XPSやInspironといったDELLブランドのPCをレビュー公開中
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. SSD知識の項目
  4. 現在ページ

DELLパソコン・レビュー比較資料・ベンチマークテスト

SSD/HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス比較

パソ兄さんが過去レビューしたPCでチェックした、ストレージのパフォーマンスを掲載しておく。比較資料としてどうぞ!ただし、同じ規格、同じ接続インターフェースであっても「製品個体差」があるので、画像には製品の型番を記載している。また、それぞれ異なるPCでの結果のため、厳密な比較ではない。

※ベンチマークソフト:Crystal Disk Mark 5.1.2 x64。
※過去のレビューにおいて旧バージョンでチェックしたストレージは、新たに測り直している。
※最終更新日:2017年8月30日。

SSD (ソリッド・ステート・ドライブ)

SSDはHDDのようにディスクとモーターの構造ではなく、フラッシュメモリの半導体で構成されており、HDDよりも圧倒的にアクセスが速い。そのフラッシュメモリというのは、USBメモリ、SDカードでも採用されている「不揮発性メモリ」であり、電源を切ってもデータを保持できる。更に細かくいうと、SSDではNAND型フラッシュメモリを採用している。 ※Solid Stateとは、電子工学の分野で「半導体」という意味。

2.5インチSSD(SATA接続)

SATA接続は、HDDの接続で長く利用されてきたインターフェースだが、フラッシュメモリの半導体で構成されたSSDのポテンシャルを引き出すことはできない。SATA3.0規格では「転送速度600MB/s」までのボトルネックがあるため、それ以上の高速化はできない。2.5インチSSDなので、扱いや接続は2.5インチHDDと同じ。

C300-ssd-2011年2011年の、2.5インチのSSD(SATA接続)のパフォーマンス。2016年と比べるとパフォーマンスは低め。

SSD(SATA接続)2016年にレビューしたPCにおける、2.5インチのSSD(SATA接続)のパフォーマンス。シーケンシャルリードが500~550MB/sあたりが目安になってくる。

M.2 SSD(SATA接続)

M.2スロットに差し込むカード型のM.2 SSD。SATAのタイプだと、SATA3.0規格「転送速度600MB/s」までのボトルネックがある。同じ時代で比較すれば、パフォーマンスは2.5インチSSD(SATA接続)と似たようなもの。

画像-M.2 SSD(SATA接続)

ssd-2017M.2 SSD(SATA接続)2016~2017年にレビューしたPCにおける、M.2 SSD(SATA接続)のパフォーマンス。

M.2 SSD~NVMe(PCI Express接続)

2013年ごろから、PCI Express ネイティブ接続のM.2規格対応のSSDが登場した。接続インターフェースがSATA3.0規格では「転送速度600MB/s」までのボトルネックがあったが、PCI Expressのネイティブ接続によってSSDの性能を引き出せる環境となった。個体差のばらつきはあるが、シーケンシャルリードで1500MB/s以上はかたい。速いものだと3000MB/sを超える。

画像-M.2 SSD(PCI Express接続)2016~2017年にレビューしたPCにおけるM.2 SSD(PCI Express接続)のパフォーマンス。

eMMC 【embedded Multi Media Card 】

SSDと同様に、NAND型フラッシュメモリを搭載したストレージに「eMMC」がある。NAND型フラッシュメモリと制御回路をまとめ、メモリカードのMMCと同じインターフェースを用いている。転送速度はSSDよりも遅いが、さらに低消費電力であり、小型である。タブレットPCやスマートフォン、カーナビ等で採用されている。着脱不可のオンボード・ストレージである。シーケンシャルリードではHDDに似たようなものだが、NAND型フラッシュメモリのためランダムアクセスはHDDよりも速い。

eMMCのパフォーマンス2014年~2016年のタブレットPCレビューで、搭載されていたもの。

HDD (ハード・ディスク・ドライブ )

HDDは主に、記録用の磁気ディスク(プラッタ)、読み書き用の磁気ヘッド、プラッタを回転させるスピンドルモーター、磁気ヘッドを動かすステッピングモーターから構成されている。つまりモーター駆動の装置であるため、構造上、速さに限界がある。時代を追って少しずつ高速化はしているものの、劇的な速さにはなっていない。またインターフェースはSATAであるが、SATA3.0規格のボトルネック「転送速度600MB/s」すら届く気配はない。メリットは容量の単価が安いこと。なお、2.5インチHDDよりも3.5インチHDDのほうがやや速い。

2.5インチHDD(SATA接続)

2010年のHDD2010~2013年にレビューしたPCにおける、2.5インチHDD(SATA接続)のパフォーマンス。

画像-2.5インチHDD(SATA接続)2016年にレビューしたPCにおける、2.5インチHDD(SATA接続)のパフォーマンス。

3.5インチHDD(SATA接続)

sataで3.5インチHDD2016年にレビューしたPCにおける3.5インチHDD(SATA接続)のパフォーマンス。

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2018年12月17日(月)まで】
DELL即納モデルが税抜き6万円以上の購入でお得!17%オフクーポン
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大20%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年1/31(木)まで】
DELL直販9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】へ

パソ兄さんサイト限定!Alienwareシリーズ購入応援サポート!

【2019年1/31(木)まで】
DELL直販でAlienwareモデル15万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 【Alienware対象・ポイント付与の優待専用ページ】へ

SSD(Solid State Drive)~補助記憶装置・項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.