DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツDELLクーポン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. キーボード選び
  4. DELLノートパソコン汎用キーボード
  5. 現在

DELLノートパソコンのテンキー付きキーボード

【2014年~2018年】 Inspiron 15(5547)、3576、3565、3567などで採用

2014年が当方の初見となるInspiron 15-5547のテンキー付きキーボード。主に15型ノート向けに搭載されたDELL汎用キーボードパーツであるが、17型ノートでも流用されている。被写体には、同じキーボードパーツを採用しているInspiron 15-3576(2018年レビュー)を用いて紹介する。2020年時点の当レビュー内では、2018年まで採用されていたことを確認している。

キー配列

Inspiron 15(5547)で採用されていたキーボードパーツ2014年7月論評のInspiron 15(5547)が初見であるキーボードパーツ。時代はHaswell で第4世代Coreプロセッサ (Uシリーズ)だった。ただし掲載写真はInspiron 15-3576(2018年レビュー)のもの。比較的キレイに撮影されていたため採用した。むろん、キーボード・パーツ自体は同じものである。エントリーモデルのためバックライトキーボードのような付加機能はない。

印字は白一色。地味な印象だが操作に関して目障りな面はない。Deleteキーの周辺など若干しなりが気になる箇所もある。また、中央がややしなるのは剛性の問題か少々チープ感が残る。一応、個人的には許容範囲でコスパの面も考慮して妥当な印象。よほど強く打鍵するユーザーでなければ問題ないだろう。

このキーボードの基本構造

地盤とキーボードを1セットにしたパーツ。このタイプでは割と安価なモデルで見られ、コストダウンまたは軽量化のため耐久用スチールを敷いていないことが多い。一体化のため地盤にも力が伝わりやすく、脆い箇所では「たわみ」や「しなり」が生じやすい。(補足:キーボードの地盤について

アイソレーション・キーボード採用

このモデルは「アイソレーション・キーボード」を採用している。アイソレーションとは「分離、独立、絶縁」という意味である。キー同士の間隔が広く取られているので、キーが浮石のように独立している。この構造は誤接触が軽減されるため、爪の長いユーザーでも扱いやすい。そしてキーボードの内側にホコリが入りにくいメリットもある。ただし、ゲームユーザーには好まれていないタイプである。現在では主流となっており、当方のレビューを通してみると、2011年を境に急増した。

一部窮屈なキーもある。特にBackSpace15.6インチノートの幅にテンキー付きなので一部窮屈なキーもある。特にBackSpaceや¥のキーが小さく、ENTERキーもあまり大きくない。この辺は少々慣れが必要かと思われる。

「Enterキーの面積が小さい、Enterキーの上にあるBackSpaceキーと¥キーが小さい」というバランスの悪さは、Inspiron 15(7537)のキーボードを踏襲しているが、次のような改善点も見られる。「Enterキーとテンキーにはちゃんと間隔を開けてある。スペースキーをほどよいサイズにして、横列のキーにもサイズを割り振っている。」 テンキーは微妙にフルサイズではないが、気にならずに使える。

半角全角キーは小さくされていないカーソルキーは小さめであるが、エリアが独立しているので誤接触はほとんどない。半角全角キーは小さくされていないので、扱いやすい。

メディアコントロール・ボタン、各機能キーと兼用ファンクションキー列のキーは小さいが、アイソレーションキーなので誤接触はほとんどないだろう。

ファンクションキーでは2つの機能を兼用するキーのため、優先設定(プライマリ動作)になっていない方は、キーボード左下側にある「Fnキーと同時押し」により使える。そこで「Fn + Escキー」を押すと、その優先キーを切り替えることができる。これが南京錠マークの「Fnキー・ロックの切り替えボタン」。厳密には、Fn + Escキーを押すことでマルチメディア機能を無効し、ファンクションキーのみにするという概念である。ただ使っている感覚では、プライマリとセカンダリの切替えっぽい印象が強い。ほかの方法では、BIOSセットアップでもファンクションキーの動作を変更することが可能。

