DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. ALIENWARE 15(R3)
  4. 現在のページ

薄型になったALIENWAREの15.6インチ・ゲームノート

DELL ALIENWARE 15(R3)のセカンドレビュー

2017年1月に、KabyLake設計のALIENWARE 15(R3)をレビューしたが、そのときは互換性により前世代SkylakeのCore i7-6700HQ搭載の構成だった。今回、2台目の実機を導入したので再レビューするが、Core i7-7700HQ + GeForce GTX 1060の構成となっている。

ALIENWARE 15(R3)のセカンドレビュー
ALIENWARE 15(R3)
2017年10月レビュー
KabyLake設計

DELL ALIENWARE 15(R3)の構成 ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6 インチ (1920 x 1080)IPS 非光沢
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
  • 180GB M.2 SSD(SATA接続)

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  ALIENWARE 15(R3)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2017年10月4日時点のレビューであり、手元の実機における現状レポートである。

ALIENWARE 15-R3のカスタマイズ更新

2017年1月にレビューした時から、選択できる構成に更新があった(2017年10月4日時点)。まず互換性による前世代(Skylake)のCPU搭載がなくなった。グラフィックには新たにNVIDIA GeForce GTX 1080が追加され、「Max-Q Design」準拠となっている。
Max-Q Designというのは、PCメーカーとNVIDIAの2社が協力して、最新ゲームに最適化した薄型ゲーミングノートPCにつけられるブランド。

ディスプレイではNVIDIA G-SYNC 対応がある。NVIDIA G-SYNC とは、リフレッシュ レートを GPU のフレームレート出力に合わせて動的に調整する機能。ティアリングをなくし、スタッター(カクつき)と入力遅延を最小限に抑える。60Hzディスプレイでは毎秒60フレームであるため、NVIDIA G-SYNC対応でも目に見える恩恵は少ないと思われる。NVIDIA G-SYNC対応なら、120Hzディスプレイがお勧め。

※ティアリング : 画像処理速度が追いつかないために、チラつく現象
※60Hz : 1秒間に60コマの再生、120Hz : 1秒間に120コマの再生 (いずれも再生できる処理性能が必要)

アーキテクチャ KabyLake設計
ディスプレイ
  • 15.6 インチ (1920 x 1080)IPS 非光沢
  • 15.6 インチ(1920 x 1080)IPS 非光沢   60Hz ※NVIDIA G-SYNC 対応
  • 15.6 インチ (1920 x 1080)TN+WVA 非光沢  120Hz  ※NVIDIA G-SYNC対応
CPU
  • Core i5-7300HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.5GHz )
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • Core i7-7820HK (8MB キャッシュ、 オーバークロック最大4.4GHz )
グラフィック
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
  • NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5
  • NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB GDDR5X 「Max-Q Design」準拠

15.6 インチ (1920 x 1080)IPS 非光沢ディスプレイ

ALIENWARE 15-R3のカスタマイズ更新2台目の実機レビューとなったALIENWARE 15(R3)では、15.6 インチ (1920 x 1080)IPS 非光沢ディスプレイ。NVIDIA G-SYNC 対応でも120Hz でもないディスプレイなので、これいといって特記すべきことはない。

ALIENWARE 15(R3)では、15.6 インチ (1920 x 1080)IPS 非光沢ディスプレイ広視野角のIPSパネル搭載なので、極端な角度から見ても、色度変移を感じなくて快適。非光沢なので長時間の視聴でも目に優しい。

Windows Helloを使うこと赤外線カメラを内蔵している。Windows Helloを使うことで、覗き込むだけでログインできる。キーボードでパスワードを入力する手間が省けるハンズフリー機能。

Tobbi EYE TrackingTobbi EYE Trackingを搭載している。赤外線カメラによりユーザーがいないことを認識し、ディスプレイを暗くしたり、画面オフ、スリープ、ライトオフなど設定できる。

ALIENWARE 15(R3)の内部構造

ALIENWARE 15(R3)の裏カバーを外した内部構造前回のALIENWARE 15(R3)レビューでは、裏カバーを外した内部構造を紹介していなかったので、改めてレビューする。

デュアルファンとヒートパイプ

デュアルファン後方に内蔵している左右デュアルファンの様子。

ヒートパイプデュアルファンの冷却を伝える銅製ヒートパイプ。

メモリスロット

メモリスロットを2基装備DDR4(SO-DIMM)メモリスロットを2基装備。スロットは二手に分かれている。

M.2スロットが3基

Type2280 × 2基、Type2242 × 1基。SSDを搭載するM.2スロットが3基あり、Type2280 × 2基、Type2242 × 1基。

Type 2280長さ80mmラベルに、長さ80mmと記載されている。

SATAのSSDを搭載ALIENWARE 15(R3)ではNVMe(PCI Express接続)のSSDが搭載できるが、今回のはSATAのSSDを搭載しているため、パフォーマンスはこの通り。NVMeよりは遅いが、HDDよりかなり速い。

