DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツ
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. キーボード選びの項目
  4. 現在ページ

DELLノートパソコンのキーボード例

G7-15(7588)などで採用されているキーボードパーツ

DELLキーボード紹介。まずはG7-7588ですG7-15(7588)などで採用されているキーボードパーツは、2017年ごろよりよく見かけるようになった。テンキー付きのキーボードで主に15.6インチノートに採用されるが、一部17.3インチノートでも採用されることもある。ここでは、同じパーツを使った複数のDELLノート・レビューでも流用ができるように、パーツに特化した記事にしている。

基本スタイル

このモデルは、地盤がパームレスト部分と一体型のタイプ(くり抜き型)。キーボードエリアが少し窪地になって、くり抜かれた穴からキーが頭を出している構造。つまりキーボードの地盤もそのままパームレスト全体の一部(1プレート)となっている。そして「アイソレーション・キーボード」を採用している。(補足:キーボードの地盤について

アイソレーション・キーボードとは

アイソレーションとは「分離、独立、絶縁」という意味である。キー同士の間隔が広く取られているので、キーが浮石のように独立している。この構造は誤接触が軽減されるため、爪の長いユーザーでも扱いやすい。そしてキーボードの内側にホコリが入りにくいメリットもある。ただし、ゲームユーザーには好まれていないタイプである。現在では主流となっており、当方のレビューを通してみると、2011年を境にして急増した。

G7-7588のパームレストとキーボードホームポジションの様子。テンキー付きなのでやや左寄りになる。では、G7-15(7588)の写真で細部をチェックしてみよう。

キー配列チェック

Enterキー、BackSpace、¥、Shiftあたりが犠牲キーボードの全体。15.6インチノートの筐体にテンキーを載せているため、やはりEnterキー、BackSpace、¥、Shiftあたりが犠牲になり、やや幅が狭くなっている。

テンキー以外の全般。

キーボードの右側。

キーボードの左側。

特徴としては、2016年ごろから見かけるようになった次のような加工がある。一部のキー(BackSpaceと¥など)を隣接させつつ、キートップの段差で隔離している加工。これはユーザービリティのためではなく、単なるコストダウン加工と思われる。プレートの穴開けが英字キーボードと一致していることから、加工をグローバルで共通化させてコストダウンを図っているようだ。

展示会イベントでDELLの社員にも聞いたが、グローバルメーカーゆえ、日本仕様のためだけに製造コストを掛けるのは社内で圧力がかかるらしい。もちろん、グローバルでの共有化がコストパフォーマンスにつながっており、ユーザーにも有益な面もある。

キートップ

キートップとタイピングキートップはほほフラットで、指先にフィットするような湾曲ではない。滑らすようなタイピングに向く。

キートップ横から見たキートップの様子。

各キーの様子

キートップの段差で隔離BackSpaceと¥のキーボードが小さいのでやや扱いづらいが、隣接することで小さいキーの狭苦しさが視覚的に緩和されている。(ただし、操作性には何の影響もないが)。実際に使ってみて、見た目の違和感は若干あるが、これといった支障は感じられなかった。ただ小さいことには変わりないので、完全なブラインドタッチではやや不便なのは否めない。

隣接Enterキーと隣接するキーの様子。

右Shift右Shiftキーと隣接するキー。

くり抜き穴スペースキースペースキーも同じくり抜き穴でまとめられている。

アクションゲームとかカーソルキーは小さめであるが、周囲にキーを配置しない独立配置なので、誤操作はほぼない。カーソル「上」のキーは指先でちょんと突く操作になると思うので、アクションゲームとかでは理想的とは言えない。

きゃぷすLEDが点灯CapsLockがオンのときは小さな点のLEDが点灯する。

ファンクションキー

G7-15のファンクションキーファンクションキーは小ぶりだが、アイソレーションキーボードなので誤接触の打ち間違いは少ないと思われる。

ファンクションキー(F1 ~ F12)とマルチメディアキー/設定キーが兼用になっているため、優先キーになっていない方はキーボード左下側にあるFnキーと同時押しで使う。なお、「Fn + Esc キー」を押すと、その優先順を切り替えることができる。F1~F6まではメディア・コントロールキー、F8はディスプレイの切り替え、F11・12はディスプレイ輝度調整の操作になっている。

キーピッチ

フルサイズキーボードメインのキーでは概ね19mmでフルサイズ。DELLサイトによれば、「X = 19.05 mm、Y = 18.05 mmキー ピッチ」だそうだ。

バックスペースキーピッチ狭いキーピッチはざっくり見て14mmほど。

ファンクションキーでは17.5mmくらいか。

テンキーもフルサイズとはいかない。16mm~16.5mmくらい。

キーストローク

キーストロークがモバイルノート並最近はノートパソコンの薄型化のためか、据え置き用でもキーストロークがモバイルノート並に浅くなってきた。

1.4mm家庭で0.1mm単位を測るのが非常に難儀だが、だいたい1.3mmくらいか。

G3-3579で再度測定後日、同じキーボードパーツを搭載しているG3-3579で再度測定してみた。1.2mmくらいと思われるが1mmは確実にある。最近のモバイルノートと同じくらいのキーストロークと捉えればよさそうだ。