F1~F6キーがメディアコントロールキー、F8が外部ディスプレイ切り替え、F9が検索、F11/12がディスプレイ輝度調整、Fn + PrtScr がワイヤレスのオンオフ。電源&バッテリーライトはHDDアクセスライトと兼用になっており、「Fn + Hキー」を押すごとにその表示内容を切り替えられる。(どっちに切り替わっているのか、動作して確認する必要がある)。このキーボードパーツを搭載している製品すべてに、そのライトを搭載しているのかは不明。各々のモデルで確認されたし。

15型ノート向けのサイズInspiron 15-3576Inspiron 15-3576に搭載されている様子。15型ノート向けのサイズで設計されている。

Inspiron 15-3576操作風景ホームポジションの様子。テンキーがあるため、やや左寄りのポジションになる。

フラットキートップはほぼフラット。すべて非光沢で微かにザラザラした表面。指先にフィットするキーではなく、滑らすように打鍵するユーザーに向くと。

最低限の底打ち感はキープキーストロークのチェック。2014年時点の据え置きノートにしてはやや浅いが、最低限の底打ち感はキープしている。 定規をあてると、キーストロークは1.5mmあるかないか・・。家庭ではちょっと精密に測れない。指先で押すとこんな感じ。

このキーボードパーツの採用例押下の様子。

このキーボード・パーツを搭載しているDELL製品例(15型ノートにて)

Inspiron15(3542)も同じキーボード2015年3月論評のInspiron15(3542)も同じキーボード。

このキーボードパーツの採用例は次のように続いている。「2015年7月論評 Vostro 15(3558)/ Inspiron 15(5558)、2015年12月論評 Inspiron 15(7559)ゲーミング、2016年12月論評 Vostro 15(3568)、2017年2月論評 Inspiron 15(3567)、2017年9月論評 Inspiron 15(5576)ゲーミング、2018年4月論評 Inspiron 15(3565)AMD、2018年5月論評 Inspiron 15(3576)、2018年9月論評 Inspiron 15 (3573) / Vostro 15(3572)」

Inspiron 15(3567)のキーボードととパームレスト
2017年2月レビューのInspiron 15(3567)も同じキーボードパーツ。

Vosteo 15-3000(3558)のキーボード
2015年7月レビューのVosteo 15(3558)も。

Inspiron 15(5558)
2015年7月レビューのInspiron 15(5558)も。

Inspiron 15(7559)のキーボード
2015年12月レビューの格安ゲーミングモデル・Inspiron 15(7559)も。

Inspiron 15(7559)のキ2014年7月レビューのInspiron 15(5547)ーボード
ちなみに当サイトのレビューでは、2014年7月レビューのInspiron 15(5547)がこのキーボードパーツの初見。

17型ノートでの流用例

のInspiron 17-5000シリーズ(5748)でも採用していた2014年7月論評のInspiron 17-5000シリーズ(5748)でも採用していた。17.3インチノートなので筐体が大きく、15型向けのキーボードパーツが搭載されると、左右には大きく幅が余ることになる。

レビューは以上。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報!

DELLクーポン情報

【2020年10月19日(月)まで】
★DELL売れ筋のデスクトップ / ノートPC 対象製品に、17%オフクーポン!
★7年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大20%オフクーポン

【2020年10月30日(金)まで】
★第3世代AMD Ryzen 5 / 7 搭載PC購入で、400名様に当たるAmazonギフト券10,000円分プレゼントキャンペーン実施中!購入すれば自動的エントリー。当選連絡は2021年1月頃を予定。

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

※パソ兄さんサイトの経由特典となっており、リンク先の優待専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26に内容改定~予告なく変更または終了する場合があります。

8万円以上購入なら ⇒ 【 3,000ポイント付与の優待専用ページへ招待

15万円以上購入なら ⇒ 【 7,500ポイント付与の優待専用ページへ招待

DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」  ※出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

キーボード選びのポイント 項目トップ

パソ兄さん HOME

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん All Rights Reserved.