けた。

Radeon R5 グラフィックス

2019年3月論評
AMD A9-9425

DELL Inspiron 22(3275) ※今回レビューした構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第7世代 AMD A9-9425 プロセッサー
  • 4GB DDR4メモリ, 2400MHz
  • Radeon R5 グラフィックス
スコア
またはFPS
FF14紅蓮HD ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1280×720 標準(ノートPC) DirectX 11 フルスクリーン)
2028
ラスレム-ベンチHD ラストレムナント~2009年
(1280×720 フルスクリーン)
34.51
スト4-ベンチマークHD ストリートファイター4~2009年
(1280 × 720 品質:デフォルト 垂直同期OFF ウィンドウ)
62.31

※ゲームタイトルのリンクをクリックすると、 当方過去のレビューPCと比較できる。
※ベンチマークテスト中では、ACアダプタは常時接続している。

基礎知識:ゲームのベンチマークテストについて

※3Dゲームでは美麗な描写処理を担うグラフィック(GPU)の性能が重視されるが、CPUも軽視できない。炎、煙、風、速度などの自然現象をシミュレーションする物理演算(エフェクト)や、プレイヤーが操作しないキャラクター(NPC-non player character)を動かすのは人工知能(AI)であり、それはCPUが担う。ゆえにCPUの依存度はゲームの内容による。なお、CPU内蔵グラフィック仕様の場合(単体GPUの搭載なし)は、ビデオメモリを持たないため、メインメモリが代用される。そのため、搭載メモリの環境によってパフォーマンスが左右されやすいことを念頭に置いたほうがいい。

消費電力(ワットチェッカー)

個人的にちょうどいいと思った輝度70%でのアイドル時では消費電力15W。 輝度最小ならば11W。ディスプレイ込みでだから、なかなかの低消費電力といえる。
ワットチェッカー

条件

コンディション 「ACアダプタ接続」
ベンチマークテストでは、「ディスプレイ輝度70%」
アイドル時(待機時) ディスプレイ輝度最大時: 18W、
輝度70%:15W、輝度50%:13W、輝度最小:11W
CINEBENCH R15
(マルチスレッド)
45Wあたりから始まり、後半36W、あたりへと減少しながら変動。
FF14 紅蓮のリベレーター 40~48Wあたりが多かった。
ラストレムナント 31~42Wあたり

※ベンチマークテストでの消費電力はシーンにより激しい変動があるため、大体どのあたりの間で変動が多かったのか、ワットチェッカーを眺めながら直感的に判断したものである。ざっくりとした目安で厳密性はない

ストレージ(1TB / 2.5インチHDD)と、ネットワーク

ST1000LM035レビュー時点では、低価格設定のためか、1TB HDDのみの搭載となっている。この実機ではシーゲート製ST1000LM035搭載なので、1プラッタで1TBを実現した薄型7mm厚の2.5インチHDDである。むろん、ベンダーは供給時期により異なる。SATA接続でもいいからSSDの搭載サポートがほしいところだ。猛者であれば、分解マニュアルをダウンロードしてSSDの換装もありだが、むろん保証がなくなる。

【 過去PCと比較 : SSD / HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス

次はデバイスマネージャからネットワークコントローラをチェック。有線LANはRealtek(カニさん)のギガビットイーサーなので、サーバー構築している環境でも速度に問題なし。無線LANでは、Qualcomm QCA9377を採用。このメーカーは、アメリカの半導体メーカーでLAN関連製品のトップシェアを誇っている。

メモリ

レビュー時点のサポートは4GBメモリまでで、容量は最小限。マニュアルをみると、スロットはSODIMM 1基であり16 GBまで対応できるとのこと。また速度は2133 MHz(A6 および A9 プロセッサ) と記載されている。

その他

カラーバリエーションと、異なる2つのスタンドが選択できる。今回レビューしているInspiron 22(3275)はイーゼル型スタンドである。そして本体カラーに合わせた色のワイヤレスキーボードとマウスが付属する。

カラー
  • ホワイト
  • ブラック
スタンド
  • Easel スタンド (イーゼル型スタンド)
  • Fixed スタンド (アーム付きのスタンド) ※ペデスタルスタンドとも呼ばれる
ワイヤレス Qualcomm QCA9377、Bluetooth ※レビュー実機の場合
光学ドライブ なし
電源 65WのACアダプタ付属
付属 KM636(ワイヤレスキーボード と マウス のセット)
サイズ 幅: 498mm × 奥行き(スタンド除く): 42 mm × 高さ: 330 mm /
最小重量(公称) 約4.27 kg (実機では5Kg)

