DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. パソ兄さん HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. SSD
  4. 現在

M.2スロット(NVMe SSDとSATA SSD)

M.2規格のスロットは、mSATAの後継として開発された。伝送方式には「PCI Express 3.0、SATA 3.0、USB 3.0」の互換性を持っている。 接続インターフェースが従来のSATA3.0規格では「転送速度600MB/s」までのボトルネックがあったが、M.2のネイティブなPCI Express接続によって、本来SSDが持つ性能を引き出せる環境となった。

M.2スロットとNVMe2013年ごろから、PCI Express接続が可能なM.2スロットとそのSSDが登場した・・。

ただし、高速であるPCI Express接続には、NVM Express (NVMe)規格のSSDが必要となる。NVMとは「Non-Volatile Memory 」の略。なお、M.2スロットに挿し込めてもSATA接続のSSDでは、従来の通りSATAの速度である(転送速度600MB/sまでのボトルネックがある)。

NVMeとSATAでは切り欠きが違う(※しかし目安程度に)

NVM Express (NVMe)NVMe SSDとSATA SSDでは、接続端子の「切り欠き」が異なるので、一応、見た目で判断できる。M.2スロットにおいて互換性があってもそれぞれ速度がぜんぜん違うので要注意。(NVMe SSDとSATA SSDにおける速度の違いは、ストレージ・パフォーマンス比較を参照。)

【備考】AHCIタイプは例外

PC側のAHCIホストコントローラを介して動作する「AHCIタイプのSSD」は例外であり、NVMe SSDのごとく1つの切り欠きなのにSATA(論理AHCI)というものもある。ただし市場での流通は少ない。

切り欠きによる判断は、絶対ではないので確実にスペックで確認しましょう
切り欠きの判断をするなら、AHCIタイプではないことをまず確認。

M.2スロットの対応は様々

マザーボードによってM.2スロットは、「NVMe SSDとSATAの両対応」、または「NVMe SSDオンリー」、「SATAオンリー」などと対応が異なる。PCによっては、スロット近くに刻印や印字がされている場合があるのでよく確認すべし。

NVMe SSD(PCI Express)とSATA両対応のM.2スロットこの写真では、左スロットが「NVMe SSD(PCIE)とSATAの両対応」、右スロットが「NVMe SSD(PCIE)オンリー」ということ。 ※PCIEとはPCI Express の略。つまりNVMe SSDのインターフェース。

M.2のモジュール

解説!M.2のモジュールM.2と呼ばれるモジュールに、フラッシュメモリとコントローラのチップが実装されている。NVMeの場合は、コントローラーにPCI Expressを実装している。

M.2にはいくつかのコネクタ形状があるが、SSDでは「Key B」か「Key M」が使われている。切り欠き位置が違うので、異なるコネクタには接続ができない。さらに基板の幅、長さ、厚みにも違いがある。

12~30mmまでの4種類 (12、16、22、30 mm)
長さ 16~110mmまでの8種類 (16、26、30, 38、42, 60、80、110 mm )
厚み 7種類
コネクタ
(Key ID)

コネクタ形状はA~Mまでの13種類。Key IDと呼ばれている。主にA,B,E,Mが主体。 SSDでは、KeyB / KeyMの両対応の製品が主流

  • Key A ⇒ Bluetooth、 PCI Express2.0 x2 、Wi-Fi などに対応
  • Key B(Socket 2) ⇒ SATA、PCI Express2.0 x2 などに対応
  • Key E ⇒ Aと同じ規格に対応
  • Key M(Socket 3) ⇒ SATA、PCI Express2.0 x4 などに対応

M.2 SSDのタイプ (フォームファクタ)

Type 2280ならば、幅は22mm、長さは80mmである。M.2 SSDのサイズは「Type + 数字」で表される。数字は「幅と長さ」を表す。 例えばType 2280ならば、幅は22mm、長さは80mmである。このようなサイズのことを「フォームファクタ」と呼ぶ場合がある。

Type 2280ラベルに、長さ80mmと記載されている例。

Type 2280のサイズ実際にType 2280のサイズを測ってみる。長さ80mm、幅22mm。
端子部分を含め、完全に端から端までのサイズである。

Type 2230のサイズ写真Type 2230の測量。この通り長さ30mm、幅22mm。

複数の長さに対応するスロット例

幅は22mmのM.2スロットM.2スロットの一例。幅は22mmのスロットであり、長さは3パターンに対応。印字でType 2242、2260、2280が記してあり、各自ロックするネジ穴が用意されている。

Type2280に対応している例こちらはType 2230、Type2280に対応している例。スペーサーネジを移動させれば、長さが異なってもネジで固定できる。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報!

DELLクーポン情報

【2020年9月28日(月)まで】
★XPS / Gシリーズ全対象、Inspiron13/14/15/17対象モデルがお得!20%オフクーポン
対象外のInspironシリーズにも、17%オフクーポン!
ALIENWAREシリーズに過去最大級の割引率!15%オフクーポン!
★7年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大35000円オフクーポン!

DELLモダンPCご購入キャンペーン!
★Office搭載モダンPCご購入で抽選で200名様に、旬のグルメ・雑貨が選べる豪華10,000円分のカタログギフトをプレゼント! 【2020年9月28日(月)まで!】

Office搭載モダンPC対象製品: XPSノート、 Inspiron 13 7000 2-in-1 、Inspiron 13 / 14 / 15 の7000シリーズ 、Inspiron 22 3000 / Inspiron 24 5000 / Inspiron 27 7000 のフレームレス・デスクトップ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

※パソ兄さんサイトの経由特典となっており、リンク先の優待専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26に内容改定~予告なく変更または終了する場合があります。

8万円以上購入なら ⇒ 【 3,000ポイント付与の優待専用ページへ招待

15万円以上購入なら ⇒ 【 7,500ポイント付与の優待専用ページへ招待

DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」  ※出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

SSD(Solid State Drive)~補助記憶装置・項目トップ

パソ兄さん HOME

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん All Rights Reserved.