DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. ALIENWARE 13(R3)

GeForce GTX 10 シリーズ搭載の、本格派13.3インチ・ゲーミングノート(KabyLake設計)

DELL ALIENWARE 13(R3)レビュー

2017年1月に発売したALIENWARE 13ゲーミングノートこと、ALIENWARE 13(R3)をレビューする。ALIENWARE 13の3番目のリリースはKabyLake設計で、単体GPUにGeForce GTX 10 シリーズを搭載するゲーミングノート。
搭載CPUは低消費電力のUシリーズではなく、ハイパフォーマンスのHQシリーズなので、13.3インチモバイルだからといって姉妹機に引けを取らない。レビューした構成は以下の通り。注目オプションとなるOLED(有機EL)ディスプレイ仕様で紹介する。

パソ兄さんがDELL ALIENWARE 13(R3)レビュー
ALIENWARE 13(R3)
2017年3月レビュー
KabyLake設計

レビューした、DELL ALIENWARE 13(R3)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 13.3 インチ QHD (2560 x 1440)OLED(有機EL) 光沢ディスプレイ (タッチパネル)
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 16GB DDR4 2667MHz (2x8GB)メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
  • 512GB SSD(PCI Express接続)

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  ALIENWARE 13-R3(KabyLake)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2017年3月2日時点のレビューであり、手元の実機における現状レポートである。
※DELLは「日経コンピュータ(2016年9月15日号)顧客満足度調査2016-2017 ノートPC部門 1位」を受賞!

ALIENWARE 13(R3)の概要

ゲーミングノート:ALIENWAREシリーズの13.3インチモデル(KabyLake設計)。レビュー時点では最高でCore i7-7700HQ + GeForce GTX 1060 の構成が可能なハイスペック・モバイルゲーミングノート。VR Readyに対応(GeForce GTX 1060搭載時)。 高速PCI Express接続のSSDを2枚搭載するデュアルストレージも可能。従来のUSB3.0端子(Aコネクタ)に加え、USB Type-C端子も装備しており、次世代環境にも対応できている。またMini Display Port 端子、HDMI端子、ギガビットイーサーLAN端子なども装備しており、インターフェースは意外と豊富である。ただし光学ドライブは非搭載。

天板および底面はアルマイト加工のアルミボディで、マグネシウム合金のフレームにより高い剛性を持つ。銅製ヒートパイプ + デュアルファン内蔵の優れた冷却システム。ヒンジフォワードの機構により、ディスプレイは180度開き、しかもエアーフローの妨げにならない。2.2 mmのキーストロークやnキーロールオーバーに対応し、ゲームに適したキーボードの仕様。

バックライトキーボードを含む8箇所のイルミネーションゾーンに、20色からRGB-LEDのカラーを配色できる。LANコントローラーにKillerネットワークを搭載しており、安定した通信を確保できる。 IRプレゼンス検出カメラを内蔵しており、Windows Helloで顔を生体認証ログイン可能。外付けGPUであるAlienware Graphics Amplifierに対応。オプションでOLED(有機EL)ディスプレイも選べる。

当方レビューに関する注意事項

※記事はレビュー時点の情報である。標準搭載の内容や変更状況など、最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのベンダーは供給状況により変更がある。
※個人規模および、一個体の調査、また一部の情報のため、購入された場合の一致性は保証していない。
※状況については極力丁寧に説明するが、感想やアドバイスは個人的意見なので、それが正解だと押し付ける気はない。
※風景にある周辺機器等は、DELLとは関係のないアイテムである。

ALIENWARE 13(R3)の構成例~KabyLake

ALIENWARE 13のカスタマイズレビュー時点の構成例をまとめてみた。KabyLake設計であり、第7世代 Core i5-7300HQおよび、Core i7-7700HQが搭載できる。13..3インチモバイルだからUシリーズになりそうだが、ここはハイパフォーマンスのHQシリーズの搭載である。