※構成ベースの販売であり、選択できるパーツの組み合わせは制限される。
※採用パーツやベンダーは供給状況により異なる。。

Waves MaxxAudio Pro搭載

ユーティリティソフト-Waves MaxxAudio Pro画像サウンドチューニングにWaves MaxxAudio Proを搭載。内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでも、デジタル処理で効果的なサウンドを展開するサウンド補正技術。 ゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。ユーティリティソフトを使ってイコライザー調整ができる。

Dell Cinema

カラー(CinemaColor)パーソナルシアターを楽しむためのテクノロジーとして、「カラー(CinemaColor)、サウンド(CinemaSound)、ストリーミング(CinemaStream)」の3つで構成されている。

※SmartByteによるブルースクリーン発生事例が過去に報告されており、環境に合わない場合はアンインストールして何ら問題ない。(通常のPC環境になるだけ)

付属品

入力デバイスにKM636(ワイヤレスキーボード WK636p と、ワイヤレスマウス WM116p のセット品番)が付属する。※リンク先に詳細レビューあり。レビューでは筐体にあわせてホワイト版になっており、ブラック筐体の場合はブラック版になる。基本的にはオプション販売のキーボードであるが、PCによっては実質的な標準になるようだ。

KM636(ワイヤレスキーボード WK636p と、ワイヤレスマウス WM116p のセット品番)ACアダプタからPC側へのケーブルは比較的細めだが、ジョイントするAC電源ケーブルは太めなので取り回しはよくない。一般的に市販されているメガネ型3P(通称ミッキー型 / IECコネクター・60320-C5)なので、市販品への変更は可能。なお、AC電源ケーブルが太いのには事情があるようで、長期に渡り大きく折り曲げることの繰り返し、束ねてきつく巻き付けた状態による破損(断線)のリスク回避のようだ。

当方では細めの市販ケーブルを予備にストックしている。プラグ先だけのタイプもある。ちゃんと理解して安全に利用できるユーザーからすれば太いケーブルは迷惑な仕様なのだが、メーカーとしては意識の低いところに足並みを揃えるしかないのだろう。

Inspiron 22(3275)のデザインと、インターフェース

デザイン 幅: 498mm × 奥行き(スタンド除く): 42 mm × 高さ: 330 mm 。最小重量(公称) 約4.27 kg となっているが、この実機では5Kgだった。(100g単位の体重計で測ったので4.9~5.0kg)。ワイヤレス環境であれば、接続は電源ケーブルだけなので設置しやすく、模様替えも楽。

曲面の背面は光沢仕上げ エントリーモデルのため、ポリカーボネート(工業プラスチック)ベースの筐体。曲面の背面は光沢仕上げになっており、中央にDELLロゴを配置している。

USB端子など主なインターフェースはスタンドの内側 スタンドにはケーブルを通す穴がある。USB端子など主なインターフェースはスタンドの内側になるので、頻繁なアクセスには不便となる。そういった場合は延長ケーブルなどを活用したほうがようさそうだ。

プレートに刻印 VESAに対応していないので、一般ユーザーがスタンドを外すシチュエーションはないのだが、とりあえず外してみた。プラスチックカバーはツメがしっかり咬んでいるので、プラスチックのパテ用ヘラを使わないと厳しい。スタンドはミリネジ4本で固定されている。プレートに刻印があり、内部への分解はここから切り口になるようだが、無論自己責任の範疇となる。

Inspiron 22(3275)の装備端子

背面 Inspiron 22(3275)背面に装備する端子(スタンドを外した状態)。左から、電源コネクタ、HDMI端子、ギガビットイーサーLAN端子、USB2.0端子(パワーオン/ウェイクアップ対応)×2基、USB3.1(Gen1)端子× 2基、ヘッドセット端子を配置。

※USB3.1-Gen1の転送速度はUSB3.0と同じ5Gbps(理論値)だが、電源供給力は高い。
※初心者向けに、周辺機器とつなぐ端子の知識を、パソコンの接続端子(シリアルバス規格)で解説。
※ディスプレイと接続する端子の知識を、パソコンのディスプレイ端子で解説。

