DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 15 ゲーミング(7567)項目
  4. 現在のページ

別構成の実機導入!

Inspiron 15ゲーミング(7567)のセカンド・レビュー

前回2017年3月に、Inspiron 15 7000 ゲーミングことInspiron 15 ゲーミング(7567)をレビューしたが、別構成の実機を借りる機会があったので、再び導入してみた。製品は同じだが、前回とは別の実機調査となる。

今度の構成はと・・・、Core i7-7700HQと、GeForce GTX 1050Ti を搭載・・・前回と同じじゃねえか。メモリとストレージ(SSDとHDD)が容量半分になっただけの違い。カラーリングもブラック。再レビューの意味がないと思いつつ、前回ではできなかった(やらなかった)視点でのレビューに努めるとする。

Inspiron 15 ゲーミング(7567)をレビューした
第2ラウンドInspiron 15ゲーミング(7567)
2017年9月レビュー
KabyLake設計

DELL Inspiron 15ゲーミング(7567) ※レビュー実機2台目

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ非光沢(1920 × 1080)ディスプレイ
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
  • 128GB SSD + 500GB HDD (SATA ・5400回転)

※2017年9月27日時点のレビューであり、手元の実機における現状レポートである。

デザインの再確認~やはり、Inspiron ブランドか

Inspironゲーミング(7567)と対面半年ぶりにInspiron 15ゲーミング(7567)と対面。しばらく狭額ディスプレイのモデルを扱ってきたせいで、Inspiron 15ゲーミング(7567)のベゼルが厚ぼったく見える。これくらいが本来は一般的な厚みなのだが・・・。搭載チップのスペックが高めでも、基本的な筐体はエントリー仕様であり、やっぱ低価格帯の「Inspironブランド」なんだと再認識。

ランク下の、Inspiron15 5000ゲーミング(5576)とデザイン比較

どいつもこいつもInspiron 15ちょうど同時期にInspiron 15ゲーミング(5576 / AMDモデル)を導入していたので、2ショット撮影することにした。
左に置いたのが今回のInspiron 15ゲーミング(7567)である。比較するInspiron15 5000ゲーミング(5576)はInspiron 15 7000シリーズ(7559)と同じ型の筐体である。(どいつもこいつもInspiron 15でわけわかんねえな。) 天板には、どちらもシリコン・コーティングしてあり、滑らかな手触りとなっている。

上に置いたのが今回のInspiron 15ゲーミング(7567)である。Inspiron 15ゲーミング(5576 / AMDモデル)のほうが、若干薄型で排気スリットの数も左側面の分多い。個人的な印象だと、ins7567がボテッとしており、ins5576のほうがシャープなデザインと言える。個人的にはins5576のほうが好みである。

ケーブルで扱いが邪魔くさい右側面(重ねバージョン)。装備している端子は両機とも同じだが、配置が異なり、好みはひとそれぞれ。有線マウスを使う場合は、右側面にUSB端子が多いのは不利。(ケーブルで扱いが邪魔くさい。)なお、両機とも光学ドライブを搭載しない。

面白み前面のHDDライトでは、Inspiron 15ゲーミング(7567)のほうが面白みのあるデザイン。

Inspiron 15ゲーミング(7567)のほう背面の排気口および放熱フィンの様子。Inspiron 15ゲーミング(7567)のほうは、スポーツカーのテールランプ・イメージらしい。

キーボードパーツが採用テンキー付きのキーボード。両機とも同じキーボードパーツが採用されている。ただし、Inspiron 15ゲーミング(7567)の方は、くり抜かれた穴からキーが頭を出す構造。一方、Inspiron 15ゲーミング(5576)は、地盤付きではめ込まれた構造。同じキーボードでも地盤つきのほうが、” たわみ ”が生じやすい。(※たわみ防止の剛性スチールが敷かれていないため。たぶん)

どちらにしろ、キーストロークは浅めで、部分的に小さいキーがあり、ゲームユーザーが満足するようなキーボードではないのは確か。搭載チップはゲーム向けでも、筐体は低価格帯のInspironブランドだと割り切るしかない。そして、Ins7567のパームレストはポリカーボネート(工業プラスチック)の手触りのまま。ins5576はシリコン・コーティングの手触り。

サブウーファーを内蔵底面の様子。どちらもサブウーファーを内蔵しており、低音の利いた臨場感あるサウンドが楽しめる。

スペックおよび、CPUパフォーマンス

GTX 1050Ti (4GB GDDR5)。CPUとGPUは前回レビューと同じで、Core i7-7700HQとGeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)。
もう一回、スペック表示したが、当然、前回と同じ。

GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)は、2016年10月に登場した低予算ゲーマー向けのGPU。エントリー・ミドルGPU 「GeForce GTX 1050」の上位にあたる。VR Ready対応はGTX 1060以上のため、1050Ti は含まれない。