押下圧

Vostro15-3581にて押下圧をチェック同じキーボードパーツを搭載しているVostro15-3581にて押下圧をチェックした。(2019年6月)。精密に測る機器はないので、原始的に分銅を乗せて家庭的に測った。そして、勢いをつけない状態でキーが押下される質量で調べた。

メインキーとして「Gのキー」の押下圧を調べると、58g。Enterキーでは場所によって押下圧が変わってくるが最も軽い場所で64gであった。過去のレビューPCと比べると、平均的な押下圧と思われる。ついでにテンキー(4のキー)を測ったところ55gで、やや軽め。

押下圧の比較参考

製品 ノート概要 メインのキー
(Gとする)
Enterキー
(最も軽い箇所の場合)
XPS 17(L701X) 2010年の17.3インチノート 69 g 60 g
XPS 17(L702X) 2011年の17.3インチノート 69 g 65 g
Inspiron 17R(5721) 2013年の17.3インチノート 73 g 68 g
Vostro 14 (3481) 2019年の14インチノート 58 g 50 g
Inspiron 13z(N301Z) 2010年の13.3インチノート 62 g 68 g
Inspiron Mini 10v 2009年の10.1インチ・ミニノート 59 g 63 g
製品 テスクトップ向けキーボード メインのキー
(Gとする)
Enterキー
(最も軽い箇所の場合)
KB216t 2015年~、DELL付属キーボード 57 g 62 g
SK-8165 2011年・XPS 8300付属キーボード 55 g 50 g
G105 ロジクール・ゲーミングキーボード 57 g 55 g
K270 ロジクール・エントリー 68 g 67 g
K240 ロジクール・エントリー 58 g 59 g
OWL-KB109BM ⅡR オウルテック・赤軸メカニカル 55 g 50 g

過去に押下圧を測ったキーボードの結果。ただし、押下圧が同じでもキータッチの感覚が同じとは限らない。メンブレンやメカニカル、パンタグラフといった構造の違い、キーストロークの深さによって印象は変わってくる。あくまで数値上で比較したものである。個人的な判断だが「ノートでは60gあたりを基準」とする。70g近くあるとわりとしっかりした圧がある。50gあたりはかなり軽い印象を受ける。自己処理的な情報なので、まじまじと参考にされても困る。

このキーボードパーツを採用しているDELL製品例

このキーボードパーツには頻繁に遭遇するので、いくつか採用例の製品をピックアップしてみた。おそらく初見は2016年末ごろ、2018年になってからも採用されている。

DELL Inspiron 15(7577)2017年11月にレビューしたDELL Inspiron 15(7577)ゲーミング。

Inspiron 15(5570)2017年11月レビューのDELL Inspiron 15(5570)。

Inspiron 15 ゲーミング(7567)2017年3月レビューのDELL Inspiron 15 ゲーミング(7567)。

DELL Inspiron 15(5567)2016年12月レビューのDELL Inspiron 15(5567)。

DELL Vostro 15(5568)2016年12月レビューのDELL Vostro 15(5568)。

Vostro 15(7570)2018年1月レビューのVostro 15(7570)。

G3-35792018年7月レビューのG3-15(G3-3579)の場合。

G5-15 (5590)2019年3月レビューのG5-15 (5590)の場合。

Vostro 15-35812019年6月レビューのVostro 15-3581。

ノートパソコンInspiron 15ポリカーボネート(工業プラスチック)2019年6月レビューのInspiron 15(5583)シルバーカラーの場合。

Inspiron 15(5583)のブラックカラー同じくInspiron 15(5583)のブラックカラーの場合。

17.3インチノートで採用された例

DELL Inspiron 17(5770)これは17.3インチノートで採用された例で、2017年11月レビューのDELL Inspiron 17(5770)。本来は15.6インチノート用に作られているキーボードなので、この場合左右にスペースが大きく余る。コストダウン化のためであろうが、このキーボードでは、17.3インチノートの幅が活かせていない。

DELL Inspiron 17(5767)2016年12月レビューのDELL Inspiron 17(5767)。

2019年4月19日時点のInspiron 17 (3780)レビューにて。

g7-17-モデル-キーボード詳細2019年10月にレビューしたG7-17 (7790)にて。

レビューは以上。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年12月9日(月)まで】
Inspiron13・14・15の5000シリーズがお得!最大17%オフクーポン!
12/3より値下げしたモデル多数!

6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

【 2019年12月16日(月)まで 】
Amazonギフト券10,000円分を抽選で600名様にプレゼント!(購入で自動エントリー)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

キーボード選びのポイント 項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.