【 過去レビューPCと比較 : SSD / HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス

自前でデータ用HDDを増設2.5インチベイは、この実機では空きとなっている。マウンタとコネクタが付いたままなので、自前でデータ用HDDを増設するのもいいだろう。(自己責任だが)。

ベンチマークテスト比較(Core i7-7700HQ+GeForce GTX 1060)

GeForce GTX 1060のスペック今回のALIENWARE 15(R3)実機で搭載しているCore i7-7700HQおよび、GeForce GTX 1060のスペック。以下、ベンチマークテストするALIENWARE 15(R3)の構成はこの通り。

ALIENWARE 15(R3)
2017年10月レビュー
KabyLake設計

DELL ALIENWARE 15(R3)の構成 ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6 インチ (1920 x 1080)IPS 非光沢
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
  • 180GB M.2 SSD(SATA接続)

レンダリング・パフォーマンス (Core i7-7700HQ)

CINEBENCH R15のレンダリングCINEBENCH R15では、CPUを100%稼働させるのでCPU性能指数の目安になる。コア数が多く、高クロックのCPUほど短時間で処理できスコアが高くなるが、アーキテクチャの新旧にもよる。CPU性能チェックでは、搭載グラフィックの性能にはあまり左右されない。(ハイエンドのグラフィックを搭載していても微々たる影響しか無い。) ※OpenGL性能チェックは除く

CINEBENCH R15は、ドイツMAXON社のプロ用3DCG作成ソフト「CINEMA 4D」をベースとしており、約30万ポリゴンある静止画のレンダリングにかかった時間などでスコアが算出される。掲載しているスコアは、すべて当方がレビューしたPCにて計測したものである。(環境による違いや、バックグランドの状態などで起きる個体差にはご容赦願う。)

CINEBENCH R15ではマルチコア対応に特化しており、最大256スレッドまで対応している。そのためスレッド数が多いほど圧倒的な数値となり、主にマルチコアに対応しているアプリなら参考にできる。アプリのプログラムには様々あるので、これがすべてのパフォーマンスに比例しているわけではない。

前世代の6700HQマルチスレッドのパフォーマンスを比較してみると、Core i7-6700Tに近い。前世代の6700HQと比べても、伸びがよい。

シングルコアのパフォーマンスを見ても、かなり高いスコアだ。

【 過去レビューPCと比較 : CINEBENCH R15のレンダリングで、パフォーマンスチェック

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

ALIENWARE 15(R3)で紅蓮のリベレーター 「1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。

【 設定 】 ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン)
SCORE
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3)の構成 ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
10188

【 過去レビューPCと比較 : FF14 紅蓮のリベレーター ~ 1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド

蒼天のイシュガルドとALIENWARE 15(R3)「1280 × 720 標準品質(デスクトップPC) DirectX 9 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。 および、「1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。

【 設定 】 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド
(1280 × 720 標準品質(デスクトップPC) DirectX 9 フルスクリーン)
SCORE
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3)の構成 ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
18675

【 過去レビューPCと比較 : FF14 蒼天のイシュガルド~ (1280 × 720 標準・デスクトップPC・DX 9 フルスクリーン

【 設定 】 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド
(1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン)
SCORE
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3)の構成 ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
11514

【 過去レビューPCと比較 : FF14 蒼天のイシュガルド~ 1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン

ドラゴンクエストX

「1280×720 標準品質 ウィンドウ」で、ベンチマークテストを実施。および、「1920 × 1080 最高品質 ウィンドウ」で、ベンチマークテストを実施。スコアからしてどちらも確実に単体GPUは動いているはずだが、スコアが僅差なのが意味不明。とりあえず、調べたままの情報を掲載しておく。

【 設定 】 ドラゴンクエストX (1280×720 標準品質 ウィンドウ) スコア
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
16612

【 過去レビューPCと比較 : ドラゴンクエストX ~ 1280×720 標準品質 ウィンドウ

【 設定 】 ドラゴンクエストX (1920 × 1080 最高品質 ウィンドウ) スコア
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
16006

【 過去レビューPCと比較 : ドラゴンクエストX ~ 1920 × 1080 最高品質 ウィンドウ

ストリートファイター4

ストリートファイター4ベンチマークテスト比較パソコン「1280 × 720 品質:デフォルト 垂直同期OFF ウィンドウ表示」で、ベンチマークテストを実施。 および、「1920 × 1080 品質:デフォルト 垂直同期OFF フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。