グラフィックではエントリーミドルGPUのGeForce GTX 1050 / 1050Ti のほか、さらに上位のGeForce GTX 1060が搭載できる。(VR Ready対応にはALIENWARE 13(R3)の場合、GeForce GTX 1060の搭載が必要)

ディスプレイはTN 非光沢(1366 x 768)、IPS 非光沢(1920 x 1080)、有機ELの光沢タッチディスプレイ (2560 x 1440)があり、パネルの種類や解像度の違うスペックで選べる。高速PCI Express接続のSSDを2枚搭載するデュアルストレージも可能で、最大では1TB SSD(PCI Express接続) × 2がある。メモリでは高周波数のものが選べるが、これは目に見えた効果がわかりにくいと思われる。

※ちなみに最近2017年(KabyLake世代)のトレンドとして低消費電力版が一般化している。そのため現在のポジションではもともと低消費電力版だったUシリーズが「標準扱い」であり、Yシリーズが「低消費電力」、HQおよびHが「ハイパフォーマンス」となっているようだ。

アーキテクチャ KabyLake設計
ディスプレイ
  • 13.3 インチ HD (1366 x 768)TN 非光沢ディスプレイ
  • 13.3 インチ FHD (1920 x 1080)IPS 非光沢ディスプレイ
  • 13.3 インチ QHD (2560 x 1440)OLED(有機EL) 光沢ディスプレイ (タッチパネル)
CPU
  • 第7世代 Core i5-7300HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.5GHz )
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
グラフィック
  • NVIDIA GeForce GTX 1050 (2GB GDDR5付き)
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5付き)
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5 付き
メモリ
  • 8GB DDR4 2400MHz (1x8GB)
  • 8GB DDR4 2667MHz (1x8GB)
  • 16GB DDR4 2400MHz (2x8GB)
  • 16GB DDR4 2667MHz (2x8GB)
  • 32GB DDR4 2400MHz (2x16GB)
ストレージ
  • 180GB M.2 SSD(SATA)
  • 180GB M.2 SSD(SATA) × 2
  • 256GB SSD(PCI Express接続)
  • 512GB SSD(PCI Express接続)
  • 256GB SSD(PCI Express接続) + 512GB SSD(PCI Express接続)
  • 1TB SSD(PCI Express接続)
  • 1TB SSD(PCI Express接続) × 2
装備する主要端子 Type-C端子(USB3.0)、Type-C端子(USB3.1、Thunderbolt 3、Display Port )
USB3.0端子、USB3.0端子(※PowerShare対応)
Mini Display Port 端子、HDMI端子、ギガビットイーサーLAN端子、
Alienware Graphics Amplifier専用端子
サイズ(公称値) 幅:330 mm × 奥行269 mm × 厚み: 22mm(タッチ仕様) / 24 mm(非タッチ仕様) /
重量 : 約 2.6Kg
備考
  • アルマイト加工 マグネシウム合金ボディ
  • 銅製ヒートパイプ + デュアルファン
  • RGB-LED対応のAlienFX照明(8ゾーンへのイルミネーション機能(各20色))
    ※バックライトキーボード含む
  • IRプレゼンス検出カメラ
  • ネットコントローラ:Killer ネットワークス e2400
    ワイヤレス: Killer 1535 802.11ac 2x2 WiFi と Bluetooth 4.1
  • 180 W ACアダプタ
  • VRエクスペリエンス対応
  • Alienware Graphics Amplifier対応
  • nキーロールオーバーに対応(1分あたりの最大アクション数が108キーコマンドを超える)
  • 2.2 mmのキーストローク。スチール製の背面プレートで耐久性が高い。
  • 光学ドライブなし
  • カラー:エピックシルバー
  • ヒンジフォワードの機構