SDカードスロット 左側面ではSDカードスロットを配置。

スタンドのチルト(傾斜角度) 右側面には何も装備端子はなし。光学ドライブも搭載していない。スタンドのチルト(傾斜角度)はここまで可能。

天井面と底面

スリット風の格子 天井面では左右に排気口を配置。全般的にスリット風の格子なっている。高負荷時では若干風切り音は発生する。中央にWebカメラが格納されている。

プッシュアップ式 Webカメラはプッシュアップ式で格納されている。

Inspiron 22(3275)の接地面 底面の吸気口。2つのスタンドゴムがあり、接地面の緩衝になっている。

同デザイン・Inspiron 22(3277)との性能比較検証

Inspiron 22 3000 フレームレスデスクトップとして一緒くたにされているインテル仕様のInspiron 22(3277)は、レビュー時点においてCore i3-7130Uが搭載可能となっている。2016年~2017年ごろが旬だったKabyLake設計Uシリーズで第7世代のもである。

ただ、Inspiron 22(3277)実機、またはCore i3-7130U搭載機がないので比較検証できないが、近いCPUを搭載した過去のレビューPCから概ねのパフォーマンスを想定してみる。そのため第7世代 Core i3-7100U に近い想定で比較してみる。(Core i3-7130Uのほうが少しだけクロック数が高く、内蔵グラフィックは同じ)

設定 ストリートファイター4~2009年
(1280 × 720 品質:デフォルト 垂直同期OFF ウィンドウ)
FPS
DELL Inspiron 22(3275)
2019年3月論評

DELL Inspiron 22(3275)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第7世代 AMD A9-9425 プロセッサー
  • 4GB DDR4メモリ, 2400MHz
  • Radeon R5 グラフィックス
62.31
Vostro 14(5468)
2016年レビュー

DELL Vostro 14(5468)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i3-7100U (3M キャッシュ、 最大 2.40 GHz)
  • 4GB シングル チャンネル DDR4 2400MHz
  • インテル HD グラフィックス 620
65.30

CINEBENCH R15 比較

A9-9425 と同じ2コアDELL Inspiron 22(3275)Core i3-7100U ではA9-9425 と同じ2コアとはいえ、HTテクノロジーによって4スレッド動作する。このアドバンテージは大きく、マルチスレッドでは明らかな差がでている。一方、シングルスレッドは記録を残していないので分からず。ただ、Core i5-7300Uがスコア136なのでこれ以下かと思われる。なお、これまでレビューしたことのあるAMD E2 や A6、A9よりもA9-9425 のスコアは高い。

AMD E2-9000 や A9-9420eとのグラフィック比較

【 設定 】 ラストレムナント(1280×720 フルスクリーン) FPS
DELL Inspiron 22(3275)
2019年3月論評

DELL Inspiron 22(3275)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第7世代 AMD A9-9425 プロセッサー
  • 4GB DDR4メモリ, 2400MHz
  • Radeon R5 グラフィックス
34.51
Inspiron 15(3565) AMDモデル
2018年4月論評

DELL Inspiron 15(3565)-AMD

  • Windows 10 Home (64bit)
  • AMD E2-9000
  • 4GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • Radeon R2 グラフィックス
23.17
ホワイトのInspiron 3185
2018年4月論評

DELL Inspiron 11 2-in-1(3185)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • A9-9420e
  • 8GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • Radeon R5グラフィックス
13.53
グレーのモデル-Inspiron 3185
2018年4月論評

DELL Inspiron 11 2-in-1(3185)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • A6-9220e
  • 4GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • Radeon R4グラフィックス
12.25

Inspiron 22(3275) まとめ

Inspiron 22 3000 フレームレスデスクトップのAMD仕様モデルこと、、Inspiron 3275のレビューは以上。レビュー時点では、SSDや大容量メモリのサポートがなく、自前の改造しか手段がないのが残念なところか。それでも、2D主体のネットユーザーであれば、低価格でフレームレス一体型PCを手に入れるにちょうどいい製品である。広視野角なので、動画鑑賞では様々な角度から観てもストレスはないし、プライベートルームのエンタメPCにもいい。21.5インチはそこそこ画面が大きいし、一体型なので模様替えのセットアップもしやすい。

最新情報など、詳しくはDELLサイトへ

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年9月17日(火)まで】
増税前のチャンス!6万円以上の購入でお得、17%オフクーポン!
ALIENWARE、Gノートほか一部のゲームPCがお得、20%オフクーポン!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)開始~予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.