【 設定 】 ストリートファイター4
1280 × 720 品質:デフォルト 垂直同期OFF ウィンドウ表示
FPS
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
452.55

【 過去レビューPCと比較 : ストリートファイター4 ~ 1280 × 720 品質:デフォルト 垂直同期OFF ウィンドウ表示

【 設定 】 ストリートファイター4
1920 × 1080 品質:デフォルト 垂直同期OFF フルスクリーン
FPS
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
477.76

【 過去レビューPCと比較 : ストリートファイター4 ~ 1920 × 1080 品質:デフォルト 垂直同期OFF フルスクリーン

ラストレムナント

ラストレムナントベンチマークテストパソ兄さんのDELLパソコン「1280×720 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。 および、「1920 × 1080 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。 品質設定はなく、もともとから固定設定。
【 設定 】 ラストレムナント(1280×720 フルスクリーン) FPS
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
255.75

【 過去レビューPCと比較 : ラストレムナント ~ 1280×720 フルスクリーン

【 設定 】 ラストレムナント (1920 × 1080 フルスクリーン) FPS
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
259.69

【 過去レビューPCと比較 : ラストレムナント ~ 1920 × 1080 フルスクリーン

バイオハザード5

バイオ5「1280×720 品質:初期設定 DirectX 10 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。および、「1920 × 1080 品質:初期設定 DirectX 10 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。

【 設定 】 バイオハザード5  
(1280×720 品質:初期設定 DirectX 10 フルスクリーン)
FPS
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
249.2

【 過去レビューPCと比較 : バイオハザード5 ~ 1280×720 フルスクリーン

【 設定 】 バイオハザード5  
(1920 × 1080 品質:初期設定 DirectX 10 フルスクリーン)
FPS
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
240.6

【 過去レビューPCと比較 : バイオハザード5 ~ 1920 × 1080 フルスクリーン

バイオハザード6

バイオハザード6ベンチマークテストPC比較「1280×720 品質:初期設定 DirectX 9.0c フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。 および「1920 × 1080 品質:初期設定 DirectX 9.0c フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。
【 設定 】 バイオハザード6(1280×720 品質:初期設定 DirectX 9.0c フルスクリーン) FPS
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
18022

【 過去レビューPCと比較 : バイオハザード6 ~ 1280×720 品質:初期設定 DirectX 9.0c フルスクリーン

【 設定 】 バイオハザード6(1920 × 1080 品質:初期設定 DirectX 9.0c フルスクリーン) FPS
ALIENWARE 15(R3)

DELL ALIENWARE 15(R3) ※2台目のレビュー機

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
15302

【 過去レビューPCと比較 : バイオハザード6 ~ 1920 × 1080 品質:初期設定 DirectX 9.0c フルスクリーン

ALIENWARE 15(R3)の、ALIEN FX ギャラリー

ALIEN FX ギャラリー前回の実機でAlienFXを紹介しているが、こちらの実機でもちょっと写真を追加掲載する。AlienFXとは照明演出であり、20色のLEDカラーを組み合わせて、好みのイルミネーションが楽しめる。もちろん、非点灯の設定もできる。

両サイドの長い発光箇所がもっともインパクトある。

カラー設定で色々と雰囲気が変わるので飽きない。

暗い場所でも使えるという、実用性もある。

ALIENWARE 15(R3)のキーボード発光キーボードでは5区画に色分けできる。

ALIENWARE 15(R3)写真集印字部分もくっきりと発光されるキーボード。

ALIENWARE 15(R3)について詳しくは、DELLサイトへ

ALIENWARE 15(R3)
2017年10月レビュー
KabyLake設計

KabyLake設計、15.6インチ・ハイスペック・ゲームノート
DELL ALIENWARE 15(R3)

15.6インチ・ハイパフォーマンス・ゲームノート。ディスプレイはIPSパネル、NVIDIA G-SYNC対応、高リフレッシュレート120Hzなど、様々な選択肢がある。長時間プレイでも目の疲労が少ない非光沢。赤外線カメラを利用したセキュリティ機能などを持つ。光学ドライブ非搭載。

デュアルファンを内蔵しており、多めの排気口を配置したエアーフロー。 USB Type-C端子も装備しており、次世代周辺機器にも対応。ネットワークコントローラーにKiller E2400を採用しているので安定した通信。5個のマクロキーを搭載(3通りのプロファイル切り替えができる)。バックライト・キーボードなど12箇所のイルミネーションゾーンに、20色からLEDカラーが設定でき、自分好みのカラー演出ができる。 PCI Express 接続のSSDやHDDとのトリプル・ストレージ構成が可能。外付けGPUのAlienware Graphics Amplifierにも対応。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  ALIENWARE 15(R3)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.