※ほぼ構成販売なので、パーツの組み合わせは限定される。採用パーツやベンダーは供給状況により変更がある。
※構成に関してはレビュー時点であり、変更の可能性もある。

ALIENWARE13R3のサイズ幅:330 mm × 奥行269 mm × 厚み: 22mm(OLEDディスプレイのタッチ仕様)。
なお、液晶ディスプレイ非タッチ仕様では、厚さ24 mmとのこと。OLED(有機EL)ではバックライトが不要な分、さらに薄型設計が可能みたいだ。天面の面積は広いが、従来モデルよりも厚みがなくなってスッキリした印象がある。

ALIENWARE 13(R3)の構成では、2.454kgDELLサイトでは平均重量2.6kgとあるが、当方がレビューしたALIENWARE 13(R3)の構成では、2.454kgだった。もちろん、13.3インチノートとしてはヘビー級だが、このくらいの重量であれば難なく屋外にも持ち出せるだろう。

ACアダプ180WのACアダプタが付属(GeForce GTX 1060搭載時)。構成によりACアダプタの容量は異なる。
さすがにハイエンド機用となると重く、重量は790gあった。ALIENWARE 13(R3)本体と合わせると3kg以内には収まらないか。ケーブルは太め。

ALIENWARE13R3をバックパックに入れてみる別売りPCアクセサリのALIENWARE VINDICATORバックパック に、ALIENWARE13(R3)を収めるとこんな感じ。我こそは「ALIENWAREマニア」と言う方は検討してみては!【ALIENWARE VINDICATORバックパックのレビュー

剛性アルミボディと、ヒンジフォワードの機能デザイン

ヒンジフォワードの機能デザインALIENWARE13R3ALIENWARE 13(R3)の天板はアルマイト加工されたアルミ素材。内部ではマグネシウム合金のフレームにより剛性が高められている。なお、カラーはエピックシルバーと呼ばれている。ALIENWARE シリーズのシンボルである、3本の溝ラインとエイリアンヘッドのデザインになっている。

※アルマイト加工(陽極酸化処理)とは、酸化皮膜を生成させる表面処理。これにより耐食性、耐摩耗性が向上する。

エイリアンヘッド天板のエイリアンヘッドは20色からLEDカラーを配色できる。

ヒンジフォワードで排熱を妨げずに180度オープン!

ヒンジフォワードの機構ALIENWARE 13(R3)はヒンジフォワードの機構を採用しており、ディスプレイがややユーザーの手前側に取り付けられている。

ディスプレイを180度開いてヒンジフォワードの機構により、ディスプレイを180度開いても背面にある排気口の妨げにならない。

後方排気デュアルファン内蔵の強力な冷却システムであるため、排熱フィンも大型。後方排気なので、ユーザーに当たらず不快にならない。

ALIENWARE 13(R3)の側面デザインと、インターフェース

側面デザインALIENWARE 13(R3)の底面では、天板と同じくアルマイト加工されたアルミ素材。

底面側からしっかり吸気スタンドゴムがわりと高めになっており、底面側からしっかり吸気できるような構造になっている。

大掛かりな吸気口銅製ヒートパイプ + デュアルファンの位置に大掛かりな吸気口を配置。

前面デザイン

ALIENWARE13R3の前面デザイン前面にはとくにインターフェースはなし。先端が少し三角形になったデザイン。

左側面インターフェース

インターフェース右側面では、「USB 3.0 Type-C端子、USB3.0端子、排気口」を配置。なお、ユーザーの手前側となるスリットはスピーカとなっている。スピーカでは、DELLサイトによると「大きく効果的なスピーカボックスが取り付けられた」とのこと。そしてALIENWARE 13(R3)では光学ドライブを搭載していない。

左側面インターフェース

ALIENWARE13R3の左側面左側面では「排気口、USB3.0端子、マイク端子、ヘッドセット端子」を配置している。ユーザーの手前側となるスリットはスピーカとなっている。この面のUSB3.0端子はPowerShare対応(PC起動なしでUSB充電用に使える機能)。