シングル・スレッドでのパフォーマンス(1コアあたりの性能比較)

Core i7-7700HQのパフォーマンスCINEBENCH R15における、Core i7-7700HQのパフォーマンス。前回はマルチスレッドでテストしたが、今回はシングルスレッドでテスト。最近始めたので比較する情報量が少ないが、1コアの性能は結構高い。

【 過去レビューPCと比較 : CINEBENCH R15のレンダリングで、パフォーマンスチェック

ゲーム・ベンチマークテスト

Inspiron 15ゲーミング(7567)のベンチマークテストベンチマークテストでは、前回やらなかったゲームタイトルや設定で実施した。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

紅蓮のリベレーター DELLでベンチマークテスト「1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。 最高品質でも非常に快適にプレイできるようだ。 フルHD(1920 × 1080)でも。
【 設定 】 ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
(1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン)
SCORE
第2ラウンドInspiron 15ゲーミング(7567)

DELL Inspiron 15ゲーミング(7567) ※レビュー実機2台目

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
7492

【 過去レビューPCと比較 : FF14 紅蓮のリベレーター ~ 1920 × 1080 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド

ファイナルファンタジーXIVフルHD(1920 × 1080)最高品質 DirectX 11ほかのPCと比較するため、次の低設定で行った。「1280 × 720 標準品質(デスクトップPC) DirectX 9 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。2011年のミドルノート、DELL XPS 17(L702X)(Core i7-2670QM + GeForce GT 555M )の倍以上のスコアだった。
【 設定 】 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド
(1280 × 720 標準品質(デスクトップPC) DirectX 9 フルスクリーン)
SCORE
第2ラウンドInspiron 15ゲーミング(7567)

DELL Inspiron 15ゲーミング(7567) ※レビュー実機2台目

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
14954

【 過去レビューPCと比較 : FF14 蒼天のイシュガルド~ (1280 × 720 標準・デスクトップPC・DX 9 フルスクリーン

バイオハザード6

バイオハザード6ベンチマークテストPC比較「1280×720 品質:初期設定 DirectX 9.0c フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。 ほかのPCと比較するため、低設定で行った。 2011年のミドルノート、DELL XPS 17(L702X)では2828しかなかったのに・・、 圧倒的な差だった。
【 設定 】 バイオハザード6(1280×720 品質:初期設定 DirectX 9.0c フルスクリーン) FPS
第2ラウンドInspiron 15ゲーミング(7567)

DELL Inspiron 15ゲーミング(7567) ※レビュー実機2台目

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
14534

【 過去レビューPCと比較 : バイオハザード6 ~ 1280×720 品質:初期設定 DirectX 9.0c フルスクリーン

ラストレムナント

ラストレムナントベンチマークテストパソ兄さんのDELLパソコン「1280×720 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。 ほかのPCと比較するため、低設定で行った。
【 設定 】 ラストレムナント(1280×720 フルスクリーン) FPS
第2ラウンドInspiron 15ゲーミング(7567)

DELL Inspiron 15ゲーミング(7567) ※レビュー実機2台目

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
210.50

【 過去レビューPCと比較 : ラストレムナント ~ 1280×720 フルスクリーン

バイオハザード5

バイオ5「1920 × 1080 品質:初期設定 DirectX 10 フルスクリーン」で、ベンチマークテストを実施。
また、「1280×720 品質:初期設定 DirectX 10 フルスクリーン」でも実施。2010年のハイエンドモデル(デスクトップ)の、DELL Studio XPS 9100やAlienware Aurora ALXを完全に上回っている。
【 設定 】 バイオハザード5  
(1920 × 1080 品質:初期設定 DirectX 10 フルスクリーン)
FPS
第2ラウンドInspiron 15ゲーミング(7567)

DELL Inspiron 15ゲーミング(7567) ※レビュー実機2台目

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
153.1

【 過去レビューPCと比較 : バイオハザード5 ~ 1920 × 1080 フルスクリーン

【 設定 】 バイオハザード5  
(1280×720 品質:初期設定 DirectX 10 フルスクリーン)
FPS
第2ラウンドInspiron 15ゲーミング(7567)

DELL Inspiron 15ゲーミング(7567) ※レビュー実機2台目

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 8GB DDR4 2400MHz メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
193.0

【 過去レビューPCと比較 : バイオハザード5 ~ 1280×720 フルスクリーン

ストレージ・パフォーマンス

THNSNK 128GVN8 M.2 2280このInspiron 15ゲーミング(7567)では、東芝製のM.2 SSD~THNSNK 128GVN8 M.2 2280を搭載していたが、一般的なSATA接続M.2のパフォーマンス。PCI Express接続ではないが、HDDよりは圧倒的に速い。
【 過去レビューPCと比較 : SSD / HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス

Inspiron 15ゲーミング(7567)のセカンド・レビューは以上。

詳しくはDELLサイトへ!

DELL 

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.