背面

外付けGPUのAlienware Graphics Amplifierに対応ALIENWARE13R3けつ背面では、「ギガビットイーサーLAN端子、Mini Display Port 端子、HDMI端子、USB Type-C端子(USB3.1、Thunderbolt 3、Display Port対応)、Alienware Graphics Amplifier専用端子」を配置。ケーブルなどがユーザーの邪魔にならないように、極力背面に端子を配置したという。

外付けGPUのAlienware Graphics Amplifierとは

ALIENWARE Graphics AmplifierこのALIENWARE Graphics Amplifierを接続すれば、さらなるパフォーマンスアップが期待できるわけだが、3.5kgほどあり、サイズも大きいため持ち運びには向かない。GPUが交換できないノートのデメリットを払拭し、グラフィックカードを換装すれば、未来の高負荷ゲームにスペックを対応させていくことができる。しかし、サイズ、価格、設置性、汎用性を考慮すると、「いっその事、デスクトップ・ゲーム機にしたほうがいいのではないか?」と、いろいろ葛藤がありそう。
Graphics Amplifier 別売りの外付けグラフィック(GPU-BOX)である「ALIENWARE Graphics Amplifier」を接続すれば、デスクトップ用のグラフィックカードを搭載でき、自宅用途でさらなるパフォーマンスアップが期待できる。Graphics Amplifier端子を装備するALIENWAREシリーズで接続可能。

マニアックな設定が楽しめる!ALIENWARE コマンドセンター

様々な設定に、ユーティリティソフトであるALIENWARE コマンドセンターを使う。そのうち、AlienFXは照明演出であり、20色のLEDカラーを組み合わせて、好みのイルミネーションが楽しめる。

AlienFX

ALIENWARE コマンドセンターAlienFXの設定画面。8箇所のゾーンにそれぞれRGB-LEDによるカラー配色ができる。カラーパレットより、20色から選べる。キーボードでは4つのエリアに分けて配色できる。もちろん、LEDが眩しいと思うならすべて非点灯も可能である。

AlienFX電源ボタンのLEDカラーでは、ACアダプタ接続時と、バッテリー駆動時で異なった設定が同時にできる。また、ただの点灯ではなく、点滅させたり、モーフィングなどのアクションも可能。

雰囲気が代わるALIENWARE13R3のイルミネーション適当に配色を設定して撮影。雰囲気が代わるので所有を飽きさせないお遊び機能でもある。

ALIEN FUSION

ユーティリティソフトのALIENWAREコマンドセンターにあるALIEN FUSIONから、電源プランを設定できる。

ALIEN ADRENALINE

ALIEN ADRENALINEは、外付けGPU:Alienware Graphics Amplifierをつなぐときの接続設定。

安定した通信が確保!killerネットワーク搭載

ALIENWARE 13(R3)ではLANコントローラーに、クアルコム・アセロス社(Qualcomm Atheros, Inc.)のKillerネットワークを搭載している。※クアルコム・アセロス社は、アメリカの半導体メーカーでLAN関連製品のトップシェアを誇っている。

専用のユーティリティソフト「Killer Network Manager」で設定することにより、ネットワーク接続をモニタリングし、オンラインゲームのパフォーマンスを最大化することができる。KillerはWindowsが抱えるネットワーク処理の一部を肩代わりする機能を持つ。優先度の設定に基づいてネットワーク帯域幅を最適化、管理する。CPU負荷を低減させ、ネットワークの遅延を抑えるため、とくにオンラインゲームでは安定した通信が確保できる。

ALIENWARE 13(R3)実機ではKiller E2500の搭載DELLサイトでは、Killer E2400の搭載と書かれていたが、手元のALIENWARE 13(R3)実機ではKiller E2500の搭載となっていた。供給時期によって最新版に更新されるのであろう。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 :  ALIENWARE 13-R3(KabyLake)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.